今、仕事で、水道の給水管に使われている、鉛管の探知の方法を考えていますが、非破壊で、地上部から、地下に何メートル延長使われているかを調べる、お手軽な装置を考えているのですが、どなたか、こんな方法があるよ。とご存知の方いらっしゃいませんか?ちなみに僕の考えた装置は、磁石とばねばかりを使った装置で、
ばねばかりに、磁石をつるし、鉛管部と、そうでない部分を見分けるのですが、何しろ、精度が悪いので、地下、30センチぐらいのところまでしかわからないので、外国製とかの、機械でもいいので、ご存知でしたら、そういう道具があるのかどうか、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 鉛管は磁石に反応しないが、鉄管は反応する。

つまり、磁石で調べているのは鉄管の存在であって、「鉄管の不在」=「鉛管の存在」と解釈することで、鉛管を見つけるというのが、手作りなさった装置の仕組みですね。
 鉛管と鉄管は、金属探知器(電導性のある物体を探す装置)では区別が難しいでしょう。地中レーダーは場所を探すのであって、これも材質の区別には余り役に立ちません。

やはり、磁石を使うのが一番簡単で安上がりだと思います。

 長い鉄管と磁石の間に働く力は、距離に反比例します。(「距離の二乗に反比例だろ!」という慌て者のつっこみは無視してください。)これはお手持ちの装置で実測して確認できることと思います。
 現在の装置では地下30cmまで感度がある。これを例えば地下150cmまで感知できるようにしたければ、従って磁力を5倍に増やせば良いのです。お使いの棒磁石を5個束ねれば宜しい。それぞれの磁石は長いものの方が効率が高いことは言うまでもありませんから、棒磁石の後ろに鉄棒をくっつけて延ばしてやるのも良い方法です。
 なお、バネばかり自体が磁性体だと、磁石はバネばかりにもくっつこうとしてしまいますから、こいつは鉄製でない方が良い。ゴムを使うのはどうでしょうか。或いは長い天秤棒に磁石をぶら下げて、梃子の反対側にバネばかりを付ける。
 こういう装置を、やはり非磁性の台車に載せれば良いのではないでしょうか。(子連れ狼の乳母車みたいになりますね。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご助言いただきありがとうございました。早速明日作成してみます。

お礼日時:2001/12/01 01:44

どの回答もまるでお気に召さない理由は、問題を正確に説明していらっしゃらないからではないでしょうか?



この質問を読んで「どこに水道管があるかを探したいらしいが、鉛管を磁石で探すのはおかしいぞ」と考えた方が圧倒的多数なのではなかろうか。

ここまでのやり取りを見ていると、ご質問の意図はどうやら
「どこに水道管が通っているかは分かっている。その水道管の一部は鉄製だが、昔ながらの鉛管を使っている箇所もある。その鉛管を鉄管に交換する作業をしたい。そこで、どこを掘り返せば良いのか、つまり、鉛管を使っているのがどこからどこまでなのかを、地面の上から調べる簡単な装置が欲しい。」
ということではないかな?

この回答への補足

早速のご投稿ありがとうございました。
たしかに私の説明不足で、要点はそのとおりです。
鉛管を磁石によって探す方法は、一応おかしくはありません。
鉄製の管と、鉛管では、磁力の吸引力が、単位体積レベルで違うので、特定の材質、の判別は可能です。ばねばかりで吊り下げているので、そのはかりの指針の違いで判定できるのですが、地下」のこととなるとやっぱり、精度が、誘導磁界を利用した機械よりも、劣ってしまいます。この機械よりも精度が劣るということは、お話にならないのですが、まあ実験的にやけくそで、二日で作って、一応現地調査をしてみました。でも、あきらめずに、自分でも考えていくつもりです。
ありがとうございました。

補足日時:2001/11/30 02:27
    • good
    • 0

地下30cmでは実用的ではありませんね^^


鉛給水管の探査方法は、電磁誘導法、音波法、地中レーダ法があります。中でも電磁誘導法が探査には向いています。原理は管路に電流を流すと電流の向きに対して直角な面に右回り方向の磁界が発生することにより探査するのです。実際はラジオ電波を発信しパイプラインに誘電し、磁界を発生させ、磁界を受信しています。5mの深度まで探査可能です。詳細はフジテコム(株)に問い合わせてください。私はこれを見せてもらったときの精度の良いのにびっくりしました。

