プロが教えるわが家の防犯対策術!

お世話になります。
細木さんの占いを信じている訳ではありませんが、かなり気になってしまいます<m(__)m>

私は土星人(+)・霊合星人。
彼氏は天王星人(+)です。
私は、今年から大殺界に入りました。
でも、どちらかと言うと今年は割と幸せに過ごして、それ程大殺界の魔力??は感じませんでした。

そして、来年あたり、彼氏と結婚の話もでています。
でも、大殺界のど真ん中で結婚してもいいものかどうか、凄い悩みます・・・(-_-;)
占いに左右される人生も嫌だけど、占いを上手に活用したいなとは思っています。

皆さんの中で霊合星人の大殺界で結婚をされた方はいらっしゃいませんか??
アドバイスや、体験談をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私達と全く一緒です。


私・・・土星人(+)。彼・・・天王星人(+)。
そして、私達も来年、結婚しようと思っています。
私も、結婚迷いましたが、私も彼も30歳を超えており今を逃すと、
子供も難しくなりそうなので、このまま結婚するつもりです。

以前テレビで、細木さんが、女性が大殺界であっても、男性がよければまだいいと言っていたような気がします。

来年は、彼氏さんは達成で良い時期ですし、結婚にも良い時期です。
彼の運に上手に乗って、お互い幸せつかみましょう。
    • good
    • 1

霊合星人は、相反する星の運気と性格・特徴を持ち合わせることになる といわれています。


土星人(霊)の場合、天王星人がそれに当たります。

来年は天王星人(+)は達成ですし、結婚については彼の運気の方が重視されますので、問題ないかと。。
気にされるなら2007年まで待った方が良いと思いますが。。

日頃から先祖供養をされている方は大殺界の影響が少ないそうです。
    • good
    • 0

占いはあてにするなと言われても気になりますよね。

来年の霊合星人の本を買いましたがそれによると(もう買っていたらすいません)平成18の恋愛・結婚→土星人は異性の言うことに惑わされたり、一時の誘惑に負けることのない強さを持っているにもかかわらず今年は相手の影響を強くうけがちです。それが熱愛に発展したり、結婚につながるといったいい結果をもたらすこともあれば、憎しみあうほど関係を悪化させてしまうこともあります。そのため、仕事や勉強で大切な時期を迎えているのであれば、今年は異性との接触をできるだけ避けるようにしてください。と書いてありました。つまり、どっちに転ぶか分からないので結婚しても大丈夫なのではないですか?
    • good
    • 0

わたしは占いは信じませんが・・・



結婚後、占い好きの友達がわたしの星を調べてくれて・・・
すると、わたしは土星人(+)・霊合星人、ダンナも土星人(+)でした。
どっちも大殺界だったと思います。

でも、もう結婚しちゃったので(笑)
家庭もうまくいってますし、そんな人の言葉に振り回されて、自分たちの幸せを逃してしまわない方がいいと思いますよ。

ちなみに、もし、結婚する前に知っていたとしても、うちは結婚したと思います。
    • good
    • 0

私は大殺界で結婚しました


今まで細木さんの本買ってましたが大殺界の前の年あたりから本買うのやめました。せっかく結婚したいって相手ができたのに占いにが振り回されるなんてって思ったからです
あんまり気にしないで自分が結婚したいって思ったならその時に結婚するのが良いですよ!!!
    • good
    • 1

彼氏さんが天王星人(+)ってことは、


来年は達成じゃないですか?

私はご質問者様と逆で、
私が天王星人(+)、相手が土星人(+)です。
ちなみに今年結婚しました。
今年は私が健弱、相手が減退だったのですが、
月運や日運を見て、良い日取りを選びました。
来年には子どもが生まれます。
相手が大殺界のど真ん中ですが、
母体の私は達成だから、あまり気にしていません。

ご質問者様の場合も、彼氏は達成なのですから、
きっと大丈夫だと思いますよ。
あとは月運や日運をみて、
達成の彼に結婚のことを色々ゆだねてみてはいかがでしょうか?
あまり気にしない方がいいと思います。
どんなに占いを気にしていても、
タイミングというか、運命ってありますから。
    • good
    • 0

