【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

日本側の主張
「宋書」「広開土王碑」「日本書紀」が証明する任那』


1、「宋書」
次の中国南北朝時代の「宋書」から倭の五王についての官位・爵位の記録を見て下さい。

421年 讃 叙爵
438年 珍 安東将軍・倭国王
443年 済 安東将軍・倭国王
451年 済 安東将軍・使持節・都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓6国諸軍事
462年 興 安東将軍
478年 武 安東大将軍・倭国王・使持節・都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓6国諸軍事

451年の倭王済及び478年の倭王武の記述に「任那」の文字があります。
当時、任那という地域が存在し、その「軍事」(当時の中国の官職)に「倭王」が任命されていたことを証明しています。

2、「広開土王碑」
広開土王碑には次のような記述も見られる。
曰く「大軍をもって新羅城を奪還すると、撤退する倭兵の背後から任那加羅まで急追していった」

3、「日本書紀」
日本書紀には、当時の倭国は朝鮮半島に大規模な軍事力を駐屯させており、任那日本府というのはその駐屯地などを兼ねた日本の朝鮮半島における拠点であった。
その後、百済・新羅などによって任那は軍事的圧力を受け続け、紀元562年に任那は新羅に滅ぼされています。(日本書紀、欽明天皇二十三年)


韓国側の主張

1、日本書紀の記述に関して「任那日本府を通じて、日本へ朝鮮半島からの文化が伝わった(要約)」ことが書かれているが、この中の「日本へ朝鮮半島から文化が伝わった」と言う部分だけを引用し、その前提となる「任那日本府」については虚偽であるとしている。

2、また、広開土王碑についても、旧日本軍の改竄説を主張して、論拠を否定している。

3、韓国では「宋書」から倭の五王についての官位・爵位の記録を認めていない。



任那は存在したと思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

宋書を見ても、任那が存在したのは確実です。

いかに実態を伴わない称号とは言え、ありもしない国名を付けるわけはないですからね。

また任那がどこだったのかも、宋書を見ればわかります。倭王珍は、自ら「使持節都督・百済・新羅・任那・秦韓・慕韓六国諸軍事安東太将軍倭国王」と称していました。それに対して、百済からも朝貢を受けていた宋は、次の倭王済に対して「使持節都督・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事安東将軍」の称号を与えます。百済をはずすが、加羅を加えて同じ六国の王にするから我慢しろ、という訳です。

珍は既に実態の存在しなかった秦韓・慕韓を加えてまで国の数を水増ししていましたから、任那と加羅が全く別物なら、当然加羅も加えて「七国諸軍事安東将軍」を自称したはずです(実際、済の次の武はそうしています)。

これは、珍が任那=加羅と考えていたからに他なりません。任那は、加羅諸国連合の中心部分(おそらくは大伽耶+金官伽耶)を指す言葉だったのです。

ただ、任那「日本府」が実在したとは考えられません。宋書に書かれている通り、当時の正式な国名は「倭」であり「日本」ではなかったからです(日本という国名が正式に用いられるのは、天武天皇の時代以降です)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。

任那は存在した。
任那日本府は存在しなかった。
ということですね。

厩戸皇子は存在して、別名、豊聡耳(とよさとみみ、とよとみみ)、上宮王(かみつみやおう)とも呼ばれていたが、
当時、「聖徳太子」とは呼ばれている人物はいなかった。

「北条早雲」と呼ばれている人物は
名字は伊勢、名は長氏、あるいは盛時、通称は新九郎。
号は早雲庵宗瑞。
または伊勢宗瑞。
正式な名のりは、平長氏、あるいは平盛時。
北条氏を称したのは子の氏綱の時であるので、当時、「北条早雲」は存在しなかった。

以上の理論に当てはまるワケですね。

お礼日時:2005/11/23 04:05

>虚偽である。



これは、歴史では認められない、子供の言葉です。

虚偽であるなら、真実はこうで、こう言う証拠の文献があり、
この時代の遺跡として~がある。

この裏づけが必要です。

日本書紀など文献ではありません。
こんな文献を持ち出した結論では意味がありません。

剣道が朝鮮から伝来したとか、
証拠があれば、素晴らしい歴史的な成果なのですが、
残念な事ばかりです。

全て主張なされるばかりです。
もう少し、努力し、証拠の文献や、遺跡発掘をなさって下さい。
と、言いたいですね。

国は、歴史とは無関係です。
政治家は、歴史学者ではありません。
これを履き違えと言います。

関係あるのは、
努力して文献や、証拠、遺跡を発掘する歴史学者のみです。

この国、もういいよ。^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2005/11/23 04:06

神武東征なんかを、一番自然に考えれば、ちょうど、イギリスのノルマンコンクェストみたいなイメージで、朝鮮半島に住んでいた一部族が日本に移住or侵略して大和政権ができた、ような気がします。

任那は、彼らの朝鮮での本拠だったのでは。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど。
神武東征の出発地点は薩摩は日向ですよね?
しかも、吉備で長い間留まっていますし。

ということは、移住してきて同化したということでしょうか?