参考URL:http://www.fujitecom.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご投稿ありがとうございました。しかしながら、貴殿のご紹介いただいた、メイカーおよびその製品は、すでに使用しており、貴殿が、どの探査をご覧になったかは、わかりませんが、若干、その精度において、私の求めるものを満たせないのが現状です。誘導磁界の方式では、この調査に適さないようなので、別のものを、見つけようとしています。
ほんとにご投稿いただき、ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/29 00:50

 地中には磁化された酸化鉄などかたまりなどや、廃棄されたスピーカなどの磁性体があったり、単純な磁気の作用を用いた地中探知を阻害する要因が結構あると思います。



 それに、この方法では原理的に埋設配管などを三次元的に捉えるのは難しいのではないでしょうか。

 埋設遺跡の発掘などで使われる地中レーダーはどうでしょう。

http://www3.nit.ac.jp/~watanabe/html/t_radar.html

http://www.mizudb.or.jp/Mizudb/hpi/kan_namari/ka …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご投稿いただき、ありがとうございました。
ご紹介いただいた、地中レーダーによる調査は、発信した電磁波の、物質に対する反射を、アンテナで拾うほうしきが主流で、何かの空洞、大きな、地下水溜。たしかに、埋設管のポジションを特定するのには有効ですが、鉛材質だけの、延長を特定することはできません。鉛に限らず、無理です。鉛管の中の水を取り、その中の、濃度を測って、その延長を予測する方法もあります、検査器もありますが、溶剤に、コストがかかり、難しいのです。
ほんとにご投稿いただき、ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/29 01:02

こんにちは。



すでに検討されているとは思いますが、
この手の機械といったらやはり
金属探知器ではないでしょうか。

「金属探知器」で検索をかけたところ、
機種と対象物の大きさによっては数m下まで
探知可能のようです。

また、鉄だけでなく、鉛などの金属でも探知できるようです。
価格も10万円以下でいくつかあるようです。

対象物の深度については、すぐに分かるか不明でしたが、
おそらく実際の測定で、いくつかの測線をとってグラフ化すれば
深さのおおよその見積もりはできるのでは、と思います。

専門家ではないのでこのへんで。
それでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
お察しのとうり、金属探知機は、鉛を特定するものではないので、実用できませんでした。
深度はすぐわかりますが、その対象の延長距離は得られないのです。

お礼日時:2001/11/29 01:06

ダウジングという方法があります。

しかし・・・占いに近いもののようですが。

参考URL:http://ran.lib.net/dowsing.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
はっきり行ってダウジンぐによる精度は、馬鹿にできません。とても使えます。
ただ、条件によるので、(埋まってるのが、一本しかないとか)万能ではありません。
また、鉄、ビニール、鉛、コンクリート、水、石と、ざいしつを区別することができません。ただ、位置を調べるのは、とても使えます。砂浜などに、何かを埋めて、一度試してください。マジで使えますよ。ものは、電気が走れるもの(ゴムとかはだめ。)なら、あたります。ダウジングは、フレミングの法則をもちいた、ちゃんと科学的に説明できる、方式なのです。

お礼日時:2001/11/29 01:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉛管の排水管から漏水です。補修方法がしりたいです。

37年以上も前のコンクリート造のマンションで浴室リフォームをしました。
排水管が鉛管で水漏れが発生してしまって、階下の世帯へ水がまわってしまいました。
鉛管と塩ビ管、鉄管の接続はなかなか良い方法がないようで、処置に苦戦しております。今、再度内装を壊して調査中です。
鉛管の補修方法で良い方法がありましたらおしえてください。
(神奈川県内)

Aベストアンサー

鉛管と塩化ビニール管の接続は、専用のアタッチメントを使用します。
鉛管側は半田付け、塩ビ側はバルブソケットを使用しますが、専門職で無いと修理は困難でしょう。
 排水管に用いられる鉛管は肉厚が給水管に比べて薄く、酸化腐食に対する対応年数が長くありません。
ですから、修理しても腐食による侵食により、漏水の発現が心配されます。

できれば、鉛管を撤去して塩ビ管などに交換されることをお勧めします。

鉄管と鉛管の接続は、鉛管側を半田付け、鉄管側がネジ様式になった特殊な部品を使用します。
これも、専門職で無いと施工は困難でしょう。

半田付けをしないで、双方の管の外周を覆う形で接続する「MCジョイント」がありますが、管の強度が期待できない「鉛管」には効果が見込めないと思います。(後々、鉛管が変形して漏水に繋がる。)

Q空気ばねのばね定数の算出

空気ばねのばね定数の算出方法がわかりません。
空気のばね定数とでも言うのでしょうか?

