あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

中学時代、「酸素がでたかどうか調べる方法は何か。」という問題に「マッチの火を近づける。」と書いたら、ペケでした。答えは、「線香の火を近づける。」でした。抗議をしにいっても、「教科書ではそうなっている」とのことでした。未だに納得できません。どうして、マッチの火ではだめなんですか。

A 回答 (8件)

理屈からすると正解ですが、線香の方がより明確に分かるって事ではないでしょうか?


火の点いているモノを近づけても、炎が大きくなるだけで、明確な反応はありませんよね?
線香など、燃えてはいるが炎の出ていないものを近づけると炎が出ると思います。
一目瞭然と言う意味かと思います。
それから、火を扱うことは何でも無いような事ですが、危険回避という意味もあるでしょうけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。「より」ということですね。

お礼日時:2005/11/08 07:52

「教科書ではそうなっている」は納得できないでしょうね。



言葉の意味として,普通は次のような違いがありませんか?
「マッチの火」…炎がある。
「線香の火」……炎がない。
この差はかなり大きな要素だと考えるのですがいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。炎の有無ですね。

お礼日時:2005/11/09 09:34

マッチは点火時~消化までの燃え方が一定ではないから。


マッチを酸素の近くで擦った場合と、火を付けてから近づけた場合、同じような燃え方でなければ「酸素」があるためだとは説明できないと思います。

一定の結果が得られなければ、実験データとしては不備でしょうからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
一定の結果が得られなければ、実験データとしては不備
確かにそうですね。

お礼日時:2005/11/09 09:32

酸素100%の環境で発火物が有ると、燃えるどこで無く爆発してしまいます。


火種が小さい物ならばそんなに問題は無いので、線香を使用するのでは。
その昔宇宙船の内部が酸素100%の環境で静電気の発生で爆発した為
その後通常の空気を充填する様になったとか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。アポロ計画の初期の頃ですね。

お礼日時:2005/11/08 07:56

なぜマッチの火はダメなのか、確かにマッチの火を


近づければ炎が大きくなり確認はできるかもしれ
ません。しかし危険が伴うというのと、酸素の消費が
線香より多い為、少量の酸素では確認ができない
ということが考えられ、実際の実験で正しい結果が
得られにくいことと、実際にそのような実験は
させないというのがあると思います。
ただし、教科書に書いてあるからという先生の理由も
いかがなものかと思いますが・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。「教科書に書いてあるからという」そこなんです、、、。

お礼日時:2005/11/08 07:55

もし、回答された先生が、線香かマッチかを問題にされていたのなら、科学を考える人間として残念ながら失格のように思います。

基本的な考えは、燃焼(酸化現象)の促進ですから、火(燃焼反応)を近づけて、それが促進される(炎が大きくなる)事が、酸素であることを示す(それにしても、酸素である事が完全には証明されていませんが...)大きな証拠であることが回答されていれば正解でしょう。
 仮想的な考えと、実際に行える実験は、異なるので、実際の実験の事を考えてみましょう。この場合は、線香のかすかな灯りが、炎を出す。という現象は、安全性も高く、観察しやすいものであるかもしれません。マッチの火が燃えている状態で、近づけるのは危険でもあるし、燃え方が変化するのを観察する必要があります。だから、前者の方が遙かに優れた実験系であることは確かでしょう。マッチの場合でも、すぐ火を消して、くすぶった状態にして、それを入れると炎が上がる...という実験も考えられます。 
 中学校では、上記の、原理と実験操作の両方を同時に尋ねられるのでややこしいですね。
 でも、あなたの考え(原理)は正しいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。理論と現実。確かに難しいですね。

お礼日時:2005/11/08 07:54

マッチの火は大量の酸素が必要です。


ほんの少しの酸素が有っても消えてしまうでしょう。
少量の酸素を検知するには線香の火が適当なんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。たしか、試験管に集めた酸素でした。

お礼日時:2005/11/08 07:53

 マッチの火を近づけても火の勢いが良くなるだけなので、差異が良く分かりませんよね。


 それに較べ、線香だと、大気中ではくすぶっていた火種が、酸素中では炎に変わるので、差異が分かり易く、客観的で良いと言う理由ではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
くすぶりか、炎か。わかりました。

お礼日時:2005/11/08 07:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気体の発生方法について

