自動車販売業です。
入庫した下取車を解体に出した際の仕訳は
売上/下取車
でいいのでしょうか。
ちょっと違うような・・・でも他の科目が思い浮かびません。
よろしくご教示の程、お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

下取車という科目は恐らく売上原価に属していると思われますので、解体しようが売れようが特別な振替は不要でしょう。


 下取車は商品仕入と同じですから
売れれば
 現金預金/売上
期末まで処分できなければ
 商品/期末棚卸高
ということです。
下取車が売上原価でないと場合は、売上原価にしてから同様の考えになると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新車購入時に下取車がある場合の仕訳

こんばんは。お世話になります。
新車購入時の仕訳についての質問は過去にもたくさんあったんですが、
私の理解力のなさか、応用することができないので質問させてください。

会社で使用していた車がだいぶガタが来ていたので、今回下取りに出して新車を購入することになりました。
(下取にした車は車検時にリサイクル料金を預託金として計上しており、納車の際に「雑費5,870/預託金5,870」として処理しました。)
請求書には下記のように書いてあります。

車両本体価格   882,000
値引き     △157.500
下取車     △15,000
付属品      35,100
-合計(A)-    ¥744,600-
(税金等)
自動車取得税   22,600
自動車重量税   8,800
自賠責保険    25,680
検査登録費用   26,250(課税)
下取手続費用   15,000(課税)
リサイクル管理料金    380(課税)
リサイクル預託金    8,220(非課税)
-合計(B)-     ¥106,930-
現在入金額(C)  △5,870(下取車リサイクル料金返金分)
請求額(A)+(B)-(C)=¥845,660-

自分なりにした仕訳は下記のとおりです。
709,143 車両運搬具 / 現金 845,660
35,457 仮払消費税 / 雑費  5,870
31,400 租税公課
25,680 保険料
26,250 支払手数料
15,000 支払手数料
  380 支払手数料
 8,220 預託金
やってみたものの、雑費の摘要欄にはなんと書けばいいのかも分からず悩んでいます。。
そもそも納車の際にリサイクル料金を雑費で上げたのが間違いだったのでしょうか?
間違いだとしたら「預託金/雑費」で直して、新車購入の仕訳には(C)のリサイクル料金返金分はどのように入れればいいのでしょうか?

行き詰ってしまって、先に進めません。
どうかお力をお貸しください。よろしくお願いします。

こんばんは。お世話になります。
新車購入時の仕訳についての質問は過去にもたくさんあったんですが、
私の理解力のなさか、応用することができないので質問させてください。

会社で使用していた車がだいぶガタが来ていたので、今回下取りに出して新車を購入することになりました。
(下取にした車は車検時にリサイクル料金を預託金として計上しており、納車の際に「雑費5,870/預託金5,870」として処理しました。)
請求書には下記のように書いてあります。

車両本体価格   882,000
値引き    ...続きを読む

Aベストアンサー

下取車は資産計上されていないのでしょうか?
資産計上されているならば、下取車の除却をしなければなりません。
●下取車の売却(税込処理)
現金 15,000/車両運搬具 ××(簿価)
この差額を車両売却損益とします。
現金 5,870/預託金 5,870

●車両の購入(税込処理)
車両運搬具 759,600/現金 866,530円
租税公課   31,400
保険料    25,680
支払手数料  41,630
預託金    8,220

たぶん、こんな感じになると思います。

Q下取車の仕訳を教えてください

新しくリース契約をした車があります。
その際に今まで使っていた車を下取りしてもらい、リース契約をしました。
リース車の支払明細書には、総額から下取価格を引いた(相殺)金額で60回払いになっています。

この下取車の仕訳が分かりません。
以下のものを考えてみたのですが、借方の勘定科目が分かりません。
現金をもらったわけでもないし、明細にも相殺と書かれています。
どういう処理が適切なのでしょうか?

借方 (勘定科目) \-相殺額-  貸方 下取車両 \-簿価-
                   雑収入 \ ○○○

Aベストアンサー

基本的には新しいリース契約の初期払い費用に充当するのが適当でしょう。
簿価よりも高い下取りだったのか、安い下取りだったかにもよります。
仮に高かった場合、
簿価が10万円で下取り価格が15万円だったとして、
リース料/車輌 10万円
リース料/固定資産売却益 5万円
逆に簿価よりも安かった場合、
簿価が15万円で下取り価格が10万円だったとして、
リース料/車輌 10万円
固定資産売却損/車輌 5万円
以上です。

Q自動車販売業(下取車)の仕訳について

自動車販売業の経理をしています。
下取車がある場合の仕訳を教えてください。


金額は例えです。
お客さんに依頼され、他の販売業者から160万円で車を仕入れ、車庫証明・登録手数料が4000円かかったとします。どちらも立替で支払っています。
車を40万円で下取るので、お客さんからは140万円頂きます。(販売価格180万円)

その場合の仕訳を教えてください。


下取車がない場合の仕訳は
    立替金   160.4000
    売上    196.000    でしています。


他の業者からの仕入れでなく、在庫車の場合は
    立替金     4.000
    売上    1796.000   でしています。
   

Aベストアンサー

現金  1,400,000 / 売上 1,796,000

仕入   400,000 / 立替金 4,000

下取りは、他の業者から車を仕入れるときと同じように処理します。

ただし、下取車の価値が本当は、20万だけど、サービスで40万円で下取りした場合は、
仕入れを20万円にし、その分売上を減らします。

現金  1,400,000 / 売上 1,596,000

仕入   200,000 / 立替金 4,000

それから、下取車がない場合の仕訳ですが

通常は、在庫車と同じ処理をして

仕入1,600,000 / 買掛金 1,600,000

と処理します。

Q個人事業主が固定資産の車を下取に新車を購入したときの仕訳を教えてくださ

個人事業主が固定資産の車を下取に新車を購入したときの仕訳を教えてください。

<下取車>期首帳簿価格863,146、期中減少資産636,805、当期償却額226,341、取得価格2,020,000、償却累計額1,383,195
<新規購入車>車両代3,291,000、上記下取車価格531,380(内査定価格519,000、リサイクル預託金12,380)、事業主借2,759,620(内現金1,759,620、銀行カーロン1,000,000)

消費税非課税事業主で新旧車両共に事業専用割合は50%で、保険等諸経費に関する仕訳は質問対象外とします。
カーロンの支払い利息が経費にできるのかを含め、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

【下取車の減価償却】
借)減価償却費 226,341 /貸)車両運搬具 226,341
借)事業主貸 226,341×50% /貸)減価償却費 226,341×50%


【新車購入時の仕訳】
借)車両運搬具 3,291,000 /貸)事業主借 2,759,620
借)車両売却損 117,805  /貸)車両運搬具 636,805
               /貸)リサイクル預託金 12,380

(注)車両運搬具3,291,000には、諸経費やリサイクル預託金等が含まれているのかな。
   貸)リサイクル預託金12,380は、資産計上してあるものとして仕訳した。

【カーローンの支払利息】
支払利息は、事業専用割合で必要経費に算入することができます。
借)支払利息 利息年間額×50% /貸)事業主借 利息年間額×50%

Q下取車と新車購入の仕訳について

兄が有限会社を設立して、私は一般社員として経理を担当しています。

現在使用している車を買い換えることにして、その車を下取りに今度は、会社名義で車を購入する事に契約しました。

もともと、私が乗っている車は、兄からもらったものなので、社有車の購入の為の下取りとする事については依存はなく、新しい車も私が使用できることになりましたので、その点についてはよいのですが、

経理としては、どのように処理すればよいのでしょうか?やはり、いったん会社名義に変更してから下取りに出すやり方をしなければならないのでしょうか?

それと、車の取得価格は、新車の価格から、下取り金額
を差し引く前の金額で計上するのでしょうか?

簡潔な文章でなくて申し訳ありません。
どなたか教えていただけませんでしょうか?
御願いいたします。

Aベストアンサー

「私が乗っている車」が、ご質問者さんの個人の持ち物であれば、下取価格で譲渡したことになります。通常の生活に使用していた動産の譲渡については、所得税は非課税ですが、事業用に使用していた場合には譲渡所得税の対象になります。(下取り価格で売却したことになります)

また、法人の方では、その下取り価格をご質問者さんから借りている形になり、新車は相殺せず全額計上することになります。

簡単な仕訳で考えると
車両**/借入金**(質問者さんからの)
****/現預金**
になると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報