エアシリンダーに衝撃荷重が加わった時のストロークを算出したいのですが・・・


どなたか、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

衝撃荷重が加わるような場合なら、エアシリンダーと外部との間に熱の出入りがないと見なせるので、等音変化の関係式よりも断熱変化の関係式(PV^κ=const)を用いることになります。

ストロークがどれだけになるのかは衝撃加重次第ですが、力の釣り合いもしくはエネルギー保存の式から(理想的な場合になりますが)求まります。

Q個人住宅内に鉛管が使われていたのはどの年代までですか? 

個人住宅内に鉛管が使われていたのはどの年代までですか? 

住宅内の鉛管はいつごろから使用中止されたのでしょうか?   最近になって本管からメーターまでの短い鉛管の交換工事がありました。    リフォーム済みの一戸建てなので、目で見えるバイプは鉛管ではないのですが、壁の中や床下などはどうなっているのかわかりません。 

Aベストアンサー

 >個人住宅内に鉛管が使われていたのはどの年代までですか?
 地域・自治体によって差はありますが、昭和50年代中頃までは鉛管が使われていました。それ以降は新規での使用を中止している所が多いです。

 鉛管の使用箇所は自治体によっても違いがある様ですが、鉛管の使用箇所で多いのは本管からの分岐管や水道メーターの前後、他には鋼管の使用しにくい場所(主に土中埋設部の曲がり箇所等)が多い様で、壁の中や床下はケースとしてはあまり無い様です。
 またリフォームの際に水道の工事申請をしていれば(水道管を工事するには、改造であっても水道局へ図面等を提出して許可を得なければなりません)、鉛管は変更する様に指導が出ているはずです。心配であれば、この時の図面を水道局でみせてもらうと良いでしょう。

Q鉄に磁石を当てると一時的に鉄が磁石になるのでしょうか?

鉄のワッカにやはさみの切る部分に強力な磁石を当てると、鉄のものがくっつくようになるんですが。偶然なんでしょうか?それとも、一時的に磁石になるのでしょうか?気になって仕方がありません。

Aベストアンサー

 磁石をくっつけるだけで、はさみなどが磁石になる。・・・不思議だと僕も思います。

 下記のURLを見てください。
http://www.ne.jp/asahi/shiga/home/Lecture/ferromagnet.htm

 特に「3つの疑問の解答」の項、この中でも「III なぜ純鉄は永久磁石にならないのか?」の項も参考になると思います。

 もし、上記のURLの内容が難しいと思うのであれば、極単純には、次のようなことです。

 強磁性体の性質(原理)
 鉄原子の電子は 電荷と質量を持つ粒子です。
 また、鉄原子は、一定速度で回転しており(スピン運動)、電荷を持つ粒子が回転すると、コイルに電流が流れるのと同じ原理でまわりに磁場を発生します。

 この磁場が、鉄原子の小さな磁石です。(電気が流れると、磁場が生じる:基本の電磁界原理)