中1のものです。いま学校の理科の授業で気体の発生方法について調べ学習をしています。
しかし、どうしても「窒素」と「一酸化炭素」の発生方法がみつかりません。
いいサイトを知っている方や、理科に詳しい方お願いいたします。

Aベストアンサー

 気体の発生・製法は,それを実験室でやるのか,工業的にやるのかで違う場合があります。

【窒素の製法】
 工業的には,空気の分留です。空気は窒素約 8 割,酸素約 2 割,残りがいろいろ,なのですが,成分それぞれで沸点が違いますから,この沸点の違いで各成分を分けられます。
 実験室では,亜硝酸アンモニウムを加熱して得ます。
  NH4NO2 → N2 + 2H2O
このとき,水が発生しますから,「炭酸水素ナトリウムの加熱分解」の実験と同じように,亜硝酸アンモニウムを試験管に入れたら,試験管の口を下げて加熱します。
 窒素は,水に溶けにくいので,水上置換で集めます。

【一酸化炭素の製法】
 工業的には,コークスと水を高温で反応させて得ていました。
  C + H2O → CO + H2O
この,一酸化炭素と水素の混合気体は,「水性ガス」と呼ばれます。
 実験室では,ギ酸と呼ばれる酸に,濃い硫酸を加えて分解します。
  HCOOH → CO + H2O
このとき,硫酸は反応の前後で変化しません。
 一酸化炭素も,水に溶けにくいので,水上置換で集めます。

 気体の発生・製法は,それを実験室でやるのか,工業的にやるのかで違う場合があります。

【窒素の製法】
 工業的には,空気の分留です。空気は窒素約 8 割,酸素約 2 割,残りがいろいろ,なのですが,成分それぞれで沸点が違いますから,この沸点の違いで各成分を分けられます。
 実験室では,亜硝酸アンモニウムを加熱して得ます。
  NH4NO2 → N2 + 2H2O
このとき,水が発生しますから,「炭酸水素ナトリウムの加熱分解」の実験と同じように,亜硝酸アンモニウムを試験管に入れたら,試験管の口を...続きを読む

Q水素結合とはどういうものですか?

現在、化学を勉強している者です。水素結合についての説明が理解できません。わかりやすく教えていただけないでしょうか?また、水素結合に特徴があったらそれもよろしくお願いします。

Aベストアンサー

要は、「電気陰性度の大きい原子に結合した水素と、電気陰性度の大きい原子の間の静電的な引力」です。
電気陰性度の大きい原子というのは、事実上、F,O,Nと考えて良いでしょう。
電気陰性度の大きい原子と結合した水素上には正電荷(δ+)が生じます。また、電気陰性度の大きい原子上には負電荷(δー)が存在します。

水素が他の原子と違うのは、その価電子が1個しかないことです。つまり、他のイオンとは異なり、H+というのは原子核(通常は陽子)のみになります。他のイオンの場合には、内側にも電子格殻が存在しますので、原子格がむき出しになることはありません。
ご存じと思いますが、原子核というのは原子のサイズに比べてはるかに小さいために、H+というのは他のイオンとは比べ物にならないほど小さいといえます。もちろん、正電荷を持つ水素というのは水素イオンとは異なりますので、原子殻がむき出しになっているわけではありませんが、電子が電気陰性度の大きい原子に引き寄せられているために、むき出しに近い状態になり、非常に小さい空間に正電荷が密集することになります。
そこに、他の電気陰性度の大きい原子のδーが接近すれば、静電的な引力が生じるということです。
そのときの、水素は通常の水素原子に比べても小さいために、水素結合の結合角は180度に近くなります。つまり、2個の球(電気陰性度の大きい原子)が非常に小さな球(水素原子)を介してつながれば、直線状にならざるを得ないということです。

要は、「電気陰性度の大きい原子に結合した水素と、電気陰性度の大きい原子の間の静電的な引力」です。
電気陰性度の大きい原子というのは、事実上、F,O,Nと考えて良いでしょう。
電気陰性度の大きい原子と結合した水素上には正電荷(δ+)が生じます。また、電気陰性度の大きい原子上には負電荷(δー)が存在します。

水素が他の原子と違うのは、その価電子が1個しかないことです。つまり、他のイオンとは異なり、H+というのは原子核(通常は陽子)のみになります。他のイオンの場合には、内側にも電子格殻...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング