「税金の問題です。2002年一月から三月まで日本で学生としてアルバイトをし、四月から十二月まで正社員として働く場合、一月から三月まで働いた分に関しては勤労学生控除が効く、○か×か?しかし、学生は浪人や留年経験はなく、日本人とする。」という問題の答えを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 収入(所得)は、1月から12月までの合計で算定しますので、12月31日現在で「勤労学生」であれば控除が受けられますが、ご質問の場合は判定基準日には勤労学生ではありませんので、控除を受けることはできません。

したがって、×です。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1175.HTM
    • good
    • 0

勤労学生控除を受けるには、学生であることなど幾つかの要件が有りますが、その判定は12月31日です。


従って、12月31日現在で学生でない場合は、勤労学生に該当しません。
答えは、×です。
    • good
    • 0

所得控除の扶養控除をいつの時点で判定するかというと、その年の12月31日です。

この場合だと、×だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2001/11/30 01:39

自信ないですけど、○だと思います。

だって、3月まで勤労学生に該当するならば、
その効力は3月まであるって思ってしまいます。単純でしょうか。答えになってないので、
意見はこのへんで。

最寄の区役所や市役所のような役所に行けば、あまり面倒なことにならずに
快く教えてもらえると思います。以前、友人が税金のことで相談に行って、
ちゃんと解決したようでした。答えがわかったら、是非教えてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

HPによると、やっぱり勤労学生控除は使えないみたいです、、、悲しいです、、。
高校生のときに知っていたらよかった!!(T。T)

お礼日時:2001/11/30 01:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q12月上旬に4泊6日でニューヨークに旅行します。

12月上旬に4泊6日でニューヨークに行こうと思っています。
旅の目的は定番の場所に行くことと、定番のものを食べることです。
計画を立ててみたので、アドバイスをください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1日目
夜 ニューヨーク着

2日目(ロウアーマンハッタン)
・無料のフェリーに乗って、自由の女神とマンハッタンの景色を見る
・ウォール街を歩く
・フェデラルホールでワシントン像を見る
・ニューヨーク証券取引所を見る
・トリニティ教会を見る
・9/11メモリアルを見る
・ブルックリン橋を歩く

3日目(ミッドタウン)
・ロバート・インディアナのLOVE像を見る
・MOMAデザインストアで買い物をする
・セントパトリック大聖堂を見る
・ロックフェラーセンターでツリーを見る
・タイムズスクエアを見る
・ニューヨーク公立図書館を見学する
・グランドセントラル駅を見る
・エンパイアステートビルに登って景色を見る
・H&MとFOREVER21で買い物をする
・マディソンスクエアガーデンを見る
・ブロードウェイでミュージカルを鑑賞する

4日目(アップタウン)
・ダコタアパートを見る
・セントラルパークを散策する
・メトロポリタン美術館を見学する

5・6日目
午前 ニューヨーク発

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(1)ホテルの行き帰り以外の移動は全部徒歩です。日程に無理はないですか?
他に行った方がいい場所はありますか?

(2)安全に旅をしたいです。
ハーレムに行ったり、エンパイアステートビルに夜登るのは危ないですか?

(3)ベーグル、カップケーキ、チーズケーキ、アップルパイ、デリ、ブランチで
おすすめの店はありますか?

よろしくお願いします。

12月上旬に4泊6日でニューヨークに行こうと思っています。
旅の目的は定番の場所に行くことと、定番のものを食べることです。
計画を立ててみたので、アドバイスをください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1日目
夜 ニューヨーク着

2日目(ロウアーマンハッタン)
・無料のフェリーに乗って、自由の女神とマンハッタンの景色を見る
・ウォール街を歩く
・フェデラルホールでワシントン像を見る
・ニューヨーク証券取引所を見る
・トリニティ教会を見る
・...続きを読む

Aベストアンサー

サ~っと見て回るなら別に問題ないと思いますよ~。

>2日目
自由の女神のフェリー乗り場や9/11メモリアルへの入場は予約必須な上に、セキュリティチェックの為に結構並んで時間がかかるので気をつけた方がいいかと思います。

>3日目
ブロードウェイ鑑賞もチケット買っておいた方がスムーズかもしれませんね。あと移動はそこらじゅうに黄色いタクシーが走ってますので、場合によってはタクシーも取り入れられてはいかがでしょうか?そんなに高くはありませんよ(^^)

>4日目
アップタウンとミッドタウンもそーんなに離れてはいないので、3日目の予定を4日目にいくつか入れても別にいいと思います。メトロポリタンにどれくらい時間をかけるか次第ですが…。

あと私だったら4日目の夜辺りにメトロに乗ってヤンキースタジアムに野球見に行くかなー♪面白いですよ。

NYCはそんなに危険な街じゃないです。観光客もいっぱいいますし、(主観的には)危険だとは感じません。

Q勤労学生控除

課税所得が200万円として、勤労学生控除を受けると、税金はいくらになりますか?勤労学生控除を受けないよりは、受けたほうが得!?になるんでしょうか? 

具体的にはいくらぐらい得なんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

勤労学生控除を受けることができる要件は、
(1)特定の学校の学生や生徒であることのほか、
(2)給与所得などの勤労による所得があること
(3)合計所得金額が65万円以下で、しかも勤労によらない所得が10万円以下であること。
これら三つの要件を満たす場合のみ、勤労学生控除が受けられます。

「課税所得が200万円」ということは、もう、それだけで勤労学生控除は受けられませんね。

Q12月、ニューヨーク一人旅の宿

こんにちは
いつも参考にさせていただいています。
以前「11月のニューヨークの買い物事情は?」と質問させていただきましたが、結局、12月頭に、一人でニューヨークにいくことにしました。

そこでいろいろなサイト(「まるごとNY」や「NY Loves You」など)でNYのドミトリーやB&Bの情報を見つけ、予約をしようとしたのですが、どこもいっぱいでキャンセル待ちの状態です。

現在キャンセル待ちの宿
・かくれがNY
・NYコンドミニアム
・One Hundred
です。

この宿以外で、おすすめの宿がありましたら、是非教えていただきたいと思い、質問させていただきました。

私の希望としては
・鍵付き個室
・バスとトイレは共同でOK
・治安がいい
・予算は1泊100以下(B&Bであれば120ぐらいでもOKです)
・最寄駅から近い(できれば徒歩10分以内)

です。
マンハッタンだけでなく、NJやブルックリンでの宿泊も視野に入れています。
どちらかというと、落ち着いたところがいいので、治安と交通の便が大丈夫なら、郊外でもいいかな、と思っています。

ニューヨークへの目的がNJのjersey gardensというアウトレットにいくことと、abercrombie&fitchの店舗(5番街とsouth sea portにある店舗)に行くこと、victoria's secretにいくことぐらいなので、それに便利なところでしたらいいなあ、と思っています。(あとは街並みを歩くくらい・・・)

いろいろなサイトを見てみたりしてはいるのですが、一般的なホテル?以外のところ(ドミトリーのようなところ)には泊まったことがないので、もしなにか、気をつけるべきことや、選ぶ基準などがあれば教えていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします!

こんにちは
いつも参考にさせていただいています。
以前「11月のニューヨークの買い物事情は?」と質問させていただきましたが、結局、12月頭に、一人でニューヨークにいくことにしました。

そこでいろいろなサイト(「まるごとNY」や「NY Loves You」など)でNYのドミトリーやB&Bの情報を見つけ、予約をしようとしたのですが、どこもいっぱいでキャンセル待ちの状態です。

現在キャンセル待ちの宿
・かくれがNY
・NYコンドミニアム
・One Hundred
です。

この宿以外で、おすすめの宿がありましたら、是非教えて...続きを読む

Aベストアンサー

ドミトリーで構わないのであれば
http://www.japanese.hostelworld.com/ (日本語)
http://www.hostelworld.com/ (英語)

基本的にRatingが75以上なら問題はないです。
場所も結構いい場所にあるのが多いので検討材料としては使えると思います。
Jersey GardensならPort Authority Bus Terminal(42nd Stと8th Ave)から111番と115番のバスで行けるので、その辺りで宿を取ればいいんじゃないかと思います。(地下鉄も近いので)

Q勤労学生控除について

自分は今大学生なのですが、このままバイトを続けると130万を超えそうです。学生の間は勤労学生控除というのを受けることができ130万までは税金がかからないということを聞いたのですが、この控除を受けるために何か自分で届出をしなければならないのでしょうか?それとバイト先では135万まで税金がかからないということも聞いたのですが、自分でいろいろ勉強しても130万を超えると税金がかかると書いてあるのですがどちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

>勤労学生控除の届出は自分でやらなくてはならないのでしょうか?それとも自動的に控除されるのでしょうか?