 この小さな磁石の方向をそろえれば(磁石を近づけてエネルギーを与えることにより方向がそろう)鉄全体が磁石になるわけです。

 ただし、永久ではなく、徐々に、方向がばらばらになり、磁力がなくなります。

 磁石をくっつけるだけで、はさみなどが磁石になる。・・・不思議だと僕も思います。

 下記のURLを見てください。
http://www.ne.jp/asahi/shiga/home/Lecture/ferromagnet.htm

 特に「3つの疑問の解答」の項、この中でも「III なぜ純鉄は永久磁石にならないのか?」の項も参考になると思います。

 もし、上記のURLの内容が難しいと思うのであれば、極単純には、次のようなことです。

 強磁性体の性質(原理)
 鉄原子の電子は 電荷と質量を持つ粒子です。
 また、鉄原子は、一定速度...続きを読む

Q鉛管を地上から非破壊で探知する方法・・・

今、仕事で、水道の給水管に使われている、鉛管の探知の方法を考えていますが、非破壊で、地上部から、地下に何メートル延長使われているかを調べる、お手軽な装置を考えているのですが、どなたか、こんな方法があるよ。とご存知の方いらっしゃいませんか?ちなみに僕の考えた装置は、磁石とばねばかりを使った装置で、
ばねばかりに、磁石をつるし、鉛管部と、そうでない部分を見分けるのですが、何しろ、精度が悪いので、地下、30センチぐらいのところまでしかわからないので、外国製とかの、機械でもいいので、ご存知でしたら、そういう道具があるのかどうか、教えてください。

Aベストアンサー

 鉛管は磁石に反応しないが、鉄管は反応する。つまり、磁石で調べているのは鉄管の存在であって、「鉄管の不在」=「鉛管の存在」と解釈することで、鉛管を見つけるというのが、手作りなさった装置の仕組みですね。
 鉛管と鉄管は、金属探知器(電導性のある物体を探す装置)では区別が難しいでしょう。地中レーダーは場所を探すのであって、これも材質の区別には余り役に立ちません。

やはり、磁石を使うのが一番簡単で安上がりだと思います。

 長い鉄管と磁石の間に働く力は、距離に反比例します。(「距離の二乗に反比例だろ!」という慌て者のつっこみは無視してください。)これはお手持ちの装置で実測して確認できることと思います。
 現在の装置では地下30cmまで感度がある。これを例えば地下150cmまで感知できるようにしたければ、従って磁力を5倍に増やせば良いのです。お使いの棒磁石を5個束ねれば宜しい。それぞれの磁石は長いものの方が効率が高いことは言うまでもありませんから、棒磁石の後ろに鉄棒をくっつけて延ばしてやるのも良い方法です。
 なお、バネばかり自体が磁性体だと、磁石はバネばかりにもくっつこうとしてしまいますから、こいつは鉄製でない方が良い。ゴムを使うのはどうでしょうか。或いは長い天秤棒に磁石をぶら下げて、梃子の反対側にバネばかりを付ける。
 こういう装置を、やはり非磁性の台車に載せれば良いのではないでしょうか。(子連れ狼の乳母車みたいになりますね。)

 鉛管は磁石に反応しないが、鉄管は反応する。つまり、磁石で調べているのは鉄管の存在であって、「鉄管の不在」=「鉛管の存在」と解釈することで、鉛管を見つけるというのが、手作りなさった装置の仕組みですね。
 鉛管と鉄管は、金属探知器(電導性のある物体を探す装置)では区別が難しいでしょう。地中レーダーは場所を探すのであって、これも材質の区別には余り役に立ちません。

やはり、磁石を使うのが一番簡単で安上がりだと思います。

 長い鉄管と磁石の間に働く力は、距離に反比例します。(...続きを読む

QWDX(波長分散型X線分析装置)とEDX(エネルギー分散型X線分析装置)との比較について

WDX(波長分散型X線分析装置)とEDX(エネルギー分散型X線分析装置)との違いについて教えてください。
*:蛍光X線ではなくSEMに付属するものです。
WDXはEDXと違いピークの分離能がよいことはわかるのですが、感度もやはりWDXの方がよいのでしょうか??
その他、WDXとEDXの比較が乗っているサイトとかわかる方
は、大変面倒とは思いますが、教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

EDX(SEM計装)しか使ったことがないので,比較ができませんが,参考URLや下記サイトが参考になるでしょうか.
http://www.muroran-it.ac.jp/mat/momo/epma/epma.html
メーカーに問い合わせるのがいいと思いますよ.
取り急ぎ.

