こんばんは。まず始めに申し上げておきますと
この質問は、できるかどうかすらもわかりません。
できなければ「できない」とお答えいただけるだけでも助かります。
では本題です。
SQLのDBで
data1|data2
----+-------
1   | 1
1   | 2
2   | 2
2   | 4
というようにデータが存在したとします。
ここで、data1=data2の場合、同じデータとしてカウントは「1」とされ、data1!=data2の場合にはそれぞれにカウントします。
つまり、ここで望む結果は以下のようになります。
data |count
----+-------
1   | 2
2   | 3
4   | 1

どうでしょうか?
こんなことできるのでしょうか?
もし何らかの方法が存在するならばお教えください。
宜しくお願いします。

A 回答 (5件)

再びstorkです。



>使用しているのはpostgreSQLです..
前回のSQLは試して見ましたか?
postgres使用したことがないんですが、おそらく大丈夫だと思います。

ひっかかるとすればunion句をネストしているところかな(?)
試してみてひっかかったところを補足してもらえば、解決できるかも知れません。

>postgresでvalueは使えないですよね?
valueは単なる別名なので関係ないです。
もし、予約語でひっかかる場合は適当な文字に置き換えてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まだまだ理解できない個所はありますが何とか以下の方法でできました。
select data1 as value, count(*)
from (select data1 from test where data1=data2 union all select data1 from test where data1!=data2
union all select data2 from test where data1!=data2)
as tmp group by value;

storkさんのを見本にして少し手を加えたらできました。
「DataCount」というものが結局わからなかったのですが、とりあえず置いときます。(まだまだ勉強が足りん...)
ではありがとうございました。皆さん、本当に感謝してます!

お礼日時:2001/11/29 19:13

下の感じでいかがでしょうか


SQLのDBってMS-SQLserverと言うことですか?

データを3つのセクションに分けて抽出してカウントします。
1.data1=data2のデータ
2.data1<>data2のdata1
3.data1<>data2のdata2

<SQLserverの例>----------------------------------
SELECT value data, COUNT(value) DataCount
FROM (SELECT data1 value FROM table1 WHERE data1 = data2
    UNION ALL
    SELECT data1 FROM table1 WHERE data1 <> data2
    UNION ALL
    SELECT data2 FROM table1 WHERE data1 <> data2) AS tableA
GROUP BY tableA.value
------------------------------------------------
後学のために、差し支えない範囲でどのようなことで使用されるのか教えていただけませんか?

この回答への補足

使用しているのはpostgreSQLです...。
postgresでvalueは使えないですよね?ちょっと良くわかりませんが、、、。valuesは使うんですけど。
>後学のために、差し支えない範囲でどのようなことで使用されるのか教えていただけませんか?
これはちょっと控えさせていただけないでしょうか?
すみません。。。m(_ _)m
どんなシステムかだけ申しますと、ある商品の出荷入荷情報を統計に取るシステムです。
これだけでどうかご勘弁を。。。
もしpostgreSQLでの方法もご存知でしたらお手数ですがお教えいただけないでしょうか?
宜しくお願いいたします。

補足日時:2001/11/29 11:27
    • good
    • 0

シングルクォーテーションを忘れた・・・(^ ^;



SELECT data, Count(data) 'count'
FROM (SELECT data1 'data' from hoge
union all select data2 from hoge where hoge.data1 <> hoge.data2)
GROUP BY data

すいませんでした。m(_ _)m

この回答への補足

すみません、できませんでした。いろいろ調べたり、試してみたりしたんですが、、、。
試してみたといっても書かれている内容を把握できませんので正直「下手な鉄砲」です。
もしよろしければ説明を加えていただけると非常にありがたいのですが、、、。
わがまま言って申し訳ありません。

補足日時:2001/11/29 09:52
    • good
    • 0

動作確認はしていない為、別名の指定にてエラーが起きるかもしれませんが、



SELECT data, Count(data) count
FROM (SELECT data1 data from hoge
union all select data2 from hoge where hoge.data1 <> hoge.data2)
GROUP BY data

で、如何でしょうか?
尚、テーブル名は「hoge」とさせて頂きました。
    • good
    • 0

「望む結果」のdataとcountがどう対応しているのかよくわかりません。


例えば、「望む結果」の1行目のdata 1 とcount 2 は何を指していますか?
count 2 は、多分、一致するレコードがテーブル例の1行目と3行目の2件あるという意味なのだと思うのですが。。。
補足説明をお願いします。

