昨年の12月に、信号待ちで停止中のところを後ろから追突されました。
最初に整形外科にて診察・通院後、仕事の都合で職場近くの接骨院へ転院して、今年の9月末までのおおよそ10ヶ月間通院をしていました。
加害者の保険会社からの連絡があり、接骨院の先生と相談の結果、症状固定で治療を中断することになり、第1回示談交渉の際に提示額に納得がいかないということを伝えたところ、それでは窓口を弁護士に移しますとの回答があり、その数日後に弁護士より受任書なるものが送付されてきました。 その中に、接骨院では医学的根拠がない為、長期通院の必要性が判断できない為、3ヶ月しか認定できないと記述されてました。 これは、なにに基づいた判断なのでしょうか、法的根拠等があるのでしょうか? ご存じの方がいらっしゃいましたら、良い対処方法等を教えていただければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私が別の病院の診察を受けたらということを申し上げたかったことは、以下の意味合いです。


10ヶ月以上も通院して症状が改善しないとすれば、単なる頚椎ねんざ(むちうち)ではない恐れがあります。当初あるいは現在診察中の医療機関が誤診を行っている可能性があるということがポイントです。私であれば、3ヶ月間通い、効果的な治療方法を提示できない場合は別の病院の診察を受けます。医療機関は全て同じ能力を持っているならば別ですが、他の業種に比べてもこの温度差は相当大きいと考えられます。
法律的にも新たな要治療個所が発見されれば交渉もできますし、何よりもご自身の体のことですから、痛みに対する原因追求を行うことは当然のことと考えました。
脊椎損傷などはないとは思いますが、念のため調べることは法律的にはともかく医学的には意義のあることと考えます。

>治療中止から2ヶ月弱経つのですが、ご回答に記述されているように、
>再度別の病院にて診察を受けるというのは可能なのでしょうか?

治療中止されていることから、当該診察の負担がご自身に降りかかる可能性のことだと思いますが、負担となる可能性は高いです。また、事故から12ヶ月経過していることを考慮すると仮に他の要治療個所が発見したされたとしても、事故以降の別の要因の可能性を排除しなければならず、認められるかどうかは裁判に委ねられると思います。但し、裁判に対する損害保険会社側の不安要素とはなりますから、条件交渉の材料としては利用できると思います。示談のあとに他の症状がでたとしても追加の補償を求めることができなくなることが大きいからです。

2点気になっています
1.当初の整形外科とは、個人病院(所謂、町医者)で総合病院ではない?
2.接骨院ではなく、症状の改善がないならば総合病院で精密検査を受けるような助言が損害保険会社からはなかったか?

保険会社は早期に治療を解決したいので、総合病院などの診察を薦めることが多いと思いますが、その意に反していたとすると、今更ということになるかもしれません。

>保険会社側での不行き届けがあったので、6ヶ月を認定
文面上の『不行き届け』とは具体的にどういうことかご質問なされましたか?
嫌がらせみたいですが、お聞きになられてそれが重大なこと(単なる言葉のあやだと思いますが)であれば追求できるかもしれませんね。ご実行されていないかもしれませんが、保険会社との交渉内容は全て書面または録音することです。相手の会社は行っているはずですから。

頚椎ねんざだけではなく手足の痺れを訴えていた場合は、治療停止時に日常生活に不自由さを強いられることとなり、その慰謝料部分と治療継続を計りにかけると治療継続を選択されました。
尚、実際は症状がないのに手足が痺れてということを行うと詐欺的行為です。今更、急に症状が出たとおっしゃられたとしてもそのような疑いをかけられるでしょう。このことを証明する医学的事実が必要となります。
私の知る例では、今回同様の車同士の事故(前側面衝突ですから状況が少し違いますが)で、頚椎捻挫と手足の打撲との当初診察に対して、12ヶ月の治療を認めたものがあります。勿論この場合は、保険会社側との直接交渉が大きかったのでしょう。事故のショックで不眠症となったなどの症状も訴えていましたから今回にまるっきり適用できるものではないと思います。

同じような事故でも人により発生する症状も違いますし、生活の不自由さも異なります。ご自身に当てはめて相手が知らないと思われることは通知することは交渉においては重要だと思います。ただ、弁護士が入った交渉では判例などにより画一的なものとなり、これを覆すことはより困難なものになると思います。既にご回答なされているなされている方のご意見の通り、妥協なされることのメリット(訴訟による費用や時間負担を負わなくて済む)もご考慮いただいた上ご判断なされた方が良いと思います。

ご質問者さんにとって余り有意義な回答ではないと思いますが、今後も同様の疑問を持った方がこの欄をご覧になられるかもしれないと思い記載いたしました。
もう少し早い段階であれば、私の申し上げた対処も少しはお役に立ったのではないかと思うことが残念です。

私が軽い気持ちで記載したことでご期待なされたようで、申し訳ありませんでした。お体、早く治るといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々と検討していた為、お礼の方が遅くなりまして申し訳ありません。
貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/05 12:30

 はっきり言って難しいです !!