お礼日時:2005/11/23 03:56

古代史においては、文献の不足や、記載のあいまいさから、分からない事が多々ありますので、想像と文献、遺跡などを組み合わせて考えるしか方法がありません。


その過程で、意見対立が起こる事は、不思議ではありません。

私が思うに、古代朝鮮半島の南部に、日本と何らかのかかわりのある「任那」が存在していた事は、まずたしかだと思います。
ただ、それが何であったのかが判明しません。
日本人の居留地だったのか、日本の属国のような物だったのか、百済との交渉窓口(大使館のようなもの)だったのか、そもそも任那が、日本人発祥の地であったのか。
韓国南部から北九州にかけて、当時の「倭」とは、別の政権が存在したのか。

これらは、完全に解明される事は無いと思います。
古代史へのロマンと考え、むきになって自分の主張をしたり、相手を反論したりしない事が、大人の対応だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
よく分からない部分が古代史へのロマンをかき立てるポイントなんでしょうね。
任那は存在したというに確信が持てました。

お礼日時:2005/11/23 03:54

韓国側の主張はいずれも根拠がありません。

1と3は文献の一部だけをとりだして、ここは正当、ここはだめ、というやりかたで、実のところ韓国に限らず日本でも古代史関係で特に頻繁にとられる手法ですが、こういうことをやったら、どういう主張でもなりたちますから、そもそもまともな学問とはいえません。
2についてですが、そもそも名称が変です(よく使われている言い方なのは承知)もともと広開土境、つまり国の境を広く拡げた王様、ということなので、境をとってしまうと微妙に意味が変わります。やはり好太王碑と読んだ方が妥当なように思います。
これについては、確かに改竄は実在しますが、古田武彦氏の「失われた九州王朝」などの研究により、韓国・共和国側の主張するような改竄ではない、また改竄者は旧日本軍ではないことが証明されています。この人は「九州王朝説」という今の日本では特異な立場の学者ですが、好太王碑についての論は少なくとも説得力があります。

一方、日本側の主張は文献に基づくものであり、とりわけ、宋書は利害関係から言っても格別倭国にひいきした文献ではありません。原文改訂を前提にしないなら任那実在は当然の前提になります。ただし、そこと大和朝廷の関係があったかどうかは別です。筑紫の君磐井がとの関係とかね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり任那は存在したのですね。
なぜ韓国は任那の存在を認めないのでしょうか?

お礼日時:2005/11/23 03:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q韓国人が一発で黙る歴史の真実

東アジアでは昔から「王」は「皇帝」の家来です。
従って朝鮮王と名のることは中国皇帝の家来ですと宣言することです。(日本は天皇がいた。)
このことを韓国人に教えてあげれば韓国人は黙るしか無いと思いますがどうでしょうか?

Aベストアンサー

失礼な表現、記載、誤記等ありましたら済みません。

>このことを韓国人に教えてあげれば韓国人は黙るしか無いと思いますがどうでしょうか?

私も激しくなる事はあっても黙らないと思います。
まず、李氏朝鮮は古くは明、後に清に冊封していた事は明らかです。
韓国でどういう歴史を教えているか知りませんが
嘘の多い韓国の大河ドラマですが「チャングムの誓い」「イ・サン」「トンイ」で世子(セジャ・次期朝鮮王)、世孫(セソン)を世継ぎとして明や清に認めてもらうと言う場面が多々あります。
少なくとも、李氏朝鮮は明や清に朝貢、冊封していた事は認めています。
もし、そう言う認識が韓国に無いのならばこのドラマを作った監督は韓国マスコミや民衆に袋叩きになっていると思います。

中国に対しても韓国5000年の歴史と大統領が発言したりして中国より歴史があると言ったりしています。歴史観でほんの少しでも日本寄りの発言をすると韓国メディアや国民から袋叩きにあって社会的に抹殺されます。
それがソウル大学の教授でもですよ!
まだ、社会的な抹殺で殺人でないだけ良いですが…
(添付YouTubeを見てください)

