新築マンションの購入を検討しています。
資金の不足分を住宅金融公庫と年金住宅融資で補おうと思います。
銀行ローンはクレジット・カードの返済遅延が何回かあるため、審査に通らないと思っています。
会社の財形による住宅融資は、来年の4月に転職するため、利用できません。

全住協のホームページを見たのですが、そこに出ていた借り入れ資格についてお伺いします。

「申し込みの協会の指定の保証(保険)会社と住宅ローンの保証委託契約ができる方」という記述がありますが、これはどういうことなのでしょうか?保証委託契約ができない場合というのはどういう場合でしょうか?

また、いま年金住宅融資で借り入れした場合、来年の4月の転職というのは何か影響はあるのでしょうか?

以上、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 借り入れをした人が、返済ができなくなった場合に、保証協会が代わりに支払いをする制度ですね。

一般の契約では保証人や連帯保証人を付けて契約をし、契約不履行の場合には保証人や連帯保証人が、代わりに支払いの債務を履行しますが、住宅の場合は借入額が大きいので、借入額に対する保証人や連帯保証人の要件を満たす人を探すのは大変です。その代わりに、協会の指定する保証会社と契約を結び、保証料を支払うことによって、保証協会が貸付者である全住協に対して保証をするということです。連帯保証人の変わりに、保証協会に保証料を支払って、保証人になってもらう制度です。

 契約ができない場合は、他にも借り入れがありその保証協会が保証している場合や、借入者が借入金支払いのための生命保険に加入していない場合などでしょうね。

 来年の転職は関係ありません。借り入れ申し込み時点で、要件を満たしていれば貸付は行われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!それであればなんとか借りられそうな気がしてきました。
不動産会社の方には、年金融資の場合は銀行ローンより損だから勧めないといわれているのですが、これならなんとかいけそうです。
ありがとうございます。
少し安心しました。

お礼日時:2001/11/29 18:06

>会社の財形でも、住宅金融公庫経由を使うことができる場合があるのでしょうか?


住宅金融公庫経由の財形を受けるには、会社に財形融資制度がある場合に限定されていますね。
(詳しくは公庫のweb siteなどを見て下さい)
つまり、転職などで会社が変わる人にとっては、会社から借りる転換融資だと一括返済しなければならないので、それを回避する道になっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろな方法があるのですね、正直、びっくりしています。
もう一度会社の制度を調べてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/03 10:16

現在の時点で会社の住宅財形を受ける資格があるのであれば、住宅金融公庫経由で財形融資を受けることも出来ます。


この場合はその後転職してもOKです。
固定金利ではありませんが、利率は非常に低いので検討する価値はあると思いますよ。

この回答への補足

ありがとうございます。
社内の住宅融資で某信託銀行から借りられる、と勧められたのですが、残念ながら財形貯蓄を行っていなかったため、利用資格がないそうです。
その上、借りられたとしても退職時に一括返済となっていました。
会社の財形でも、住宅金融公庫経由を使うことができる場合があるのでしょうか?

補足日時:2001/11/30 18:06
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半年後の住宅ローン金利の予想は?

初めまして。
今年の10月までに住宅ローンの長期固定はどれくらい上昇しているのおもわれますか?
あくまで予想で結構ですので経済に詳しい方にお伺い致します。

Aベストアンサー

住宅ローンの固定金利は、ローンを組む時点での長期金利(10年国債の市場金利)に連動します。これに1.0%程度の貸し手の利益が上乗せされます。

現在ですと、短期金利が0%、長期金利が1.8%ですから、ローンの方は短期1.0%、長期2.8%ぐらいだと思います。

現在は長期金利が上昇中です。今後日銀のゼロ金利政策が夏から秋にかけて終わるとするとさらに0.3-1%ぐらい上昇する可能性があります。

したがって、ゼロ金利が解除されれば、住宅ローンの長期固定金利はこの秋には、3.0-3.8%ぐらいになるのではないかと思います。

Q住宅ローン、融資実行、転職、独立

年末完成の新築マンションを購入します。
現在、会社員です。ローン額も少ないので審査は多分
問題ないのですが独立起業を予定しています。
融資実行前でしたら問題になると思いますが
融資実行後でしたら支払いを確実に行えば特に問題ナシでしょうか?
年末引渡しなのですが融資実行は
いつをもって実行日となるのでしょうか?
(東芝フラット35を予定しております)
年度末日退社でも問題になりますでしょうか?

Aベストアンサー

基本的に融資実行後ですと、銀行は支払いに遅れがない限り調査を実行しません。

融資実行日以降に退社されるのでしたらいつでも問題ありません。

Q2008年11月の住宅ローン金利予想

 モーゲージバンク系のフラット35という住宅ローンを契約しており、建物が今月完成し今月の金利で融資実行される予定です。
 しかし連日のアメリカの金融不安による日経平均株価の下落や円高などのニュースが後を絶たず、一般的に不景気になると金利が下がる傾向にあるということらしいので、融資実行を来月まで待ったほうが良いのかどうか悩んでおります。
 詳しい方がいらっしゃいましたら、ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

住宅ローン審査経験者です。

「変動金利型」の住宅ローン商品ならば、「プライムレート」が基準となっていますので「政策金利」の影響を直接受けますが、フラット35は「長期固定金利型の住宅ローン商品」です。
確かに、「政策金利」が変更されればマーケットの状況も変わってきますので、「政策金利」が下げられることが、フラット35の金利に影響しないとは言いませんが…。
金利設定部署にもいた経験からすれば、「固定金利期間が短いか長いか」で、住宅ローンの金利を設定する際の基準は違う…と申し上げておきます。

そうでなければ、月々の住宅ローン金利について「固定期間が長期のものは上がり、短期のものは下がった」ということは『あり得ない』ことになってしまいますでしょう?

一度、過去の住宅ローン金利の推移をご覧になって、「前月比」を計算してみてください。
http://www.nikkin.co.jp/0601/

フラット35ならば、「長期金利」(10年物国債の金利)の動向もご覧になった方がよろしいです。
ご参考までに、一昨日1.3%台だった長期金利は、今日(前場引け)は1.5%台に上昇しています。

住宅ローン審査経験者です。

「変動金利型」の住宅ローン商品ならば、「プライムレート」が基準となっていますので「政策金利」の影響を直接受けますが、フラット35は「長期固定金利型の住宅ローン商品」です。
確かに、「政策金利」が変更されればマーケットの状況も変わってきますので、「政策金利」が下げられることが、フラット35の金利に影響しないとは言いませんが…。
金利設定部署にもいた経験からすれば、「固定金利期間が短いか長いか」で、住宅ローンの金利を設定する際の基準は違う…と申し上...続きを読む

Q財形住宅融資の用件について教えてください

財形住宅融資の用件について教えてください。
用件である”申込日における残高が50万円以上あること”ですが、これは一般財形と住宅財形をあわせた合計額でも宜しいのでしょうか。
当方、一般財形を3年前から実施しており合計30万円積み立てています。また、住宅財形は始めたばかりですがボーナスにて25万円ほど積み立て済みです。フラット35と合わせて利用したいと考えています。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

一般財形、住宅財形、年金財形のどれかに1年以上継続して積み立てていて、合わせて50万円以上あれば良いです。
なのでr50_miyagiさんの場合は融資を受けられます。

Q住宅ローンの金利予想

このたび、借り換えの時期がやってきまして、少々悩んでおります。
残金1600万円であと30年ほどローンがあります。
10年固定で2.35%か3年固定で1.2%(どちらも期間終了後1.0%優遇です)で迷っております。
仮に、金利が3年で1.0%づつ上昇すると、10年後に残金は同じくらいになると思われます。
そこで、今後金利は、最大(最悪)どのくらいまで上がると予想されますか?また、一気にどれくらいまで上がることがあると思われますか?
皆さん、口を揃えて「誰にも分からない」と言われますが、いろいろな考え方を聞いてみたいので、私的な意見でも結構なので、お聞かせください。

Aベストアンサー

私の私見ですが
3年後までに2.5%ほど上昇(団塊世代の定年などで退職金が世にあふれる)
そこから5年くらいはウダウダと1%前後ぶれる
それ以降は少し下がるかな?と
2009年のピークを超えれば問題ないかな?
ですので10年以上の固定が安全かなー??
とりあえず今より金利が下がってくるのは当分無いかな?

こういう予想です。

Q住宅ローン…融資希望の銀行につなぎローンがありません。

いつも質問させていただいております。

現在、新築を計画中。
借入金額は2000万円を予定しています。

今、融資を検討しているのは
S生銀行の長期固定金利35年です。
フラット35より借入れに際する諸経費が少ないので
候補にあがりました。

しかし、S生銀行の融資は
新築が完成した後に融資を受けられるとのこと。
それでは
新築途中に発生する中間払い(って言うのでしょうか?)が支払えません。
「当行ではつなぎローンはありません。
建築途中に発生する中間払いなどの資金は他行でお借りください」との回答でした。
私はS銀行での借入れ1本にしたかったので
状況に悩んでおります。

ちなみにフラット35も完成後の融資…と知りました。
完成後融資ってけっこうあるんですね…勉強不足でした。
完成後融資を利用された方々は
中間払いの資金をどのように調達しているのでしょうか?

ちなみに手元にあった現金は
土地購入に使いました。
土地は現金で、建物はローンで…という計画です。

アドバイスいただけたら幸いです。
不足している情報は、ご指摘があれば補足いたします。

よろしくお願い致します。

いつも質問させていただいております。

現在、新築を計画中。
借入金額は2000万円を予定しています。

今、融資を検討しているのは
S生銀行の長期固定金利35年です。
フラット35より借入れに際する諸経費が少ないので
候補にあがりました。

しかし、S生銀行の融資は
新築が完成した後に融資を受けられるとのこと。
それでは
新築途中に発生する中間払い(って言うのでしょうか?)が支払えません。
「当行ではつなぎローンはありません。
建築途中に発生する中間払いなどの資金は他行でお借...続きを読む

Aベストアンサー

ハウスメーカーの営業担当者と相談してみてください。
いろいろと経験があるはずですし、金融機関と面識もあるはずです。こういう場合は、この銀行が強い、というようなことがあるのです。

私はいろいろと世話になりましたので。

もっとも私が建てたハウスメーカーは完成後一括払いだったので、つなぎは使いませんでしたが。

Qゼロ金利解除で住宅ローンはただ厳しくなるだけ?

5年後ぐらいにローンで一戸建ての住宅を建てようと思っています。頭金1千万円ぐらい貯めてのこり2千万ぐらいをフラット35で..と考えていましたが、ゼロ金利解除によって金利が上がると新聞に載っていました。あまり金利が上がるとみんな住宅ローンで家を購入しようとする人が少なくなると思います。
実際、銀行はただ金利を上げていくだけとなると思いますか? なにか住宅ローンを借りやすい手立てはうってこないですかね... 住宅ローンだけは金利を低いままにしておくとか、最初の3年は元金のみを減らしていけるとか。もしくは政治で税金の控除が大きくなるとかならないでしょうか... 個人的な予想・意見で結構ですので、ご意見聞かせてください。

Aベストアンサー

#2です。

>今後は多少、月々の払いの大きいローンを組んでも企業の調子が良くなるから大丈夫.. という理解となるのでしょうか。

それはまったく違うと思います。
確かに、金利上昇と景気回復は連動しているかのように考えられがちですが、経済情勢というのはさまざまな要素が絡み合っているので、単純に金利上昇=景気回復ということではありません。
それに日本全体の景気が回復しているからといって、個人個人の給料が上がることとはまったく別問題です。
不動産屋は「金利が上がるときは給料も上がるから」という常套句を使って変動金利でローンを組ませようとしますが、その手に引っかかってはなりません。
ちなみに我が家でも、今年はボーナスカットになりました。
ボーナスは会社の業績に比例するので、個人の頑張りや国全体の景気とは連動しないんです。

それからこれまではデフレであったので、デフレの時は不動産より現金を持つ方が有利と言われます。
逆にインフレになれば、現金の価値がなくなり物の価値が上がるのですから、不動産を持つ方が有利と言われます。
これまでは低金利により住宅購入ブームがあったのです。
家を買う人はいつも一定率はいるものですが、金利や不動産価格が上がれば同じお金で買える物件の質が落ちるので、購入者は減るでしょう。
以上のことからも、いろんな要素が絡み合うことなので、一概には言えないことがわかると思います。

#2です。

>今後は多少、月々の払いの大きいローンを組んでも企業の調子が良くなるから大丈夫.. という理解となるのでしょうか。

それはまったく違うと思います。
確かに、金利上昇と景気回復は連動しているかのように考えられがちですが、経済情勢というのはさまざまな要素が絡み合っているので、単純に金利上昇=景気回復ということではありません。
それに日本全体の景気が回復しているからといって、個人個人の給料が上がることとはまったく別問題です。
不動産屋は「金利が上がるときは給料も上がる...続きを読む

Q財形住宅融資の審査(消費社金融)

初めて投稿しますが、宜しくお願いします。
現在、中古マンションの購入検討中ですが、非常に気になる事があります。物件価格2000万円で、頭金1000万円にて(内半分は親からの贈与)で、財形住宅融資を1000万円利用予定です。年収は550万円です。
ところで、妻に内緒で消費者金融に15万円程の借金があり、現在、こづかいから返済中です。滞納は1回もありません。質問は2点です。

1)仲介屋さんに週末に購入を申し込むのですが、その時点で、ローンの事前審査等を要求されますか?
2)1週間後には全額返済する予定ですが、それで、財形住宅融資の審査は通りますか?

妻の両親が積極的で、急に話が進んでしまい、今、とても心配です。どうかアドバイスをください。

Aベストアンサー

#2さんが答えておられるような流れになります。
事前審査があるにしろないにしろ、結果的に審査
がなくなるわけではありません。事前審査か本審
査か気にすることもないかと…。融資の申し込み
にあたり、現在の借り入れを記入する欄がありま
すが、公庫系は消費者金融が加盟している信用情
報をみておりませんので、正直に答えなくてもO
Kです。

Q住宅ローンの金利について

もうすぐ、住宅ローンの3年固定が切れる予定です。
そこで、次は30年ぐらいの長期固定にしてしまおうと思っていたのですが、今後、金利はどのように推移していく可能性が高いのでしょうか?
先ほど、Yahooのニュースで「日銀の金融政策については、36人中22人が次回の利上げ時期を2009年6月以降と予想した。」と書いてありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080710-00000852-reu-bus_all

ということは、まだ、当分住宅ローンの金利も上がらないということでしょうか?それとも、住宅ローンは別物なのでしょうか?

もし、2009年6月まで住宅ローンの金利が上がらないのであれば、それまで変動金利で、金利が上がりそうになったら、長期固定にした方が良いような気がしますが、どうなんでしょうか?

どなたか詳しい方がいれば、教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日銀の金融政策は短期金利(無担保コールレート翌日物)の話です。

住宅ローンは長期金利を参考にして決定されるので、短期金利が2009年6月まで上がらないからといって長期金利/住宅ローンが上がらないとは限りません。

実際・・・
日銀が2007年2月に短期金利を0.25%から0.50%に引き上げてから、ずっと短期金利は変わっていません。しかし、その期間でも長期金利や住宅ローン金利は変動しています。長期金利の代表である国債10年物は1.3%~1.9%くらいの幅があります。

では、長期金利が何によって決定されるかと言うと、将来的な金利動向の【市場の予想】に基づいて決定されます。


長期金利の決定要因
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E6%9C%9F%E9%87%91%E5%88%A9

Q住宅ローンを借りるにはなぜ保証会社の保証を受けなければならないのでしょうか。

住宅ローンを借りるには保証会社の保証を受けなければならないと聞きました。
個人の保証人を立てれば保証会社を使わなくてもよいと思うのですが、それは駄目と言われました。
しかも保証会社の保証を個人の信用調査で受けられない場合もあると聞きます。
その上保証会社の保証を受けるには相当金額の保証料を払わないといけないとなっています。
理由を聞いても「規則だから」として教えてくれないのですが、何で保証会社の保証を受けなければならないのでしょうか。。

何か保証会社の丸儲けの様にも感じるのですが私の勘違いを教えて下さい。
(保証会社に関する別の質問を前後して書き込んでいます)

Aベストアンサー

8割くらい準備はあるので残る2割と諸費用分といろいろモノイリ費用と予備費分だけであり、保証人も立てられるのです。・・・・でしたら提案です。
 8割のうち5割と自己資金
 3割を借入銀行に預金 
 住宅ローンを購入金額のの50%を借入する。・・・連帯保証人と団信加入でできませんか。今は失業した時などの停止条件の補償などあると思いますので調べてみてはいかがでしょうか。
 ローンは元利金等ですと元金がなかなか減りません。途中ジャンプ返済すれば見た目の金利より低い金利に抑えられますのでローンシュミレーションを沢山してみるといいですよ。住宅も担保になるのに保証会社まで入れたくないと考えるのでしたらそのような方法もあると思うのです。ご主人の給与振込みの銀行にあたられて、保証会社付けなければならないというなら、別な銀行に窓口に、一考されてはいかがですか。
 同じ銀行でも相手によっては連帯保証人だけということもあるのです。私も昔は保証会社つけてといわれたこともあります。
貴方の希望にそう銀行を探してみられることをお勧めします。借入のためのお客は何処も歓迎です。ただ銀行の希望に沿うか貴方の希望を通せるかは交渉です。以外とこのあたりの交渉から学ぶこと多かったのです。新規の顧客・預金・借入・給与振込み・公共料金その他を一度に確保できるのですから、取引ない銀行には貴方は魅力的な顧客ですよ。
ただ、全部を1銀行にゆだねないことも銀行との付き合いの方法ですが。

8割くらい準備はあるので残る2割と諸費用分といろいろモノイリ費用と予備費分だけであり、保証人も立てられるのです。・・・・でしたら提案です。
 8割のうち5割と自己資金
 3割を借入銀行に預金 
 住宅ローンを購入金額のの50%を借入する。・・・連帯保証人と団信加入でできませんか。今は失業した時などの停止条件の補償などあると思いますので調べてみてはいかがでしょうか。
 ローンは元利金等ですと元金がなかなか減りません。途中ジャンプ返済すれば見た目の金利より低い金利に抑えられます...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報