こんにちは。


確かに占いに振り回されると…というのもあるかも知れませんが、細木さんの六星占術は確かに当たる!と実感した出来事があります。

私は火星人+で、ちょうど一番良い年に結婚しました。本当は翌年の予定だったのですが、婚約期間中に子供が先に出来てしまいまして、半年ほど早めたのです。子供も、節分前に生まれたので、いい時期に生まれました。
ところが、私の従兄弟(同い年)が私の結婚の翌年に結婚したのですが、従兄弟も彼女もまさに大殺界だったのです。従兄弟は大殺界に入った年で、彼女は大殺界のど真ん中でした。結果、結婚1年足らずで二人は離婚、しかも双方とも鬱病になってしまい、従兄弟はいまだに立ち直れていません。幼い頃から神童と誉めそやされ、顔も人並み以上、人も羨むエリートコースを歩んできた彼が最初に味わった挫折かも知れませんが、今も時々「死にたい」と漏らして叔母夫婦を心配させているそうです。
もしも大殺界でなければ、うまく行っていたかも知れません。

また、別の従兄弟になるのですが、奥さんが大殺界のど真ん中の年に子供を出産しました。その子が重度の自閉症児と診断されました。今は小学生ですが、勉強は並外れて出来るのに他の児童と一緒に過ごすことが出来ないために、特殊学級に通っています。従兄弟夫婦は、その子を育てるだけで大変なので、二番目や三番目を作る事を断念しました。(本当は二人とも5人ぐらい欲しかったようです)

どちらも霊合星人ではありませんが、大殺界で人生の大きなイベントを行ってはいけない…と痛感する出来事でした。単なる偶然と思われるかも知れません。しかし、相次いで従兄弟(それも別々)にこのような不幸が訪れると、やはり信じざるを得ないような気もしてしまいます。

ただ、結婚によって運気は大きく変わると細木さんも常々言っておられます。大殺界のど真ん中での結婚は良くないかも知れませんが、お相手の方の運勢がそれを撥ねのけるほど良いのであれば(例えば12年に一度の当たり年であるとか)、あなたの大殺界よりも彼の幸運パワーの方が勝るので、大丈夫なのではないかと思われます。これが普通の運勢の年であれば、やはり大殺界を抜けてからの方が良いかも知れませんね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q霊合星人の解釈について教えて下さい。

私は『六星占術』で【霊合星人】に分類されます。
著書の中でも、霊合星人は普通の星より、良い時と悪い時の差が激しく、数奇な運命を辿るとも書かれていますが、
あまり詳しく書かれていません。

例えば、『大殺界』は『四柱推命』でいう、『空亡』であったり、また、『天中殺』などという占いもあるそうですが、
 
六星占術でいう霊合星人は、他の占い、四柱推命などでは、どういう解釈なのでしょうか?

占いに詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

momochan2さま。
 ご回答を致しましょう。
 人間性をよく云々し、そのくせご自分は優れた良識ある人間性をお持ちのようで、鼻持ちならず、見るのも聞くのも大変疎ましく、こちらが情けなくなるお方の占術?ですので、係わりたくないのですが、多くの人々の困惑、惑いを黙っているわけにはゆきませんので・・。
 「霊合星人」というのは、
日干から年支をみて、空亡=天中殺=停止をもつ命式の人のことです。
 ちなみに、空亡と称するものは、推命書の「淵海子平」第一巻、諸家起例、男女命中吉神起例のなかで「論六甲空亡(天中殺)」という神殺があるのです。
この神殺は、俗に言う天中殺に用いられた理論で、原典「淵海子平」では、「吉祥」を表す神殺としているのです。
 余談ながら、この「吉祥」を「改悪」し天中殺のブームをつくりだした和泉氏ご本人も、後日あの「天中殺」は「当たりません、お騒がせしてごめんなさい」と非を認め断占宣言をしております。

 あろうことか、六星占術は、この空亡=天中殺(生日)をほじくり出して、○○星人と変身させ6種類に分類し、生年の陰陽の区別で判断しているものなのです。せいぜい24に人を分類している、おみくじ的占いのナニモノでもないのです。

 元に戻りますが、四柱推命では、年柱は社会性を表し、流派によっては親、先祖などの関係を見るとしています。そこで、この年柱の空亡を、およそ占術とは関係のない要素である先祖供養や、因果関係を持ち出し、絡ませたものを「霊合星人」と称しているのです。バカバカしいほどの幼稚さ、いい加減なことなのです。

