私は10月に米国に留学する予定でしたがまだカードを作っていませんでした。そんなとき彼に出会ったのです。彼は「知り合いにあるカード会社の役員がいるので頼んで一日で何百万も使えるカードを作ってもらおう」と言い、私は彼にカードを頼みました。何日かして彼と私は付き合うようになりました。彼はNYに在住で建築関係の仕事をしているといいます。彼は「以前カードで何かあった?ブラックに載ってるのかもしれない。」と言いました。私は学生の時、カードの返済が毎月遅れていたのでブラックに載っていると信じました。返済能力がない私は一度、金融会社から借りて返済し返済能力があることを示す必要があるというのです。彼は1回目の返済に全額返すと怪しまれるので1回目は私が最小額を返済し2回目に彼が残金一括で払うという話しでした。何軒か借入したあとは、カードを作成やブラックを消したりする人達に少しお礼をしたほうがよい、などお金を用意しろと脅迫の電話があり、彼に言われるまま借入をし8社の金融会社から合計250万の借入、ノートパソコンをカードで買わされ、すぐに質屋に売るのを2回、計44万。に膨れ上がりました。始めに頼んだカードは届いていませんし彼と連絡が取りにくい状態が続いています。彼はNYに住んでいるという話しなので携帯を持っていないと言い、前に持っていた携帯は友達に借りたもの。身分証明書を持ち歩いていないと言い訳をし私の名前でプリペイド式携帯を買いました。今は「胃を壊して入院している。」「東京ので仕事をする。」など言い会ってくれません。携帯は電源が切れています。私はこのことを詐欺と判断し警察に届け出ました。しかし良い反応はありません。私が今後どのように行動していけばいいかなどわからないことばかりです。どなたか良いアドバイス、意見等をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ご質問を何度が読み返してみましたが、このままでは


kokorさんが借入れした債務については返済をすることに
なると思います。
文面からは彼に脅迫された為の行為とありますが、
警察としては、あなたが傷害や暴行を受けていない限り、
あなたの意思で借入を行ったと判断するでしょう。

まず、サラ金問題の相談をしている市町村窓口か、弁護士相談を
受けて、今後の対策について専門家の意見を聞くことが大切です。

彼の存在とkokorさんの借入れは別物と考え、サラ金対策が先決です。
250万から300万の借入れとなれば、月々の返済額や返済期間も
相当だと思います。これまでの彼との件に関連する資料を集めて
これを持参することです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。市役所の相談窓口などを探して行ってみます。 私一人ではどんなに考えても答えが見えません。 やはり専門家の意見を聞くことが大切ですよね。 回答、本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/30 15:55

>彼はNYに住んでいるという話



これは多分嘘ですね。そう言えば探さないと思っているのだと考えられます。彼が作った借金の返済として利用された可能性が高いと思います。
とにかく、その彼の居場所を突き止め、騙し取られたお金の回収を試みることです。(無駄に終わる可能性も否定できませんが)

携帯電話の送受信記録の収集や金融会社からの借入明細などの証拠書類を収集しておいた方が良いでしょう。

>ブラックを消したりする人達に少しお礼をしたほうがよい
これは何らかの方法で支払ったのでしょうか?
銀行振込などであれば証拠として残りますので、返金を要求しましょう。(口座が偽名であればどうしようもないですが)

294万円の返済は、あなたの責任となります。この返済を行うことは必要です。仮に彼が捕まってもお金を取り戻せない可能性がありますから、そのことを念頭に返済計画を立てる必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。 やはりできてしまった借金の返済は私が考えていかないといけないのですよね。 まだまだこれからやることはいろいろあるのだとわかりました。 もう一度警察にいって始めから整理し直したいと思います。

お礼日時:2001/11/30 15:51

彼は、外人さん?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。彼は日本人です。 

お礼日時:2001/11/30 15:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q借入金の繰上一括返済の受取拒否について

銀行からの借入金があるんですが、一括返済をしようとしたら返済の受取を拒否されました。
繰上返済ができないということはあるのでしょうか?

経緯を詳しく話しますと、A銀行で借りている事業用の借入金残高分のお金をB銀行で借りて、A銀行に繰上一括返済をするという流れです。

B銀行からの融資は下りているのにA銀行には返済できないので、現在は2重に利子払いをしているような形になって困っています。

あと、繰上返済するなら、A銀行にある口座は全て強制解約する、とも言われたのですが、そういうことを銀行はできるものなんでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

繰上返済不可の事業融資はあります。(無担保融資だったり、与信審査が甘かったりします。)

詳細は約款で確認して下さい。

口座解約は分かりませんが、繰上返済不可の融資でムリヤリ繰上返済を行えば、そうなっても仕方ないかとは思います。

Q相続放棄における共有財産・借入金の返済について

多額の負債がある(と思われる)兄が死去しました。
古いマンションや中古車などのわずかな財産はあるものの、おそらく負債(個人事業のための借入金等)の方が大きく上回っていると思われます。

家族は妻と子供2人、母親(いずれもマンションに同居)ですが、負債のことを考えると、相続人は相続放棄をした方がいいのではないかと考えています。
(その後、弟の私が相続人となりますが、相続放棄する予定です。)
兄は突然に亡くなってしまい、奥さんと小さい子供が残されたため、できる限り家族に負債を引き継がず、できれば財産を残したいと思っています。
最善の方法を考えてあげたいと思っておりますので、どうぞ皆様のお知恵をお貸しください。

また、このような問題について、どこに相談に行ったらよいのか(例えば市町村役場に相談窓口があるなど)情報がありましたら教えていただけませんでしょうか。

(1)本人が事業主の自営業(製造販売業)を行っており、妻は専従者でした。
事業は今後継続する予定はないのですが、すでに納品された在庫や仕掛かり品は処分しない方がよろしいのでしょうか。(資産の勝手な処分と認定されませんでしょうか)
ただし、生鮮物もあるため、長期間保管はできません。

(2)取引業者の対応について、既納品分については支払請求が来ると思うのですが、支払った方がいいのでしょうか。
(支払うことで相続するという意思表示となってしまいませんでしょうか?)
今までのつきあいもあり、心情的には支払をしたいと思っている様子なのですが。
また、事業のために借入れた資金の返済が毎月ありますが、これについてはいかがでしょうか。

(3)マンションは兄名義のため、相続放棄すれば手放す事になると思います。
現在は葬儀も終ったばかりでそのマンションに住んでおりますが、いつまで住めるものなのでしょうか。
放棄の意思は3ヶ月の猶予があると聞きましたが、その期間は今まで通り住めるのでしょうか。

(4)光熱費・共益費・通信費等、(マンションに住むことで)日常的に発生してしまう費用の支払は行っても大丈夫でしょうか。

(5)家財道具などは、兄個人ではなく、共有財産といえるものも多くあると思います。
(何が個人の財産で何が共有なのかは見ていないのでまだ判断できませんが…)
共有財産の扱いはどのようになるのでしょうか。


なにぶん、突然に亡くなったばかりで負債の全容もまだわかっておりません(ただし、資産よりも相当に大きい負債であることは確かだと思います)。
じっくり検討したいところですが、生鮮食品の処分や取引業者への支払いなど、長い時間待てない点もあり、早急な判断をする場面も予想されます。

「○○」にいけば相談に乗ってくれるというような情報でも結構です。
また、上記の他に「こんな点を気をつけた方がいいよ」ということがありましたらぜひ教えてください。

よろしくお願いいたします。

多額の負債がある(と思われる)兄が死去しました。
古いマンションや中古車などのわずかな財産はあるものの、おそらく負債(個人事業のための借入金等)の方が大きく上回っていると思われます。

家族は妻と子供2人、母親(いずれもマンションに同居)ですが、負債のことを考えると、相続人は相続放棄をした方がいいのではないかと考えています。
(その後、弟の私が相続人となりますが、相続放棄する予定です。)
兄は突然に亡くなってしまい、奥さんと小さい子供が残されたため、できる限り家族に負債を...続きを読む

Aベストアンサー

(1) 相続放棄が前提ならば、在庫の処分はしない方がいいです。
生鮮品は、換価し、代金を「相続財産」とします。
(2) 相続放棄が前提ならば、支払いも受け取りもしない方がいいです。
(3) 競売になれば、競売開始から最低でも1年は先になるので、今の段階では競売になるまでもわかりませんが、実務上、1年はかかるでしようから、2年以上先のことです。
(4) それらライフラインは、支払い名義を変更し、その者(おそらく妻でしようが)が支払います。
(5) 動産は占有している者が所有権をもっているので、共有財産とは言えないです。
「妻」と考えて差し支えないです。
なお「資産よりも相当に大きい負債であることは確かだと思います」と言うことであれば、相続放棄がいいと思います。しかし、法律上の相続人全員が相続放棄しないと、後で、相続人間でトラブルの原因となります。相続放棄しなかった者が全責任を負うことになりますから。
生鮮食品の換価は、誰でも幾らでもいいから買って下さい。そのお金は、将来、全員が相続放棄すれば、裁判所が管理人(弁護士)を選任しますから、その弁護士に渡して下さい。

(1) 相続放棄が前提ならば、在庫の処分はしない方がいいです。
生鮮品は、換価し、代金を「相続財産」とします。
(2) 相続放棄が前提ならば、支払いも受け取りもしない方がいいです。
(3) 競売になれば、競売開始から最低でも1年は先になるので、今の段階では競売になるまでもわかりませんが、実務上、1年はかかるでしようから、2年以上先のことです。
(4) それらライフラインは、支払い名義を変更し、その者(おそらく妻でしようが)が支払います。
(5) 動産は占有している者が所有権をもっているので、...続きを読む

Q役員借入金の返済

家族経営の小さな会社です。
息子の死亡により会社に入金された死亡保険金が、親の役員借入金の返済に充てられた場合、将来親の相続が発生したら、この返済分は亡き息子による親に対する寄与分と主張することができますか?