あくまでも

【むち打ち症など輕部捻挫による治療については、その治療に必要な期間は個人差を考慮しても最大で6ヶ月程度である】が採用される。

この考えが採用されます !!
弁護士に聞いて見て下さい !
弁護士も難しい困った顔をすると思いますよ。
弁護士は仕事、ビジネスとしてあなたの弁護に当たりますから、あなたがもし弁護士に実際に依頼して弁護士に、「通院した期間全てを認定させたい」と言う内容で主張してくれと言って、裁判で争ったとしても、認められないでしょう !!
 理由は上記の通りです。
 過去の判例で、こう言う風な考え方が採用されると型通り決まってます。
 交通事故の裁判とはそう言うものなんですよ。
 過去の数多くの判例によって、こう言う態様の事故は過失割合はこれぐらいで、こう言うけがの程度ならこれぐらいが治療期間及び慰謝料などは、これぐらいだと言う事が基本的判断要素として一通り、型通り決まっているんですよ。
 もちろん、それぞれの事故の態様の違いや個人差などがあるので、若干の違いはありますよ !
とにかく、先の回答にも書いたように、6ヶ月なら はっきり言って設けモン ! と思ってた方が良いですよ !
 まず、この程度のけがの程度であれば、6ヶ月は充分です !!!
 はっきり断言して置きます !
 まず6ヶ月が限度です ! それ以降は絶対無理です。
 絶対に裁判では認定されません !!
これは、どんなに腕の良い弁護士に頼むとか・・そう言う事は関係して来ないですよ !
 アメリカなら腕の良い弁護士を付けるとかによって、
裁判結果も違って来ますけど、まず日本では関係無いです !

 あなたのけがの程度が軽い事と【むち打ち症など輕部捻挫による治療については、その治療に必要な期間は個人差を考慮しても最大で6ヶ月程度である】と言う判断基準で100%無理です !

 ちなみに 教えときますけど、もし、仮にあなたの主張する金額、10ヶ月で裁判で請求して、敗訴になった場合、裁判費用はもちろん、ほとんどあなたが持たないと行けなくなりますよ。
 いいですか ! これは忠告です。 あとは あなたがこの忠告を無視するか、聞くかだけです。

 弁護士に聞いて見て下さい !
 「確かにその人の言う通りですね・・。」と言うはずですよ。(^.^)

 後は、ご自分の判断でどーぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございました。
よく検討をしまして対応をしたいと思います。
お礼の方が遅くなりまして申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/12/05 12:31

>接骨院では医学的根拠がない為、長期通院の必要性が判断できない



医学的根拠の薄弱さを指摘されたのならば再度、(自分で選べます)総合病院の診断を受けるべきでしょう。少なくとも自覚症状があり、症状が固定したと相手側から一方的に決め付けられる筋合いはありません。
従って、症状に改善余地を証明できれば通院の継続が認められるはずです。他に症状が出ていないか(手足のしびれなど)も同時に調べると良いでしょう。

但し、既に働いていらっしゃることは質問者さんに不利な材料(タクシー運転者は絶対に働かないです)で、裁判に持ち込んだ方が費用が少ないとの打算が保険会社側に働いていることは確かです。このため、こちらが有利となる材料を揃える必要があり、前述の医学的根拠が欠かせないこととなります。(治療は必要で効果ありという医者がいれば、相手の論拠は一気に崩れます)

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
治療中止から2ヶ月弱経つのですが、ご回答に記述されているように、
再度別の病院にて診察を受けるというのは可能なのでしょうか?
それが可能ならば週末にでも近所にある整形外科に診察を受けに以降と
思うのですが、再度のご質問で大変恐縮ですが、教えていただきますでしょうか?

補足日時:2001/11/29 14:14
    • good
    • 0

 gou28さんは知らないと思いますが、保険会社がよく執る手段です。



 この場合、gou28さんの怪我の程度は「むち打ち症」に当たります。
 実際、法律と言うよりは 裁判所の判断では、このような「むち打ち症」の場合、個人差にもよりますが、その個人差を踏まえても、『最大で6ヶ月で完治する』との判断が採用されます。

 ですから、このgou28さんの相手方に対して請求出来る現実的な損害賠償請求内容は最大で6ヶ月 が基本ですが、これは相手の保険会社などの加害者側の主張内容にもよりますが、8ヶ月ぐらいまでは被害者の事を考慮して出してくれるケースもあります。

 よって
(1)事故日から約6ヶ月までの通院費及び治療費
(2)事故日から最大6ヶ月までの休業損害(それぞれのケースの事故態様やそれぞれのけがの程度によって違って来ます。)
(3)約6ヶ月間の実通院日数に対する慰謝料
ちなみに、実通院日数を計算し、その日数が6ヶ月の場合は76万円~139万円(けがの程度などによって、この下限と上限の範囲が設けられています。)

 これらの裁判所の判断基準は、自賠責保険の判断基準を採用している傾向にあります。
 事故の態様、けがの程度(個人差)によっても、若干は違って来ますが、ほぼ、

『むち打ち症など輕部捻挫による治療については、その治療に必要な期間は個人差を考慮しても最大で6ヶ月程度である』と判断されます。

 また、この場合は典型的な『むち打ち症』ですから
この6ヶ月、いや、それ以下に判断される可能性も高いです。 
 だから、gou28さんとしては、実際 裁判になった時も
自分は『10ヶ月も痛みは続いたんだっ ! だから、当然6ヶ月間の治療費や慰謝料など損害請求出来る ! 』と主張しなければなりません。
 そして、その主張を裏付ける証拠として、通常は病院の整形外科医師や外科医師の診断書が必要となるわけですが、この場合は、接骨院医師の診断書となるわけですよね。
 しかし、接骨院医師であってもその診断書は自賠責保険では認められていますから、別に接骨院医師の診断書であっても法的に損害賠償請求は可能です !!

 相手が言っているのは、あくまでも「任意保険では認められない」 と言う意味であって、実際の裁判でも【接骨院では医学的根拠がない】との考えが採用されるとは限りません !!

 任意保険会社の判断=裁判所の判断 ではありません !!!

 むしろ、裁判所が判断する判断基準と言うのは
前述の【むち打ち症など輕部捻挫による治療については、その治療に必要な期間は個人差を考慮しても最大で6ヶ月程度である】の方を採用します。


>これは、なにに基づいた判断なのでしょうか
⇒ ですから、この相手任意保険会社の判断と言うのは、任意保険会社はこう言う交通事故などの損害補償を仕事、ビジネスにしてますから、保険会社なりの「ここまでなら支払っても良い・・」と言う判断基準をあらかじめ決めているわけですよ。
 しかし、この保険会社の保険金支払基準=裁判所の判断基準では無いわけです。

 とにかく、上記のような内容を踏まえると、

【1】まずは6ヶ月間で上記の損害額内容の合計金額を算出して、それを相手保険会社に提示する !

【2】それでも相手が支払い拒否をするなら、あとは民事訴訟を起こし、弁護士に依頼するか、gou28さん自身が自分の弁護をして主張する。

 ここで、私の経験上の判断から言うと 実際の裁判では、相手が言っている「接骨院では医学的根拠がない為・・」と言うのは採用されず、あくまでも【むち打ち症など輕部捻挫による治療については、その治療に必要な期間は個人差を考慮しても最大で6ヶ月程度である】が採用されると思います。
 ただし、実際のgou28さんのけがの程度がどれくらいなのか、私には分かりませんから、あとは、よ~く、その接骨院の先生と相談されるかして、また、その先生の診断書の内容によって 『最大6ヶ月』と言う範囲の基で裁判官が認定すべき損害額を判断するわけです。

 ここで争点になって来るのが、相手の主張しているのは、「3ヶ月までがこの事故に関する相当な損害」だと言っているわけですから、本当にgou28さんのけがの程度がこの3ヶ月以上続いたのか !? gou28さんがこの私の回答を読んで、6ヶ月で主張したいと言うのであれば、本当に6ヶ月もの治療期間を要したものなのか !?と言うところをこの接骨院の診断書やgou28さん側の主張を持って立証するしかないわけです。
 あとは、裁判官がどちらの主張がもっともなのか !?と言う事をお互いの主張内容を法廷で聞いて判断するわけです。
 私の考えとしては、接骨院の先生の診断書であっても医師である事には変わりは無いので、保険会社が言う様に全く否定するのもおかしいと思いますけどね。

 それか、示談と言う意味で、向こうが3ヶ月と言っているんで有れば、こちらは4ヶ月あるいは5ヶ月で交渉すると言うのも1つの手段ではありますけどね。

 あとは、gou28さん自身の判断で、この最大6ヶ月の範囲で納得の出来るラインで妥協し、決めれば良いのではと思います。


※ ちなみに、今回の場合は『典型的なむち打ち症』ですが、例えば、スクーターに乗っていて四輪車と接触し、こけて受傷したとします。
 そして、骨折などもしていなくて 手足、首、頭を打撲した程度のような場合でも、この比較的軽微な「むちうち症」の部類に該当します。
 しかし、この場合、今回の事故とは違い、バイクに乗っていたと言う事で体がむき出し状態で、あちこち打撲していますから、今回の事故の場合のようなけがの程度よりは明らかに重くみられます。ですから、この最大6ヶ月と言う期間も比較的容易に認められやすいわけです。 なので、今回の事故の場合は、この事故の態様やけがの程度及び種類から言っても 最大6ヶ月と言うのは認められがたいものはありますよね。ご参考までに・・(^。^)

この回答への補足

詳細なご回答ありがとうございます。
内容の補足なんですが、弁護士は3ヶ月しか認めないが、保険会社側での不行き届けがあったので、6ヶ月を認定するといってます。ご回答を拝見いたしますと裁判でいう最大範囲に当たると思うのですが、通院した期間全てを認定させるということは難しいのでしょうか? 再度のご質問になってしまい、大変申し訳ありませんが、ご教授いただければ幸いです。

補足日時:2001/11/29 14:23
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q整骨院通院の慰謝料について

事故をした後整形外科に通っていましたが、湿布の処方だけで全くよくならないので整骨院に並行して通うことにしました。交通事故に強い専門スタッフもいる整骨院なのですが、資料によると慰謝料が通院一日4200円もらえるとだけ書いてありました。
整骨院では実通院日数×2の計算は行われないのでしょうか?

Aベストアンサー

少し誤解を与える回答だったかもしれないので追記します。

接骨院(整骨院)で受けるたとえばマッサージとかきゅうとかは、接骨院で受けているので実通院日数×2で計算されます。要は、柔道整復士の国家資格があるかどうかがメルクマールなので、その資格がないマッサージ院とか鍼灸院だと、実通院日数だけで計算されます。

以上は自賠責の扱いです。裁判だと、医師の指示があったかとか、相手保険会社の了承のもとに施術を開始したとかも問題になってくる場合もあるので、その点は区別してください。

Qむち打ちはどのくらいで治りますか?

30代後半男です。
先週の日曜日、事故によりむち打ちになりました。
今日で丁度7日間が経過しました。
自分の感覚としては軽い方だと思います。
しかしながら、良くなる気配がありません。
整骨院に通っていますが、治療した日はいいのですが、
翌日になると、痛いのは元通り。
通わないともっと酷いのでしょうけど、辛いです。

首が痛いままなのと、肩こりです。
日にち薬なのも分かります。

大体どのくらいで完治しますか?

