20代の女性(大学院生、未婚)です。
先日、父が亡くなりました。
今までは、自営業の父の扶養家族になっており、父と私が国民健康保険に加入しておりました。(父の資格喪失の手続きは終わりました。)
それで兄の扶養家族(社会保険に加入)には入れるかどうか、そしてその手続きについてお聞きしたいのです。

以下状況を箇条書きにすると、
1.兄は、単身赴任中で住民票を他の都道府県に移している。
2.兄の家族(妻と子供2人)は、今私と同じところに暮らしている。(住所は同じ、世帯主は妻)
3.現在、私が世帯主で(世帯人数1人)国民健康保険に加入している。
4.アルバイト収入は年間103万円を超えていない。

です。
この場合、兄の扶養家族になれるのか、あるいはそのままでよいのか、その際の手続きなどご存知の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

兄弟・姉妹の場合は別居していても、健康保険の被扶養者になることが出来ます。


手続に必要な書類は、学生証のコピー・収入証明などですが、お兄さんの会社で担当者に聞いてもらってください。

最終的な判断は、会社の担当者ではなく、政府でやっている健康保険の場合は社会保険事務所で、組合健保の場合は健康保険組合の判断ですが、社会保険事務所の基準では可能です。
但し、将来、貴方の1年間の収入が130万円を超えることになったら、その時には被扶養者から外れなくてはなりません。

保険証についても、別の所に住んでいますから、「遠隔地被保険者証」の発行を依頼することになります。

また、お母さんについても、収入がなかったり、収入が少ない場合は、お兄さんの被扶養者になることが出来ます。

年金については、お兄さんの被扶養者ということは出来ませんから、市役所でご自分で国民年金に加入の手続をします。お母さんについても同じことです。

また、お母さんについては、収入額が少ない場合は、所得税で、お兄さんの扶養家族になることが出来ますから、お兄さんの会社で担当者に聞いてもらってください。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

母は数年前に亡くなっています。
結婚独立した姉と今回申請しようと思っている既婚の兄のみとなります。
現在、国民年金に加入しているので、この件に関しては手続きは不要でしょうか。
また現在私が世帯主になっているのですが(同居している兄の家族は別世帯)この場合でも扶養家族にはなれるのでしょうか?

補足日時:2001/11/28 12:32
    • good
    • 0

>現在、国民年金に加入しているので、この件に関しては手続きは不要でしょうか。



国民年金については、手続は要りませんから、そのまま継続してください。
将来、結婚されたり、就職されたときに変更になります。

>また現在私が世帯主になっているのですが(同居している兄の家族は別世帯)この場合でも扶養家族にはなれるのでしょうか?

世帯主になっていても、問題はありません。

先ほど、書き忘れましたが、お兄さんの健康保険の被扶養者の手続が済んだら、市役所に保険証と印鑑を持参して、国民健康保険の脱退手続をすることになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただき、早速、兄の会社の担当の部署に問い合わせてみます。

お礼日時:2001/11/28 21:36

>また現在私が世帯主になっているのですが(同居している兄の家族は別世帯)この場合でも扶養家族にはなれるのでしょうか?



これは例えば結婚して両親を扶養なさっている方も、世帯は別ですから、関係ないと思います。

ひとつ私が気になるのは保険証です。

お兄さまが一枚。お嫁さんとお子さま2人とtoshie72の4人で一枚になるとおもうのです。
その辺は大丈夫ですか?
今のところ、遠隔地の場合は二枚発行しますが、世帯が別でも1枚だったはずです。ですから、お兄さまがこちらに戻ったときには1枚になります。
その辺は??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
保険証の枚数については、早速、兄の会社の担当の部署のほうに必要書類と一緒に問い合わせてみるつもりです。

お礼日時:2001/11/28 21:38

扶養になれないことはないと思います。



お兄さまに問い合わせていただかないといけませんが、書類が必要でしょうね。
在学証明、アルバイトの源泉徴収か、明細を求められると思います。

どこも社会保険事務所は圧迫されていると思われますので、一人でも扶養の加入者を増やしたくないはずです。
(うちの場合は、扶養を抜くのは簡単だけれど、加入が大変だから、奥様に仕事したら辞めないでと頼む!そうです。書類を揃えるまで大変だからです。)