Aベストアンサー

会社に入金された死亡保険金は会社の物です。
通常はその保険金の一部を死亡退職金として支払います。

また、死亡原因が業務中でものなら賠償金?見舞金?として支払われます。


単純にいうなら、会社のお金で掛けた保険の受取は会社であって、保険の対象になる人の物ではありません。


会社に入って来た保険金は会社のお金です。そのお金をどう使おうが問題はありません。

役員借入金も会社から返済して貰っただけで、保険金とは関係ありません。

ですから、贈与とはなりません。


仮に、死亡退職金等の名目で支払った場合は、相続人が受け取る事になり贈与では無く相続になります。

Q前経営者に借入していた金銭の返済の必要性

前経営者に借入していた金銭の返済の必要性についてお尋ねします。今回、勤めていた会社の代表者に就任しました。それは、ここ数年、業績が急激に悪化し、前代表者Aが債権者から退任を迫られたからです。

当社は、数年前に経営権を他社から取得し、当初2年ほどは、1億円超黒字の優良企業でしたが、前代表者Aのその場しのぎの判断や将来的なプランもすべて否定するお粗末な経営判断の為、数年後の今年にはついには実質、債務超過となりました。
債権者陣もAの無能さに気づき、経営責任の退任を迫り、私に白羽の矢が刺さりました。
当社の設立当時、前代表者Aの個人的な会社Bが、当社の70%株主でした。(現在は全て私が額面で買取ました。)
前代表者Aは、当社とB社(本人の個人的な会社)との業務委託契約を結び、本人AをB社から当社に派遣し、代表取締役に就任させ、業務委託契約料として、月額委託料と成果報酬料とをB社に入る仕組みでした。(これまで月額150万円×48ケ月、成果報酬で一度だけ1000万円を支払済)
その会社Bは、前社長Aが代表者であり、この業務委託料の収入が全てのような小さな会社です。B社の他の役員と株主構成は、Aの他は愛人らしい女性が一人だけです。
当社は去年、運転資金でB社から1500万円の借入をし、残高はそのままの額です。
当社の財務状況では、直近の決算は、経常利益で△8000万円で、資金繰りは厳しく、銀行2社の借入元金返済は据置中です。それでも資金は不足しており、取引先数社には支払を待ってもらっている悲惨な状態です。社員の昇給も夏のボーナスも出せませんでした)このような状態でも、前社長Aは、B社の1500万円を一括で返せと迫ってきます。(前社長Aが当社の代表だった時に当社とB社とが交わした金銭消費貸借証書では返済期限は今年の12月10日となっているからです。)

このような状態で、返済などできるわけもないことは、ほかならぬAが一番よく知っているにもかかわらず、私に迫ってくることがとても悲しくなってきます。返済の猶予をお願いしても聞く耳も持っていません。銀行預金や顧客からの代金の差し押さえも辞さない事も言い出しています。このままでは大変なことになってしまいます。

ここで今回、次のように考えてみました。
・業務委託契約を結んで役員を派遣し、代表取締役に就任し、経営の全てを行っていたB社は、当社の経営責任をとるべきである。
・数年来、総額8200万円もの報酬を得ていたにもかかわらず、金銭的損害補償を未だ行なっていないからである。
・よって、損害補償金として1500万円は相殺する。
との主張で、対抗できるでしょうか?

前経営者に借入していた金銭の返済の必要性についてお尋ねします。今回、勤めていた会社の代表者に就任しました。それは、ここ数年、業績が急激に悪化し、前代表者Aが債権者から退任を迫られたからです。

当社は、数年前に経営権を他社から取得し、当初2年ほどは、1億円超黒字の優良企業でしたが、前代表者Aのその場しのぎの判断や将来的なプランもすべて否定するお粗末な経営判断の為、数年後の今年にはついには実質、債務超過となりました。
債権者陣もAの無能さに気づき、経営責任の退任を迫り、私に白羽の...続きを読む

Aベストアンサー

詳細な状況により判断すべきだと思いますので、軽率な発言は控えます。

あなたはすでに株主ですので、株主として経営責任と背任行為などで訴訟を起こすことを考えましょう。
ですので、弁護士に相談されうことが一番だと思います。

素人判断での計画では、このような争いでは、言った言わない、後戻りできない文書の作成などとなりかねません。プロに相談されるべきだと思いますね。

Qブラックの人の返済実績って?

友人の話ですが、友人は5~6年前に半官半民のような
団体で、サラ金等の債務整理をしたそうです。
その時、その団体から受けた融資は、1年半程で一括返
済をしたそうです。

その後3社程のサラ金から融資を受け、こちらはきちんと
返済しているようですが、急な出費が必要となり、イン
ターネットを通じ某サラ金から融資申し込みをしたとこ
ろ保証機関から承認が得られず、そのサラ金の担当者か
らどこかの信販会社で返済の実績を作るように言われ、
家電店等で指定の家電製品をローンで購入するように言
われたそうです。

簡単に言うとその友人はブラックなわけですが、そのサ
ラ金がこのような指示をすることに何か意味があるので
しょうか?

Aベストアンサー

その会社は「信用をつけるため」と称してクレジットでものを買わせ、格安で引き取ります。
で、結局は審査が通らなかった、ということで融資が受けられず、クレジットの返済だけが残る、という仕組みです。

やられちゃいますよ。いいカモが来たと思われていることでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報