自分で給与の支払者に勤労学生であることを記載した「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出する必要があります。
これは、税務署で取得することができます。

因みに、あなたは大学生なので関係ないのですが専修学校や各種学校の生徒などの学校教育法に定められていない学校の場合、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の他に在学する学校から必要な証明書の交付を受けて申告書に付けるか、又は申告の際に見せなければいけません

Q平均気温 - 11月より12月の方が暖かい?

こんにちは
旅行気分でニューヨークの気温を調べていたら、
11月の平均気温が12月よりかなり低い事が、わかりました。
周辺のニュージャージーなどの地点でも同じようです。
こういうことは、よくあるんでしょうか?
原因として、どういうことが考えられるでしょうか?
http://weather.yahoo.com/climo/USNY0996_c.html

Aベストアンサー

明らかに人為的なミスですね。華氏のページと比較してみて下さい。
http://weather.yahoo.com/climo/USNY0996_f.html

the weather channel からの情報ということでしたので、そこを見ても結果は下の通りです。
http://www.weather.com/weather/wxclimatology/monthly/graph/USNY0996?from=36hr_bottomnav_undeclared

Q勤労学生

現在16歳高2年です。
8月に父が他界し現在は母がパートで稼いでいます。
年間で150万以下ぐらいの稼ぎです。
私もバイトをしようと思うのですが税金についてよく分かりません。
「勤労学生」は130万以下だと税金は取られず”親の扶養が控除されなくなる”と言うことがどういうことなのかがよく分かりません。
簡単な説明お願いします。

Aベストアンサー

お父様が亡くなられて、大変な状況とお察しします。

所得税の扶養については、所得金額が38万円以下の場合に入る事ができます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1180.htm

所得金額ですので、収入金額から必要経費を引いた後の金額となりますが、給与所得の場合は、給与所得控除額というのが必要経費代わりに収入に応じた金額が決められていて、最低でも65万円が控除できます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1410.htm

ですから、給与収入ベースで言えば、65万円+38万円=103万円、という計算により、103万円以下であればお母様の扶養に入れる事となります。

所得税の計算の仕組みを簡単に説明しますと、まず「収入金額」から「必要経費」を引いて所得金額を算出し、そこから社会保険料控除・生命保険料控除・扶養控除・勤労学生控除・基礎控除等の「所得控除額」を控除して「課税所得金額」を算出し、それに対して税率を乗じて所得税を計算する事となります。

勤労学生控除とは、働く学生の方自身の控除で、給与収入金額130万円以下の方に認められているもので、控除額は27万円ですので、仮にちょうど130万円であれば所得税の計算は次のようになります。
130万円-65万円=65万円(所得金額)
65万円-27万円(勤労学生控除)-38万円(基礎控除、これは無条件に誰でも控除できるものです)=0円
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1175.htm
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1199.htm

上記の計算により、勤労学生に該当する場合は、給与収入金額130万円以下であれば、ご自身の所得税はかからない事となります。

しかしながら、お母様の扶養の判定の際は、「課税所得金額」で判定する訳ではなく、勤労学生控除のような「所得控除額」を控除する前の「所得金額」で38万円以下でなければならず、給与収入金額で言えば、130万円以下で勤労学生控除により学生本人に所得税はかからなくても、103万円を超えていれば、親の扶養には入れない事となります。

