体温計に使われるセンサはどのような原理で電気信号に変えるんでしょうか?
また、どのような電気信号に変えるのでしょうか?そしてどんな特性をもっているんですか?
こっちの方面は全くの素人なのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

温度計に使えるセンサはいろいろありますが、普通の電子体温計ではサーミス


タが使われていると思います。サーミスタは半導体の一種で、一般に半導体は
温度が上がると抵抗が下がる性質を持ちます。ですから、温度ごとの抵抗値を
あらかじめ表に持っておいて、抵抗値を測定すれば(つまり、適当な電圧をか
けて、電流を計れば)温度がわかるというわけです。

比較的高温の物体の温度を計るセンサには、熱電対(ねつでんつい)というも
のがあります。これは2種の金属棒の一端を接合してそれを高温にさらすと、
低温側の対に電圧が現れるという現象を利用しています。

耳式の体温計の場合は、赤外線センサを使いますが、体温計用の赤外線センサ
は結局のところ、微少な熱電対の集合を直列に接続して感度を上げたもの(サー
モパイル)です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な説明ありがとうがざいます。
サーミスタについてすこし調べてみようと思います

お礼日時:2001/11/28 08:20

こんばんは。



いわゆる電子式体温計に使われているセンサは、
サーミスターという素子で、
セラミックの半導体のようです。

電気抵抗が温度とともに大きく減少する特性を持っていて、
それにより温度を計測します。
抵抗の変化を測定するのですから、
おそらく電気信号としては「電流」を測っているのでは、と思います。

昔、学生時代、サーミスター温度計はよく使ったのですが、
半導体の抵抗の温度変化を利用しているという理解のみで、
その詳細は全くの不勉強で、今回反省しました。

「サーミスター」「特性」などで検索してみて下さい。
また、専門家の補足や訂正もお願いします。

それでは。

参考URL:http://isweb27.infoseek.co.jp/computer/kmmp/scie …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サーミスタの検索行ってみますね^^
参考URLまで紹介して頂いてありがとうございます。

お礼日時:2001/11/28 08:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサーミスタが温度センサとして使われる理由を教えて下さい。

サーミスタが温度センサとして使われる理由を教えて下さい。

温度センサの種類について学習しているのですが、
測温抵抗体、熱電対、サーミスタといったものがあることを知りました。

そこでふと疑問に思ったのですが、
測温抵抗体や熱電対を使わず(使えず?)
サーミスタしか使えないというものがあるのでしょうか?

測温抵抗体や熱電対は聞いたことがあるのですが、
サーミスタというのは始めて知りましたので・・。
測温抵抗体や熱電対にはない、サーミスタ特有の利点というものがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

サーミスタは(焼結)半導体の抵抗値が温度で大きく変わることを使ったセンサです。
(広い意味では、抵抗測温体の一種です。)
金属の測温抵抗体と比べると、感度(温度変化に対する抵抗変化の割合)が高い(測定が楽)、安価、というメリットがあり、デメリットは#1、#2さん回答にもあるように、センサのばらつきが大きめ、温度と抵抗の関係が非線形(温度表示に換算し難い)、などがあります。
ちなみに、サーミスタのような半導体を使った温度センサは極低温では結構使われています。(ゲルマニウム、カーボングラス、セルノックス(商品名)などあります。)

Q人工透析の静脈圧と透析圧の関係について

透析室に勤務したばかりの者です。
初歩的な質問で恥ずかしいのですが、改めて考えると理解していたつもりがますますわからなくなってしまいました。
人工透析装置で表示される静脈圧ー透析液圧=TMP(膜間圧力差)で、これで除水を行うのは理解できますが、現場で透析液圧が静脈圧より高くなっているのはどうしてですか?
この場合、透析液が血液側に入り込むことになり、通常ありえないのでは???といろんな本やネットで調べまわりましたが、納得いきません。
現在ではダイアライザーのURFが高値なのと関係あるのでしょうか?
また、除水コントローラーの種類によっても違うのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして。
臨床工学技士として透析室で勤めています。

血液中の水分は、半透膜の両側の圧力差によって除去されます。これを「限外濾過」と言います。この限外濾過による水分除去方法には二つの方法があります。
 一つは、ダイアライザーのすぐ下あたりをクリップ等で締め、血液の方に圧力をかけて押し出すようにする方法(陽圧法)と、もう一つは、透析液の圧力を機械的に下げて透析側に水分を引っ張り出す方法(陰圧法)があります。
 昔は陽圧法がほとんどでしたが、今は陰圧法が主流を占めています。