韓国の有識者は日本併合(植民地)時代の本当の歴史等を知っているとは思いますが全体としては臨時政府などと言い方を変えたり、テロリストを反日であれば英雄にしてしまうように都合のいい歴史観にしています。
考古学的に何の検証もしていない神話レベルの話で韓国5000年の歴史と大統領が発言してもはばからない国です。
現在は日本は、歴史は歴史で神話とは別というのが日本人の共通認識のはずですが韓国人がどこまで区別しているのか、全く分かりません。

何せ、韓国では日本は悪でなくてはならない国であり、韓国は常に正義であり善であると教えている国です。
今の韓国には日本人が何を言っても逆なでする事はあっても肯定する人はなく無駄な気がします。
多少の隠れ親日派は作れるかもしれませんが公に口にする人はいないと思います。
韓国で権威のある歴史学者、大学の教授の発言でも親日でなくとも日本を少しでも擁護する内容であれば叩かれます。

李氏朝鮮末期の記録は欧米の記録や写真などが多少なりとも存在しています。
そう言った物、資料を直視する韓国人は少ないのです。
今の韓国と日本で歴史観を埋めようとしても一方的に韓国の歴史観を押し付けられるだけです。
今のうちに、そう言った客観的な資料を集めておくとか、日本、中国の文献を集めておくとか準備しておくくらいしかないと思います。
あまり人の事を言える立場では無いですが慰安婦問題なら「韓国軍のベトナム人大虐殺」「米軍慰安婦」とかで対応するしかない。

添付YouTubeでも言っているように
韓国とは暫く距離を置いて付き合うのが無難だと思います。

【日韓問題】 韓国人から見ても異常な…韓国人ブロガー・シンシアリー氏 .
↓↓(YouTube)

https://www.youtube.com/watch?v=cluHbI5i7gU

失礼な表現、記載、誤記等ありましたら済みません。

>このことを韓国人に教えてあげれば韓国人は黙るしか無いと思いますがどうでしょうか?

私も激しくなる事はあっても黙らないと思います。
まず、李氏朝鮮は古くは明、後に清に冊封していた事は明らかです。
韓国でどういう歴史を教えているか知りませんが
嘘の多い韓国の大河ドラマですが「チャングムの誓い」「イ・サン」「トンイ」で世子(セジャ・次期朝鮮王)、世孫(セソン)を世継ぎとして明や清に認めてもらうと言う場面が多々あります。
少なくとも、...続きを読む

Q古代朝鮮には「任那(みまな)」があった

日本の文科省文化庁がホームページで朝鮮半島由来の文化財について「任那(みまな)時代」と表記したり、検定合格した中学校教科書に「任那日本府」が記載されたりしているとして、韓国の李完九首相は「 事実に基づかない歴史歪曲をしてはならない。真実を隠すことはできず、厳しい歴史の評価を受けるだろう 」と日本政府を批判したという。

  しかし、ご批判をそっくり、そちらへお返ししようではないか。韓国政府こそ、”事実”に基づかない歴史歪曲をするな。歴史上の”真実”を隠蔽することはできないのだ。後世において韓国は厳しい歴史評価を受けるだろう。

  「任那(みまな)」という地域は、間違いなく古代朝鮮半島の南部に存在しました。その客観的証拠として、
1、日本の正史「日本書紀」の記述〔日本書紀:西暦720年に完成〕
2.高句麗が建立した好太王碑(広開土王碑とも)の碑文〔好太王碑:西暦391年に建立〕
3.中国の正史「宋書」の記述〔宋書:西暦488年に完成〕
などがあります。

Aベストアンサー

賛否はありますが、日本書紀の記述の全てが間違っているということは
難しいと考えます。
日本書紀を否定する韓国側は、この時代の文献が1145年に完成した
「三国史記」が最古であり、「当時は日本より朝鮮の国力が上」と
考えているようです。



日本書紀の記述での「日本府」の初見は、雄略紀8年(464年)2月条で
新羅が高句麗に攻められて任那王に使者を送り日本府の救援を要請したもので、
「当時は日本という国号が無かった」という意見があります。
私見では、当時の「日本」の読みは「やまと」であり、編纂時に
「日本」の字を用いたと考えます。

「日本府」の記載は欽明朝(539~571)に集中していますが、
「三国史記」には一切記載がありません。
ところで、伽耶滅亡についてみると、
日本書紀では欽明紀23年(562)年正月、「新羅が任那の宮家を滅ぼした」
とされています。(別本では欽明21年の記述あり)
「三国史記」では、9月条に「伽耶が叛いたので討伐した」の記述があります。
(マナー違反ですが、応神天皇は15代で欽明天皇は29代です)

中国の記述にも「倭の五王」である「珍」が宋に朝貢して
任那等の王と称して任命するよう求めた記述などがあり、
地域としての「任那」が存在することは否定できないはずです。