参考URL:http://www.dent.niigata-u.ac.jp/epma/edxwdx.html

Q浄水器カートリッジと鉛管の関係について

我が家は、浄水器カートリッジの交換サインが、標準よりもはやいようです。
水道管に鉛管を使っているらしいのですが、それが原因でしょうか。

Aベストアンサー

鉄管をどこかで使っていませんか? そちらのほうがフィルターの早期詰まりの原因には多いと思います。

なお、心配なら、専門機関か保健所で有料で調べてくれます。
保健所だと、行くと専用のビンを渡され、それに水道水を汲んでゆきます。朝一番の水がよいと思います。

Q液晶製造装置とタッチパネル製造装置

各製造工程の液晶製造装置は、各タッチパネル製造工程に応用可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

I液晶パネル製造工程上のガラス洗浄、フォト・レジスト、シール塗布・スペーサ散布・張り合わせ、圧着・シール硬化、以降の基盤関連やセット工程などは応用可能でしょうね。
ただ実際のところ、指やペンで接触する程度のタッチパネルの製造に、液晶パネル製造時に必要とされるほどの精度は必要じゃないので、同レベルの製造装置はまったく必要としません。
また、現在大型化している液晶パネル製造装置の規模も、必要ないでしょう。

つまり、「応用」という程の事では無く、既存技術で可能であるという事です。
そのタッチパネルに、何らかの特殊技術を付与しようとする場合には、話が変わるかもしれません。

Q高力ボルト ピン接合と剛接合

建築をやっている方!!教えてください!

鉄骨造の接合方法には大きく分けて次の3つあると学校で習いました。
(1)溶接(剛接合)
(2)ボルト接合(剛接合)
(3)ボルト接合(ピン接合)

(1)の溶接が剛接合というのはわかりますが、(2)(3)の違いがわかりません。

高力ボルト摩擦接合は剛?ピン?
高力ボルト引張接合は剛?ピン?
↑そもそも間違っていますか??

高力ボルト接合は全て剛接合だと思っていたのですが…

締め方の違いですか?締める箇所の違いですか?締める本数の違いですか?

知識が少なくてスミマセン。けれど詳しい方、教えてくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

理論上、仮定条件上の郷接合、ピン接合と、実際の?、工学上の剛接合、ピン接合は、少し違うことをまず理解してください。
理論上のピン接合など、工学的(安価に入手できる範囲で)に「ない」といたらするどい突っ込みがきそうですが、「ない」と考えてもよいくらいありません。

大梁と小梁の接合は、一般的にウェッブのみGPLでボルト2,3本で接合します。厳密にいうと高力ボルト1本でも面で接合しますので、モーメントを負担します。ましてや、複数本のボルトで接合すると誰が見てもモーメントを負担していますが、工学的にピン接合と考えます。小梁に掛かる荷重によって、大梁にねじりモーメントは掛からないし、小梁は単純梁で計算します。
単純梁の方が応力は大きくなって安全が側になります。大梁も小梁が連続しなかったら、リブPLやらの対応はしますが、小さいので?、そこそこチェックして終了。(時間の無駄。木だけを見て、森を見ていない状態)

逆に小梁がキャンチレバーの場合は、ウェッブやフランジもしっかり接合して、剛接合と考えます。実際は、小梁のモーメントの影響を受け、大梁も必ずねじれるはずですが、計算上は剛です。

細かいことを考えていたら、時間ばかり食って経済的に成り立ちません。大局を見失います。

溶接接合の場合も、ウェッブのみ接合して、ピン接合と仮定して検討する場合もあるでしょう。(実際はありえませんが。)

(2)と(3)の違いはいまさら書きませんが、理解できたでしょうか。溶接だから、ボルトだからという図式ではありません。

実務的なことは数年後に否応なく知ることになります。学生の時は理論をしっかり学びましょう。

理論上、仮定条件上の郷接合、ピン接合と、実際の?、工学上の剛接合、ピン接合は、少し違うことをまず理解してください。
理論上のピン接合など、工学的(安価に入手できる範囲で)に「ない」といたらするどい突っ込みがきそうですが、「ない」と考えてもよいくらいありません。

大梁と小梁の接合は、一般的にウェッブのみGPLでボルト2,3本で接合します。厳密にいうと高力ボルト1本でも面で接合しますので、モーメントを負担します。ましてや、複数本のボルトで接合すると誰が見てもモーメントを負担して...続きを読む

Qばね鋼のテンパー色。

バネ鋼の表面処理でテンパー色とあります。
おおよそユニクロメッキを想像するのですが、どんな感じなんでしょうか?

Aベストアンサー

熱処理の表面の酸化皮膜ですね。
バネの熱処理も用途により温度、時間かわってきます。
ずぶ焼入れの場合は黒っぽくなりますね。
オイルテンパ処理等も同じです。

参考URL:http://www.mac-wire.com/pdf/maccp.pdf


人気Q&Aランキング