静脈圧ー透析液圧=TMP(膜間圧力差)
確かに透析液圧の方が高いかもしれませんね。
けれど素直に計算してみると、マイナスになりませんか??
ex.100(静脈圧)-500(透析液圧)=-400
マイナス=陰圧=引っ張られる=透析液が血液内に入らず、尚且つ逆に血液側が引っ張られる。

説明が解りずらかったり、要点がずれていたらごめんなさい。。。

Q熱電対の使用例

大学の実験で「熱電対による温度測定」というのを行いました。そのレポートの中に「熱電対が実際に使われている例を記せ」というのがあります。自分で調べたところ、火災発見器(天井とかについている物です)と体温計を発見しました。これ以外に何か熱電対を利用しているものがありましたら教えてください。それと、できたら、熱電対を利用した体温計の詳しい仕組みも教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 工業的には熱電対は摂氏300-1700度位で使います。
それ以下の温度では測定誤差があるのでサーミスタ、測温抵抗体を使用し、
それ以上の温度では熱電対の劣化が激しい。
安価な材料からなる熱電対はクロメルアルメル熱電対が知られています。
(JIS規格でKかと思いましたが違っていたらすいません。1300度まで使用可能)
 参考になるか分かりませんが、メーカーのカタログのURLを載せておきました。
(ユーザー登録が必要 pdfファイル600KB<)
 やはり熱電対は高温を扱うボイラーや各種燃焼炉の測温に使用します。
 熱電対を使用した体温計の仕組みは分かりませんが、サーミスタを使った
最近の体温計の原理は以下のとおりです。

 温度によって抵抗値の変化するサーミスタに電流を流しそのときの抵抗値を温度に変換。
 温度-時間の変化量を算出し、最終温度を予測。
 演算を終了したときにアラームがなる。

参考URL:http://ib-info.tin.omron.co.jp/htbin/pdfdownload.pl/e52.pdf?url=/pdf/omron/control/e52.pdf

 工業的には熱電対は摂氏300-1700度位で使います。
それ以下の温度では測定誤差があるのでサーミスタ、測温抵抗体を使用し、
それ以上の温度では熱電対の劣化が激しい。
安価な材料からなる熱電対はクロメルアルメル熱電対が知られています。
(JIS規格でKかと思いましたが違っていたらすいません。1300度まで使用可能)
 参考になるか分かりませんが、メーカーのカタログのURLを載せておきました。
(ユーザー登録が必要 pdfファイル600KB<)
 やはり熱電対は高温を扱うボイラーや各種燃焼炉の測温に...続きを読む

Q炊飯器のしくみ

不思議だと常々思っているのですが、炊飯器はどのようなしくみで、ご飯が炊けるのでしょう?タイマーなんか付いていない昔ながらの炊飯器でもちゃんと炊けますよね?
底のほうにばねが入ってるのを見た事があるので、水の蒸発で重さが変わる事によって、炊き上がりを判断してるかと考えたのですが、、お米の量が変わっても、対応できるのでどうなってるのかな?と思いまして。ご存知の方、お閑な時に教えてください。

Aベストアンサー

私も以前に全く同じ疑問を持って調べたことがあります。
結論はバイメタルではなく磁石です。
温度が上がると磁石が外れてスイッチが切れるのです。
詳しくは下記URLをご参照下さい。

参考URL:http://www.tdk.co.jp/tjdaa01/daa00220.htm

Q抵抗率と導電率がよくわかりません

抵抗率と導電率がよくわかりません
金、銀、銀、アルミ、白金で抵抗率と導電率の高い順番はどうなりますか?

Aベストアンサー

電気分野からの視点で回答します。
抵抗率…電流の流れにくさ
導電率…電流の流れやすさ



導体の抵抗は長さに比例し断面積に反比例します。導体の抵抗R=ρl/A[Ω]で表されます。


抵抗率ρ(ロー)は※物質によって決まる定数で
ρ=RA/l[Ω・m]←の式で表されます!
Rは抵抗[Ω]
Aは断面積[m×m]
lは長さ[m]


導電率σ(シグマ)は抵抗率の逆数なので
σ=を1/ρ[S/m]で表されます。



抵抗率の高い※物質(金属)順に
白金 1.06pΩ
アルミニウム0.275pΩ
金 0.24pΩ
銀 0.162pΩ

p(ピコ)=10の-9乗のことです。


日常生活において水に例えると!
同じ直径のホースを2本用意
1本は10m もう1本は100m
同じ勢いだと100mのホースが抵抗率が高いといえます!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報