どうか教えて下さい!
症状としてはあるサイトのURLに対して、PCのブラウザから見た場合はきちんとhttps通信が可能なのに、
i-MODEの503iからだと「SSL通信が切断されました」となってしまうのです。当然httpでは問題ありません。
あとどの503端末で試してみてもダメでした。
こういった症状を経験された方はいらっしゃらないでしょうか!?または考えられる原因がありましたら
教えて下さい。
日本ベリサインのセキュウア・サーバID申請をもらって、mod_sslを使っております。OSはFreeBSD4.3でApacheです。

[エラーログの内容]
[error] OpenSSL: error:14094412:SSL routines:SSL3_READ_BYTES:sslv3 alert bad certificate [Hin
t: Subject CN in certificate not server name or identical to CA!?]

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

残念ながら、今の携帯電話では、HTTPS(SSL) は、Cokkie 情報をもてません。

(なぜなら、携帯電話では、Cokkie を保存するメモリやディスクが存在しないため)
WWW サーバとは別の何らかのネットワーク機器を別に導入する必要があります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q俺ガイルの小説について質問です。俺ガイルssをネットで閲覧したら、衝撃的な展開で焦ったのですが、ss

俺ガイルの小説について質問です。俺ガイルssをネットで閲覧したら、衝撃的な展開で焦ったのですが、ssと本編って関係ないですよね?

Aベストアンサー

はい、ほとんどはファンによる二次創作です。
例外は、出版社のサイトや作家本人のブログ・ホームページ等に「公式のもの」としてアップ
されているものくらいです。

Q「自作SSLサーバ証明書」を、OpenSSL + mod_sslと

「自作SSLサーバ証明書」を、OpenSSL + mod_sslと
Apache2.2で本日CentOS5.4に対して
FTPとWWWに対して作成致しましたが、

(以下のWebサイトを見ながら一通り実施致して、 
 特にエラー等はありませんでした。
  http://kajuhome.com/apache_ssl.shtml )

しかし、その後、
FileZillaを起動した際に、
証明書の「有効期限開始」と「有効期限終了」の
日付が、”以前と同じ値”のままでした。

どのようにすれば、
FileZillaの
「有効期限開始」の値が、本日の”2010/10/09”として、
「有効期限終了」の値が、来年の”2011/10/08”として、
表示されるように切り替わるのでしょうか?
(それと、どこの情報を見れば、
 正しく「自作SSLサーバ証明書」が組み込めているか?
 などを判断(確認)することが出来るのでしょうか?)

お世話になります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

”以前と同じ値”とはどういうことでしょうか?
確か、エンティティ証明書は、毎回発行するんじゃなかったでしょうか。

あと、中身を読んでいないのですが、グーグルで検索したら以下のようなページが頭に出ました。
http://www.bnote.net/kuro_box/self_ca.shtml

>正しく「自作SSLサーバ証明書」が組み込めているか?
httpsで接続してみて、エラーが出なければオッケーというのではダメなのでしょうか。
あとは、パケットをモニタリングして、SSLのハンドシェイクを確認といった手順になると思います。

Qこんな小説(SS?)知りませんか?

小学二年生(十年と少し前)のとき、若い女性担任に借りて読んだ本の中の話なのですが、どうしても題名が思い出せず気になっています。確か短編集だったのですが、同じ本に入っているかどうかは分かりません。二つあります。
(1)金木犀の香りの香水を作ろうとしている女の人がいる。その女の人は頑張っているがどうしても作れず、おまけに恋人に振られてしまう。やけになった女の人はお酒に金木犀の花を入れて飲み、倒れる。目の覚めた女の人は、全身から金木犀の香りが発されていることに気づく。これが香水「○○○」(←思い出せません。「夜」の文字が入っていたかもしれません)の始まり――。
(2)平和な村に誰か(お婆さん?)が越してくる。最初は怪しまれるがだんだんなじんでいく。ある日その人から村の若い娘たちにお茶会の招待状が届く。娘たちは出かけていくが、いつまでたっても帰ってこない。心配した村人たちがお茶会の様子を見に行くと、娘たちの姿はなく、代わりにみずみずしい若木が何本も生えていた――(おばあさんの出したお茶で、娘たちが若木になってしまったことが暗に分かるようになっている)
この二本です。確か講談社文庫だったように思います。お分かりになる方がいらっしゃいましたら、ぜひお教えください。もう一度読みたいと思っています。m(_ _)m

小学二年生(十年と少し前)のとき、若い女性担任に借りて読んだ本の中の話なのですが、どうしても題名が思い出せず気になっています。確か短編集だったのですが、同じ本に入っているかどうかは分かりません。二つあります。
(1)金木犀の香りの香水を作ろうとしている女の人がいる。その女の人は頑張っているがどうしても作れず、おまけに恋人に振られてしまう。やけになった女の人はお酒に金木犀の花を入れて飲み、倒れる。目の覚めた女の人は、全身から金木犀の香りが発されていることに気づく。これが香水「○○...続きを読む

Aベストアンサー

確か、立原えりかさんの作品だったと思います。
(1)のラストは、木犀の花を入れたお酒を、飲む香水「トウキョウ」として売り出したんじゃなかったっけ……。
自分もうろ覚えですが、講談社文庫の『小さな花物語』のような気がします。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4061381407/503-8294753-1919957

Qヤフ○クのモード: 標準(http) | SSL(https)

ヤフ○クしていて思ったのですが、標準(http)だと平文でパスがNT上を流れるということですが、危険?なのですか?ローカルLANでハブを利用して、だれかがプロミスキャスモードでキャプチャしているという想定なら理解できるのですが、その外でインターネット上のどの経路が通るかわからないのに危険ですか?
また、全部暗号化すればいいと思うのですが・・・。

Aベストアンサー

キャッシュやログにも通信内容は残っています。
なので、平文は危険なのです。

あと、全暗号化ですが、処理にコストがかかるので
難しいでしょう。鍵の受渡も問題になります。
ということで、特定通信のみを暗号化するのが
現実的な訳です。

QSSって?

よくサーチとかで
「小説・SS 」ってありますよね?
小説はわかるんですけど、SSって何なんですか?

Aベストアンサー

基本は「ショート・ストーリー」ですが、
たまに「サイド・ストーリー」と言っている所もあります。

QベリサインSSLの設定方法

自社サーバーにSSLを組み込んでありますが、契約期間が終了し更新をしました。更新したSSLを設定するには、LINUXの知識がないと無理でしょうか。通常はFFFTPでHPの更新作業しかやっていません。無理な場合、こういう仕事を受けてくれるところはあるのでしょうか?ご教示下さい。

Aベストアンサー

WebサーバにSSLの証明書ファイルの内容を設定することになるので、Linuxの知識はなくてもさほど困りませんが、使用しているWebサーバソフト自体の設定方法の知識は必須です。

以前は、ベリサインのWebサイトにメジャーなWebサーバソフトでの設定方法が掲示されていました。まだあるかどうか分かりませんが、もしあるようであれば、例えお使いのWebサーバがその中にないとしても参考にはなるかと思います。

Q禁書目録のSS,SS2はどの辺りでしょうか?

禁書目録のSS,SS2はどの辺りでしょうか?
禁書目録は現在18巻辺りを読んでいるのですが、SS,SS2は小説の何巻を読めば読んでも理解できる話になっているのでしょうか?まったく別の番外編なのでしょうか?

Aベストアンサー

刊行順で行くとSSは13巻と14巻の間、SS2は16巻と17巻の間に発売されているので、
その順番で読むのが良かったでしょう。

特にSSは13巻直後の一方通行の話と、浜面の初登場の巻なので、
これを見た後のほうが、15巻をより楽しめたと思います。

SS2は正統派の短編集で、色々な時系列の事件とたくさんのキャラの過去や初登場のキャラが
登場するので、こちらも19巻より前に読んどくのが吉です。

あと今月SPが発売されたのですが、こちらも新約を読む前に読んどいた方が吉ですね。

ちなみに背表紙の上のほうにある数字が刊行順序になっているので、それを見ながら
読むと良いですよ

以上です。

QSSLそのものとベリサイン等の認証局の関係

宜しくお願い致します。
ここ最近、SSLについて触れる機会が多く色々と調べていたらちょっと気付いたのですが、SSLという暗号化技術そのものはApacheに後付け出来る機能なのだとわかりました。そうすると、高い年間費を払ってSSL-IDを取得する意味合いが良く分からなくなってきました。例えば、
『多くの人に見られるページはSSL-IDを取得し、管理など他の人間には見られないようなページはApacheに機能をつけるだけ』
という様な使い方の定義みたいな物があれば教えて下さい。金額的に安くないので、その差がはっきりと見えるとうれしのですが・・・

Aベストアンサー

#2のJzamraiです。

さて、他の回答(書き込み)を受けての補足回答は本サイトの主旨に反しかねないとは思いますが、あくまで「回答者や閲覧者にとっての利益」に繋がると信じる(話の本質をより良く理解していただく為の)補足説明を私の方からはさせてください。

#3のsuzuiさんのご指摘、

>>有償のサーバIDは、信頼されたいから使うというよりは、リスクを軽減させるために使うのです。

>>これは嘘ではありませんが、リスクの考慮が不足していると思います。その点はNo.2さんも明確にされていません。

いわゆる「専門家」の方のご意見・ご指摘、私も有難く拝読しましたが、このように断言されてしまうと、正直少々違和感を覚えます。

suzuiさんご紹介の専門家(高木浩光 氏)による下記のブログは、様々な解説や考察(PKIやプライバシーに関する技術論もふくめ)、氏の博識や経験に裏づけされた、関連分野に関心を持つ者にとって非常に有益な内容のものであると私も感じます。

私自身、多大なる恩恵を受けている一人で、定期巡回先とさせていただいています。(ちなみに、nikuqさんの言及されている「公的機関による認証の(惨状!?)じゃなくて”現状”」についての考察(わが国では自治体ベースの話が多いですが。)も読む事が出来ますヨ。)