この回答への補足

せ、説明が難しい...。
え~、ではデータが数値だとわかりにくいので、ちょっとテーブル例を文字に変えて1行目から説明します。
data1|data2
----+-------
A   | A
A   | B
B   | B
B   | C

まずはdata1=A,data2=A、これは両方AなのでAが1件(count)となります。
次にdata1=A,data2=Bなので先程のAが++され2になり、
Bが1件countされます。
3行目は両方Bなので先程のBに1件++され、2件になります。
最後にdata1=B,data2=CなのでBは3件になって、Cが1件となり、以下の結果になります。
data |count
----+-------
A   | 2
B   | 3
C   | 1
おわかりいただけたでしょうか?何かいい策をお待ちしております。

補足日時:2001/11/29 09:25
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベット・ミドラーの「From A Distance」について

ベット・ミドラーの「From A Distance」は洋画の挿入(エンディング)曲だったでしょうか?
以前、日本のドラマで流れていたそうですが、それではなく、映画で使用されたかどうか、できれば映画タイトルも知りたいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

とてもよい曲です。ベット・ミドラーの「From A Distance」はベストで発表された曲です。所有している“FOR THE BOYS” のサウンドトラックCD(AMCY-340)を確認しましたが含まれておりません。他の出演作にも使われたことは無いようです。

参考URL:http://www.hmv.co.jp/product/detail/33809

Q【SQL文】 where (colA & colB) in ((1 & 1), (2 & 2)) とは?

VB6のプログラムを読んでいたら、ACCESSのMDBにSQL文を
投げる際に以下のような記述がありました。

------------------------------------------------------
select * from tableA
where (colA & colB) in ((1 & 1), (2 & 2))
------------------------------------------------------

これはどういったことを表しているのでしょうか?

雰囲気的には
(colA, colB) の組み合わせが (1, 1) か (2, 2)
というようなことを表しているのかなと思うのですが
はっきりとわからなかったため質問させていただきました。

また、これはOracle等の他のDBでも使用できる構文
なのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけたらと
思います。

Aベストアンサー

<IN=集合>

WHERE節のキーワード INに値を列挙することで、その値を持つ列を抽出することができます。

<列名> [NOT] IN (<値1>,<値2>,...<値n>,)

SELECT * FROM 得意先一覧 WHERE 郵便番号 IN ('8300001', '8300002')

Informix、SQL Sever では、このように書きます。
ですから、構文としては共通した書き方です。
ただし、Access では、演算子をSQLのそれでなくVBAのそれが通用します。

・文字列の加算・・・&
・'11' と 11とで型照合エラーが発生しない。

などです。

ですから、Access 以外では、次のような書き方が一般的。

[イミディエイト]
? DBSelect("SELECT * FROM A WHERE 列1+列2 IN ('1'+'1', '2'+'2')")
1;2;2;
2;1;1;

この場合、列1と列2の組合せが1+1、2+2 を取得しています。

ただし、示されているコードはバグに近い書き方です。

[イミディエイト]
? DBSelect("SELECT * FROM A WHERE 列1+列2 IN ('11'+'11', '22'+'22')")
1;11;11;
2;22;22;
3;111;1;

[イミディエイト]
? DBSelect("SELECT * FROM A WHERE 列1+'/'+列2 IN ('11/11', '22/22')")
1;11;11;
2;22;22;

この2つではヒットするレコードが違います。
ちょっと、問題ありかと思います。

<IN=集合>

WHERE節のキーワード INに値を列挙することで、その値を持つ列を抽出することができます。

<列名> [NOT] IN (<値1>,<値2>,...<値n>,)

SELECT * FROM 得意先一覧 WHERE 郵便番号 IN ('8300001', '8300002')

Informix、SQL Sever では、このように書きます。
ですから、構文としては共通した書き方です。
ただし、Access では、演算子をSQLのそれでなくVBAのそれが通用します。

・文字列の加算・・・&
・'11' と 11とで型照合エラーが発生しない。

などです。

ですから、Access...続きを読む

QFrom a Distanceを歌っているのは誰?

以前、JFN系列のFMラジオ番組で、Radio Japanというのがありましたが、そのなかで使われていたFrom a Distanceという曲の歌手が知りたいのですが…
いろいろ調べて、ベットミドラーでないことは判ったのですが、それ以上は調べきれません…
ご存知の方、ご回答宜しくお願いします!