当時の資料が少ないので諸説ありますが、現在の考えとして
「日本が任那を支配した」という考えは疑問が多く、
「任那に日本の外部機関があった」
「任那・伽耶連合が日本の影響下にあった」
「任那・伽耶連合が日本と同盟関係にあった」
「百済の任那経営担当であった木羅斤資の子孫が日本に渡り、
 それを根拠として経営を担当したことにした」
などの説があり、当時の資料における記述が自国中心に記載されていると
考えられる点などから、日本の影響力は限定的であったと考えます。
しかし、まともな研究者が「任那が存在しなかった」と主張することはありません。
「日本府」をはじめとする日本の影響力についての議論は、
いまだに結論が出ていません。



さて、近年「日本軍が広開土王碑を改竄した」という説がありましたが、
その根拠とされる「酒匂拓本」より古い拓本が見つかり、
現在では日本軍の改竄説は間違いであるとされています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%BD%E5%A4%AA%E7%8E%8B%E7%A2%91#.E5.A4.A7.E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.B8.9D.E5.9B.BD.E9.99.B8.E8.BB.8D.E3.81.AB.E3.82.88.E3.82.8B.E7.A2.91.E6.96.87.E6.94.B9.E7.AB.84.E8.AA.AC.E3.81.A8.E3.81.9D.E3.81.AE.E7.A0.B4.E7.B6.BB
韓国では、いまだに改竄説が幅を利かせていますが、
現在も「日本の改竄前の碑文はこうだった」と改竄した碑文を広めるのは
学者としてはずかしくないのでしょうか。
「日本に歪曲された碑文を(自分達に都合よく改竄して)修正しました」
の理由が、「大王の功徳碑に倭(日本)が百済などを臣民にした、という内容を
書く理由が常識的にはない。」とは恐れ入ります。
http://www.munhwa.com/news/view.html?no=2008052001032330039005
(文化日報 2008.5.20 韓国語)


広開土王碑自体は、広開土王を称えるために建立されたため
その偉業を誇張していると考えられますが、
「気に入らないから間違っている」はどうかと思います。
これでも韓国は自分達が正しいというのでしょうか。

賛否はありますが、日本書紀の記述の全てが間違っているということは
難しいと考えます。
日本書紀を否定する韓国側は、この時代の文献が1145年に完成した
「三国史記」が最古であり、「当時は日本より朝鮮の国力が上」と
考えているようです。



日本書紀の記述での「日本府」の初見は、雄略紀8年(464年)2月条で
新羅が高句麗に攻められて任那王に使者を送り日本府の救援を要請したもので、
「当時は日本という国号が無かった」という意見があります。
私見では、当時の「日本」の読みは「やまと...続きを読む

Q安曇族の起源を教えてください。

信州の安曇地方に住み着いた安曇族は福岡の糟屋郡からやってきたといわれていますが、糟屋郡の地名を探してもあずみ、あづみの地名がありません。
どこにいた人たちなのでしょうか?
なにをしていた人たちなのでしょうか?
どうして安曇野に移住したのでしょうか?
現在わかっている範囲で結構ですが、是非知りたいと思い投稿しました。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>どこにいた人たちなのでしょうか?
ネットで百科@Home(世界大百科事典)によれば、
発祥地とされる「筑前国糟屋郡阿曇郷」は現在の「福岡市東部」のようです。
なお、都市ゆえに市町村合併・行政区画変更・住居表示実施・区画整理などによる町名変更の変遷もあるでしょうから現在町名・字名のみに基づく検索には無理があると思います)

>なにをしていた人たちなのでしょうか?
古代日本を代表する海人族・安曇氏(阿曇氏とも記す)。その本拠地は北九州の志賀島一帯、遠く中国まで交易をし、海部(あまべ)を支配して勢力を誇った有力な豪族。水軍ゆえに、あちこちに移住しその勢力を拡大。
筑前国糟屋郡安曇郷(福岡県)、伯耆国会見郡安曇郷(鳥取県)、美濃国厚見郡厚見郷(岐阜県)、三河国渥美郡渥美郷(愛知県)・・・。いずれも、海人・安曇族の住みついた地とされ、「アヅミは、阿曇・安曇・厚見・厚海・渥美・阿積などと表記され、足跡は瀬戸内海を経由し阿波、淡路、播磨、摂津、河内、近江などに及び、琵琶湖西側には安曇川の地名を残しているようです。

>どうして安曇野に移住したのでしょうか?
既にご存知かもしれませんが、こちらのサイトなどは如何でしょうか?
http://www.valley.ne.jp/~ariakehs/Azumi-zoku/azumi.html
門外漢なので見当違いならm(_"_)m

