近頃バーテンダーをはじめたんですが、カクテルのレシピがなかなか覚えられ
ないんです。何か秘訣はありませんか?経験者の方何ぞ知恵を分けてください。
あ、それとよいカクテルブックを知っておられたら紹介してほしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

懐かしいですね。

そんなころもありましたね・・・^^;
カクテルのレシピにはいくつかの公式があって、それに基づいて覚えていけば比較的簡単に覚えられます。
ショートカクテルに限りますが、1杯あたりのを総量60mlとして書いておきますね。

1.30ml+30ml(1/2+1/2)
2.40ml+20ml(2/3+1/3)
3.30ml+15ml+15ml(2/4+1/4+1/4)
4.20ml+20ml+20ml(1/3+1/3+1/3)
5.15ml+15ml+15ml+15ml(1/4+1/4+1/4+1/4)
ビルドカクテルに関してはお店によって分量が変わり、特定はできませんので省略します。
【~~サワー】
ベース40ml(45ml)+レモン20ml+シュガー1tsp(+ソーダ)
【~~フィズ】
ベース40ml(45ml)+レモン20ml+シュガー1tsp+ソーダ
こんな所でしょうか?

あとは、レシピを何度も書き、(このノートは将来、マイノートとして役に立ちます)数作って覚えていくしかないでしょう。
何より興味を持つことが大切ですね。
カクテルの名前も、材料から由来する名前も多いようです。

最近始められたようですが、始めのうちはやはり、スタンダードカクテルをしっかり作れるようになることが大切です。
急いで雑な仕事を覚えるより、ゆっくりでもきちんとした仕事を覚えてください。

カクテルのレシピを覚えることも大切ですが、やはりプロのバーテンダーとしては、サービスの技術も磨いてください。
我々の業界では「バーは“人”なり」とも言わます。
技術、知識だけに溺れることなく、お客様にとってより良い空間を演出できるバーテンダーになってください。

さて、お勧めするカクテルブックです。
ひかりのくに株式会社出版
新カクテール全書
定価:7.800

柴田書店出版
NBA(社)日本バーテンダー協会)オフィシャル・カクテルブック
定価:2.500
上記2冊があれば不自由ないと思います。(私もこの2冊を重点的に使ってます^^)

社)日本バーテンダー協会、とある支部の技術研究部副部長からの回答でした。^^
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。こんな専門家の方からアドバイスをいただけるとは・・ そうか公式があるんですね。これなら体系的に覚えていけそうです。
「バーは”人”なり」。うーん、深い言葉ですね。お客さんも自分も楽しむことができる空間をつくれたらとてもよいのですが・・・はて、どうすればよいのやら。
これから学んでいかなきゃならないことがたくさんありそうです。
大変参考になりました!ありがとうございます。

お礼日時:2001/11/29 18:28

呼ばれて飛び出てぢゃぢゃぢゃぢゃ~~ん



てなわけでもう1度moominx2です。
>カクテルレシピの権威No1はこれ!って言うようなものはあるんでしょうか?
カクテルはmamo-ruさんのおっしゃるようにお客様によって、また時代によって変化していきますので「いまこれを買っておけば一生使える」というものはありません。

また、同じカクテルでも店によってレシピが違ったり、極端な話作るバーテンダーによってもレシピが違います。
これは、使っている材料の違いや、ウデの差が出てしまうからなんですね^^
(ウデのいいバーテンダーが作ると、お酒をたくさん使ったカクテルでも飲みやすいマイルドな味に仕上がりますが、ウデの悪い人が作るとお酒の量を抑えても、飲みにくいカクテルに仕上がってしまうんです。)

salvageさんは、ますご自分が勤めていらっしゃる店のスタイルで覚えると同時に、きちんと編集された1冊(NBAオフィシャルブックがいいでしょう)で覚えてから、カクテルブックを増やしていく方がいいでしょう。
始めのうちから何冊も買い揃えると、混乱しちゃいますよ^^

ちなみに私が紹介したカクテルブック、掲載されているカクテルの数は
NBAオフィシャル・カクテルブック:約400種類
新カクテール全集         :約2000種類
です。まぁこれだけあれば他はあまり必要はないでしょうね。(と言いつつ、私は12冊のカクテルブックを持っていますが^^)
権威のあるカクテルブックを持っているからと言って、おいしいカクテルができるとは限りませんしね^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

毎回的を得た返事ありがとうございます。再度返事していただいて感謝感激雨あられです。
使っている材料によってもレシピが違う・・同じ種類のお酒でも味に差があって、それも知っていかなけりゃならないということですか。まあいわれてみれば日本酒にも味の差があるし・・
ところで、『新カクテール全集』、約2000種類ってことは一日に3つ作っても全部作り終えるまで約1年5か月・・・ひゃー!世界にはのんべえが沢山いたもんだ!
とにかくはじめは一冊にしぼって(それでも400種類ありますが)やってみます。

お礼日時:2001/11/30 17:46

はじめまして、バーテンダー歴4年のひよっこからのアドバイスです。

以前わたしは、ショットバーで働いていてわずか2年しか働いていなかったのですが、親のスナックを手伝うことになり、現在スナックバーとして、毎日奮闘しています。僕のレシピの覚え方はカクテルには親戚のような部類がたくさんありますよね。
ウオッカ、ホワイトキュラソー、レモンジュースの3つでバラライカというカクテルに、ウオッカをジンに替えればホワイトレディー、ラムなら、XYZ、テキーラならグラスに塩つけてマルガリータ、ブランデーならサイドカーとベースを替えれば名前が変わるものがたくさんあります。結構そう考えると簡単ではないですか?入る量は同じなんです。ノートに書くのも大切ですが、やはり自分で作ってみないとわからないので僕は給料がはいると5,6本酒を買ってきて友達相手に試飲してました。お金は取らず、つまみ持参で!おかげで部屋がミニバーになりました。それもそれで楽しいですしね。
名前の由来や、意味を楽しんで覚えればいいと思います。
僕はまだ4年しかやっていませんが、親の店を手伝いだして、誰も頼る人がいない中,1つだけわかった事があります。カクテルのレシピの中で分量は決まっていて決まってないという事がわかりました。もちろん本等に載っているのが違うというわけではありません。もちろん基本的な分量は覚える必要がありますが、全てのお客さまにその分量で提供する必要は全くないと思います。なぜなら、そのお客様はアルコールが強い方なのか,弱い方なのかにっよて替えなければいけないと思います。強い方なら弱いと飲んだ気がしないので少し強く、弱い方なら薄めに、また、少し飲みすぎている時や、そのときのお客様の状況によって替えるべきだと思います。1流のバーテンダーは初めてのお客様でも、そのお客様の飲みたかったカクテルを作るといいます。そういうものが本当のサービスだと思います。バーテンダーは酒を分量どおり作るのが仕事ではありません。だったら機械でいいと思います。お客様に満足してもらうお手伝いをするのがバーテンダーだと思います。安くするだけはサービスとはいえないと思います。だからサービス業であるバーテンダーに完璧に極めたという言葉はないと思います。奥が深いけど終わりがない分一生楽しめる仕事だと思います。一流店だけじゃなく色々な店にいくのも大事だと思いますよ。たいした酒は作ってないのに忙しい店もありますからね。マスターの人柄がいいとか。僕もまだまだひよっこですが、これから頑張りましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。自らの経験で身についた話を聞かせていただいてうれしいです。こういう話を聞ける機会は実際そう多くはないんで・・。ところで、カクテルのレシピ、僕の見た本に限って言うと、本によって多少分量に差があります。こういうときってどれを信頼していいんでしょうか?moomin×2さんに紹介していただいた本をスタンダードにして覚えていけばまず間違いないとに思うのですが、カクテルレシピの権威No1はこれ!って言うようなものはあるんでしょうか?

お礼日時:2001/11/30 11:06

はじめまして!!


カクテルっていいですよね。
私(女です)もバーテンになろうかなと思ったことありますが、結婚してしまったので止めました。
カクテルには色々なベースがありますよね、
まずそのベースになるお酒の特徴を知り、
それからそのベースになるものに何を加えたら
こういう味&見た目になるということを覚えたらどうでしょうか?楽しみながら覚えることですね。
仕事だという感じではなく
お客さんの気持ちになって!!私もお客で行っていて覚えました。けっこう聞いてみるとお客さん知ってますよ。

色々とカクテルのことを掲載しているサイトがありますのでそこを見てください。

それではがんばってください。

参考URL:http://ww21.tiki.ne.jp/~takeshima/cocktail/flame …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。カクテルのサイトがあるとは思いもよりませんでした。見てみると、山ほど種類があるもんだなー、と改めて思います。そうですね。やっぱり実際飲んでみないとわからないこともたくさんありますよね。スピリッツとリキュールを2,3買いそろえてみようかな。・・なはは、そのうち部屋が酒瓶だらけになったりして。

お礼日時:2001/11/29 18:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジンベースのカクテルのレシピについて

友人が外国人にバカにされたのでお聞きします。
ジンベースのロングカクテル(確かジンバックだったような)にフレッシュなミントの葉を入れるものですか???
「ワールドなレシピはこっちだ」と言っていますが…
友人もバーテンダー歴は長いのですが、聞いたことないと…私も同様です。
「だから日本人は駄目なんだ!世界から取り残されているんだ!」的な言い方で(日本在住のくせに)正直頭にきています。
どなたか詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

ジンは元々蒸留酒にハーブ類を漬け込んでいますから、わざわざ後から
ハーブ類を入れなくても芳香性のあるお酒ですよね。
なので、そこに敢えて入れるのは個人の好みの問題の方が大きな要因だと
思います。

私も通訳をしているので外国語で書かれたカクテルのレシピ本も
何ヶ国語か持っていますけど、そういうのが『絶対』的なレシピで
書かれたのってないですからね。逆に『好み』で入れるってのは
ありますけど。

その外国人が言っていることは気にする必要はないと思いますよ。
単に日本人は当人の国よりも劣っていると上から目線で見たいだけでしょう。

Qカクテルのレシピの違い

同じ名前のカクテルなのにお店によってレシピが異なるのはなぜでしょうか。
例えば、

マティーニ
マンハッタン
ギムレット
サイドカー
ジントニック
バラライカ
ダイキリ
シンガポールスリング

なんかはお店によってかなりレシピが違うと思いますが、
何か理由はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

ベースとなるレシピは同じでもお店によってオリジナリティを出すために一工夫加えている場合が多いようです。
特にマティーニはカクテルの大様と呼ばれるキングオブカクテルであり、
すべてのカクテルはマティーニの亜流だという人がいるくらいです。
バーテンダーさんそれぞれが自分の個性を出すだけでなく、お店の伝統であったり、
飲む人の気持ちになって努力を重ねた結果、異なるレシピが生まれたのではないでしょうか。

ただ、シンガポールスリングは、ラッフルズスタイルとサボイスタイルで大きくレシピも味も異なります。
日本ではサヴォイスタイルで提供されるお店が多いようです。シンガポールスリングはシンガポールのラッフルズホテルがその発症ですが、サボイも正式なレシピとして提供されています。
それぞれ、発祥のホテルの名前に由来します。

Qカクテルのレシピが一定してない

ビショップのレシピですが、
赤ワインベースのものと、ラム酒ベースのものがあります。
また、オレンジを入れる入れないがあります。

正式には、どっちが正解なのでしょうか?

Aベストアンサー

私はどちらが正解というのはないと思います。

カクテルほど自由な発想で作られるものはないですから、
あちらではワインベース、こちらではラムベース、同じ名前で違うレシピということで。

ですが、その違いというのは許容範囲でしょう。
ジンフィズ一つとっても、数種類のレシピがありますし、
ブラッディ・メアリーの作り方も、シェークしたりビルドしてみたり、
隠し味にウスターソースを入れたり、トマトジュースに凝ってみたり、
マドラーにセロリを使ったりと、いくつもの作り方がありますから、
作り手の好みの問題かもしれませんね。


いろいろと自分で試して、好みの味を見つけるのも楽しいと思います。

Qブルームーンレモンドロップというカクテルのレシピについて

こんにちは。早速ですが、質問させて頂きます。
ずいぶん前に海外のとあるバーにて「ブルームーンレモンドロップ」なるカクテルがあり、そのカクテルが非常に美味しかったためレシピを聞いたのですが、書かれたメモにはブルーキュラソーとレモンドロップと書いてありました。
ブルーキュラソーは分かるのですが、レモンドロップはよく分からず、勝手に「レモン果汁のことなのかな?」などと解釈し、作ってみたのですが、味は似ていますがいまいち違う感じです。さらにカクテル界での用語でフロートとでも言うのでしょうか、上記2つの材料が見事にカクテルグラスの中で分離していました。
長くなりましたが質問というのは、
1.カクテルの世界でレモンドロップ=レモン果汁でいいのか?
2.上記の材料2つを冷えた状態でカクテルグラスの中で分離させた 状態にするにはどうすれば良いのか?

以上の質問にお手数ですがご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

レモンドロップとはウォッカ、レモンジュース、シロップを混ぜて作られるカクテルだと思います。
http://www.geocities.jp/kyouya1/lemondrop.html(参考)
このままでサービスされますし、ジンやブルーキュラソーと相性がいいのでミックスして使われたりします。
私はシロップのかわりに、角砂糖を使ったりもします。

フロートorフローティングは、ひとつの飲料の上に比重の違う別の飲料を加えることを指し、通常シェイクせず最後に足します。ポイントはとにかくゆっくりとそそぐこと。スプーンの裏や柄の部分を使うといいと思います。
http://gourmet.biglobe.ne.jp/bar-style/try/whi/whi_007.html(参考)



 

Qインディアン・デスロックというカクテルのレシピについて

趣味でカクテルを作っている者です。

数年前、横浜の某バーで飲んだインディアン・デスロックというカクテルが非常に印象に残っており、是非自分でも作って飲みたいのですがこのカクテルは横浜西口のバーテンダーのオリジナルらしく(若しかしたら飲んだお店のマスターのオリジナルだったのかも知れません。)、カクテルブックや東京のお店等ではレシピが分かりません。

ネットの検索でとりあえず材料が
・スピリタス(ウォッカ)
・カシス
・グレープフルーツジュース
・レモンジュース
であることは突き止めたものの、分量のバランスや作り方が分かりません。どなたか、知っていらっしゃる方や作ってみてオススメのレシピが出来た方、教えていただけませんか?

なお、某バーで飲んだときのスタイルは砕いた氷が敷き詰められたロックグラス(か、それより少し角度のついたグラス)に入っていて色は赤紫で透き通るよう、飲み口はかなりフルーティーで、しかしアルコールがしっかりと入っているのが飲んでから分かるという感じでした(スピリタスが入っているので当然かも知れませんが)。作り方は見ていなかったのでわかりませんが、スピリタスを使うということからシェイクではないかと推察しています。

よろしくお願いいたします。

趣味でカクテルを作っている者です。

数年前、横浜の某バーで飲んだインディアン・デスロックというカクテルが非常に印象に残っており、是非自分でも作って飲みたいのですがこのカクテルは横浜西口のバーテンダーのオリジナルらしく(若しかしたら飲んだお店のマスターのオリジナルだったのかも知れません。)、カクテルブックや東京のお店等ではレシピが分かりません。

ネットの検索でとりあえず材料が
・スピリタス(ウォッカ)
・カシス
・グレープフルーツジュース
・レモンジュース
であることは...続きを読む

Aベストアンサー

スピリタスを使ったカクテルとは…かなり強烈ですね。
でも色からしてとても綺麗で飲んでみたいと思いました。

若干違うとは思いますが、似たような材料を使ったカクテルってないのかな?と思い検索してみました。
この応用カクテルなのかなぁ…と…。参考までに…。

「ルシアン・バレエ (Russian Ballet)」
▼マゼンダ色の華やかなカクテル。味わいはクレーム・ド・カシスとレモン・ジュースの甘酸っぱさが効いてさわやか。
[ベース] ウオッカ
[ 材料 ]
ウオッカ 40 ml
クレーム・ド・カシス 10 ml
レモン・ジュース 10 ml
[ 技法 ] ステア
[ 方法 ] ステアして、カクテル・グラスに注ぐ。

バレエ・リュス (Ballet Russe)
▼クレーム・ド・カシスの甘酸っぱい味わい。レモン・ジュースを加えて、甘酸っぱさを引き立てて、さわやかな香りをつけている。
[ベース] ウオッカ
[ 材料 ]
ウオッカ 48 ml
クレーム・ド・カシス 12 ml
レモン・ジュース 1 tsp
[ 技法 ] シェーク
[ 方法 ] シェークしてカクテル・グラスに注ぐ。

スピリタスを使ったカクテルとは…かなり強烈ですね。
でも色からしてとても綺麗で飲んでみたいと思いました。

若干違うとは思いますが、似たような材料を使ったカクテルってないのかな?と思い検索してみました。
この応用カクテルなのかなぁ…と…。参考までに…。

「ルシアン・バレエ (Russian Ballet)」
▼マゼンダ色の華やかなカクテル。味わいはクレーム・ド・カシスとレモン・ジュースの甘酸っぱさが効いてさわやか。
[ベース] ウオッカ
[ 材料 ]
ウオッカ 40 ml
クレーム・ド・カシス 10 ml
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報