 ひとを脅かし、怯えさせ、威嚇し、弱みをあげつらう。
 良識ある占術家とも思えぬ言動が、顰蹙をかっているとも知らず、いや知っていながらの(よくあたる占い屋さんですから)ふてぶてしいほどのご活躍は、さすが超一流、超人的占い屋さんであります。拍手喝采、大いに応援して、それこそ神仏のご加護をお祈りしてあげましょう。

 くれぐれも、いい加減な占いと、占い師に引っかからないよう、また、信じないよう惑わされないようにしてくださいね。
 ちなみに、正統の四柱推命では、空亡や天中殺など云々しません。もし、言う人があれば、その占い屋さんも、いい加減な不勉強きわまりのないお方です。
こんな占い屋さんには決して係わらないように・・。また、落ち込みますよ・・。
 
 

momochan2さま。
 ご回答を致しましょう。
 人間性をよく云々し、そのくせご自分は優れた良識ある人間性をお持ちのようで、鼻持ちならず、見るのも聞くのも大変疎ましく、こちらが情けなくなるお方の占術?ですので、係わりたくないのですが、多くの人々の困惑、惑いを黙っているわけにはゆきませんので・・。
 「霊合星人」というのは、
日干から年支をみて、空亡=天中殺=停止をもつ命式の人のことです。
 ちなみに、空亡と称するものは、推命書の「淵海子平」第一巻、諸家起例、男女命中吉神起例のな...続きを読む

Q六星占術 霊合星人の方に質問です。

細木数子の六星占術で、先日調べてみたところ、自分は“霊合星人”なのが分かりました。
細かくは、土星(-)の霊合星人です。
詳細を見るとかなり当たっています。
特に、霊合星人は数奇な運命を辿りやすい、という点が当たっています。
悪い運勢の年よりも良い運勢の年の方が、不幸な事が起こるのは何でだろう?と思っていました。

そして、霊合星人の本を買って読みましたが、あれって良い事、書いてないんですよ。
かなり凹みました。

そこで、霊合星人の方に質問です。
あなたは、どうですか?
当たっていますか?
霊合星人という事を知ってから何か変わりましたか?
何か変えましたか?
何かに気を付けるようになりましたか?
あなた自身の体験談を交えて答えて頂けるとうれしいです。

私からの回答が遅れる場合もありますが、ご容赦ください。
霊合星人の方の癒しの場になってもOKかな、と思っています。
たくさんの回答お待ちしています。

Aベストアンサー

私は土星(+)の霊合星人です。10年以上前からこの本を読んでいますが、
あくまでも「占い・統計学」という事を念頭に置いて読んでいます。
私も自分が霊合星人だと知り、内容を読んだ時「運が悪い星」のような
イメージでとても嫌でしたが、逆に良い年・良い月日が分かるので今では
「悪い年だからしょうがない」などと、楽観的に考えています。
今までの自分の経験では、数奇な運命という点では、思わず納得してしまいます…

>良いことが書いてない
一見、そのようにみえますが「この星の特徴を知っておけば何かにつけて
注意して行動ができる」というようには考えられないでしょうか?

自分は数奇な運命で、他人より変化が大きいんだ。と理解しておけば
多少の事では凹まなくなりますよ!
良い出来事も悪い出来事も他の人より倍なのですから、一緒に人生を
楽しみましょう♪

Q厄年と大殺界、重なっても大丈夫?

私は来年から前厄、大殺界に入ります。それらが重なることに最近気付き、ビックリと不安でいっぱいです。
迷信と占いだとは分かってはいるものの、三年間なにが起こるのかと本当にこわいです。
同じように厄年となにかが重なって大変だった方いらっしゃいますか?