参考URL:http://www.valley.ne.jp/~ariakehs/Azumi-zoku/azumi.html,http://www.valley.ne.jp/~ariakehs/

>どこにいた人たちなのでしょうか?
ネットで百科@Home(世界大百科事典)によれば、
発祥地とされる「筑前国糟屋郡阿曇郷」は現在の「福岡市東部」のようです。
なお、都市ゆえに市町村合併・行政区画変更・住居表示実施・区画整理などによる町名変更の変遷もあるでしょうから現在町名・字名のみに基づく検索には無理があると思います)

>なにをしていた人たちなのでしょうか?
古代日本を代表する海人族・安曇氏(阿曇氏とも記す)。その本拠地は北九州の志賀島一帯、遠く中国まで交易をし、海部(あ...続きを読む

Q在日韓国・朝鮮人はなぜ帰化したくないの?

仕事で韓国と交流を持つようになって約20年になります。 現地では親友も多くいます。

ただ、在日の人とは縁がなく実態はよく知りませんでした。

漠然と強制連行で無理やり連れて来られた人たちと、その子孫というイメージを持っていたのですが、全くのウソだったようです。 私の質問 NO. 973587 をご覧頂けるでしょうか。

本国にいる韓国人の在日に対するイメージは、実は極めて悪い事を知って驚きました。  つまり 「在日の人間は韓国人を名乗りながら、戦争の時にも兵役が免除され日本でヌクヌクと生活していた。 それに本国政府に税金などビタ一文も納めず全く国家に貢献していない。 何が僑胞か」 ともらしていました。

また在日の人で、韓国語を話せる人は本当に数少ないようです。  そのうえ在日の人が本国を旅行すると日本人と同じような態度で接するとか言っていました。  結構、感情のギャップを第三者として感じました。

そこで質問なのですが、外国に居住して本国には永遠に戻るつもりがなければ、その国の国籍を取得するのが普通ですよね。  いわゆる移民というものになると思います。  選挙権も取得できますよね。

ところが日本国内で在日韓国・朝鮮人の人口は65万人にもなるのに、依然として本国の国籍にこだわるそうですが、なぜでしょうか?  帰化しない事に何かメリットはあるのでしょうか?  

ただ素行不良などで帰化が許可されない人は別ですが ・・・

アイデンティティーが大事と言うのであれば、本名を名乗り、最低、本国の言葉くらいは話せて、日韓の架け橋になるくらいの意気込みがあって当然と思いますが、どうも違うような気がします。 

何となく在日である事は隠しながら生活しているのに、逆に韓国・朝鮮籍にこだわっているような矛盾と言うか、感じます。

あと、本名を名乗ると何か 「法的・公的」 な差別がまだあるのでしょうか?

仕事で韓国と交流を持つようになって約20年になります。 現地では親友も多くいます。

ただ、在日の人とは縁がなく実態はよく知りませんでした。

漠然と強制連行で無理やり連れて来られた人たちと、その子孫というイメージを持っていたのですが、全くのウソだったようです。 私の質問 NO. 973587 をご覧頂けるでしょうか。

本国にいる韓国人の在日に対するイメージは、実は極めて悪い事を知って驚きました。  つまり 「在日の人間は韓国人を名乗りながら、戦争の時にも兵役が免除され日本でヌクヌク...続きを読む

Aベストアンサー

まず、民族的アイデンテティーは強い理由です。その強い民族主義を構築しているのが民族教育です。在日コリアンは在日韓国人より在日朝鮮人が圧倒的に多いです。在日朝鮮人は朝鮮総連=北朝鮮系で、今でも子供のときから朝鮮人学校で強力な民族教育を行っています。それは、大変特殊で強力なもので、他のインターナショナルスクールのように日本の学制に於ける小・中・高校への編入が認められないほどのものです。

また、生活環境も理由の一つです。そのようにして学校を卒業した後は在日朝鮮人のネットワークを利用しながら様々なビジネスの機会が開かれています。日本人に帰化しない事により、日本人社会のサービスと朝鮮人特有のネットワークの双方がストレス無く利用できるわけです。それであまり、わざわざ日本国籍を取得するメリットは無いかもしれません。

また、在日朝鮮人は歴史的経緯のために今でも他の外国人に比べると特権的な待遇がなされており、今後、強力に働きかけている民族学校の日本の学制上の小・中・高校への認定や選挙権が認められればなおさら帰化する理由は少なくなります。