■高木浩光@自宅の日記■

http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20041112.html

これは、日ごろ私が情報セキュリティーについて強く感じていて、関連する話をする際に常に念頭においていることなのですが、

>公人(インターネット上のノードを運用する組織)として、全体的なポリシーをもとに、採用する対策技術についても正しい理解につとめ、これらを正しく管理・運用し続ける事。

>それが有効なリスク軽減策となり、安全な(サイト)運営につながるという事実。(「自組織のリスクヘッジ」と「利用者の安全」という価値提供を可能にする。)

>ひいては、それが当該組織の利益や信用・信頼の獲得につながるという考え方。(リスクヘッジを含めた損得勘定と社会的責任を両立させるという点で。)

上記の内容は、情報セキュリティーについての話の重要な柱ではないかと思っています。(もちろん、さまざまな視点があってしかるべきですが。)

情報セキュリティーの話をする以上、「リスクと利便性の天秤」(利便性を損なわない範囲で、リスクの最小化を目指す。)という考え方は、誰もが当然年頭に置いておくべきことで、#1のanmochiさんのご解説も、当然そうした背景を意識されて記入いるはずだと思います。(私の邪推かもしれませんが…。)

社会への普及と自然検証によってその有効性を認められている様々なセキュリティー対策については、そのすべてに「リスク・ヘッジ」の考え方を(大なり小なり)反映しているものだと思います。(各組織別の要件に対して、これらの技術を最適な形で複合的に組み合わせた上で、有効に機能させるという考えかたも重要でしょう。)

公人(組織)であれば、「訴訟対策(民事・刑事双方の)」を含めたリスクヘッジを考えるのは当然のことだと思います。(もし、そうでなければ単なる”ダメダメ組織”ですからね。)

もちろん、「自組織に対して不利になりそうな穴を埋めていく。」という考え方も当然必要なものだと思います。(今の時代、性善説や理想論ばかり語るのは、完全な認識不足でしょうから。)

「信用・信頼」というのは、基本的には「後からついてくるもの」であって、日々の地道な努力こそがモノを言うものだと思いますし、そのためにも、当然サービスの安全性を確保すべきだとも思います。(まっとうな組織であれば。)

既述のブログ内でも、高木氏は「「安全なサイト」というのは、サイト自体のセキュリティー的な強度云々ということではなく、”利用者自身の安全”を確保できるサイトという意味である。→そのためにも技術の正しい理解が必要である。」という主旨の説明をされています。(もちろん、一文だけを捕らえて考察するのは危険であり、氏にはイロイロな含みを込めて書かれているのでしょうが。)

SSL(PKI)の技術やその実装に関しても、「損得勘定」「リスクヘッジ」「責任」「サービス訴求」といった様々な目的を包含しているもの(またはそのように活用できるもの)という言い方もできるのではないでしょうか。

結局、何が言いたいのかというと、「このスレッドに書かれている事柄は、どの回答者のものも過不足無く全て重要であり、情報セキュリティーにかかわる以上、知っておくべき事柄であろう。」ということです。

以上、「有償の証明書の必要性」というご質問の内容(各論)から、いささか逸脱してしまった感もありますが、本補足を含め、何らかのヒントになれば嬉しく思います。


それでは。

#2のJzamraiです。

さて、他の回答(書き込み)を受けての補足回答は本サイトの主旨に反しかねないとは思いますが、あくまで「回答者や閲覧者にとっての利益」に繋がると信じる(話の本質をより良く理解していただく為の)補足説明を私の方からはさせてください。

#3のsuzuiさんのご指摘、

>>有償のサーバIDは、信頼されたいから使うというよりは、リスクを軽減させるために使うのです。

>>これは嘘ではありませんが、リスクの考慮が不足していると思います。その点はNo.2さんも明確にされていま...続きを読む

QSSって何?

よく同人系の小説サイトさんで見かける
SSという言葉。
これは一体何を表しているのですか??

Aベストアンサー

Side Storyの略ではないかと思います。
その手のサイトではよく「二次創作」とか言ったりもしていますが。

要するに、元ネタになっている漫画やアニメ等があって、
その登場人物などを使って独自に(多くの場合、勝手に)
小説を書いたり漫画を描いたりなどすることですね。

QSafariやOpera(Mac)のHTTP_USER_AGENTを教えて下さい

SafariやOpera(Mac)のHTTP_USER_AGENTを教えて下さい

こんにちわ。ウインドウズでIE、NNを使ってます。Proxomitronを使ってホームページを見ている時に伝えるブラウザ名を改変したいと思ってます。理由は知り合いのホームページでアクセスログを取っていてそれが監視されている気分でなんだか嫌なんです(笑)あまりマイナー過ぎても目立つような気がするので表題のマックのSafariとOperaあたりに変更できればと思ってます。
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows XP; DigExt)
の様な書式で教えて下さい。比較的新しいバージョンのものだと嬉しいです。ベータ版などでも構いません。お願いします。

Aベストアンサー

Safari 1.0(v85) では、

Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/85 (KHTML, like Gecko) Safari/85

となっています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報