当方60歳の男性(自宅;横浜市青葉区)です。 54歳の妻に関して御支援を賜りたくここにお願い申し上げます。妻は、 2年半前の1999年6月始めにスキルス性胃癌に罹病し、胃の全摘、膵臓の半分、脾臓の全摘、大腸の一部切除の腹部拡大手術を受けました。 同年8月末に退院した後、本年6月まで約2年間2週間ピッチで免疫療法及び抗癌剤の投与を受けておりました。 6月時点で、経過は順調との事で、7月以来の全ての治療はストップ致しました。 但し、3ヶ月に1回のペースでCT等による検査を受ける事で、現在に至っております。 本年9月の定期検査では、腫瘍マーカー、CT共特に異常は見受けられませんでした。 但し、症状的には、8月頃から両足にむくみが生じ、次第に、腹部の膨満が顕著になって来る異常事態となりましたので、11月に入り、急ぎ当該病院により再検査(CT等)を受けたところ、腹膜の一部に散らばった状況で癌が再発し、それに起因して腹水が貯留したことが判明しました。 主治医からは、再発した癌に対しては、最早、外科的な治療は困難であり、治癒は殆ど望み無く、内科療法による抗癌剤の投与を検討してみるものの抗癌剤の有効性は薄いので、対症療法が主にならざるを得ないとの見解を受け当惑しております。 小生としては(本人の意向も同じ)、最新の医学を検証した上、もし、治療の可能性のある方法があれば、何とか探し出して、チャレンジさせてやりたいと考えます。 そこで、皆様の中で、同様なケースにより延命又は治療が成功された御経験を持たれた方がおられましたら、その治療法、医療機関名等に関し、急ぎ、教え賜りたくここにお願い申しあげます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

門外漢ですが、現状をお聞きして西洋医学で思い当たるのは『温熱療法』『遺伝子治療(遺伝子導入)』『電撃化学療法』などでしょうか


『温熱療法』多くの大学病院で実施されています。身体への負担が少なく、他の治療と共に行うこともできるので一考に価するでしょう。『ハイパーサーミア_施設』などと検索されればお近くの医療機関が探せるものと思います。

残り二つについては、実際の医療としてはまだ確立されていなかったかと思いますが、治験レベルでしたら実行されている施設もあると思います。ただし、学内の倫理規定などをクリアせねばならないため、施行までに時間がかかることが予想されます。他には、筑波のがん研の重量子線療法などですが、これも同様の問題を抱えます。地元がどちらかなのかによりますが、一度主治医の先生にこういった方法はできないものかお聞きになられて、近くの施設を考えていただいたらいかがでしょうか?

専門外なので一般人としての回答です。
    • good
    • 0

ご家族の心中お察しいたします。



ステージはIIIであったのでしょうか・・・?

>腹水が貯留したことが
最近の状況は分かりません、対症療法になるでしょうが、腹腔内に免疫療法剤等を投与して腹水の再貯留防止にある程度の効果があります。

病院に関しては以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「進行性胃がん」

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
http://mediazone.tcp-net.ad.jp/Life/book/book00a …
(医者がすすめる専門病院(関東版))

==================================
日本全国病院ランキング この病気にはこの病院!
降旗正子∥〔ほか〕編
版表示 :増補・大改訂
出版地 :東京
出版者 :宝島社
出版年月:1996.8
資料形態:365p  21cm  1000円
シリーズ名: 別冊宝島  
件名  : 病院
ISBN:479661107X
========================================
この本に記載があれば良いのですが・・・?

お近くの図書館で探されてはどうでしょうか?

ご参考まで。

奥様の快復お祈りしてます。

参考URL:http://www.nikkansports.com/news2/health/10/he10 …
    • good
    • 0

nobukikatoさん大変な思いをされてお辛いでしょうね。

よく今までの治療に辛抱されました。お二方はちょうど私の親と同じ世代ですし、私も数年前に父を肝がんで亡くしてますから、他人ごととは思えません。
今では残る母の健康をなるべく気をつけるように心がけ、そのような記事・ニュース・ホームページの情報などは目にするようにしていました。そしたら、読売新聞で週に一回掲載される長期医療キャンペーンのコーナー「医療ルネサンス」で色々な最新医療、現場の裏事情、患者の経験談などを知ることができました。