今さらですが、厄年ってどういう意味なのでしょう。厄払いしたらチャラになるのでしょうか。

Aベストアンサー

気になる様なら、厄払いをするのも良いと思います。
因みに私は前厄と小殺界、旦那が中殺界の年に結婚し他地方に引っ越しましたが夫婦仲は良好です。
なので、結婚にあたってそこまで気にする必要な無いと思います。
それよりも、質問者様は今年30歳ですが、これから子供を作って温かい家庭を築くに当たって、年々子供ができにくくなるでしょうし、結婚を遅らせる事が人生にとって有意義になるとは言い切れません。
大殺界とか厄年、天中殺などは、新しいものごとを始めるには良くない時期とか言うけれど、人生のほとんどはなんらかの厄年にあたるのですから、いちいち気にしていたらキリがありませんし、何かにつけてチャンスを逃してしまい、後悔しがちな人生になると思います。
占いなんかに振り回されず、自分らしく、効率を優先して、悔いのない人生を歩んでください。
自分の運命を決めるのは占いなんかじゃなく自分自身ですから、自信持ってください。

Q大殺界が始まるのでどう過ごせば良いですか?土星人+です。

全く占いに無頓着だったのですが、友人がこの占いがとても当たるからと私を調べた所、
土星人+で大殺界が始まっているそうです。
とにかく最悪だと聞いていますが、この期間というのは性格にはどう把握すれば良いのでしょう?
またどんな事に気を付けて過ごせばよいか、悪い事ばかりなのか、等々、
とても心配なので色んなアドバイスお願いします。
またこの期間中は結婚は無理でしょうか?

Aベストアンサー

>土星人+で大殺界が始まっているそうです。

 私の過去の六星占術関連の質問に対する回答をご覧頂ければ、『六星占術』が『四柱推命(しちゅうすいめい)』で言う「空亡(くうぼう)」または「天中殺(てんちゅうさつ)」の種類による分類に過ぎず、『四柱推命』の本を読めば『六星占術』のカラクリがお分かりになるであろうことがお分かりになると思います。とにかく、『六星占術』とそこで言っている「大殺界」は、全くのデタラメですから信じないで下さい。

 土星人というのは、プラスであろうとマイナスであろうと、生まれた日の干支(かんし:十干と十二支のこと)から見た「空亡(天中殺)」が「戌亥空亡(天中殺)」になっているということだけのことで、細木氏の六星占術とは、「空亡(天中殺)」の種類による分類に過ぎません。

 今から25年ほど前、和泉宗章という方が『算命占星学入門』『天中殺入門』という本を出しました。その本の中で、「天中殺(空亡)」の時期は何が起こるか分からない、とにかく新しいことはしないで静かにしているように、という趣旨のことが書かれていました。
 細木氏の本は、基本的にはこの和泉氏の本のパクリですが、内容的には滅茶苦茶です。

 和泉氏の本は、基本的には『算命学(さんめいがく)』の理論に比較的忠実に従ったもので、『四柱推命(しちゅうすいめい)』に比べれば精度は格段に落ちますが、それでも他の占いに比べればそれなりに信頼性の高い占いです。
 ちなみに、『算命学(さんめいがく)』と『四柱推命(しちゅうすいめい)』は、生まれた時間の要素を考慮するかしないかの違いがあるだけで、基本的には原理原則はほとんど同じです。しかし、生まれた時間の要素が欠けているために、『四柱推命(しちゅうすいめい)』に比べて精度は極端に落ちるのです。大まかな性格程度のことならば当たらずと言えども遠からずの結果を導き出すことが出来ますが、それ以外のこと、例えば、いつが良い時期だとか悪い時期だとかなどは、ほとんどアテにならない結果しか得ることはできません。

 それはともかく、和泉氏は、「天中殺」に関する考え方の部分だけは独自の発想の下で本をお書きになったのですが、その独自の発想部分が間違っておられ、結果的に人々を恐怖に陥れ、日本中に「天中殺ブーム」を巻き起こすことに成功し、本は飛ぶように売れたものの、この本を原因とした自殺者が全国で相次ぎ、深刻な社会問題となりました。その後、和泉氏は、長島茂雄氏に関する占いが外れたのをきっかけに、「占いは当たらない」「私は占いから足を洗う」として断占宣言をし、事態は収束に向かいました。

 しかし、『算命学』の学派に属する方でも、和泉氏の「天中殺」に関する主張に賛成する人は当時からほとんどいませんでした。

 この、一つの占いが一大ブームを巻き起こし、本が爆発的に売れたことに細木氏は目を付けたのでしょう。その騒動の1年ほど後に出て来たのが、細木氏の『六星占術』「大殺界」です。