Aベストアンサー

こんにちは

お見舞い申し上げます。

どのくらいでというのは、その人の怪我の度合いにもよりますので
何とも言えません。

今、寒くなり治りにくいとは思いますが、日数が経過すれば必ずしも
よくなるとは限らないのがむち打ちです。

例えば、事務職などで1日同じ姿勢になっていたりすると、段々痛くなります。
首だけでなく背中や腕まで痛くなってくる可能性もあります。

肩こりもそのせいだと思います。

ゆっくり完治するまで焦らないほうがいいと思います。
完治と言っても、梅雨時や天気の悪いときに患部が傷む可能性もありますが・・・。

どうぞお大事になさってくださいね。

ご参考になれば幸いです。

Q交通事故示談金の支払いまでの日数について

以前からこちらで相談させていただいておりました事故被害の示談交渉が終了しました。
皆さんのアドバイスやお心強いお言葉のおかげで、
何とか納得できる形で終わる事が出来ました。
本当にありがとうございました。
昨日(10月7日、金曜日)に示談書にサインをし保険会社に送付いたしました。
保険会社に到着が11日の火曜日としますと、入金までにどのくらいの日数がかかるのでしょうか?
うっかり聞くのを忘れてしまい、相手方も休日のために確認できません。
通常どの程度の日数がかかるのかご存知の方がおられましたらお教え願います。

今までご回答いただきました皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

Aベストアンサー

 示談が完了されたとの事ですが良かったですね。示談が済んで賠償金が精算されれば、事故での嫌な思いでも忘れる方向に向かう事が出来るでしょう。さてご質問の件ですが、相手の保険会社の担当者の手に渡れば後は担当者の手順次第です、担当者が直ぐ手続きをすれば、保険会社からは一番早い場合3日位で振り込まれるでしょう。もしお急ぎなら賠償金ですので遠慮なく請求すべきです、担当者は沢山の支払い案件があると思います。従ってどうしても請求される方を優先しますので、遠慮しないで請求して下さい。もし示談書(免責証書)を郵送した事を連絡していなければ改めて連絡して、そのとき必ず支払い日の確認をして下さい。送付した事を連絡をした後でしたら、確認の電話をした方が良いと思います。

Q通院のみ(接骨院)の慰謝料は?

5月末に出会い頭で事故にあいました。
過失割合は当方2割相手8割です。
2回ほど整形外科に通いましたが治療に不満があり保険会社に連絡をして通いつけの接骨院での治療に変更しました。
特に入院するまでの怪我ではありませんでしたがやはり首と腰が痛み今でも週に4,5回は通っています。
そろそろ示談のことも考えているのですが実際どれくらいの金額が来るのか不安があります。
会社を休んだ期間は10日間です。
自分の会社の保険会社からも1日5000円出ると話はありました。
接骨院は外科に比べると減額されると聞いたことがありますがご経験のあるかたお教えください。

Aベストアンサー

>保険会社に事前に連絡してあります。
>接骨院では支払いもしてありませんが
>それでも一円も慰謝料は出ないのでしょうか

大丈夫です。一定の慰謝料は出ます。

>今でも週に4,5回は通っています。

早い話殆んど毎日通院している訳ですよね。
医師でもない柔道整復師のおじさんに毎日通っても
必要な適正治療であったかという問題から慰謝料は
整形外科通院とは違うであろうというだけです。
接骨院通院を毎日する場合は、医師の診断・紹介状
を持って接骨院に通いそして接骨院通院治療が必要(有効)
かどうか定期的(1~2週間に一度)に医師の診断
を受ける事が肝心です。これなら病院と同じ慰謝料です。

接骨院治療に厳しいのは医師の診断無しに慰謝料目当てに
必要の無い毎日通院をする人が多いからでしょうね。
整形外科なら夕方5時・6時に閉まりますが
探せば(お願いすれば)8時・9時・10時まで
開けている接骨院はあります。
必要も無いのに仕事が終わって通院するのに大変便利です。

ツワモノは、日曜・祝日も接骨院に通院します。
何と接骨院治療期間と実接骨院通院期間が同じなのです。

>自分の会社の保険会社からも1日5000円出ると話はありました。

搭乗者傷害保険の通院保険金でしょうか?
当然ですが通院日数全日の支払いはありません。

色々書きましたが、あくまでも一般論であって
必ずあなたに当てはまる訳ではありません。
おそらく下記の様になると予想します。

※5月末から7月末の通院ではたったの2ヶ月の通院ですよね?
 休業損害も10日ならばおそらく自賠責保険範囲に収まります。
 過失割合の2割減額もなく60日(別に50日でも65日でも)
 分の慰謝料が全額支払われると思います。

 4200×60(治療期間)=252000円

 治療期間とは通院日数ではなく事故初日から最後に
 通院した日までの通院しなかった日を入れた総期間です。

 あまり心配する必要はありません。
 2ヶ月で完治したあなたは慰謝料目当ての
 不必要通院とは間違われないでしょう。

>保険会社に事前に連絡してあります。
>接骨院では支払いもしてありませんが
>それでも一円も慰謝料は出ないのでしょうか

大丈夫です。一定の慰謝料は出ます。

>今でも週に4,5回は通っています。

早い話殆んど毎日通院している訳ですよね。
医師でもない柔道整復師のおじさんに毎日通っても
必要な適正治療であったかという問題から慰謝料は
整形外科通院とは違うであろうというだけです。
接骨院通院を毎日する場合は、医師の診断・紹介状
を持って接骨院に通いそして接骨院通院治療が必...続きを読む

Q交通事故の自賠責範囲 120万超えたときの慰謝料

交通事故の自賠責で120万超えてしまったときのことでお聞きします。

私は去年の10月におかまをほられまして、それから接骨院に通っているのですが、(免責は0です)

保険会社からも6ヶ月目に一度電話があっただけで、
それからなんの音沙汰もありませんので、
そのまま通わせていただいております。

治療も十分受け、調子もよくなってきたので
そろそろ終わりにしようと思っているのですが、
治療代金、交通費、慰謝料合わせても、とうに120万超えていると思われます。
ちなみに自由診療というやつです。健康保険は使っていません。
通院は1ヶ月で20日くらい平均で通っています。

ここで慰謝料の計算でお聞きしたいのですが、
みなさんの質問や回答を見てみると、
120万を超えた場合は任意保険会社の計算でということになっています。

各保険会社で計算は違うでしょうけど、おおよその1日の参考単価などはないのでしょうか?
たとえば半年とか1年間通ったときの平均慰謝料とかが分かればありがたいです。

おそらく自賠責の4200円よりは安くなるんだろうなとは思っていますが、
大体の概算でも分かれば参考にしたいなと思いまして質問しました。

どなたか経験された方でもいらっしゃいましたら、
そのときの様子を教えて頂けませんでしょうか?

よろしくお願いいたします。

交通事故の自賠責で120万超えてしまったときのことでお聞きします。

私は去年の10月におかまをほられまして、それから接骨院に通っているのですが、(免責は0です)

保険会社からも6ヶ月目に一度電話があっただけで、
それからなんの音沙汰もありませんので、
そのまま通わせていただいております。

治療も十分受け、調子もよくなってきたので
そろそろ終わりにしようと思っているのですが、
治療代金、交通費、慰謝料合わせても、とうに120万超えていると思われます。
ちなみに自由診療と...続きを読む

Aベストアンサー

総治療日数が240日と言う例が出ていますので、240日として回答します。
240日は8ヶ月ですから76万9000円です。
77万4900円という会社も有ります。
凡そ77万円前後と考えてください。
任意保険では通院日数が月平均1~4日の場合1/3~1/2、
月平均5~9日の場合1/2~2/3に減額されます。
増額は骨折・骨折同程度で1割、重傷事案で2割の増額です。
慰謝料の日額は3ヶ月までは1日4200円、以後6ヶ月までは4200円の75%、
9ヶ月までは45%等低減します。
従って平均慰謝料はと言う質問には回答が難しいとお考え下さい。

通院(入院)実日数が10日、治療期間が60日だった場合
 4,200円×10日分×2=84,000円
 通院(入院)実日数が10日、治療期間が15日だった場合
 4,200円×15日分=63,500円
この説明は任意保険ではなく自賠責の説明です。

Q交通事故の慰謝料もらうのに、通院日数の数え方

息子(7歳)自転車と、自動車とぶつかりました。
人身事故扱いで保険屋との交渉中です。100%保証してもらえます。

前歯損傷(乳歯なので抜けてすっきりした)と、頭部打撲と、ひじ・両ひざ打撲と、頚椎捻挫の診断でした。

さて、通院に当たりその日数分の慰謝料が出るそうですが、計算方法が分かりません。

1、通院日数とは、救急車で運ばれた当日分も日数に入りますか?
2、A総合病院(脳神経外科と整形外科)+B歯科医院に通院中のばあい、
同じ日に治療すると、1日分?
3、脳神経外科と整形外科は別々の日に受診した方が慰謝料多くなる?
4、通院回数×4200円×2といわれましたが、×2ってなんですか?

通院の付き添いで、+2050円もらえるのも回数重ねればいい金額です。
どうせ、慰謝料もらえるなら出来るだけ多くほしいとおもいます。

そのほか、知っておくと良い事などおねがいします。

Aベストアンサー

>1、通院日数とは、救急車で運ばれた当日分も日数に入りますか?
治療延日数で計算されますので確実に入ります。

>2、A総合病院(脳神経外科と整形外科)+B歯科医院に通院中のばあい、
同じ日に治療すると、1日分?
 
通院が重なっても1日分です。
ただし、交通費は実費が出ますので個別に自宅からの額を請求してください。
また保護者が有給休暇を使って付き添った場合でも休業損害を請求できます。

>3、脳神経外科と整形外科は別々の日に受診した方が慰謝料多くなる?

  通院が重なっても多くなりません
  
 
>4、通院回数×4200円×2といわれましたが、×2ってなんですか?

痛くなくなるまでリハビリ(クビの牽引や電気治療など)のある整形外科で
週4回以上治療しましょう。

そうすれば、 治療延日数×2>通院期間  となります。

また、治療を終えるときには「治癒」ではなく「中止」としてもらえば
通院期間に +7日 加算されます。

自賠責の基準や計算方法は下記URLを参照してください。

http://home.att.ne.jp/kiwi/JHSC/isyaryou-kijun-01.htm#No.0008

>そのほか、知っておくと良い事などおねがいします。

自賠責で120万円使うと任意保険の基準になり、過失0%でも
もらえる金額がかなり下がります。
3ヶ月までは4200円、4ヶ月目は3366円、5ヶ月目は2933円、6ヶ月目は2533円、7ヶ月目は2100円です。

そうならないためにも治療費を抑えることが重要です。
交通事故の場合、多くの病院は自由診療の最高の1点20円で請求されます。
これは社会保険の2倍で単純にいえば2倍の治療費がかかっています。
(良心的な病院は事故でも1点10円のところもありますが・・・)

接骨医院などは上限がなくかなり高い額を請求するようです。
(リハビリで1日、5千~1万円)

病院側は、交通事故などの第三者行為のとき儲かる自由診療にしたがりますが
健康保険を交通事故の療養に使うと1点10円の計算で治療できます。
(使うといっても後から社会保険事務所が自賠責に請求するのですが・・・)
結局、自賠責での枠を広げることになり被害者が直接もらう枠が広がります。
まだまだ、治療が長引く可能性があるなら是非、社会保険事務所に相談に
いって用紙をもらい申請して下さい。(郵送依頼もも可能です。)

参考URL:http://home.att.ne.jp/kiwi/JHSC/isyaryou-kijun-01.htm#№0008

>1、通院日数とは、救急車で運ばれた当日分も日数に入りますか?
治療延日数で計算されますので確実に入ります。

>2、A総合病院(脳神経外科と整形外科)+B歯科医院に通院中のばあい、
同じ日に治療すると、1日分?
 
通院が重なっても1日分です。
ただし、交通費は実費が出ますので個別に自宅からの額を請求してください。
また保護者が有給休暇を使って付き添った場合でも休業損害を請求できます。

>3、脳神経外科と整形外科は別々の日に受診した方が慰謝料多くなる?

  通院が重なって...続きを読む

Q事故(むちうち)の慰謝料

初めてのことなのでさっぱりわからないため教えてください。

昨年7月に追突事故にあい、現在通院しています。
友人の運転する車に乗っていて追突されました。

友達は1月に症状固定とのことで通院終了し、保険会社より慰謝料の試算?が来たそうなのですが、思ったより少なくてだいたい50万円くらいになると言われたそうです。(7月~1月まで半年間でだいたい100日くらい通院したそうです。)

通院一日当たり8400円で計算されるのかと思っていたのに、通院費を自賠責の限度(120万)で差し引い感じらしく、友人からまだ病院へ通っている私に病院へ行けばいくほど少なくなるから気を付けたほうがいいと言われました。

まだ痛いのでもう少し通いたいのですが。友達は整骨院にずっと通っていたのですが私は病院に通っていて最初にMRIも撮ったのでもっと治療費がかかってるはずなので、さらに少なくなるんでしょうか?

そういうシステムなんでしょうか?
わかりにくい文章で申し訳ありませんが教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

通院すればするほど減っていくというわけではありません。
自賠責基準が通用するのは、損害額の累計が120万円までのことで、それを超えたら当然任意保険基準になります。
任意保険基準では、通院期間が長引けば長引くほど、期間あたりの慰謝料基準は少なくなっていきます。
怪我は治っていくという観点からです。
半年通院で643,000円、7か月なら706,000円、8か月で769,000円、9か月で819,000円とかいった具合に。
保険会社によりばらつきはありますが、まあどこも似たようなもんです。
半年通院で50万円はちょっと少ないですね。交渉してみる価値ありかもですね。

Q事故のむち打ち。転院時は病院に言わないとダメ?

長文で失礼します。
5月の初旬に事故にあい、頸椎捻挫と診断され整形で治療中です。

事故は、保険的には相手10:私0 となっています。

右折信号(青)にて右折中、信号無視のバイク(原付)が左前方に衝突。
相手はノーブレーキで結構飛ばしてたせいか、私の車は左側の損傷が激しく、
真っ直ぐ走らない状態に。
相手は奇跡的に足首骨折のみ。私は車だったので、
けがは無いだろうと思っていたのですが
数日後、左腕のしびれ、首・肩の痛みなどの症状が強くでたので職場近く整形外科へ。
そこで頸椎捻挫、むち打ちだろうと診断されました。
小さな会社で、私が休むと他の人の負担が多くなってしまうので、
通院しながら仕事しようと思ったのですが腕・首・肩の痛みに
吐き気が強くなったため、やむをえず休業させてもらうことに。
病院も、職場近くだと通院に1時間かかるので家の近くの整形に転院させてもらいました。
地域で有名な病院だったので、そこに転院したのですが通院当初に
「診断書を警察に出すなら相手の将来に傷が付くんですよ。」など
いろいろ言われたせいか、一週間ごとにある先生の診察が苦痛に。
なんだか、事故は車の私が悪いみたいな言い方。
(そういう風にしか聞こえなくなってしまったのかもしれませんが・・・)
リハビリの方や看護師さんたちはとてもいい方なので、
その診察は我慢してリハビリに通ってたのですが、
先日、「骨折も2,3週間で骨はひっつく。医学的には何もないので
もうそろそろ考えてください。」
「普通の人でも肩が痛い、腰が痛いといいます。
仕事通えてるんだし、痛いものと思って。運動して筋肉つけたらいいですよ。」と言われました。
(先生言われたことだし、ちょっと運動してみようと思い運動したらさらに頭痛が辛くなる始末)

最終的には「痛みは精神的なものじゃないですか?精神病の薬にも
頭痛や肩の痛みをとるのもありますし。鬱の薬とか」と、
私は精神的に病んでるから痛いと言ってるだけなのか、
痛くてももう仕方ないのか。立てないほどの頭痛があっても仕方ないのか。
となんだか悲しいといいますか、、むち打ちで通ってる自分がいけないのだろうか
という気持ちにもなってきました。

他には、整形に通ってる際、
痛み止めばかり飲んでたので、胃が荒れたので別の病院へ。(転院ではなく治療の一環で?)
肩の痛み、頭痛がひどくめまい・嘔吐がおさまらなかったので脳神経へ。(こちらもMRIをとるため)
脳神経では、むち打ちが引き金になって、偏頭痛が誘発されたのだろう。
と医師に説明を受けましたが、医学的に認められてないので、診断書には
むち打ちとの関連性はありませんと書きますといわれました。。
なので、整形の先生も脳も異常ないし痛いのは仕方ないと。。

保険屋とのやりとりも、病院とのやりとりも心身共に疲れてきました。

むち打ち治療を専門にされている整骨院を知り合いにすすめられたのですが、
整形から整骨院の転院は難しいですよね。治る(というか今よりよくなる)のなら
試してみたいのですが、、仕事にならないような疲れ方や、急な頭痛などが改善されないと
現在の仕事も続けられそうにないので。。というか、他の方に迷惑かけてるので
辞めた方がいいのかもとも考えてしまいます。

保険屋に聞いてみたところ、転院の場合は現在通っている病院の許可がいるのこと。
鍼灸・整骨院などを認めない病院なので、許可はいただけそうにありません。

もう仕方ないことと思い示談した方がよいのでしょうか。

まとまりのない文章で申し訳ありません。
相談にのっていただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

長文で失礼します。
5月の初旬に事故にあい、頸椎捻挫と診断され整形で治療中です。

事故は、保険的には相手10:私0 となっています。

右折信号(青)にて右折中、信号無視のバイク(原付)が左前方に衝突。
相手はノーブレーキで結構飛ばしてたせいか、私の車は左側の損傷が激しく、
真っ直ぐ走らない状態に。
相手は奇跡的に足首骨折のみ。私は車だったので、
けがは無いだろうと思っていたのですが
数日後、左腕のしびれ、首・肩の痛みなどの症状が強くでたので職場近く整形外科へ。
そこで頸椎捻挫、むち...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
お見舞い申し上げます。

確認したいのですが、

(1)警察にはまだ診断書は提出してないのですか?
 診断書を提出しないと人身事故扱いにならないと思いますが・・・。

(2)会社近くの最初に受診した病院は数日通ったんですよね?
 この時、診断書は貰わなかったのですか?

(3)>「診断書を警察に出すなら相手の将来に傷が付くんですよ。」と言われたのは、自宅近くの転医した病院の医師に言われたんですよね?

しかし、「診断書を警察に出すなら相手の将来に傷が付くんですよ。」なんてことを医師が言うべきことではありませんね。


質問者さんは、今回の事故の処理を人身事故にするのですか?物損事故で片付けるのですか?
警察に提出する診断書の内容は通常、「名前」「傷病名」「右記病名により平成23年5月○○日から約○○カ月の通院加療を要する見込み」とこんな感じです。
事故からもう3カ月が経過してますし、転院もしてるので、最初に受診した病院では「3カ月間の通院加療を・・・」の診断書を発行してくれないように思うのですが・・・。人身事故扱いにするのでしたら、現在までの通院状況を警察に伝え、いつからいつまでの診断書が必要なのか確認して、その期間に受診した病院の診断書を発行して貰って、提出して下さい。2通必要で、自宅近くの現在通院してる病院で発行して貰えない場合は、警察に「発行してくれないのですが・・・」と相談してみて下さい。
現在通院してる病院の医師になんと言われても、今は、事故相手のことよりもご自分の体のことを心配しましょう。

最後に、これからの転院の件ですが、私も以前、整形外科病院で働いてた関係なのか、整骨院?鍼灸院?大丈夫なの?って思ってる一人です。今、通院してる病院の医師に「鍼灸・接骨院に転移したいので紹介状をください」と言っても、「勝手に行けば!紹介状なんか書かない」と言うでしょう。
そこでです、「まだ、首や肩が痛く、吐気等もありますが、今後少しずつ仕事を再開しようと思ってます。遠くてこの病院への通院が困難になるので転院したいです。紹介状を書いて下さいませんか。」とやんわり行ってみて下さい。紹介状に、転医先医療機関のDr名宛になると思いますが、それを持って整骨院に行ってもかまいません。保険でみてもらえるなら。保険会社に確認してください。
ただひとつ、Drを怒らせないでくださいね。病院での治療終了後、保険会社に医療機関から送られる診断書と診療報酬明細がいつまでも送られないかもしれません。そうなると治癒後の話が進まなくなります。

私が病院で働いてた頃は、頸椎捻挫で早い患者さんで1カ月、長い患者さんだと1年半とかおられましたよ。さすがに保険会社の人が「打ち切りにしてくれ」って言ってましたけど・・・。

どうぞお大事になさって下さい。

こんにちは。
お見舞い申し上げます。

確認したいのですが、

(1)警察にはまだ診断書は提出してないのですか?
 診断書を提出しないと人身事故扱いにならないと思いますが・・・。

(2)会社近くの最初に受診した病院は数日通ったんですよね?
 この時、診断書は貰わなかったのですか?

(3)>「診断書を警察に出すなら相手の将来に傷が付くんですよ。」と言われたのは、自宅近くの転医した病院の医師に言われたんですよね?

しかし、「診断書を警察に出すなら相手の将来に傷が付くんですよ。」なんてことを医...続きを読む

Q交通事故ってこんなにお金もらえるの?

友人が夜中に車の信号待ちをしている所に車が突っ込んできました。
相手が100%悪いらしいです。
車は一部つぶれてしまったので修理に出しています。
友人は少しむちうちぎみなので病院に通っていますが、普段は全然健常です。
友人いわく、1度病院に行くと4万円もらえるから行ける日は毎回行くと言っています。180日通えるようなので、計算すると700万円以上になります。また、後遺症は全くないのですが診てもらう時にウソであたかも後遺症があるようにすればうまくいくだろうと考えています。軽自動車だったんですけどこれでセルシオ買えるって言ってます。自分はそううまくはいかないと思うのですがホントにこんなうまくいくものなのでしょうか?

Aベストアンサー

自賠責から貰える慰謝料は日額4100円で、
任意保険会社でも同額を出してくれるときがあるので
最高で日額8200円になりますね。

その他、休業損害は賃金を貰えなかった分となります。

自動車の損害は時価額となりますから、
100万円で購入した新車で全損となったときで
2年乗っていれば約50万円しか貰えず、
ローンが60万円残っていれば10万円の損となってしまいます。

もらい事故で得をすることはありません。
得をするなら保険金詐欺が多発してしまいます。

また、被害者よりも加害者が得をすることもあります。
加害者の車両が残存価値150万円で全損となったとき
自分の車両保険に170万円入っていれば
20万円多く貰えることもあります。
被害者の車両は保険金額に関わらず原価償却法による計算されるので
損をすることが多いようです。

Q整骨院通院時の保険適用に関して(長文です)

夏ごろに、整骨院に通っていました。計6回の通院で、理由は、数年前からの
色々な体の不調が何でもいいから治れば!という感じでした。
(背骨や骨盤の歪みが原因で慢性病が…というのを本か何かで見たため)
そうしたら、先日健康保険組合の方から「医療費のお知らせ」が
届きました。負傷の原因、状況、療養の内容をかなり詳細に記入する
用紙が入っており、それを送る必要があるようです。
通院理由からも分かるとおり、通常なら保険の対象になりませんし、
当然負傷の原因など書く事はできません。
何故保険対象として申請されているかと言うと、自分が署名してしまったからです。

1回目の治療後に、「この器具を使った治療は保健の対象にすることが
できますから、腰部と頸部の捻挫ということで申請してもいいですか?」と
言われ、(え?そういうのって普通なのか?っていうか治療後に言われても…
もう5千円払ってるのにあと何千円取られることになるんだろう…
まあ、専門の人が言ってるんだからいいのかなあ…)
という感じで、色々考えつつも署名してしまいました。
あそこで安易にそんな事をしてしまったことを、只今猛烈に反省しております。
せめて2回目以降はそういう治療を断るべきだった、バカだもう救いようがない、と
ここ数日悩みまくってましたが、とりあえずどうにかしなければなりません。

そこで質問なのですが、
(1)こういう通知は、普通に捻挫で整骨院にかかっても来るものなのですか?
それとも何か不審な点があったから来たのでしょうか。
(2)治療内容は間違いです、全額負担します、という風にするためにはどうしたら
いいのでしょうか。
(3)(2)のようにした場合、その整骨院は何か摘発されたりするのでしょうか。
(知人が働いているため微妙な気分です…)
(4)私は何か罪に問われますか?

長くなってすみませんが、宜しくお願いいたします。

夏ごろに、整骨院に通っていました。計6回の通院で、理由は、数年前からの
色々な体の不調が何でもいいから治れば!という感じでした。
(背骨や骨盤の歪みが原因で慢性病が…というのを本か何かで見たため)
そうしたら、先日健康保険組合の方から「医療費のお知らせ」が
届きました。負傷の原因、状況、療養の内容をかなり詳細に記入する
用紙が入っており、それを送る必要があるようです。
通院理由からも分かるとおり、通常なら保険の対象になりませんし、
当然負傷の原因など書く事はできません。
何...続きを読む

Aベストアンサー

A1.まず、整骨院や接骨院は、捻挫・打撲・挫傷の施術(治療のこと)のほか、骨折や脱臼の応急処置(その後の施術は、医師の同意が必要)をおこなうことができます。
保険者(社会保険事務所や健康保険組合のこと)としてはこれらの外傷については、第三者行為でないか、勤務中や通勤途上の怪我ではないかを確認しなければなりません。
第三者行為であれば、その施術費用を相手に請求しなければなりませんし、勤務中や通勤途上であれば、健康保険は使えず労災にしなければなりませんから、ちゃんと回答することが必要です。

その他に、柔道整復師(接骨院や整骨院)の施術に疑義があるときは、社会保険事務局(社会保険事務所を統括している部署です。)が、その都道府県内の保険者に対し、該当患者に施術内容や回数、及び署名の有無などを照会するようになっています。

いずれの場合も、正直に申し出るようにしましょう。

A2.保険者から柔道整復師への支払いは、「受領委任」と言って、あなたが保険者に請求を出したことになっていて、その支払先を柔道整復師の口座に支払うように委任したことになっています。
そのため、柔道整復師としては、その支払いが行われるのを待っている状態です。
保険者が支払わなければ、柔道整復師はその支払いをあなたに請求されるでしょう。

また、ご質問のようなことについて、刑事事件にまで発展したケースは有りません。
たいていは、柔道整復師が不正請求分を保険者に支払うことによって、金銭面では解決されます。

A3.柔道整復師に行われる制裁としては、受領委任行為の停止くらいでしょうか。
先の社会保険事務局の調査である場合は、上記の制裁がある可能性があります。
社会保険事務局も、まったくきっかけが無くて調査をされているわけではないですから、何らかの不正請求が有ったものと思われます。
保険者からの調査が、たいていの場合はきっかけになることが多いようです。

以前に不正のあった柔道整復師は、約2億円を保険者に返還しなければならかったのですが、支払っている途中で行方不明になっちゃいました。(^_^;)

A4.もちろん、あなたに対する罰則は全く有りません。
だって、騙されたようなもんですからね。逆に被害者であるといって良いでしょう。

最近は、保険者から負傷の原因について問い合わせが有った場合は、「玄関で転んだと言ってください」などと、口裏合わせを命じる柔道整復師が増えてきています。
こういった柔道整復師は、不正請求をしていると思っていただいて、間違いないでしょう。

また、ご質問のように「捻挫や打撲にしておきますから、保険で施術できます。」なんていうのも、典型的な不正請求ですね。

受領委任行為を逆手にとって、施術を始めることよりも先に署名を貰おうとする柔道整復師も存在します。これは、白紙の小切手に署名をするようなものですから、絶対行ってはいけない行為です。

#1や#3の方は、業界の方だけあって、よくご存知のようですね。

A1.まず、整骨院や接骨院は、捻挫・打撲・挫傷の施術(治療のこと)のほか、骨折や脱臼の応急処置(その後の施術は、医師の同意が必要)をおこなうことができます。
保険者(社会保険事務所や健康保険組合のこと)としてはこれらの外傷については、第三者行為でないか、勤務中や通勤途上の怪我ではないかを確認しなければなりません。
第三者行為であれば、その施術費用を相手に請求しなければなりませんし、勤務中や通勤途上であれば、健康保険は使えず労災にしなければなりませんから、ちゃんと回答するこ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報