最新閲覧日:

あるサイトで「科白」という字があり、読み方が分からなかったので、調べたら「せりふ」であると分かりました。
でも、わたしの頭の中では「せりふ」という漢字は「台詞」でして…。違いを教えてください。(それとも違いはないのでしょうか。)

A 回答 (2件)

私が以前演出家の先生に教わったのは、


「台詞」は役者が実際に話す言葉の事。
「科白」はその間間に書かれているもの。
と言うものでした。
台本をお読みになった事ありますでしょうか?
実際のセリフとは別に、何マスか落として、役者の描写や行動が書かれてますよね。
それが「科白」だと・・・。
でも、その先生の持論かもしれませんので、
一応「自信なし」にします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみません。m()m
>実際のセリフとは別に、何マスか落として、役者の描写や行動が書かれてますよね。
>それが「科白」だと・・・。
あの、それって「ト書き」じゃないかと思うんですけど…。(別に回答を否定している訳ではないですよ。)

ここで、まとめて書かせていただきます。
お二方の回答を読んで、なんとなく違いはイメージできました。
台詞…台本にあるようにあらかじめ決まっているセリフ。
科白…それ以外、しぐさも含む。捨てゼリフなんて場合もこっちでしょうかね。

ありがとうございました。感謝です。

お礼日時:2001/11/29 18:26

 意味としては違いはありませんが、「科白」(かはく、とも読む)の方は、もともと「科」が俳優のしぐさ、「白」はセリフを意味する言葉のようです。

(「白」には「自白」「告白」「白状」のように「言う」という意味があります。)
 しぐさとセリフの両方をさす言葉だったのが、もっぱらセリフのみをさすようになったようです。
 「台詞」の方は「台本」(しぐさとセリフと両方が書かれていますね。)に書かれた言葉ということではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみません。m()m
No.2の方のお礼をお読みください。

お礼日時:2001/11/29 18:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報