 内容は、和泉氏の本の中のまじめな占い部分を全てカットし、単に人々を「空亡(天中殺)」の種類のみで分類しただけのもので、しかも、「空亡(天中殺)」と「大殺界」が同じものであることをカムフラージュするためか、和泉氏の本で悪い時期とされる時期を十二支で1つ分増やして3つ分とし、さらに中殺界やら小殺界やらを創作して悪い時期を増やして人々を恐怖に陥れ、それらの時期に何か悪いことが起きれば、知らない人はあたかも細木氏の占いが当たったかのように思わせるという、実にうまい工夫がなされています。

 金儲けの仕組みとしては、実にうまい仕組みを考えたものだと思います。

 これまでのお話でおおよそのことはお分かり頂けたかと思いますが、土星人ということは、来年からが本来の「空亡(天中殺)」の時期であって、今年から「大殺界」が始まっているというのは、細木氏が自分の商売のために作り出しただけのものです。

 また、「空亡(天中殺)」というのは、推命術を用いる上においての一つの判断要素に過ぎず、良い方向に作用することもあれば、悪い方向に作用することもあります。また、ある条件を満たせば「空亡(天中殺)」は解かれますし、そもそもそれ単独では何の意味もなさないものなのです。それを和泉氏は、「天中殺」単独で何らかの判断が出来るものと勘違いして本を出したために、日本中を混乱に陥れたのです。

 そして、細木氏は、もっともらしい理屈を色々とこねてはいますが、人々の恐怖心を利用して、自分が儲けるためにデタラメな商売をしているだけの人間です。


>とにかく最悪だと聞いていますが、この期間というのは性格にはどう把握すれば良いのでしょう?

 これまでの説明でお分かりと思います。
 人によっては確かに悪い事が起きる人もいますが、逆に良いことが起きる人もいますし、全く何も特別なことは起きない人もいます。なにしろ、「空亡(天中殺)」の要因だけでは何の判断も出来ないのですから。したがって、「大殺界」や「空亡(天中殺)」の時期だからといって、特別には何も考える必要はありません。
 「最悪の時期」という考え方そのものが間違っているのです。

 tobeyhanaさんに、「当たるから」と紹介したお友達も言うなれば被害者です。そのお友達に、「六星占術って、『算命学』や『四柱推命』、特に和泉宗章って人が25年ほど前に出した『算命学』関連の2冊の本のパクリらしいよ。しかも内容は全くのデタラメなんだって。『四柱推命』の入門書を少し読めば、『六星占術』のカラクリが分かるらしいよ」と教えて上げて下さい。これ以上、被害者を出さないためにも。

>土星人+で大殺界が始まっているそうです。

 私の過去の六星占術関連の質問に対する回答をご覧頂ければ、『六星占術』が『四柱推命(しちゅうすいめい)』で言う「空亡(くうぼう)」または「天中殺(てんちゅうさつ)」の種類による分類に過ぎず、『四柱推命』の本を読めば『六星占術』のカラクリがお分かりになるであろうことがお分かりになると思います。とにかく、『六星占術』とそこで言っている「大殺界」は、全くのデタラメですから信じないで下さい。

 土星人というのは、プラスであろうとマイ...続きを読む

Q六星・大殺界・停止の年なのですが・・・

土星+霊合星人です。この1年、悪い事ばかりが続き、初めて自分の星を知りました。信じられないような事ばかりが起き、あらゆる面で八方塞で本当に辛いです。
やっぱり占いって当たるって実感しました。他人の裏切りから予期せぬ退職、信用、収入、さらにはそのショックから大病と、すべてを失いました。幸い病気はまだ治療中ですがだいぶ良くなってきました。今、新しい職場探しに手を尽くしているのですが、こちらの方はなかなか先が見えません。
大殺界の停止の年には何を始めてもすべて失敗に終わるみたいですね。来年も減退なのでまだまだ良いとは言えません。かと言ってこのままずっと何もせずにいたらどうにかなりそうで、精神衛生上良くない気がします。
今、こうしてチャンスに恵まれないのも停止だからかもしれませんが、これだけ悪い経験を重ねると臆病になっているのも事実です。
ただし運気の良くなるまであと何年も仕事をしないで待ち続けることも困難です。来年で大殺界を抜けても高島暦を見ると、さらにあと2年も悪いみたいで本当に嫌になってしまいました。
こんなに悪い事ばかり書かれていると未来はあるのか、夢も希望も持てなくなりました。
どうやって乗り切っていったら賢明でしょうか?
やはり運気の良くなるのをじっと耐え忍んで待つしかないのでしょうか?

土星+霊合星人です。この1年、悪い事ばかりが続き、初めて自分の星を知りました。信じられないような事ばかりが起き、あらゆる面で八方塞で本当に辛いです。
やっぱり占いって当たるって実感しました。他人の裏切りから予期せぬ退職、信用、収入、さらにはそのショックから大病と、すべてを失いました。幸い病気はまだ治療中ですがだいぶ良くなってきました。今、新しい職場探しに手を尽くしているのですが、こちらの方はなかなか先が見えません。
大殺界の停止の年には何を始めてもすべて失敗に終わるみたい...続きを読む

Aベストアンサー

私も大殺界です。

大殺界以外は、何か特別な事をしたということはないですか?
たとえば、引越しとか新築、リフォームなど。

私は大殺界はあまり気にしていませんが、厄年、方位除けの年などのほうが気になります。
このような年回りの悪い時に、引越し、新築などをするとだいたいの人は3年以内に何かしら災いがあるそうです。
自分だけの年回りが関係しているのではなく、自分以外の家族が厄年、方位除けに当っていても同じことです。
私はこれは迷信だとは思っていません。
親戚、自分の家、近所の人達でも思い当たる事が多々あるからです
我が家では、家族の1人が年回りが悪い場合は、家族全員で年始にお払いをしてもらいます。

お盆、お彼岸、命日などに先祖供養(お墓参り)はしていますか?
やはり先祖供養は大事です。お墓参りにいかれない場合は、写真や寝る前などに毎日心の中で、”いつもありがとうございます”と唱えるだけでもいいと思います。
細木さんについて言えば、”今自分は大殺界だけれども自分は先祖供養をしているので、大殺界は関係ない”と言っていました。

あとは、大殺界のことを気にしすぎない事です。
気にしすぎて悪いことばかり考えていると、実際にそのようになってしまうからです。

私は、”いつも自分はラッキーだ”と思うようにしています。

ちなみに、荒川静香さんも大殺界だそうです^^
彼女の好きな言葉は、"Think positive"だそうです。

私も大殺界です。

大殺界以外は、何か特別な事をしたということはないですか?
たとえば、引越しとか新築、リフォームなど。

私は大殺界はあまり気にしていませんが、厄年、方位除けの年などのほうが気になります。
このような年回りの悪い時に、引越し、新築などをするとだいたいの人は3年以内に何かしら災いがあるそうです。
自分だけの年回りが関係しているのではなく、自分以外の家族が厄年、方位除けに当っていても同じことです。
私はこれは迷信だとは思っていません。
親戚、自分の家、近所の...続きを読む

Q大殺界に出会い

大殺界に出会った相手と結婚された方、もしくは長く付き合われている方いますか!?

大殺界に出会っても長く続かないと聞いたのですが、あまり信じなくてもいいでしょうか??

Aベストアンサー

私は大殺界の時に旦那と知り合い、大殺界明けての2月に婚姻届を提出しました。

この大殺界の3年間と、女の厄年である前厄・本厄・後厄も3年間重なってしまいまして、あの時は細木さんの番組が絶頂期だったから、多少は気になりましたよ^^

結婚して3年経ちましたが、旦那と仲はいいと思うし、30代後半で子供を授かりました。

私は大殺界は特に何もなかったし、健康だし事故怪我に遭わなかったし、むしろ旦那に出会えてよかったです。

細木さん自体怪しい人ですよ。
彼女は水商売していてお店で知り合った有名な占い師の愛人をしていたのでしょ。彼から学んで自分があみ出した占いのように言っているけど、0学占いをそのまま盗んでますしね。

私だって誰だってこれからいろんなことで失敗するかもしれないんですから、あなたが信じた人なら結婚してみていいんじゃないかな^^

何か気になるようでしたが、神仏に守っていただけるよう、神社でご祈祷してみてはいかがでしょうか。

Q大殺界同士での結婚て、良くないのでしょうか?

大殺界同士での結婚て、良くないのでしょうか?