まず、何が必要かきちんと確認をしないと、何度もこの書類が・・・ということになりますので、ご注意下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
まずは兄の会社の方に問い合わせてみる必要があるのですね。
早急に問い合わせてみます。

お礼日時:2001/11/28 12:26

 成人者でも「学生」の場合は、扶養になれるはずです。

が、判断はお兄さんの加入している医療保険の担当者が行いますので、お兄さんを通じてお兄さんの会社の担当者に確認をしてみてください。

 ふと思ったのですが、toshie72さんのお母さんは、どのような状態なのでしょうか。というのは、あなたを扶養するのはお兄さんでなければならない理由が、必要になるかもしれませんので、その場合には当然お母さんが出てくることになります。順番としては、お母さん、お兄さんの順番で扶養されることになります。

 扶養になれる場合は、必要な書類、学生証や在学証明書など、についてもお兄さんの会社に確認してください。

 扶養になった場合は、国保から抜けることになりますので、扶養になって氏名が記載された保険証と、印鑑を持って役所の国保担当課で手続きを行ってください。同時に、年金の資格変更も必要ですね。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
母は、数年前に亡くなっておりいません。家族については、結婚し別世帯の姉と今回扶養家族の申請をしようと思っている既婚者の兄のみになります。
国保に加入している関係上、父の喪失届けとともに世帯主の変更を行い現在の世帯主は私で、私のみに世帯になってます。この場合も大丈夫なのでしょうか。(兄の家族は、兄が単身赴任をしているので一緒に暮らしている兄嫁さんが世帯主になってます。世帯主の変更が必要かどうか)国民年金に加入しておりますが、資格も変更になるのですか?

補足日時:2001/11/28 12:20
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q扶養枠103万円と130万円の違いについて

今年、扶養枠内でお仕事をしようと思っております。
今現在、見通しで103万円いっぱいなのですが、130万円まで可能かもしれないという話を聞きました。
そこでご存知の方にお伺いしたいのですが、
扶養枠でよく103万円と130万円がボーダーラインという話を聞きますが、実際どのように違うのでしょうか。
私が知っているところですと、
■103万円以下
・年末調整で控除が受けられる
・確定申告により、徴収税額が返還される

■103万円以上、130万円以下
・年末調整で控除は受けられない
・確定申告で徴収税額は返還されない
・会社の健康保険、年金には加入できる
(会社によるのでしょうか?私の知っている範囲ではOKのようですが。)

そこで私がはっきりと理解できないのが、この103万円と130万円の差で何が違うのかという損得の部分です。
例えば、103万円と130万円の27万円の差で、保険や年金の加入ができなければ、年間数十万円違ってきますので、かえってマイナスになります。
でも、保険や年金は130万円まで加入できるようですので、その他上記に書いた通り、年末調整での控除と税金の還付以外にどのようなデメリットがあるのでしょうか?
例えば
・住民税(130万円まで働くと、翌年いくらかかるのでしょうか?)
・その他の収支の差額

上記の条件で130万円までの枠の方が得なのでしょうか、損なのでしょうか?
おわかりになる方いらっしゃいましたら、ぜひアドバイスをお願いいたします。

今年、扶養枠内でお仕事をしようと思っております。
今現在、見通しで103万円いっぱいなのですが、130万円まで可能かもしれないという話を聞きました。
そこでご存知の方にお伺いしたいのですが、
扶養枠でよく103万円と130万円がボーダーラインという話を聞きますが、実際どのように違うのでしょうか。
私が知っているところですと、
■103万円以下
・年末調整で控除が受けられる
・確定申告により、徴収税額が返還される

■103万円以上、130万円以下
・年末調整で控除は受けられない
・確定申告で徴収...続きを読む

Aベストアンサー

扶養には、所得税と社会保険の2種類があります。

所得税。
1月から12月まで年収が103万円以下であれば、本人は所得税が課税されません。
100万円以下であれば住民税も課税されません。
又、103万円を超えても、生命保険料控除や医療費控除が有れば、その控除額だけ103万円を超えても課税されません。

年収が103万円以下であれば、配偶者や親の扶養家族として、親や配偶者が扶養控除(つまの場合は配偶者控除)を適用され、所得税で38万円・住民税で35万円のの控除が有りますから、所得税や住民税が安くなります。