Aベストアンサー

【From a Distance】
この曲は1990年にBette Midlerが歌って有名になりましたが、
元の曲は1987年にNanci Griffithの作曲でJulie Goldが歌った曲です。
カバーした歌手は大変多いですね。
Vicky Leandros (1995)、Anthony Ventura(1992)、
Cliff Richard (1994)、Elaine Paige(1998)、
Harajuku(1995)、James Galways(1999)、
Kathy Mattea(1991)、Phil Coulter(1994)等ですね。
試聴できるものを紹介します。
Julie Gold
http://www.hmv.co.jp/product/detail/174269

Bette Midler
http://www.hmv.co.jp/product/detail/14024

Nanci Griffith
http://www.hmv.co.jp/product/detail/270728

Cliff Richard
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2537179

Pf Sloan
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1257335

Nanci Griffith
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1975293

Travers & Appice
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1795083

Michael Ball
http://www.hmv.co.jp/product/detail/509801

【From a Distance】
この曲は1990年にBette Midlerが歌って有名になりましたが、
元の曲は1987年にNanci Griffithの作曲でJulie Goldが歌った曲です。
カバーした歌手は大変多いですね。
Vicky Leandros (1995)、Anthony Ventura(1992)、
Cliff Richard (1994)、Elaine Paige(1998)、
Harajuku(1995)、James Galways(1999)、
Kathy Mattea(1991)、Phil Coulter(1994)等ですね。
試聴できるものを紹介します。
Julie Gold
http://www.hmv.co.jp/product/detail/174269

Bette Midler
http://www.hmv....続きを読む

QSQL文のCOUNTの戻り値は?

はじめてSQLで関数を使用するのですが、テーブルの行数を知る
COUNT関数で戻り値をどのように取得するのでしょうか?
VBの変数に代入したいのですが・・・
調べては見たのですがサンプルのプログラムなどが見つかりませんでした。
よろしくお願いします。
ADOを使用しています。

Aベストアンサー

VB上でSQL文を使用する方法自体はご存知ですか?
通常のSQLが使用できるのであれば、
以下のSQL文で行数は取得できます。

SELECT COUNT(*)
FROM テーブル名

です。

Qin the distance と at a distance の違い

in the distance と at a distance の違い。

鬼塚のミラクル英文108で

in the distance と at a distance について、

(1)in the distance「遠くの[に]」
(2)at a distance「少し離れたところの[に]」


「ときどぎ遠くにあるものを見て、目を休ませましょう」
→It's a good idea to rest your eyes by looking at something in the distance.

「少し離れたところに、私は非常によく知っている男が、私の方向に向かってくるのが目に入りました」
→I saw, at a distance, a man I know very well heading in my direction.

との文例を示し、
「定冠詞theと不定冠詞aの違いに注目して覚える。」
とのことが書かれているのですが、
両者の違いがよく分かりません。

私が知っている知識としては、
定冠詞theは話し手と聞き手、若しくは書き手と読み手の両者が共通認識を持てる。
不定冠詞aは多くのものの中の任意の一つ。
ということだけなのですが、in the distance と at a distance の違いが分かりません。

丸暗記ではなく、単語のイメージを基に理解する方法があるようでしたら、
教えてください。

in the distance と at a distance の違い。

鬼塚のミラクル英文108で

in the distance と at a distance について、

(1)in the distance「遠くの[に]」
(2)at a distance「少し離れたところの[に]」


「ときどぎ遠くにあるものを見て、目を休ませましょう」
→It's a good idea to rest your eyes by looking at something in the distance.

「少し離れたところに、私は非常によく知っている男が、私の方向に向かってくるのが目に入りました」
→I saw, at a distance, a man I know very well heading i...続きを読む

Aベストアンサー

a と the は非常にややこしいようですが、a はいくつでもある不特定のものを言います。一方、the は特定の一つもものを言います。the sun, 家の玄関(the door),家の中の冷蔵庫 the refrigerator話題になった the boy, the man など。同じ概念で、in the center, in the middle(中心に、真ん中に)on the left, right などがあります。真ん中、左、右も一つの概念です。同様に in the
distance (遠くにある、遠くの)も一つの概念です。つまりどのくらい離れているかを問うてはいません。in は『遠くにある』とその範囲を表しています。in the garden, in my room と同じようにthe distance の範囲に含まれものを指しています。
a castle in the distance 遠くにある城、a ship in the distance 遠くの船、など。
一方 at は点、地点などを表しています。その地点は不特定であるので at a distance となります。
つまり自分からの距離を表しています。その意味から離れたところ(遠くではなくて)自分からある距離離れているところという意味です。

at a distance of 10meters 10メートルはなれば場所
a man standing at a distance 少し離れたところに立っている人

in the distance (自分からどのくらい離れているかは関係なく)遠くに
at a distance (自分からどのくらい離れているかが問われている)離れたところに

a と the は非常にややこしいようですが、a はいくつでもある不特定のものを言います。一方、the は特定の一つもものを言います。the sun, 家の玄関(the door),家の中の冷蔵庫 the refrigerator話題になった the boy, the man など。同じ概念で、in the center, in the middle(中心に、真ん中に)on the left, right などがあります。真ん中、左、右も一つの概念です。同様に in the
distance (遠くにある、遠くの)も一つの概念です。つまりどのくらい離れているかを問うてはいません。in は『遠くにある』...続きを読む

QSQLのSelect Countについて

たびたびお世話になります。

以下のSQLを実行したらエラーになりましたが原因がわかりません。
select count(A), A
from TableA
where A > 0 and B is not null;

同時に該当するデータ件数とその項目を取得したかったのですが、なぜ上記のSQLがエラーになるのかわかりません。

教えてください、お願いします_(._.)_

Aベストアンサー

select count(A), A のうち、
count(A)で得られるレコードは1件ですね。
一方、A により得られるレコードは複数件(count(A)の結果)ですね。
例えば、TableAテーブルに条件に合致するデータが、3件(Aの値:1、2、3)あった場合、
count(A)→3(1レコード)
A→1、2、3(3レコード)
となります。
これは明らかに選択されるレコードに不一致が起こることは理解できますよね?

select count(A), A
from TableA
where A > 0 and B is not null
group by A;

とすればOKだと思いますが、あくまでもcount(A)はAの値毎の件数になります。

Qdistinguish A from B

僕のレベルでは、distinguish A from B 「AとBを区別する」= tell A from B = know A from B という風に同列に暗記してるだけなんですけど、これらは実際どんな意味の違いがあるのですか?どんな風に使い分けられているのですか?

Aベストアンサー

distinguish A from B
→このdistinguishは、もともと「突き刺す」という意味の言葉から出来た語で、突き刺して分離するという意味を持っていました。つまり、はっきり、切り裂いてAとBを区別する、見分ける、識別するという意味です。
このような区別する意味を含む動詞なので
distinguish A and Bとも言えますが、tell, knowでは言えません。

tell A from B
tellの中心的な意味は、情報を伝えるということです。Aという情報をBから(違うものとして)伝えるということから、AとBの違いを言う、違うと伝えるということで、AとBを区別して伝えるということになります。この場合、意味上、どうしても通常can, be able toなどと共に使うことになります。

know A from B
こちらは、通常、否定文、疑問文で用います。たとえば、
He doesn't know good music from grunge. 彼はよい音楽とくだらい音楽の区別ができない。
こちらは、知っている状態を表すknowを用い、いい音楽がわかっていないーーgrungeと区別してーーというような意味になります。あまり区別という感じがしない表現です。むしろ、いい音楽がわかっていないーーということの延長のようにfrom grungeを付け足している感じです。
ですから、
She didn't know me from Adam.
は、彼女は私のことを知らなかったーーアダムと区別できないーーアダムとイブのアダムですがーー
She didn't know me at all. の意味になります。つまり
not know A from Bは
not know Aという言い方を強めて言っている感覚です。

以上、ご参考になればと思います。

distinguish A from B
→このdistinguishは、もともと「突き刺す」という意味の言葉から出来た語で、突き刺して分離するという意味を持っていました。つまり、はっきり、切り裂いてAとBを区別する、見分ける、識別するという意味です。
このような区別する意味を含む動詞なので
distinguish A and Bとも言えますが、tell, knowでは言えません。

tell A from B
tellの中心的な意味は、情報を伝えるということです。Aという情報をBから(違うものとして)伝えるということから、AとBの違いを言う、違うと伝えるとい...続きを読む

Qdb2setupでdb2inst1が作成されない

お世話になります。

redhat9にDB2ver8を導入しようとしています。
db2setupを実行しGUIインストールを行いました。
しかし、セットアップ完了画面でなぜかdb2inst1だけ作成されておらず、db2start等のコマンドができません。新しくdb2inst1とdb2grpを作成して、再度インストールを実行してもうまくいきません。
色々調べてみたのですが、いまいちよい事例が見つからないので、質問させていただきますので、よろしくお願いします。

以下に失敗していると思われるログを抜粋します。

DB2 ファイル・セットのインストール:.......成功
DB2 ライセンスの登録:.......成功
デフォルト・グローバル・プロファイル・レジストリー変数の設定:.......成功
DB2 Administration Server の作成:.......成功
エラー:現在の DB2INSTANCE を "db2inst1"
に切り替えることができませんでした。戻りコードは "-2029059916" です。

インスタンス・リストの初期化:.......成功
DB2 インスタンス構成のカスタマイズ:.......成功
エラー:DBI1131E ユーザー ID db2inst1 が無効です。

説明:

与えられたユーザー ID にアクセスしようとして失敗しました。
次の状態のいずれかが発生していると考えられます。

o このユーザー ID がシステムにない。

o このユーザーのホーム・ディレクトリーが正しく設定されていない。

o DB2 で必要なユーザー属性のいずれかが設定されていない。

o このユーザーの UID が 0 である。

お世話になります。

redhat9にDB2ver8を導入しようとしています。
db2setupを実行しGUIインストールを行いました。
しかし、セットアップ完了画面でなぜかdb2inst1だけ作成されておらず、db2start等のコマンドができません。新しくdb2inst1とdb2grpを作成して、再度インストールを実行してもうまくいきません。
色々調べてみたのですが、いまいちよい事例が見つからないので、質問させていただきますので、よろしくお願いします。

以下に失敗していると思われるログを抜粋します。

DB2 ファイル・セッ...続きを読む

Aベストアンサー

No.3です。

No.4 の、AS400さんの回答と重複しますが、
初回インストール時は、インスタンスは作成されなかったけれども、インスタンスユーザーのホームディレクトリに、sqllibディレクトリが作成され、ひととおりDB2が操作できる環境が整っていたはずなので、AS400さんの回答の通りでよかったと思います。

その後、DB2のアンインストールをされたとのことですが、DB2のCD-ROMメディアに入っている、アンインストール用のシェルスクリプト(db2_deinstall)を実行したということでよいでしょうか?

このシェルスクリプトでアンインストールをかけた場合は、以下の情報が残ったままとなってしまい、完全にDB2をアンインストールすることはできません。

1) DB2の各種ユーザー情報(+ホームディレクトリも)
2) DB2インストール履歴情報
3) DB2サービスポート設定
4) DB2インストールディレクトリ

※3)、4)、は残ったままでも、再インストールに影響はないと思いますが、1)、2)の情報が残っていると、場合によってはうまくインストールできません。

今回の原因は、初回インストール時に作成されたユーザー、db2inst1 が存在していたにも関わらず、インスタンスユーザー作成画面で、「新規ユーザー」として db2inst1 を指定した為に、ユーザーが重複している等のエラーにより、インストールが失敗しているのではないでしょうか。
(※ユーザー確認方法 = cat /etc/passwd )
この場合、「既存のユーザー」にして、db2inst1 を指定してインストールを進められると思いますが、気分的にさっぱりしたいという意味も込めて、一旦、DB2を完全に消去して再チャレンジしたほうがよいと思います。

以下の手順でDB2を完全にアンインストールすることができます。

---------------------------------------------

(以下rootユーザーで実行)

1. db2_deinstallの実行(省略します)

2. DB2各種ユーザーの削除

$ userdel -r ユーザー名

3. DB2インストール履歴情報の削除

$ rm -fR /var/db2

4. DB2サービスポート設定の削除

$ vi /etc/services

???等として、ファイルを開き、db2*** のエントリを削除

5. DB2インストールディレクトリの削除

$ rm -fR /opt/IBM/db2

念の為、一度OSを再起動してから、db2setupを実行してみて下さい。

---------------------------------------------

また、既にご覧になられているかもしれませんが、以下の情報が参考になると思います。

「DB2 UDB V8.2 for Linuxクイックインストール」
http://www-6.ibm.com/jp/software/data/developer/library/techdoc/db2v82_install_linux.html

No.3です。

No.4 の、AS400さんの回答と重複しますが、
初回インストール時は、インスタンスは作成されなかったけれども、インスタンスユーザーのホームディレクトリに、sqllibディレクトリが作成され、ひととおりDB2が操作できる環境が整っていたはずなので、AS400さんの回答の通りでよかったと思います。

その後、DB2のアンインストールをされたとのことですが、DB2のCD-ROMメディアに入っている、アンインストール用のシェルスクリプト(db2_deinstall)を実行したということでよいでしょうか?

この...続きを読む

Qdie from/of A の違いは?

なにかあるんでしょうか?聞いたところでは
OF A・・・Aは病気
FROM A・・間接的原因・過労など

です。ですがテストでは、FROM心臓病
がありました。これって明らかにOFのような気がするのですが、実際どうなのでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

 ひとつの単語には1つの意味しかないという持論を持つ者です(わかりにくければ参考程度にお願いします)。

  of:構成要素の離脱
  from:出発点(→距離感)

 ofの語源はoffと同じですが、offが(壁からポスターがはがれるような)表面からの分離を表すのに対して、ofは全体の中から一部が抜け出す、つまり「構成要素の離脱」を表します。out ofという表現がよく使われるように、ofがoutと相性が良いのもこのためです。
  (1)The man robbed an old lady of her purse.「その男は老婦人から財布を奪った。」(老婦人の一部である財布が老婦人から離脱)
  (2)a glass of milk「コップ1杯のミルク」(ミルク全体の中のコップによって分離された1杯)
  (3)the windows of my room「私の部屋の窓」(私の部屋全体の一部である窓)
  (4)the city of Kyoto「京都市(京都という町)」
  (5)It is very kind of you to help.「手伝ってくださるなんてあなたは親切な方ですね。」

 (3)は一見分離ではないように思えますが、the windowsが話題の主体になる(私の部屋の構成要素のうち、窓が取り沙汰されている)ので、その意味では分離です。(4)はthe city(一部)とKyoto(全体)が同じ大きさで、同格の用法です。(5)は、(手伝ってくださるのは、「あなたという人格(全体)の中の親切という一面(一部)」ですね)という内容です。

 fromは「出発点」を表し、to(到達点)との対応表現として使われます。そして到達点に至るまでにどのような経路をたどっても関係ありません。例えば、
  A cold wind blew from sea.「冷たい風が海から吹いてきた。」
という例文の場合、極端な言い方をすれば、風が海とは反対方向から吹いてきたとしても、それがもともと海から吹いてきた風であれば、この文は有効となります。
 このように、fromとtoの間には途中経路のイメージが介在するために、toから見たfromには遠いイメージ、つまり「距離感」のイメージが生じます。
  Keep away from the cage.「おりに近づかないこと。」
のように、fromがaway(離れて見えない)などと相性が良いのもこのためです。

 ofとfromの根本的な意味の違いは以上のような感じです。死亡原因について使われる場合もやはり、
  die of A…Aという事柄が全面的な原因となって、dieという結果が生じる(→Aは直接的死因)
  die from A…Aという出発点から途中経路をたどってdieという到達点に至る(→Aは間接的死因)
という説明が可能です。

 しかし正直なところ、現在ではこの区別もあいまいになってきています(死因の境界線がはっきりしないことも多い)。結局は話者がどう考えるかによっても違ってきます。ただ、ofとfromの基本的な意味は知っておかれると良いかと思います。

 ひとつの単語には1つの意味しかないという持論を持つ者です(わかりにくければ参考程度にお願いします)。

  of:構成要素の離脱
  from:出発点(→距離感)

 ofの語源はoffと同じですが、offが(壁からポスターがはがれるような)表面からの分離を表すのに対して、ofは全体の中から一部が抜け出す、つまり「構成要素の離脱」を表します。out ofという表現がよく使われるように、ofがoutと相性が良いのもこのためです。
  (1)The man robbed an old lady of her purse.「その男は老婦人から財布...続きを読む

QData-base?

短歌・俳句・川柳・アフォリズム・短文(10枚4千字くらい)一切合財の管理に適しているフリーウェアの不定形文書データベースを探しています。自選他薦で、お教えくださいませ。

Aベストアンサー

どのような管理をしたいかによるのではないでしょうか。

該当する言葉(作者、題名等)を検索したいのでしたら、
(私なら)全てのデータをテキスト形式で保持し、grepで検索します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報