残念ながら私にはnobukikatoさんのご質問の医療施設や技術はわかりませんが、そのコーナーで、ある病気になった時には一つの病院・一人の医師の診断結果を鵜呑みにはせず、第三者による第二の意見を聞くようにする、患者側の自衛策があるとの情報を知りました。それを「セカンド・オピニオン」と言います。
これは初めに受けた診断に疑問を持っても持たなくても、そこでの自分の受診資料を利用して別の医師の意見を聞き、本格的な治療を受ける前に判断の材料にすることを言います。これは治療の後でも病状の理解を深めるために役に立ち、また能力の低い医師や医療機関で受ける被害を免れる場合もあります。
それに、「セカンド・オピニオンを受けたいので」と患者が頼んだ場合、資料を提出してくれる病院としてくれない病院がありますが、それ自体も信頼できる病院かどうかという判断にもなります。

患者なら誰でも、本当ならもっと最新の医療技術があるかもしれないし、今現在どこかでそれを行っているかもしれないと思って当然です。でも患者にはそのような情報は伝わってはきません。自分達で情報を集めるしかないんです。ですからnobukikatoさんのようにこのようなサイトでの質問は理にかなっているとは思いますが、あまりにも専門的な質問のため、多くの病院で再検査するのがいいと思います。

一応、その医療コーナーが掲載されているホーム・ページをご紹介しておきます。私も今まで取り上げられた全ての題材を知っているわけではないので、もしかしたら胃がんに関する有効な情報も載っているかもしれません。確認してみて下さい。

<読売新聞 医療ルネサンス>
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療費控除(生計を一にする配偶者)とは?

今年の確定申告で医療費控除を行いたいと思っています。
医療費の要件として「納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。」とあります。
現在、私共夫婦はそれぞれ収入があるため妻は私の扶養には入っていません。
この場合、
1.それぞれが支払った医療費はそれぞれの確定申告で医療費控除申請する。
2.両者の医療費を合算してどちらか一人が一世帯の医療費としての控除申請をする。
どちらになるでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

単純に考えます。
1.領収書には名前が書いてない。(mた扶養が関係するとは書いてない)
2.所得税の控除は年収が多いほう(税率が高いほう)につけると戻りが多い。
3.10万円の足切りがあるので、1名にすると、それだけで1万円以上?の差が出る。
4.世帯として多く戻ってきたほうがうれしい。(税収は減るので、その他大勢は困る)
上記条件が成り立つように普通の人は判断してますし、税務署も節税の勧めを提案しているところですがが、・・・・・

Q大腸癌 2年程、抗がん剤の治療をしてました。これからも抗がん剤の治療はするつもりですが、転移がある

大腸癌

2年程、抗がん剤の治療をしてました。これからも抗がん剤の治療はするつもりですが、転移があるのと、原発を取り切れて無い事も含め、今回の抗がん剤治療は在宅ケアにする予定になりました。
大体で構わないので、金額がお分かりになる方教えて頂けると助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

金額とは、抗がん剤治療費用ですか?

CVポートを埋設するFOLFOXやFOLFIRI、さらにアバスチンなど
大腸ガンに使われる抗がん剤は多種ありますよ
しかし大半は限度額認定が受けられますので
所得や健康保険の種類によりますが1月4万円代8万円程度では?

Q寒冷地医療とは具体的にどういう医療なのでしょうか

寒冷地医療は寒冷地の医療なのでしょうけれども、具体的にどういうことをする医療なのかわかりません。
また寒冷地医療があるということは熱帯地医療などなどあるのでしょうか。
わかる方がいらっしゃいましたら、教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

寒冷地医療は低温など寒冷気候が人体に及ぼす影響等を研究していましたが、更に広い見地で研究しています。
下記は札幌市立大学の寒冷地医療講座の授業内容です。
・気候が健康に与える影響を説明できる。
・人口密度の低い地域の労働条件について説明できる。
・寒冷地における保健活動の困難について解説できる。
・医師の少ない地域での医療のあり方について解説できる。 
・行政サービスと医療との連携のあり方を解説できる。
・介護と看護の協働のあり方について解説できる。
・地域住民の生涯教育に関する企画ができる。
熱帯地医療としては、日本では長崎大学熱帯医学研究所が有名です。
主に、熱帯特有の感染症等(マラリアとか寄生虫とか)を研究しています。東南アジア中心に海外活動(診療)をしています。

Q癌じゃないのに抗癌剤投与?

知人から肝臓の検査入院を一週間程したと連絡がありました。なんでもポリープが出来ていて、抗癌剤を投与する治療をうけたようなのですが、ポリープは治療の効果でなくなり、癌ではなくてよかった言ってました。話を効いていてなんだか府に落ちなくて、詳しく聞こうとしたらはぐらかされてしまい、その後も聞いたら悪いのかなと思い、聞けずじまいです。知人の病気って??

Aベストアンサー

そもそも、知人が本当に癌でなかったのなら、抗癌剤を投与する事などないでしょう。
そして仮に癌であったとした場合、その旨ご本人に告知されているかどうか・・・これは今後の治療をすすめていく上で非常に重要な事です。が、既に知人も「抗ガン剤」投与の事実を知っていらっしゃるのであれば、必然的に自らの病状をご存知なのでは!?

>入院ちょっと前に会ったときは、妙に顔が黄色かった(本人には言いませんでした)のが印象的です。
「黄疸」症状が出ているのかもしれません。肝臓癌に限らず、肝機能が著しく低下した場合、顔や白目が何となく黄色いような・・・そんな他覚的症状が得られる事も考えられます。

>背中とか左上半身が痛いとも。。
これが必ずしも癌の浸潤に伴う疼痛であるとは断言出来ませんが、少なからずその可能性は考えられるでしょう。


いずれにせよ、あなたとご友人の関係は分かりませんが、癌という病は、病状の段階にもよりますが、実にシビアな問題を多く抱えています。もちろん身体面だけではなく、精神面でのフォローも大変重要となってきます。
私自身大切な父親が癌にかかり、今現在も抗ガン剤治療をはじめとし、様々な試みを家族一丸となって行なっていますが、やはりこういった事実に関しては、そう簡単に他者に言えるものではありません。経験のない者へ言ったところで何の解決にもならない事は十分に承知しています。少なくとも私の経験上。

ご友人の性格的なものにもよりますが、ご本人の口から何らかの発言がなされないのであれば、これ以上の詮索はされない方が賢明でしょう。
あなた自身、ご友人の為に何らかの手助けがしたい・・・そういった優しさから生じた今回のご相談であるとは思いますが、本当に癌であったとした場合、ご友人への直接的手助けはそう簡単に出来る事ではないように思います。


いずれにせよ、このような場に於いて、明確な診断など到底出来る事ではありません。あなた自身、今までと変わりなくご友人との関わりを持たれ、ごく自然な関係を保持される事こそ、何にも増してご友人にとって心強いのではないでしょうか。

そもそも、知人が本当に癌でなかったのなら、抗癌剤を投与する事などないでしょう。
そして仮に癌であったとした場合、その旨ご本人に告知されているかどうか・・・これは今後の治療をすすめていく上で非常に重要な事です。が、既に知人も「抗ガン剤」投与の事実を知っていらっしゃるのであれば、必然的に自らの病状をご存知なのでは!?

>入院ちょっと前に会ったときは、妙に顔が黄色かった(本人には言いませんでした)のが印象的です。
「黄疸」症状が出ているのかもしれません。肝臓癌に限らず、肝機能...続きを読む

Q生活保護の医療券とは?

生活保護受給者が医療を受けるには、福祉事務所から医療券を貰うんですよね?
例えば、胸に強い痛みがあり、頭痛もしたとします。
この場合

福祉事務所に行く

医療券を貰う

病院にいく

医療券を病院に渡す

こうなりますよね。

(1)ただ通院で済むのか、入院するのか分からないですし、そもそもいくらお金がかかるかも分からないはずです。医療券というのは、病院代が1万円だろうと100万円だろうと、関係ないのですか?(医療券というのは、例えば、1000円の医療券とか1万円の医療券とかに分かれてるんですか?)

(2)3ヵ月入院する場合、医療券は、いつ、何枚、病院に渡すんですか?