又、配偶者や親が会社で家族手当を支給されている場合、扶養家族の年収が103万円を超えて、所得税の扶養家族に認定されないと家族手当の支給を停止される場合があります(会社の規定によって違います)

又、配偶者の場合は、年収の額によっては配偶者特別控除(最高38万円)を適用されます。
この制度は今年一杯で、来年から廃止されます。

所得税の場合、高額所得者以外は、勤務先で年末調整を受けるのが原則で、年末調整でも確定申告でも、所得税の額に違いがありません。

つまり、所得税は、毎月の給料から所得税の概算を源泉徴収という制度で控除して、その年の最後の給料や賞与の支払時に、年末調整という手続きをして1年間の所得税の精算を行なうのです。

ただし、年末調整で控除出来ない医療費控除などがある場合に、確定申告をすることになり、年末調整での税金から医療費控除の分が還付されます。

社会保険(健康保険・厚生年金)。
勤務先が社会保険の適用事業所であれば、勤務先で社会保険に加入するのが基本で、この場合、親や配偶者の扶養者にはなりません。
ただし、パートなどで一週間の勤務時間や出勤日数が、正社員の4分の3以下であれば、勤務先で社会保険に加入できません。

勤務先で社会保険に加入出来ない場合は次のようになります。
社会保険の扶養(健康保険の被扶養者と、配偶者の場合の年金の3号被保険者)になれるのは、判定するとき以降の12ケ月間の収入見込額が130万円(月収で約108千円)以下の場合です。
親や配偶者の扶養になっても、親や配偶者の社会保険料が増えることは有りません。

収入見込額が130万円を超えると、ご自分で市の国保に加入し、国民年金に切り替える必要があります。

103万円を超えて130万円以下の場合、社会保険料の負担には変化がありません。
所得税や住民税では、親や配偶者と本人の所得税の負担が増えることになりますが、本人の手取額も増えますからそれ程の影響がありません。

ただし、先に書いたように、親や配偶者の勤務先からの家族手当が停止になると、その金額によっては影響が大きくなります。
家族手当が月額15000円として、それかが無くなると年間18万円になります。
年収が103万円から130万円まで27万円増えても、税金の増える分と家族手当の減少分で、27万円は消えてしまいます。

扶養には、所得税と社会保険の2種類があります。

所得税。
1月から12月まで年収が103万円以下であれば、本人は所得税が課税されません。
100万円以下であれば住民税も課税されません。
又、103万円を超えても、生命保険料控除や医療費控除が有れば、その控除額だけ103万円を超えても課税されません。

年収が103万円以下であれば、配偶者や親の扶養家族として、親や配偶者が扶養控除(つまの場合は配偶者控除)を適用され、所得税で38万円・住民税で35万円のの控除が有りますから、所得税や住民税が安...続きを読む

Q世帯主の父が亡くなって、電気、ガス、水道、家賃を滞納していることが解り

世帯主の父が亡くなって、電気、ガス、水道、家賃を滞納していることが解りました。
すべて父名義で私は、保証人にはなっていません。
これらは、私が世帯主となった場合、私が払わなければならないのでしょうか

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

はい その通りです。マイナスの遺産でも相続します。それを逃れるためには プラス分を含む一切の相続を放棄するか、プラス・マイナス計算して差し引きプラスの分だけ相続する限定相続する方法があります。
相続放棄は、単独で出来ますが 放棄した分はマイナス分を含め 他の相続人が相続します。
限定相続は、相続人全員が共同でしなければなりません。
それぞれ 家庭裁判所に届け出る必要があります。

Q扶養103万円~130万円の差額

扶養でいる場合、103万円と130万円と2種類の金額があるかと思います。

130万円~150、160万円が一番損な働き方だと聞きましたが、

103万円~130万までの金額だと、どのくらいの差額が発生するのでしょうか?

この間だと損はしないのでしょうか?


また、103万まででも何かしらの税金はかかりますか?

98万?かぐらいから住民税がかかるように聞いたのですが…?

所得税?住民税?

子供なしでの意見をお願いします。

Aベストアンサー

>この間だと損はしないのでしょうか?
しません。
扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

103万円を超えると確かに貴方やご主人の税金は増えますが、働いた以上にかかることはありません。
なので、貴方が働いたなりに世帯の手取り収入は増えます。

>130万円~150、160万円が一番損な働き方だと聞きましたが、
そのとおりです。
通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。

>103万まででも何かしらの税金はかかりますか?
住民税がかかります。
住民税は93万円~100万円(市町村によって違います)を超えればかかります。

>この間だと損はしないのでしょうか?
しません。
扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3...続きを読む

Q扶養控除の申請書、世帯主の名前を間違えちゃった!

どうしても不安なので、詳しい方教えて下さい。

昨年10月末に会社に扶養控除の申請書を出しました。
提出した翌日から夏休みに入ったのですが、休みに入ってすぐに、扶養控除の申請書の世帯主の名前を間違えたことに気付きました。
私の場合世帯主は父だったのに、自分の名前を書いてしまったのです。
しまった!と思い、会社の人事担当の女性に「今週は夏休みで一週間おやすみを頂いているのですが、来週提出しなおしても間に合いますか?
もし来週では間に合わないようでしたら、今週一度出社します」とメールしました。
担当女性からは「夏休み明けでも大丈夫ですよ」と返事があったのでその週は出社せず、夏休み明け(つまり1週間後)に急いで人事課に行きました。メールに返信してくれた女性がいなかったので、他の方に事情を説明したところ「昨日先生の所に送ってしまってるんです。返却されたら声をかけますから」と言われました。
それで待っていたのですが、その後2週間たっても3週間経っても音沙汰なく・・・・不安になり、再度人事課に行きました。
ちょうど「返却されたら声をかけます」と言ってくれた方がいたので「まだですかー?」と聞くと、
「あぁ・・・あれはもう送ってしまって・・・(どこにか不明)。でもあれは間違えた名前を書いていても問題ないので・・・大丈夫ですよ」と・・・・。
その場に居た他の方にも「そうそう、別に平気だから」と言われ、なんだか「忙しいからもういいでしょ?」的な空気も漂っていたので、人事の人がそう言うなら大丈夫なのかな?と無理に納得してそのままにしてしまいました。
でも、やはり年金問題みたいなことがあるから心配になってしまって!(>_<)
間違った名前書いてても良いなら書類出す必要ないのでは!?

あれは・・・・間違った世帯主にしておいてもまったく問題ないのでしょうか?
ちなみに私は扶養する人間はダレもいません。被扶養者でもありません。
今からどこかに問い合わせたいけど(会社の人事ではなく)、問い合わせるとしたらどこに問い合わせたらいいのでしょう?
どなたか、詳しいかた教えて下さい!

どうしても不安なので、詳しい方教えて下さい。

昨年10月末に会社に扶養控除の申請書を出しました。
提出した翌日から夏休みに入ったのですが、休みに入ってすぐに、扶養控除の申請書の世帯主の名前を間違えたことに気付きました。
私の場合世帯主は父だったのに、自分の名前を書いてしまったのです。
しまった!と思い、会社の人事担当の女性に「今週は夏休みで一週間おやすみを頂いているのですが、来週提出しなおしても間に合いますか?
もし来週では間に合わないようでしたら、今週一度出社します」と...続きを読む

Aベストアンサー

私も、長年勤務していた会社で、印鑑は、シャチハタではいけないとか、人事部から通達があったので、すご~く慎重に記入していたのですが。

転職し、いざ自分が、人事というか、労務的な仕事をするようになって、わりとアバウトでもいいんだ!とわかりました。

私は、以前は、貴方がおっしゃている書類は税務署に提出するのだと思っていたのです。が、どうも税務署が検査に入った時以外は、内部的な資料でしかないと、わかったのです。

なので、世帯主の欄を書き間違えても、扶養の欄が無記入なら、誰も扶養していないとわかります。
当然、貴方は正社員として、働いていらっしゃるのでしょうから、被扶養者でも無いでしょう。

人事の方がおっしゃっているように、問題無いです。

Q103万で家族手当。迷ってます。 今年から扶養に入ります。 最初は130万で働こうと思ってましたが

103万で家族手当。迷ってます。

今年から扶養に入ります。
最初は130万で働こうと思ってましたが
103万までなら旦那の家族手当が1万出るみたいで今迷ってます。

手当がでるなら103万にしたほうが得でしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

>手当がでるなら103万にしたほうが得でしょうか?
ご主人の所得にもよりますが、130万円ぎりぎりで働いたほうが103万円より世帯の手取り収入は増えるでしょう。
損はありませんが、貴方やご主人の税金が増え働いた割には増えない、というのをどう考えるかですね。
なお、ご主人は「配偶者控除」は受けられなくなりますが、控除の額は減りますが「配偶者特別控除」を受けられます。