Aベストアンサー

私は、絶対におススメしません。
大殺界イコール細木数子イコール信用できない。
と言う方が多数いますが、「六星占術」という占い方そのものはきちんと存在しています。
細木数子だけではなく、この鑑定方法をしている占い師はたくさんいますので。

大殺界というのは、すべての物事を悪い方向へと導いていく期間です。
しかし二人の運勢が大殺界期間中でも、もって生まれた地運(干支)の相性がよければ、乗り越えられる可能性もありますよ。

何かを始めたそのときはまだ大殺界の威力が現れず無事に過ごせても、
大殺界のときに始めてしまったことはその後何年かしてから、状況がぐーんと悪くなることも多々あります。

私は細木信者でもありませんし、いろんな占いに手を出してるので六星占術だけを信じてるわけではありませんが、
経験上、これはなかなか・・・あたる占い方法のひとつだと思っています。

もしお二人の間で今すぐに結婚しなければならない理由がないのであれば、
殺界があけてからでもいいのではないでしょうか?
何十年も続く話ではありません。たった3年ですから。
もし今結婚して、何か悪い出来事が今後起きたときに「あー、やっぱり大殺界だったからこんなことになるんだ」と、後悔するよりは、いいんじゃないでしょうか。
せっかく結婚という一大事なのに、ずっと胸にしこりが残ったままでは悲しいですから。

私は、絶対におススメしません。
大殺界イコール細木数子イコール信用できない。
と言う方が多数いますが、「六星占術」という占い方そのものはきちんと存在しています。
細木数子だけではなく、この鑑定方法をしている占い師はたくさんいますので。

大殺界というのは、すべての物事を悪い方向へと導いていく期間です。
しかし二人の運勢が大殺界期間中でも、もって生まれた地運(干支)の相性がよければ、乗り越えられる可能性もありますよ。

何かを始めたそのときはまだ大殺界の威力が現れず無事に過ごせても...続きを読む

Q大殺界の時期に結婚してもいいですか

今年から大殺界に入りました。結婚を考えている人がいて今年結婚したいなと思っているのですが、
占いでよく大殺界の結婚はやめたほうがいいといわれることが多いですよね。

もし大殺界に結婚された方などいたら実際どうでしょうか。
皆さんの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

大殺界で妊娠結婚したものです。ちなみに旦那は後厄。
結婚は正直どうだろう…幸せなようなそうでないような…普通の結婚ではあり得ないようなこともありましたが、今は至って普通の生活です。普通ほど幸せなこともないでしょうね。
というのはおそらく大殺界で出産をしたからその運気がすべて息子に持っていかれたのだと思います。なのでなのか今年で大殺界を抜けましたが大きな怪我や病気も何もなく過ごしていました。
ただ、息子にとっては最悪な人生になってしまうかもしれないと考えると、考えがなかったかなと思います。
というのが私は母が大殺界の時に産まれた子供ですが、母とは馬が合わないし貶されて貶されて細くて折れそうな橋を渡っているような学生時代でした。結局は折れずに渡りきれたのは母のおかげですが、大殺界や自分の運命(?)を知らずにいたら折れてどん底に落ちて今の自分はないのかなと思います。結局今では母とは普通の仲でいますし…意見は合いませんが(笑)
おそらく私と息子の間も馬が合わないのだと思います。しかし、知ってて接するのと知らずに接するのは違うかなと思います。
そして私も妊娠して結婚する前にかかりつけの占い師の方に相談したら、結婚といういい運を流すことで大殺界の悪い流れをくい止めるパターンもあるよと教えてくれました。
そういういい運を流すにはそれなり以上の努力も必要です、トピさんにそれが出来たら幸せな結婚生活を迎えれると思いますよ。
思ったときが吉とも言います。思い切ってもいいとは思いますよ。

大殺界で妊娠結婚したものです。ちなみに旦那は後厄。
結婚は正直どうだろう…幸せなようなそうでないような…普通の結婚ではあり得ないようなこともありましたが、今は至って普通の生活です。普通ほど幸せなこともないでしょうね。
というのはおそらく大殺界で出産をしたからその運気がすべて息子に持っていかれたのだと思います。なのでなのか今年で大殺界を抜けましたが大きな怪我や病気も何もなく過ごしていました。
ただ、息子にとっては最悪な人生になってしまうかもしれないと考えると、考えがなかったか...続きを読む

Q大殺界中に転職、引越しをしてしまったらどうすればよいでしょう?