Aベストアンサー

 1の方の回答を見て、自治体によって違うのかなと思いました。それとも市と町で違うのかしら? 担当の窓口で確認した方がいいです。
 うちのところは、保護が変更になっている可能性もあるので、保険証と一緒で、毎月医療医療券が必要です。緊急の券もないです。
 書いてあるのは、住所、氏名、世帯主、生年月日、かかる医療機関、受信理由、発行した担当者の氏名、発行した市町村名などです。病院にかかる証明のようなものなので、金額は関係ないです。窓口で提出して終わりです。
 緊急のときは病院に行っていただいて、病院からは電話で確認、後で医療券を発行します。
 ただ、生活保護の医療券で受診できる病院、できない病院があるので、ご注意ください。初めてかかる病院は、あらかじめ役所の生活保護担当に聞いておくと無難です。緊急のときは、直接病院にきくか、救急隊員に生活保護であることをお伝えください。
 長期入院の場合は、家族や親族が役所で月替わりに申請するか、来る人がいなければ直接役所から病院に送ることになるようです。

Q胸腺癌で抗癌剤治療3年目骨髄が弱く治療を中止するといわれました。

妻(現在41歳)3年前に胸腺癌III期を言われ、今日まで抗癌剤治療を続けてきましたが、担当医から本日、骨髄の機能が抗癌剤治療によって、弱っており治療を止めざるを得ないと言われました。現在彼女は腎臓の両方ともにかぶさるように転移癌があり経過を見ていたところでした。造血が弱く白血球を増やす注射を抗癌剤治療の度に行ってきましたが、自己造血では増やせていないようでした。また腎機能が思わしくないのかカリウムの値が通常の食事では高くなりすぎて、食事療法もしていました。家族としては何とかしてやりたいと思っていますが、治療費の負担も3年目に入り蓄えもつきつつあります。子どももおり今後どうなるのか、どうしたらよいかお教えください。

Aベストアンサー

始めまして 二児の母です。

奥様は 全てをご存知なのでしょうか?
そして お子さんの年齢にもよると思うのです。
41歳と言うと、高校生くらいのお子さんなのでしょうか?

私自身、母を亡くしてます。発症して平均寿命が1年半程度しか無いと言う難病でした。
既に私は 結婚もしており、同居してましたので 母は子供に対しての心配は無かった様です。常に心配していたのは 父の事でした。
お金って どぅにかなるものです。 定職にあれば銀行だって金利は高いですがフリーローンで借りれます。
私達が選択したのは 家族と過ごせる時間を増やす と言う事でした。
二世帯住宅を建てて同居していましたので、常に孫の声が聞こえ、喧嘩の声、笑い声 何でも良いのです。 
病院に居れば 塩分制限も出来て と言う安心感はありましたが、
とても美味しいなんて言えないです、そんなに制限してまで。。。
って思ってしまいました。
多少自宅で 塩分制限をしつつ(減塩醤油に変える、レモン等の味を強めにする等) 家で過ごせた方が良いかな と思ったので。
もしかしたら 病院で過ごした方が もぅ少し長く生きられたかもしれません、、、でも、病院では会うにも時間の制限があり、子供を連れて行くにも病院の目がありますから。。。
奥様も ご自宅に居て やりたい事もあるでしょう。
やらせてあげる事が一番です。一日数時間でも一人になれる時間は必要だと思いますので、、、私もパートをしていましたが 勤務時間を半日に減らし、お昼は一緒に食べる と言うスタイルでした。
父は会社員ですので、仕事に行き、孫は夕方学校から帰って来る と言う感じでしたので、午前の3時間~4時間は 母の自由時間でした。
腎臓も患っており、腹水がありましたが、出来るだけ家に居られる様に勤め、言い方は悪いですが『腹水を見て見ぬ振りをしてた』と言う事になります。
だって、、、本人は 自分の体ですから 分ってしまいます。
母が病院に行きたく無い と拒み それを無理に連れて行けば 確実に入院生活です。
治るのなら 私は病院に連れて行きます、症状が和らぐのならそぅします。だけど和らがないのなら家に居てもいいじゃないか って。。。
結局 起き上がる事も出来ず、そんな中でも母の願いである 旅行に連れ出し、、、吐き気との戦い。
症状は悪化するばかりでどぅにもならず、数ヶ月後母に病院を勧めたのは私です。
その一ヶ月後別れる事になりました。 悔いたらきりがないですが、
その時 その時で 善かれと思った事はやったつもりでいます。
貴方がとてもお辛いのに、こんな事を書いてしまいましたが、私が書いた事で何か貴方にも 感じる事があり、出来る事が、やらなくてはならない事が見つかったら、、、と願ってます。

始めまして 二児の母です。

奥様は 全てをご存知なのでしょうか?
そして お子さんの年齢にもよると思うのです。
41歳と言うと、高校生くらいのお子さんなのでしょうか?