103万円の場合
10000円×12か月=120000円(1年間の手当)
120000円×15%=18000円(手当の税金)
120000円-15000円=102000円(手当の手取り)

130万円の場合(ご主人の所得税の税率5%とした場合)
130000円-1030000円=270000円(貴方の年収の増)
270000円×15%=40500円(貴方にかかる所得税・住民税)
11000円(所得税)+17000円(住民税)=28000円(ご主人が配偶者控除を受けられないことによる所得税・住民税の増税)
270000円-(40500円+28000円)=201500円(貴方の収入増分から税金を引いた額)

復興特別所得税もかかりますが大した額ではないので省きます。

103万円で働くより、130万円ぎりぎりで働くほうが、約10万円世帯の手取り収入は増えます。
これをどう考えるかでしょう。
なお、ご主人の所得が多いと、ご主人の所得税の増税分が変わって(増える)きます。

>手当がでるなら103万にしたほうが得でしょうか?
ご主人の所得にもよりますが、130万円ぎりぎりで働いたほうが103万円より世帯の手取り収入は増えるでしょう。
損はありませんが、貴方やご主人の税金が増え働いた割には増えない、というのをどう考えるかですね。
なお、ご主人は「配偶者控除」は受けられなくなりますが、控除の額は減りますが「配偶者特別控除」を受けられます。

103万円の場合
10000円×12か月=120000円(1年間の手当)
120000円×15%=18000円(手当の...続きを読む

Q世帯主である母を娘の扶養に入れることはできますか?

こんばんわ。どこで質問したらよいのかわからなかったので、こちらのカテで失礼します。

義母(61歳)のことです。現在娘と2人暮らしをしており、2人とも正社員として働いています。しかし義母は腰を悪くしてしまい、働けなくなってしまいました。世帯主は義母になっているのですが、この状態で娘の扶養に入れることは可能なのでしょうか?もし可能であれば、どのような手続きが必要なのでしょうか?全くわからないので教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

世帯主というのは住民登録をする際
検索するのに代表の名前が必要なので
便宜上決められているもので
一家の長というわけでなく、なんの
権限も責任もありません。

ですから世帯主のお母さんを扶養家族に
することはできます。

手続きについては下記サイトが参考になれば
いいのですが。

参考URL:http://www.nomurakenpo.jp/list_authorizaiton.html

Q扶養についての質問です。 学生ですが103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合(正確には103万

扶養についての質問です。


学生ですが103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合(正確には103万1000円程)
親の年収が1100万ほどならどのようなデメリットがありますか?

Aベストアンサー

>扶養についての質問…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

>103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合…

税金のカテなので 1.税法の話かとは思いますが、扶養控除や配偶者控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
親が会社員等ならその年の年末調整で、親が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということです。

>正確には103万1000円程…

去年 1~12月の給与合計という意味なら、「扶養が外れる」のではなく、【親は去年分所得税および今年分住民税において扶養控除を取れない】です。

>親の年収が1100万ほど…

年収で税金は決まりません。
「課税所得」はいくらほどですか。

>どのようなデメリットがありますか…

メリット、デメリットの話ではありません。
税法の定めにしたがった粛々と納税するだけです。

もし親がサラリーマン等で去年の年末調整で扶養控除を“先取り”していたのなら、取らぬ狸の皮算用が皮算用どおりに狸は捕れなかったということです。
親は狩りの成果に合うよう 3/15 までに確定申告をして扶養控除の返納をしないといけません。

扶養控除の返納による追納額は、あなたが去年の大晦日現在で 19歳以上23歳未満だとして、
・親の課税所得が 695万以下なら 63万 × 20.42% = 128,600円
・親の課税所得が 695万超過なら 63万 × 23.783% = 149,800円
です。
3/15 までに親が確定申告をして扶養控除を取り消す限り、脱税にはなりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

親が自営業等なら確定申告はこれからですので何も問題ありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>扶養についての質問…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