在日韓国系は日本においては余り韓国人ネットワークが朝鮮系ほど強力ではなかったのでメリットが少なく、帰化するケースは比較的に多いと聞いています。

確かに在日韓国人は祖国へ兵役の免除や納税の免除と言う特権を受けているので、ladybegoodさんの言うような非難的感情を持っている人はいるようです。在日朝鮮人の場合は北朝鮮を財政的に支えるなくてはならない立場にいるので、少し状況は異なるかもしれません。

まず、民族的アイデンテティーは強い理由です。その強い民族主義を構築しているのが民族教育です。在日コリアンは在日韓国人より在日朝鮮人が圧倒的に多いです。在日朝鮮人は朝鮮総連=北朝鮮系で、今でも子供のときから朝鮮人学校で強力な民族教育を行っています。それは、大変特殊で強力なもので、他のインターナショナルスクールのように日本の学制に於ける小・中・高校への編入が認められないほどのものです。

また、生活環境も理由の一つです。そのようにして学校を卒業した後は在日朝鮮人のネットワーク...続きを読む

Q卑弥呼と天皇の関係

邪馬台国が北九州にあったのなら疑問はないのですが、もし畿内にあった場合は
当時、奈良か大阪にいた天皇勢力とはどんな関係だったのでしょうか?
当時の天皇勢力の範囲も限られていたため、邪馬台国とは共栄共存という感じでしょうか?

Aベストアンサー

邪馬台国は、畿内とは言っても、京都、兵庫、大坂の地域に分布した国です。一方、原大和朝廷(天皇勢力)は大和盆地(奈良盆地)にあった国です。両者は棲み分けていました。魏志倭人伝に登場する狗奴国が原大和朝廷のことです。(邪馬台国が畿内にあったのはほぼ間違いありません。)

また魏志倭人伝にある通り、邪馬台国の領袖は女であり、狗奴国の領袖は男(天皇)でした。

両者は国境を接して小競り合いを続け、対立を繰り返し、決して友好な関係ではありませんでした。しかし、邪馬台国が魏朝と晋朝の冊封体制下にある間は、中華皇帝の威光を背景とする邪馬台国の勢力が優っておりました。

武帝が死去して恵帝の時代になると晋朝の内部崩壊が始まり、八王の乱に至って晋朝の権威は地に堕ちました。中華皇帝の威光の凋落は日本にも大きな影響を与えました。邪馬台国の勢力は弱体化し、この時期に原大和朝廷が邪馬台国を制して西日本の統一へ動き出したと見られます。(第八代孝元天皇から第十代崇神天皇のころ)

Q天皇という存在はいつ発生した?

お世話になります。
天皇についていくつか疑問があるのでよろしければお答え下さい。

○今上天皇は初代神武天皇から数えて125代目になられるということですが
現実的に考えて有り得ませんよね?
本当の所、実在する可能性が極めて高い天皇のみをカウントすると、現在の天皇陛下は何代目にあたるんでしょうか?

○江戸時代の天皇は今のように庶民から持てはやされる存在では無かったと聞いたことがあります。
これは本当のことなのでしょうか?
天皇が直接政治に関与していた飛鳥~平安、明治~昭和以外の歴史の中で、
天皇が庶民の崇拝対象だった時代はあるのでしょうか?

○天皇という制度はいつから誕生したのでしょうか?
神武天皇はもちろん神話の中だけの存在ですし、
どういった経緯でそのような制度が完成したのでしょう?
かなり間違っているとは思いますが、私が今まで思っていたのは、

卑弥呼の死後、日本のそこかしこで豪族が発生

豪族同士で争い、領土を広げる

様々な豪族を倒し、勢力をグングン伸ばしていく豪族が誕生

結果的にその豪族がほとんどの豪族を倒し、奈良に都を作る

飛鳥時代の始まり(事実上初代天皇の誕生)

というような感じなんですが、
詳しい方、よろしければご回答願います。

お世話になります。
天皇についていくつか疑問があるのでよろしければお答え下さい。

○今上天皇は初代神武天皇から数えて125代目になられるということですが
現実的に考えて有り得ませんよね?
本当の所、実在する可能性が極めて高い天皇のみをカウントすると、現在の天皇陛下は何代目にあたるんでしょうか?

○江戸時代の天皇は今のように庶民から持てはやされる存在では無かったと聞いたことがあります。
これは本当のことなのでしょうか?
天皇が直接政治に関与していた飛鳥~平安、明治~昭和以...続きを読む

Aベストアンサー

最初の疑問は、私も解りません。私も知りたいです。
もっとも、下記に記したように、神話から続いているので、神武天皇の存在の証明が難しいです。

次の江戸時代ですが、その通りです。
家康から天皇より幕府を重んじるように仕組んだ政策の表れです。
軍隊を持たない、領地もない、ただ金持ちの布施から生活していたそうです。
 崇拝対象は、主に地元の京都の庶民がしていたそうで、他の地は明治になるまで、崇拝対象になっていません。

最後のは、仮説ですが、最も有力視されている説です。
宮崎の豪族が近畿まで移動したともありますが、確証となる遺跡や古文書は見つかっていません。

あまり回答になっていませんが、駄文をお読みくださりありがとうございました。

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む

Q天皇家は渡来人だったという説の根拠を教えてください。

天皇家は渡来人だったという話を聞いたことがあるのですが
その説の根拠とはどういったものでしょうか。

ご存知の方、教えて下さい。

また、その説について意見があれば
それも教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

DNA鑑定でも日本人に朝鮮半島系の人が多いというのは立証されています。
渡来人はほとんどが朝鮮半島から渡ってきた人たちのようです。
中国から渡来したと自称している人もほとんどが朝鮮半島からの渡来人だったというのが歴史学者の見解です。
ちなみに15~20%という数字の根拠はわかりませんが、これも歴史学者の言葉です。
渡来人が日本創世のときに果たした役割はとても大きかったそうですよ。

日本書紀などにのるスサノオ伝説が天皇=渡来人であることを暗示しています。
スサノオは高天原を追放されて出雲に来ます。
高天原=朝鮮半島だと言われています。
「神武東征」は九州から奈良、近畿地方への遠征だと言われています。
天皇とその側近の貴族達は九州からきたと思われるのでそうであれば、ほぼまちがいなく渡来人の血はひいているでしょう。

Q朝鮮半島はなぜ一応の独立を保てたか?

東アジアでは、歴史を通し、軍事的・文化的に拡大する中華帝国の影響で、周辺の国や民族が次々に飲み込まれて行きました。その過程で、現在で言うところの少数民族が生まれしたし、時代が下るにつれ、中央から離れた地点でも、少数民族が漢化しいて行きました。明・清期になると、広東省のような中華圏でいえば辺境の地においても、多数派が自らを中国人だといました。(・・以上が、私が中国史の授業や本で学んだことのまとめです。これを前提に質問いたします)

中国の政治・文化の中心地からそれほど遠くない位置になる朝鮮半島においても、当然に冊封態勢に組み込まれ、多くの影響を影響を受け続けてきたです。しかし、(封鎖・従属の程度、その様態については、政治的民族的感情により争いがありますが、それは本件では無関係なので、置いておきます)一部の時代を除けば、完全に中国に取り込まれることはなく、一応は別の民族・文化として存在を保ち、現在でも(北朝鮮ですら)中国一部にはなっておりません。周辺民族の歴史と比較すれば、半島全体が「中華人民共和国朝鮮自治州」となる歴史展開になっても、それほど不思議ではないと思われます。

中国がどんどん拡大し、ほとんどの民族が取り込まれて行く中で、中国からあれだけ近い朝鮮半島の人々が(文化的・政治的に冊封されつつも)一応の独立を保てたのはなぜでしょうか?

東アジアでは、歴史を通し、軍事的・文化的に拡大する中華帝国の影響で、周辺の国や民族が次々に飲み込まれて行きました。その過程で、現在で言うところの少数民族が生まれしたし、時代が下るにつれ、中央から離れた地点でも、少数民族が漢化しいて行きました。明・清期になると、広東省のような中華圏でいえば辺境の地においても、多数派が自らを中国人だといました。(・・以上が、私が中国史の授業や本で学んだことのまとめです。これを前提に質問いたします)

中国の政治・文化の中心地からそれほど遠くな...続きを読む

Aベストアンサー

1.漢時代以後、中国が朝鮮半島を直接支配していた時代が短い事と、またそれにより漢民族の流入が少なかった事。

2.北方民族の国家が朝鮮半島と漢民族の国家の間に存在した時代がかなりあり、緩衝地帯となった事。

3.中国のその時々の事情により朝鮮半島に力を入れられなかった事。

上記の点から自立した独立国家が朝鮮半島に長年存在できました。


漢の時代に朝鮮半島には漢の支配機構である楽浪郡、帯方郡が成立し、朝鮮半島のある程度はその支配下にあったわけですが、次の晋の時代の戦乱期、晋が滅びを迎えた時に楽浪郡と帯方郡は高句麗などに攻め滅ぼされてしまいます。

そして五胡十六国時代という中国が分裂した時代が到来し、各国は中華の覇権をめぐって戦争にあけくれます。朝鮮半島の支配どころではなくなります。こうした分裂時代が約300年も続きます。
この時、朝鮮半島のお隣、遼東半島に鮮卑の建てた前燕という国ができ高句麗と戦ったりします。
後に高句麗は朝鮮半島北部から遼東半島と満州の一部にもその支配地を広げています。

結局、晋の滅亡後の中国の分裂時代は隋によりようやく再統一されます。
隋と高句麗は冊封関係に入りますが、高句麗の嬰陽王は、他国と結ぼうとし、怒った隋に三度攻められますが、戦いに勝利します。
そのうち隋が滅び唐が建国されます。
その後、高句麗は唐と朝鮮半島南部の新羅に攻められ滅びます。
唐は朝鮮半島の支配を強めようとしますが、今度は新羅が立ち塞がります。
この頃、唐は吐番との戦争で敗北するなど深刻な問題が別にあり、結局支配していた朝鮮の地域すら新羅に委ねます。唐が朝鮮半島の旧高句麗の地を支配したのは8年に過ぎませんでした。
つまり、隋と唐の時代、両国は朝鮮半島の支配に失敗しています。

唐が滅ぶとまた中国は分裂の時代になり、後に宋が統一しますが、北辺は北方の契丹族が建国した遼となります。この時代、朝鮮半島はこの遼とお隣になり遼と高麗は何度も戦います。
そのうち遼は女真族の金に倒され、高麗のお隣はこの金になりますが、金は高麗よりも宋との戦いに力を入れました。
この金も蒙古(元)に倒され、高麗は蒙古と戦い敗北し、蒙古の支配を受けますが、高麗の王家は存続を許され傀儡政権のような形になり存続します。
ただそれも約100年ほどの事で、元が衰退すると高麗は元に叛旗を翻し独立を取り戻しました。

元を倒したのは明で、明は元の後継である北元や北方民族のオイラート、タタールなどとの戦いに忙しい状態でした。朝鮮半島は高麗から李氏朝鮮の時代になっていますが、やはり北方の民族と戦っています。
李氏朝鮮と明軍は連合して女真族と戦ったりもしています。
明も李氏朝鮮もやはり外敵として北方の民族が問題であったようです。
この後、明は女真族の清にとって変わられ、李氏朝鮮もその支配下になりました。

このように、必ずしも統一された中国の大帝国が必ず朝鮮半島のお隣に存在したというわけではなく、それなりの勢力を持った国が間にいたり、高句麗のように朝鮮半島から飛び出てかなりの勢力を保持していた国が存在したり、中国も内部分裂や外敵の存在により、朝鮮半島にまで支配を及ぼせないという期間がかなりありました。だから取り込まれませんでした。

なお広東省など華南の地に住む人々が自らを中国人というのは至極当然だと思います。古来、中原での戦乱を避けるために多くの人々が華南の地に逃れ住みました。また、北方の民族が華北を支配したため、漢人の政権の国が華南の地にできた事もすくなくありません。それだけ古くから支配が進んでいましたから。

なお明・清時代に広東省が中華の辺境というのは個人的にはどうかなと思います。
唐の時代に都護府という組織が辺境と異民族支配のために置かれていますが、南を担当する安南都護府が設置されたのは679年の事であり、その場所は広東省より南の現在のベトナムのハノイです。

1.漢時代以後、中国が朝鮮半島を直接支配していた時代が短い事と、またそれにより漢民族の流入が少なかった事。

2.北方民族の国家が朝鮮半島と漢民族の国家の間に存在した時代がかなりあり、緩衝地帯となった事。

3.中国のその時々の事情により朝鮮半島に力を入れられなかった事。

上記の点から自立した独立国家が朝鮮半島に長年存在できました。


漢の時代に朝鮮半島には漢の支配機構である楽浪郡、帯方郡が成立し、朝鮮半島のある程度はその支配下にあったわけですが、次の晋の時代の戦乱期、晋が滅びを迎え...続きを読む

Q韓国は2000年以上中国の属国だった?

韓国が2000年ほどのあいだ中国の属国だったとよくネットで言われていますが、ソースはあるのですか?

Aベストアンサー

 短く言えるのに気づきました。
1。韓国(大韓民国)は建国以来、53年間中国の属国には一度もなっていません。

2。アジアで2000年続いた政府はありません。

3。2000年前、東アジアで文字があったのは後漢だけですから、それ以外の地域についての記録は当時の後漢の「書き言葉」しか残っていません。ですからそれ以外の地域、例えば東の無文字文化(=東夷=今の北朝鮮、韓国、日本など)は自己主張の文献を残していません。まあ文字のあったただ一つの文化に都合のいいことだけ残っているという事です。

 ネットでお読みになったものはあまり信用できないようですね。


人気Q&Aランキング