この教科の授業毎回、課題がでるんですけど今回のはさっぱりわかりません。誰か、教えてください!

配座異性体の反応性 ーBr2
ジブロモブタン(meso)→ ?
          -Br2
ジブロモブタン(+-)→ ?

?のところを答えるのですが、どうにもなりません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

rei00 です。



 hiroa14 さんがどこまでお分かりなのかをチョット知りたくて補足要求にしたのですが,loveobo さんの回答が出ましたので,追加回答しておきます。

 といっても,loveobo さんの回答で十分ですが,もしそれでも解らないようでしたら,「E2 脱離の立体特異性(ひょっとすると,立体選択性になっているかも)」について書かれている所を御覧下さい。きっと同じような例が出ていると思います。

 ところで,「配座異性体の反応性」と書かれていますが,meso 体,+体,-体の関係は「配座異性体(conformational isomer)」ではなく「配置異性体(configurational isomer)」です。また,この問題で問われているのは,「反応性」ではなく「反応の立体特異性」です。ここを勘違いされていたので,さっぱりわからなかったのでは?

loveobo さん
> 先走ってゴメンナサイ、立体特異性には目がないもので
 いえ別に構いません。私もチョット不親切だったかと少し反省しております。そうですか,「立体特異性」に目がないですか。ところで,この問題は「立体選択性」でなくて「立体特異性」を問うものですよね。
    • good
    • 0

「-Br2」は矢印の真上にお書きになったのですね?


ジブロモブタンに mesoと±が出てくるのですから、
2,3-dibromobutane + X → 2-butene + Y ですね?
「アルケンの合成法」か「ハロゲン化アルキルの脱離反応」
のところに、上のような反応がありませんか? 

ここから課題の本質、この反応は syn脱離ですか、anti 脱離ですか?
syn(or anti)脱離するには、2つのBrがどんな位置関係にあれば
良いでしょう?  2,3-dibromobutane の立体構造を絵に書いて
考えて下さい。ニューマン投影図でも見取り図でもけっこうです。
mesoは (2R,3S) と (2S,3R) が同一物であり、±は (2R,3R) か
(2S,3S) のどちらかで書けばOKです。
そのとき、2つのメチル基(butaneの1位と4位)は、新しく生成
するであろうC=Cに対して、同じ側にありますか、反対側ですか?

#rei00さんの補足要求、いちいちごもっともです。
先走ってゴメンナサイ、立体特異性には目がないもので m(_ _)m
    • good
    • 0

 すみませんが,お書きの課題の内容がさっぱりわかりません。



 ・?部分には何を解答するのでしょうか?生成物でしょうか?
 ・ジブロモブタンとは,2,3-ジブロモブタンでしょうか
 ・-Br2 とはどういう意味でしょうか?ジブロモブタンから臭素2個を脱離させる反応を示しているのでしょうか?

 推測できなくもないですが,正確を期すために以上について補足下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q配位数・配位子・配座数って

タイトルのまんまなんですが、この3つの違いが良く分かりません。
配位子は「化合物」で残り二つは「数」を聞いてる、位にしか…(汗)

前期試験の過去問の解説に「配位数は配位子についてでなく金属について言う」と書いてあったのですが、その意味が分かりません(ノД`)
ポルフィリンhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%B3
の配座数が4、配位数が6という理由も併せて教えてもらえないでしょうか。お願いします!

Aベストアンサー

「配位数」というのは、錯体の中心にある金属原子(あるいはイオン)が、錯体を作るために提供する空軌道の数のことです。
配位子は、結合(配位結合)に使用するための電子対を上述の空軌道に持ち込むことによって結合を形成し、錯体が完成します。

要するに、中心金属が錯体形成のために提供する空軌道の数が配位数で、結果的には配位子の数と同じになります。

「配座」というのは、回転が可能な結合(単結合)が回転することによって、結合の両側の立体的な位置関係が変化することを言います。したがって、本来は無数の配座が存在するはずです。
ポルフィリンの配座数が4で、配位数が6という記述は、厳密に言えば正しくないように思います。言うとするならば、「ポルフィリンにおいては、中心原子の配位数は6になり、代表的な配座が4種類ある」というのなら、言葉としては理解できます。ただし、それが科学的な事実と言えるかどうかについては判断しかねます。

Q大学の課題なのですがさっぱり分からないのでヒントだけでもお願いします。

大学の課題なのですがさっぱり分からないのでヒントだけでもお願いします。
問題は「HI分子では、I原子が静止していて、その周りをH原子が運動していると考えてもよい。
H原子が、I原子から161pmの距離を保って一平面内で回転していると仮定して、(i)この分子の慣性モーメント、(ii)分子の回転を励起することができる放射線の最大波長を計算せよ。」です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(i) 二原子分子の慣性モーメント I は、換算質量μと核間距離 r から