では、親の扶養から抜ければいくら、親の所得税が増えるかというと、扶養控除、それも16歳以上23歳未満ですので特定扶養親族に該当しますので、控除額は63万円になりますが、それが引けない事となりますので、お母様の所得金額であれば税率は10%ですので、63万円×10%=63,000円、という計算により、63,000円だけお母様の所得税の負担が増える事となります。
(実際は、定率減税もありますので今年であればその80%相当額となります、この他にも住民税等も影響してきます。)

それ以外に、パートであればないかも知れませんが、正社員等の場合は、扶養親族1人につきいくら、という感じで家族手当が支給されるケースもあり、所得税の負担増より、そちらが支給されなくなる方が影響が大きい場合もあったりします。

その辺がないのであれば、可能であれば割り切って、103万円を超えても130万円近くまで働いた方が実収入は多くなるものとは思います。

ついでに説明しますと、お母様が勤務先で健康保険に入っている場合は、ご質問者様を扶養にできますが、その際も年間130万円を超えれば、健康保険の扶養に入れない事となり、ご質問者様がご自分で国民健康保険をかけなければならない事となります。
(会社で入る健康保険は、扶養が増えても減っても保険料は変わりません。)

もしそうでなく、国民健康保険に加入されているのであれば、ご質問者様の所得も合算されて保険料が決められますので、収入が多くなると、健康保険料もその分高くなる事とはなります、ただ国民健康保険については、市町村によって保険料の額がまちまちですので、計算してみようと思えば市町村で確認するしかないとは思います。

本当に大変ですけど、頑張って下さい!

お父様が亡くなられて、大変な状況とお察しします。

所得税の扶養については、所得金額が38万円以下の場合に入る事ができます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1180.htm

所得金額ですので、収入金額から必要経費を引いた後の金額となりますが、給与所得の場合は、給与所得控除額というのが必要経費代わりに収入に応じた金額が決められていて、最低でも65万円が控除できます。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1410.htm

ですから、給与収入ベースで言えば、65万円+38万円=103万円、とい...続きを読む

Q1月~12月の降順並べ替え

Excel2003です。
1月~12月を降順に並べ替えると9月8月・・・1月12月11月10月と9月が最初で1月の後に12月~10月になります。
なぜ12月を最初に1月まで降順に並ばないのですか教えてください
又12月から順に1月まで並べ替える方法を教えてください。

Aベストアンサー

どうしてその順番になってしまうのかは、#1さんの説明通りです。

「01月」に変えず、今のままで1月、2月・・で並べ替えるなら、
(1)表の中のどこかのセルをアクティブにする
(2)データメニュー→並べ替え
(3)並べ替えダイアログボックスが表示。
  最優先されるキーは、正しいものを選択してください。
(4)ダイアログ左下の「オプション」をクリック
(5)「標準」になっているところを「1月 2月・・・」に変えてください。
(6)設定がすんだら「OK」

これでいけると思いますけどどうでしょう?

Q勤労学生控除の適用資格について

この前質問させてもらったばかりで恐縮なのですが、質問させてください。
現在私は大学生で、アルバイトをしています。複数の所から収入を得ているのですが、このまま行くと、その合計が130万円を超えそうなのです。このような場合、勤労学生控除の適用は受けられるのでしょうか。
私の収入の内訳は、

メインのアルバイト(主たる給与収入) 約1,206(千円)
夏休みの臨時バイト(従たる給与収入) 約  90(千円)
市主催のイベント参加の謝礼金     約  6(千円)

となっています。
従たる給与収入等の額が20万円以下の場合は確定申告しなくてもよいということですが、主たる給与収入の額が130万円を超えてなければ、勤労学生控除の適用は受けられるのでしょうか。また、住民税の場合は、全ての収入の合計が課税対象になりますが、その場合はどうなるのでしょうか。
分かる方がおられましたら、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、主たる給与以外についての読み方ですが、カギカッコをつければ判りやすいと思いますが、「主たる給与以外の給与の収入金額」と「給与所得及び退職所得以外の所得の金額」の合計額が20万円を超える人、ですから、当然給与所得も含まれての事です。
従って、ご質問者様の認識で間違いありません。
(誤解は誤解で解いておかないと、ご質問者様がご納得できないものと思い、あえて書き込ませて頂きました)

ただ、この20万円以下の分は、所得税が非課税になるというものではなく、年末調整されているサラリーマンであれば、20万円以下ぐらいの副収入なら確定申告しなくても良いですよ、という感じで、確定申告の義務そのものが免除されているだけの事で、20万円以下の副収入も当然課税対象となるべきものではあります。
(現実に、これに該当するケースでも、医療費控除等でひとたび確定申告する場合には、20万円以下の分も含めて確定申告しなければならない事となります。)

ですから、20万円以下のものも含めて、所得金額が65万円以下であれば、勤労学生控除は適用できる、というものですから、20万円以下の分を除外して判断すべきものではありません。

65万円以下というのは、所得金額ですから、収入金額から必要経費を引いた後の金額となりますが、給与所得の場合は、原則として必要経費が認められていない代わりに、給与所得控除というものが収入に応じた額について必要経費代わりに引けるようになっていて、その最低額が65万円である所から、仮に給与のみとすれば、65万円+65万円=130万円、という計算により、給与収入ベースでは130万円がボーダーラインとなる訳です。

問題は謝礼金ですね、たぶん違うとは思いますが、給与として支払われたのであれば、130万円は超えてしまいますので、勤労学生控除は受けられない事となりますが、一種の報酬であったり、交通費相当として支払われたのであれば、雑所得扱いとなりますので、例えば、そのイベント参加の際に自腹で2千円以上の交通費や、それに関する経費を負担していた場合は、それは必要経費となりますので、その分の所得金額が結果として4千円以内になれば、所得金額が65万円以下に収まる事となりますので、勤労学生控除は受けられる事となります。
(給与であれば源泉徴収票が発行されるはずとは思いますが、正しく処理しようと思われれば、謝礼の件について市役所に確認されるのが一番確実とは思います。)

まず、主たる給与以外についての読み方ですが、カギカッコをつければ判りやすいと思いますが、「主たる給与以外の給与の収入金額」と「給与所得及び退職所得以外の所得の金額」の合計額が20万円を超える人、ですから、当然給与所得も含まれての事です。
従って、ご質問者様の認識で間違いありません。
(誤解は誤解で解いておかないと、ご質問者様がご納得できないものと思い、あえて書き込ませて頂きました)

ただ、この20万円以下の分は、所得税が非課税になるというものではなく、年末調整されている...続きを読む

Q私は職業が地方公務員なのですが、ボーナスが決まるのが12月1日で支給日

私は職業が地方公務員なのですが、ボーナスが決まるのが12月1日で支給日が12月10日と言うのは聞いたのですが、12月2日に辞職したら12月10日にボーナスは支給されないんでしょうか?

Aベストアンサー

>ボーナスが決まるのが12月1日
ってのは、「労使交渉で支給率(○ヶ月分)を妥結する(予定)」ってコトでしょうね。

国家公務員の場合、期末・勤勉手当は実績に対する手当。
基準日(6月支給は6月1日、12月支給は12月1日)に在職、若しくは基準日30日前までに在職していた職員が支給対象(勤務日数計算には条件あり)となり、基準日前6ヶ月の在職期間によって支給率が変わる(期間率)。
また、勤勉手当には成績率って基準もあって、勤務評価に合わせ個別に決定する・・・「業績評価」が基準であり、将来の退職には多少のマイナス評価はあり得るけど、大幅な減額はない。

多くの地方自治体では「一般職の職員の給与に関する法律(給与法)」や給与法関連の規則・通達などに準じた運用(6ヶ月以上在職で12月2日退職は満額支給)だと思われるけど・・・質問者サマの在職する自治体の給与関係条例次第としか言えませんね。

Q勤労学生控除について

私は現在、専修学校(大学院予備校)に通っています。
今年のアルバイトの収入が60万円程度です。
103万円を超えていないので、給与所得控除と基礎控除で所得税は払わなくて良いと思うのですが、この場合、勤労学生控除の申請は行わなくても良いのでしょうか?
ご回答、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

年間60万の収入でしたら、給与所得控除が65万ありますから所得は0円ですね。
所得0円の場合は住民税も所得税も何も課されませんので勤労学生控除の申請は必要ありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報