>103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合…

税金のカテなので 1.税法の話かとは思いますが、扶養控除や配偶者控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
親が会社員等ならその年の年末調整で、親が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということ...続きを読む

Q扶養家族加入の条件

扶養家族について教えて下さい。
扶養家族は結婚前の同棲の状態からでも付き合ってる人の扶養へ入ることは出来ますか?
それとも、籍を入れて家族にならないと扶養家族として認められないのでしょうか?
無知ですみません。教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

原則は内縁関係では認められないことになっています。
しかし、婚姻届はしていなくても、挙式済、近々挙式予定が決まっている、すでに生計を一にしているなど、客観的に結婚していると同様の事実があれば認められるのが普通です。

Q今月からフリーターなのですが、親の扶養に入っていない場合は103万円や130万円などは関係ないのでし

今月からフリーターなのですが、親の扶養に入っていない場合は103万円や130万円などは関係ないのでしょうか?

自分でも調べてみたのですが混乱してきたので、どなたかご回答お願いします。

Aベストアンサー

年金のカテゴリで質問されていますが、年金と扶養が関係あるのは、結婚して配偶者の扶養に入る人だけです。

フリーターになるに当たって、親が会社等で加入している健保から保険証をもらう(=親の社会保険の被扶養者になる)なら、130万円は関係あります。
親が国保の場合や、親が会社で健保に加入していても自分で国保に加入するつもりなら、130万円は関係ありません。

103万円については、あなたの今年の収入がそれ以下の場合に親(=あなたの扶養者)の税金がちょっと安くなるというものなので、必要かどうかは親と相談してください。
昨年まであなたの年収が103万円以上だったのなら、親としては昨年と変わりないだけなので、稼げるなら103万円を無視して稼いでも構わないと思いますが。

Q扶養家族になる手続きについて

今年の7月に結婚しました。今、職安から失業保険をもらっているため、主人の扶養家族になることがでいないといわれ、健康保険も自分で払うことになりました。
10月で失業保険も終わるので、仕事が見つかるまで主人の扶養家族になる手続きをしたいのですが、どうすればいいのでしょうか・・・。
健康保険の手続きに役所に行ったとき、損をしてる、かわいそうなどと役所の人から言われたのですが、どういう意味かわかりません。
税金などのことかなと思うんですが、時期やその他なんでもいいです。
何もわからない無知な私にどうか教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

私もごく最近に結婚したので、その不安感がよくわかります。

扶養と一言で言っても、
 (1)税金としての扶養
 (2)社会保険としての扶養
 (3)会社からの家族手当て
の3つあると思います。

(1)は、俗に103万の壁と言われるように、年間収入が103万以上だと
配偶者側にも税金がかかり、ご主人の配偶者控除が受けれなくなります。

一方の(2)は、130万がラインです。
ご結婚する前は会社側での厚生年金であれば、第2号被保険者と呼ばれ、
結婚と同時に第3号被保険者(2号やら3号やらパーマンみたい)になる
わけですが、これは年収130万未満が条件です。
ですが、これは確か扶養になる時点から先1年間の見込み額として申請
するようになっていたはずです。

で、最後の(3)はご主人が会社からもらう「家族手当」のようなものですね。
これが結構バカにならないことがあり、会社がこの手当てをどの年収ライン
で置いているかも気にしていた方がいいと思います。

自分の状況(会社を辞めた時期であるとか、在籍時にもらった給料であるとか)
を元に、無料相談とかに行ってみるといいと思います。
私もそうしました。

一応、私が不安で調べていた際によく見たサイトを参考URLとして。。。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/zeikin/zeikin03.htm

私もごく最近に結婚したので、その不安感がよくわかります。

扶養と一言で言っても、
 (1)税金としての扶養
 (2)社会保険としての扶養
 (3)会社からの家族手当て
の3つあると思います。

(1)は、俗に103万の壁と言われるように、年間収入が103万以上だと
配偶者側にも税金がかかり、ご主人の配偶者控除が受けれなくなります。

一方の(2)は、130万がラインです。
ご結婚する前は会社側での厚生年金であれば、第2号被保険者と呼ばれ、
結婚と同時に第3号被保険者(2号やら3号やらパ...続きを読む


人気Q&Aランキング