 I = μ r^2

の関係を使うと求めることができます。「I原子が静止していて、その周りをH原子が運動していると考えてもよい」というのは

 I原子の質量 ≫ H原子の質量

なので

 μ≒H原子の質量

と近似してもよい、ということです。


(ii) 二原子分子の回転運動は量子化されています。回転の量子数が J のときの回転エネルギー E(J) は、IとJから

 E(J) = (h/2π)^2 J(J+1)/(2I)

の関係を使うと求めることができます(hはプランク定数)。分子の回転を励起することができる(かもしれない)放射線の振動数νは

 hν = E(あるJ)-E(別のJ)

で与えられますから、J=0の状態からJ=1の状態に遷移するときの放射線の振動数を求めて、それの波長を求めればいいです。


単位の換算に気をつけながら計算すると、振動数は380GHzくらいになるはずです。がんばってください。

Q2-メトキシテトラヒドロピランの安定配座

以下の問題が解けません。

(問題)
2位の立体化学の異なる構造間で平行関係にあると考えられる2-アルコキシテトラヒドロピランにおいて、アルコキシル基がアキシアル配向をした配座のほうがエクアトリアル配向をした配座より熱化学的に安定である。これをアノマー効果という。2-メトキシヒドロピランの安定配座を描け。


この問題はフネ型を描いて、メトキシ基がアキシアルになるように描けばいいだけですか?
このアキシアルの方が安定になるのはどうしてですか??エクアトリアルが安定だとばかり思ってました。

Aベストアンサー

3から5番の炭素周りは不安定なので、椅子型にも船型にも変わりますが、
1番の酸素は必ず椅子型の下向き、そして2番の炭素に付くメトキシは
必ず垂直上向きのアキシャルです。まあ、このまるっきり天地逆は
構いませんが。要はメトキシと6員環の酸素が一番離れる関係で
描くことです。

熱力学的にも、空間配座的にも、電気極性的にも、反発関係にある
組み合わせは極力離れた位置に配座するのが安定になります。

Qこの最安定配座はイソプロピル基がエカについたときなのはわかるんですがイ

この最安定配座はイソプロピル基がエカについたときなのはわかるんですがイス型はいざに書き直した場合このような感じでよいのでしょうか??
イソプロピルはエカClはアキシアルメチル基はエカにつけています
わかるかたおねがいします^^

Aベストアンサー

実際にどんな配位座にあるかということを無視し、椅子型であるということだけを考えれば、あってます。

QCH3-Mg-BrのC-Mg間とMg-Br間の結合は?

CH3-Mg-BrのC-Mg間とMg-Br間の結合名はなんというのでしょうか?
理由と合わせて教えてください。

Aベストアンサー

溶液中では共有結合です。
マグネシウムは二つ価電子を持っていますから、
メチル基やブロモ基側からの各1電子との間で共有結合が
形成されれば、

H3C:Mg:Br

と書けます。上の式だと上下に空の軌道が残っていますが、
そこへ溶媒分子(THF、エーテル、ピリジン)のOやN原子が2つ
配位します。固体結晶としては、
[PhMgBr・2(OEt2)]、[PhMgBr・2(THF)]、[EtMgBr・2(OEt2)]
のほか、[EtMgBr・3(THF)]のように3分子溶媒が配位した
ものも知られていようですが、これはMgと3つのO原子間で、
sp2混成軌道による配位結合が形成され、残りのpz軌道の
2電子がエカトリアル方向でC、Br原子と共有結合を形成した、
三方両錐型の構造を取っています。

なら、MeMgBr単体が固体状態となった場合の結合については
詳しく調べていませんが、おそらくメチル基とブロモが複数の
マグネシウム原子間を共有結合(配位結合を含む)で架橋した
多核構造を取っていると思います。

グリニャール試薬に限らず、いわゆる「有機金属」と称される
試薬は、金属-炭素共有結合を含むものです。
またイオン結合は基本的に複数のイオン成分が集まって
出現する結合様式です。
[MgMe]+にしてもカルバニオンCH3^-にしても
溶媒中で安定に存在できません。

溶液中では共有結合です。
マグネシウムは二つ価電子を持っていますから、
メチル基やブロモ基側からの各1電子との間で共有結合が
形成されれば、

H3C:Mg:Br

と書けます。上の式だと上下に空の軌道が残っていますが、
そこへ溶媒分子(THF、エーテル、ピリジン)のOやN原子が2つ
配位します。固体結晶としては、
[PhMgBr・2(OEt2)]、[PhMgBr・2(THF)]、[EtMgBr・2(OEt2)]
のほか、[EtMgBr・3(THF)]のように3分子溶媒が配位した
ものも知られていようですが、これはMgと3つのO原子間で、
sp2混成軌道...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報