私は細木数子さんの六星占術によれば火星人のーなのですが、去年は年運、月運ともに停止という真っ只中に転職と引越しをしてしまいました。これは後で知ったのですが振り返れば大殺界中に二台もの車を廃車にしてしまったり、仕事でのトラブルが続発したりと散々だったことから、あまり軽視はできないような気がします。
そういった大殺界中にしてはいけないことをしてしまったときの解決方法というか対処方法はどうすればいいのか調べてみてもよく解りませんでした。
どなたか知っている方がいれば教えて下さい。不安で仕方ないので助けてください。また転職は必要なのかと考えています。

Aベストアンサー

こんにちは。
もうご存知かもしれませんが、斉門見さんの四柱推命占いのメールマガジンです。
無料相談コーナーがあり、それぞれの相談やそれに対する専門家の斉門先生のアドバイスが参考になります。
もしご存知なかったらどうぞ。
バックナンバーも公開されています。

参考URL:http://www.mag2.com/m/0000098704.htm

Q土星人- 大殺界……… 

皆様の質問を色々と見たのですが自分でわからない事があります。霊合星人っていうのはなんなんでしょうか?私は昭和56年4月22日生まれなんですが…霊合星人に当たるのでしょうか…。出し方でもいいのでわかる方いたら教えていただけませんか?
私自信占いは結構信じる方で…大殺界が怖くてしょうがないんです。。
でも皆様の質問などみたら全然当たらない人とかもいるみたいでちょっと安心しました。
どっかのサイトでみたのですが…自分が大殺界だと周りにいる家族や友達まで影響しちゃうと聞いたのですが…実際そうなのかとても気になります。
本当に考えないようにしているのですが…性格的に考えてしまって……。
あと私は24年間生きてるんですが大殺界は何年に1回来るものなんですか?前の大殺界の時をちょっと思い出してみたいのです…。
わかる方いらっしゃいましたら回答してくれたらありがたいです。

Aベストアンサー

土星人(-)の人間です。
簡単に言うと土星人(-)の霊合星人は亥年生まれの方です。

私も占いは普通の本を読む感覚で参考程度に目を通しますが、そんなに怖がるほど当たりません。
ほんと『参考程度に知っておく』程度でいいと思います。

6星占術の仕組みはこうです。
『万象学・算命学』により、宇宙は12という周期で活動していると考えられています。
時計や一年も12という数字で一周します。
同じように宇宙とともに生きている人間の運命のリズムも12年をひと区切りと考えられているようです。

土星人(-)は来年から大殺界に入ってしまいますよね。
大殺界は三年続きます。
種子→緑生→立花→健弱→達成→乱気→再会→財成→安定→陰影→停止→減退
の陰影→停止→減退が大殺界にあたります。

しかし、私の夫は今大殺界のど真ん中ですが、仕事も精神的にもかなり良好です。
今までに無い変化・・・といえば、自分の周りの環境ががらりと変わったこと(実は大出世したのです)ですがこれもいい方に変わりました。
そういえば、夫は前回の大殺界の時期に長い間友達関係であった私にプロポーズし、結婚し、素晴らしい妻を手に入れています。(すみません、これは聞き流してくれて結構です・・)

あと、私は前回の大殺界の時期に二人の子を出産しています。
これも私達家族の中で、一番おめでたい幸せな時間だったはずです。

質問者さんの立場から見れば、過去の13歳~15歳の時期はどんなでしたか?
そんな怖がるほどの出来事は起こっていなかったはずです。
もしかしたら来年は、質問者さんにも何か人生を変えるほどのいい出来事が起こるかも・・ですよ(^-^)

土星人(-)の人間です。
簡単に言うと土星人(-)の霊合星人は亥年生まれの方です。

私も占いは普通の本を読む感覚で参考程度に目を通しますが、そんなに怖がるほど当たりません。
ほんと『参考程度に知っておく』程度でいいと思います。

6星占術の仕組みはこうです。
『万象学・算命学』により、宇宙は12という周期で活動していると考えられています。
時計や一年も12という数字で一周します。
同じように宇宙とともに生きている人間の運命のリズムも12年をひと区切りと考えられているようで...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング