独立して有限会社を設立しています。社員ゼロで、社長の私一人です。
役員報酬は月額400,000円(手取り)です。
社会保険料約96,000円は全額会社から支払っています。
つまり、私個人は社会保険料を支払っていない形になっていますが、これでよいのでしょうか?
社会保険料約96,000円のうちいくらかが私負担であるのが正しいとすれば、
私の正しい役員報酬は、<400,000円+社会保険料個人負担分>で、手取り支給額が400,000円ということになるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


おそらく政府管掌健康保険に加入されているものと思われますので、負担割合は会社と折半となっています。
ここで、taku19641964さんが負担すべき金額を会社が負担していますので、これは報酬となります。
ですので、会社が負担している約48,000円分は役員報酬となります。
ここで、この役員報酬が加算されることによって標準報酬月額が高くなることがあります。
そうすると社会保険料が上がるので役員報酬が増える可能性があります。
これがなくなるまで再計算して、役員報酬が決定されます。

>私の正しい役員報酬は、<400,000円+社会保険料個人負担分>で、手取り支給額が400,000円ということになるのでしょうか?
400,000円+社会保険料個人負担分+所得税等が正しい役員報酬となります。
    • good
    • 0

コチラを参考にして計算してください



参考URL:http://www012.upp.so-net.ne.jp/osaka/hokenryouke …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q役員報酬改定のタイミングについて

お世話になります。

役員報酬の改定のタイミングについて質問させていただきます。
弊社、4月決算となっているのですが、通常であれば2か月以内に開く定時株主総会で、決算報告、役員報酬の改定をすると思います。

ただ、業績が好調で役員報酬を増額することが期中にきまっていた場合、4月に臨時株主総会を開き、報酬額は取締役会で決定、期が変わる5月から役員報酬を増額するというのは法的に問題はないでしょうか?

期中の増額は色々手続き等が大変だと思いますが、上記手続きをとれば、6月に支払う5月分の役員報酬を増額していいという理解でよろしいでしょうか?

ご回答お願いします。

Aベストアンサー

年度終了前の株主総会決議で役員報酬を増額し、翌年度開始月から増額した役員報酬を支給することはできるのか、また損金算入できるのか、という疑問でいらっしゃいますね。

まず、できるかどうかについては、できます。会社法では、役員報酬の改定につき、「定款に当該事項を定めていないときは、株主総会の決議によって定める」として(361条1項)、定時株主総会に限っていません。したがって、臨時株主総会でも増額の決議をすることが出来ます(定款の定めあれば、定款変更の決議が必要です)。

他方、損金算入については、法人税法施行令69条1項1号にいう「給与改定」の時期には、改定の決議をした時を含まないものと解されていたように思います。そうすると、「翌年度開始月から増額」であれば同号イの要件を満たすことになり、損金算入できるものと考えられます。

Q役員の社会保険に最低限度の役員報酬基準があるのですか?

皆さん、こんにちは。
私の父親は小さな会社を経営しているのですが、昨今の不景気で、役員報酬をかなりカットしなければならない状況になりました。
ところが、父親曰く社会保険事務所から、「役員は最低○○万円以上の役員報酬がないと社会保険加入を継続することはできません」と言われたそうです。
私はそれを聞いて、そんなことがあるのかと驚いてしまいました。
詳しいところで誤解があるのかもしれませんが、役員の場合、社会保険加入について何か特別の条件でもあるのでしょうか。
お手数ですがご教授頂けましたら幸いです。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

いくら以上の役員報酬がないといけないといわれたのでしょうか?

おそらく、最低賃金のことを言われたのではないかと思いますが・・・。

最低賃金とは、都道府県によって最低のラインの賃金というものが決められています。
このあたりは、各都道府県のHPに掲載されていると思いますので、ご覧になってみてください。
時給が○○○円以上となっていると思います。

基本的には役員の賃金は、都道府県の最低賃金には抵触しません。各会社の取締役会によって決められるからです。最低賃金の対象となるのは、役員以外の労働者(使われる側)となっています。

ですので、標準報酬月額が最低の98000円の等級となり、その保険料(健康保険料+厚生年金保険料+介護保険料+雇用保険料)以上であれば問題は無いものと思われます。

ただし、役員給与が0円の場合は、たとえ社長(代表取締役)であっても、資格喪失となります。

Q株式会社の経理をやっていますが、役員報酬の改定の取締役会議事録を作成し

株式会社の経理をやっていますが、役員報酬の改定の取締役会議事録を作成したいのですが、
私の会社は、代表取締役が1名 取締役が3名です。取締役3名のうち2人が兼務役員、
一名が非常勤役員です。 決算を行う際は役員報酬には社長のみ上げて残りの3名は給料に
あげています。 議事録を作成する際は、4名とも金額は変わらないのです1人ずつ
  氏名  月額  ○○○○円 (社長)
  氏名  月額  ○○○○円 (兼務役員)
  氏名  月額  ○○○○円 (兼務役員)
  氏名  月額  ○○○○円 (非常勤役員)

書かないとだめですか?  それとも役員報酬の社長だけでいいのですか?
教えてください。

Aベストアンサー

取締役会議事録で個別に報酬額を決める場合には、該当する役員全員
について記載します。

要注意は、何年前かは分かりません定時株主総会で決議し、
「株主総会」です、「取締役会」ではありません!!!
その議事録に載っているはずの取締役報酬総額(全員の年額合計の
見積額)を超えていないかどうかです。キチンと確認してください。

今回決定の、議事録の記載は、

第*号議案 役員報酬改定の件

 上記の議案につき議長から、当会社の役員報酬について、平成**年*月分より、
次のように改定したい旨を諮ったところ、別段の異議なく承認可決
された。
 
 代表取締役社長   ***** 月額 1,000,000円
 常務取締役     ***** 月額   700,000円
 取締役営業部長   ***** 月額   650,000円
 取締役相談役    ***** 月額   100,000円

 なお、使用人兼務役員の報酬は使用人分給与を含む。

と、キチンと記載してください。

定期同額給与に関しての税務当局の調査は大変厳しいものがあります。
議事録の記載は大変重要です。慎重にご確認ください。

取締役会議事録で個別に報酬額を決める場合には、該当する役員全員
について記載します。

要注意は、何年前かは分かりません定時株主総会で決議し、
「株主総会」です、「取締役会」ではありません!!!
その議事録に載っているはずの取締役報酬総額(全員の年額合計の
見積額)を超えていないかどうかです。キチンと確認してください。

今回決定の、議事録の記載は、

第*号議案 役員報酬改定の件

 上記の議案につき議長から、当会社の役員報酬について、平成**年*月分より、
次のように...続きを読む

Q法人税法上の「役員として出向している者の給与負担金」は、会社法上の「役員報酬」に含まれるのでしょうか

出向者が出向先の法人において役員となっている場合、出向先が出向元に支払う給与負担金(経営指導料)につき、法人税法34条の損金算入の適用を受けるには、出向先の法人の「株主総会、社員総会又はこれらに準ずるもの」の決議がされていることが1つの要件になっていますが、

①そもそも、この給与負担金(経営指導料)も会社法上の役員報酬に含まれると考えて良いのか。すなわち、株主総会決議により、すでに総額(枠)を決めているなら、その枠内に収まるように給与負担金(経営指導料)の額を決める必要があるのか。

②株主総会決議により、会社法に基づく役員報酬の総額(枠)のみを決めて、個人別の具体的な金額については取締役会に一任することとしていた場合、上記①がそのとおりであるなら、当該給与負担金(経営指導料)に関する事項について、別途株主総会決議を経ることなく、取締役会決議をすれば足りると考えて良いか。

以上の2点について悩んでおります。そもそも、株主総会は、会社法または定款に規定する事項しか決議できませんので、当該給与負担金(経営指導料)に関する事項を株主総会で決議しようとするなら、定款を変更しなければならないと思われます。

専門家のかたや、実務経験の豊富なかたからご回答いただけましたら幸甚です。

出向者が出向先の法人において役員となっている場合、出向先が出向元に支払う給与負担金(経営指導料)につき、法人税法34条の損金算入の適用を受けるには、出向先の法人の「株主総会、社員総会又はこれらに準ずるもの」の決議がされていることが1つの要件になっていますが、

①そもそも、この給与負担金(経営指導料)も会社法上の役員報酬に含まれると考えて良いのか。すなわち、株主総会決議により、すでに総額(枠)を決めているなら、その枠内に収まるように給与負担金(経営指導料)の額を決める必要が...続きを読む

Aベストアンサー

給与負担金の支払それ自体は、役員報酬の支払ではありませんから、役員報酬としての株主総会決議等は不要です。

ただ、給与負担金が発生するということは、出向元が出向者に報酬等を支払うのではなく、出向先が出向者に支払うのだと思います。この場合、出向先が出向者に支払うことについては、出向先で役員報酬としての株主総会決議等が必要です。出向者かプロパーかで会社法は区別をしていないためです。

Q役員報酬の増額改定

期の途中で役員報酬を増額改定すると、法人税法上費用に計上できなくなると聞いたのですが本当でしょうか?期の途中では経営状況の悪化を理由とする減額改定しか認められないとか…
増額改定するタイミングは期首から3ヶ月以内ということでしたが本当でしょうか?

Aベストアンサー

適用事業年度前の進行事業年度については、増額改定の時期について定められていませんでした。
利益調整のみのために増額したと判断されれば、損金不算入となることもありますが、報酬改定の株主総会議事録などを作成しておけば通常否認されることはありません。

Q役員報酬の社会保険料等

合同会社(LLC)の役員報酬の社会保険料や市県民税の事ですが、役員報酬を仮に30万として、利益が出ず5万しか払えないような時も30万に対して保険料や税金が課かってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは まず最初の質問をお答えしていませんでした。

>利益が出ず5万しか払えないような時も30万に対して保険料や税金が課かってくるのでしょうか

例)5万の支払を受けたとき

所得税 給与30万の源泉所得税○円×10/30=△円 この△円を徴収します。(以下リンク参照)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/phone/2526.htm

社会保険料 30万に対してかかります。支払い給与5万から預かります。(資格届出後翌月から)
もし給与の支払いの無い月があったら所得税・保険料は預かりません。
(ただし社会保険料は毎月支払いがあります。)
 
>未払計上後の社会保険料や市県民税(源泉徴収)の事がよく分かりません

市県民税は前年度の給与によって6月に決定されます。
いまは普通徴収だと思いますが、特別徴収も選べます。
(特別徴収にすると給与から天引きになります。)
市県民税は30万に対してかかります。30万に対してかかった市県民税は翌年6月からです。

*わかりやすいよう5万・30万という数字を使っています。

>未払計上部分は翌年の支払ったとすると、その年の役員報酬に合算はされるのですか?

m1230mさんの給与には合算はしません。
会計上もPL(給与類)は動かずBS(お金類)が動くだけです。


役員給与は定額であると全額損金算入(経費)できます。

たとえばの話ですが
最初資金繰りが苦しい時、役員給与/未払金 30万 とし、半年後など資金ができた時に 
役員給与30万 /現金 60万
未払金 30万          という方法もあります。

しかし何年も支払いをしないで給与の未払金だけたまっていってたら
損金不算入とみなされる可能性もあります。(損金算入(経費)目的として)

以上のことより、先行きの売上が不透明との事ですし、1期とおして30万が少し厳しいと感じられてるのでしたら、
役員給与を下げられた方が良いかもしれませんね。

色々書いていたら合っているのか自信がなくなってきました・・・とても。
申し訳ありませんがご自身で再度確認お願いします。(^^;)

こんばんは まず最初の質問をお答えしていませんでした。

>利益が出ず5万しか払えないような時も30万に対して保険料や税金が課かってくるのでしょうか

例)5万の支払を受けたとき

所得税 給与30万の源泉所得税○円×10/30=△円 この△円を徴収します。(以下リンク参照)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/phone/2526.htm

社会保険料 30万に対してかかります。支払い給与5万から預かります。(資格届出後翌月から)
もし給与の支払いの無い月があったら所得税・保険料は預かりません。
(ただ...続きを読む

Q社員総会議事録(役員報酬改定)

有限会社の役員報酬を改定しようと思っています。
決議機関としては社員総会なるのでしょうか?それとも取締役会になるのでしょうか?
また、役員が1人しかいない会社で取締役会というのはありえないものでしょうか?
議事録を作成するのに社員総会にすべきか取締役会にすべきか迷っています。

ついでに、最後の記名押印するところで、印鑑の種類がよくわかりません。取締役が複数いる場合、代表取締役は代表者印(会社実印)で残りの取締役は個人の印鑑で良いのでしょうか?
反対に取締役が1人の場合には、その記名押印する1人の取締役の印鑑の種類は何になるのでしょうか?

Aベストアンサー

役員報酬の決定は社員総会で行います。
有限会社には、取締役が1名以上であればことは足ります(定款で定める)。法制度上、取締役会は存在しません。
印鑑の種類はおっしゃるとおりです。代表者以外は個人の印鑑です。
取締役が1名の場合には、その印鑑は代表者印になります。会社実印

Q役員賞与の社会保険料について

利益処分において、株主総会で承認された役員賞与について、この枠の中で社会保険料も支払わないといけないのでしょうか。
それとも、賞与はこの枠で役員に支払って、社会保険料はこの枠から別に経費として処理しても良いのでしょうか?

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 実は今日、納期の特例を受けた源泉税の前期分を納めに税務署に行ったついでに尋ねてきました。今まで何も考えずに損金計上してきましたが確かに興味深い質問です。で、知り合いの統括官がいなかったので法人税部門の窓口で根堀り葉掘り聞いてきました。やはり法律を素直に読む限り、役員賞与にかかる社会保険料の会社負担分に関しては、会社が損金計上するのがあたりまえという返事でした。ですので、
>賞与はこの枠で役員に支払って、社会保険料はこの枠から別に経費として処理しても良い
が正解と言うことになります。もちろん本人負担分は引いてください。
一応実務上は経験者なのですが、私自身が役員になってから賞与なるものをもらった経験はありません。それどころか源泉税もゼロだったりして(情けない)。

Q取締役会廃止会社の役員報酬改定の議事録の作成?

取締役会を廃止したことを登記した株主1人の法人である場合に、役員報酬を変更した場合には、取締役会議事録を作成するのでしょうか?お教えください。

Aベストアンサー

不要です。普通に株主総会に提案して、賛成決議していただき、株主総会議事録に記載すればいいのです。

Q役員報酬が固定され多額の税金を支払う?

はじめまして、2年まえ妻と二人で有限会社を立ち上げました。
このところ毎月赤字で累計100万円ぐらいになってしまいました。
税理士さんに相談したところ役員報酬が固定(1年間)なので
どうしようもないとのこと。毎月貰っていない報酬額に所得税
を払い、このままでは来年には市民税、健康保険税など収入の倍ぐらいの
給与所得で税金等を査定されてしまいます。会社は当然わたしからの
借入金というかたちで経理処理をしています。収入が少ないのに
多くの税金等を支払うのは納得いきません、なにか方法はあるので
しょうか?

Aベストアンサー

「税理士さんに相談したところ役員報酬が固定(1年間)なので
どうしようもない」という事ですが、法改正による「定期同額給与」が問題となっているということでしょうか??
役員報酬の改定は期首から3ヶ月間にしかできないことにはなりましたが、赤字などやむを得ない理由で減額する場合はいつでもできることとなっています。
見当違いな答えだったらすみません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報