私自身、母を亡くしてます。発症して平均寿命が1年半程度しか無いと言う難病でした。
既に私は 結婚もしており、同居してましたので 母は子供に対しての心配は無かった様です。常に心配していたのは 父の事でした。
お金って どぅにかなるものです。 定職にあれば銀行だって金利は高いですがフリーローンで借りれます。
私...続きを読む

Q地域医療とは?

地域医療は僻地での医療のことをいうのですか?
それともその病院のある地域での医療のことをいうのですか?

Aベストアンサー

たとえば、東京都中央区銀座という地域があります。この地域には、東京都台東区浅草という地域とは異なる産業があり、異なる生活習慣があります。その結果東京都中央区銀座という地域にはその地域に特有の病気があるかもしれません。

たとえば睡眠不足が東京都台東区浅草地域より多いかもしれません。あるいは飲酒による肝臓障害が多いかもしれません。こういうこの地域の特徴がその地域の住民の平均寿命に関係してくることは当然考えられます。

そこで、東京都中央区銀座という地域の特徴に合った医療を提供するにはどうしたらよいかを考えて、その医療を提供できる医療機関が東京都中央区銀座地域にあるかどうかを調べ、適切な医療を提供できる体制を整えてゆくのが地域医療です。

Qセンチネルリンパ節転移の為・・追加で抗癌剤投与をする事になったのですが

母が乳癌と告知をうけ色々な検査の結果、
半年間抗癌剤のCAF療法した後、手術をする事になりました。
ステージはII転移があったらaなかったらbと言われました。
センチネルリンパ節生検の結果、転移があった場合はbになってしまうのでしょうか?
その場合、リンパ節郭清の手術をする事になりますか?

また乳がんの種類(?)など、
『組織型 普通
 腫瘍径 小さい
 脈管侵襲 なし
 組織異型 中等~高度(再発しやすい)
 ホルモン剤感受性 効かないタイプ
 遺伝子 HER-2 陽性 再発しやすい ハーセプチンの対象
 リンパ節転移  なし』

↑のように詳しく書かれている方がいますが、それは先生が教えてくれるのでしょうか?
私も毎回、母の診察には付き添っていますが、そのように詳しく話してもらっていません。聞いたら教えてくれるのでしょうか?

しこりは2.5cm、しこりの周りに枝分かれするように癌が広がっているそうで悪性度は高いとだけ言われました。
それは再発しやすいという事なのでしょうか?生存率に関係してきますか?
先生に聞いたのですが、治癒されている方はたくさんいますというだけでハッキリと答えてくれません。

それからもう1つ質問です。
センチネルリンパ節に転移があった為、今までのCAF療法と同時にパクリタキセル療法もする事になったのですが
先生がカルテに書き忘れたのか?
抗癌剤治療室の方へは伝わっておらずCAF療法しかうけないで母は帰ってきました。
時間があまりにも早かったのでおかしいと思い、
パクリタキセルをやったのか病院へ問い合わせた所、
カルテに書いてなかったのでやってないと今日担当してくれた看護士さんに言われました。
でも診察の時に先生からは今日から一緒にやるという説明をうけ、
同意書も本日が開始日でした。

その事を看護士さんに伝えたのですが、
先生はもう帰られたとの事
しかも抗癌剤治療専門で違う病院から来て頂いてる先生なので、
次は一週間後。。。

診察は9~12時と13~15時の間のみで予約がぎっしりの為、
その1週間後も電話にでられるかわからない、
次の3週間後の診察の時に先生に聞いてみてはいかがですか?と
言われたのですが、3週間も放置で大丈夫なのか心配です。
乳がんは進行が遅いと言われますが、
パクリタキセルをやるのはリンパに転移があったから...
しこりなど大きくなったりの進行は遅くても
リンパから流れたりするのは早いんじゃ!と心配で仕方ありません。
3週間の間にリンパから転移したりなどはありませんか?

それとも明日、乳腺専門医の担当の先生に聞いてみた方が良いでしょうか?
抗癌剤の事はわからないと思うのですが、
母が1クール目の治療の為に入院した時も
毎日見に来てくれていたので・・・
抗癌剤治療の内科の先生とは二人三脚のようです。

抗癌剤治療の説明をうけた時に頂いた紙に、
何かわからない事や疑問に思った事はいつでも連絡下さいと書いてありました。
その言葉を信じて電話したのですが、
実際は物凄く迷惑な声をされカルテに書いてないんだから
あなたの勘違いなんじゃないですか?的な事を言われたり、
3分も話していないのにもういいですか?みたいな事をいわれ
電話をガチャぎりされました。
同意書を渡したのもその看護士さんなのに..
今日から開始って書かれていたのにTT
ヒステリックな感じでとても恐かったです。トラウマになりそうです。その看護士さんがたまたまだったのかもしれませんが。
でも治療室の責任者はその人なんですよね。少し不安です。
明日電話するのも正直憂鬱なのです・・少し凹みました。
でも電話して聞いてみた方が良いでしょうか?
どうかご教授下さいm__m

母が乳癌と告知をうけ色々な検査の結果、
半年間抗癌剤のCAF療法した後、手術をする事になりました。
ステージはII転移があったらaなかったらbと言われました。
センチネルリンパ節生検の結果、転移があった場合はbになってしまうのでしょうか?
その場合、リンパ節郭清の手術をする事になりますか?

また乳がんの種類(?)など、
『組織型 普通
 腫瘍径 小さい
 脈管侵襲 なし
 組織異型 中等~高度(再発しやすい)
 ホルモン剤感受性 効かないタイプ
 遺伝子 HER-2 陽性 再発し...続きを読む

Aベストアンサー

 リンパ節に転移があったらIIbになります。しこりが大きいのでまず抗癌剤治療をして、手術のようですね。CMF治療とパクリタキセル治療(PAC治療)をするとのことですが、CMF治療を3週間に1回、通常4回から8回行った後、PAC治療を3週間に1回を4回、または一週間に1回を8回行います。CMF治療が終わってからPAC治療になるはずなので、今度の診察日に確認してください。抗癌剤は副作用が激しいので、一度に二つ以上の治療はしないはずです。
 乳癌は進行が遅い癌なので、1,2ヶ月くらい治療が遅くなったとしても慌てることはありません。
 現に、3週間ごとといっても、白血球が少なくて、治療せずに返されることもままあります。
 看護師さんももうちょっと気使いしてくれてもいいのにねえ…お母さんの病気平癒を心からお祈りします。
 
 

Q法医学と医療との関わりとは?

法医学と医療との関わりを教えて下さい。
どんな関わりでも結構です!

法医学は医療をどう影響をするんですか?
法医学は今後の医療にどう影響を及ぼすのでしょうか?


お願いします。

Aベストアンサー

法医学は面白いよ!!!

なんたって死人は嘘つかないからなー!

司法解剖によって死因の解明はほぼ100%でい!!!

医療の進歩に法医学は欠かせない!

法医学がなければ医療の進歩は望めない!→これは絶対間違ってない!

Q私は癌に成っていますが、お薬にも限界でいよいよ抗がん剤の投与と言われています。 そこで、免疫療法成る

私は癌に成っていますが、お薬にも限界でいよいよ抗がん剤の投与と言われています。
そこで、免疫療法成るものを受けて見ようと思いますが、何分にも保険外の治療で数百万円掛かって仕舞います。
流石に気軽く受ける訳にも行きません。
そこで質問ですが、何方か実際に受けた方があればその結果を教えて下さい。

Aベストアンサー

私は前立腺がんで骨転移のステージ4迄進んでおり、思いきって免疫療法成るものを受けました。
2週間ごとのサイクルで6回投与され、その結果PSAが僅かにさがりました。
しかし300万円近くの費用をそれ以上継続するには、流石に私の経済力では限界があり継続を断念しております。
その結果PSAはすぐに上がり始め、元の状態に戻ってしまっています。
経済力に余裕があ有ればもう少し良い結果が有るかも知れません。
効果が無いとは言えないだけに否定はしませんが、余程金銭的な余裕がある人で無ければお勧め出来ません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報