始皇帝(秦王政)の実父は、先王の子楚ではなく商人の呂不偉だというのは、中国史では定説なんでしょうか?ただの巷間伝承的な話として伝わっているだけなのでしょうか?
後の人が、始皇帝の権威を落とすために作った話のようにも思われます。

A 回答 (1件)

たしかに、理屈に合わない話ではあります。


また当時においても、確認することができたとも思えません。
しかし、『史記』に書いてあることなので、
「司馬遷に敬意を払い、いちおうそういうことになっている…」
といったところだとおもいます。
もっとも学者の中にも疑問を持っている人はいるようです。

このころのことは、大量の文書でも発掘されれば別ですが、
現在では『史記』(などの史書)以上の史料がないため、
断言することは誰もできないでしょう。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A7%8B%E7%9A%87% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
参考ページも大変参考になりました。

お礼日時:2005/11/11 16:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q囲碁における最も権威あるタイトルを教えてください

囲碁における3大タイトルの序列は棋聖、名人、本因坊と言われますが、これは賞金額の序列であって最も権威あるタイトルという点で言えば、名人位が最上位なのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E5%9B%A0%E5%9D%8A

賞金額は棋聖ですが、本因坊は最古の歴史あるタイトルです。
将棋の名人戦に匹敵する本因坊が目標とするタイトルだと思います。

Q茶道をやってると偉いの?

職場にいる女性が茶道を習ってるそうで
いつもどこどこの茶会に招かれたとか
着物で行ったと話をしてます。
たまにすごいセレブリティの御宅に招かれると
その家がどんなだったか得意気に話し
自分もセレブリティになったかのような話しぶりです。
その人はパートで働いてる主婦で
セレブリティとは程遠いです。
茶道って、お金がかかる習い事だと思うし
日本の伝統文化だし
習ってる人の志は偉いなとおもいますが
道というものがついた習い事は
精神の鍛錬も含まれていると認識しています。
そのことを鼻にかけるというか
茶道を習ってることを気取って得意げに話すのは
鍛錬が足らず、未熟な人と思うのですが
茶道やったことない人や知らない人に
上から目線になるのは
茶道をやってるだけで人間的に上に立った気持ちにさせるからなのですか?
茶道はお金持ちのものではなく
お茶をたのしむものだという言葉を聞きますが
茶道をやってる人から見ると
茶道も知らない人は自分たちより格下という間隔ですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

茶道云々というよりは、
ただ単にその人の性格的な問題なだけだと思います。

その方は、茶道以外に自慢できる事柄がないのでしょう。
何かしらのコンプレックスがあって、茶道を心得ていることが嬉しくて仕方がないのかもしれませんね^^;

なんでもそうですが、
自分の知識や実力を見せびらかしたり自慢したりする時点で
まだまだ器が小さい証拠だと思います。

ましてや、自分自身のことではなく
人のこと(親や子供、友達、知人)を自分の自慢の一部としてひけらかすのは
より一層、無意味で恥ずかしいことだと思います…。

すごいのは、アンタじゃなくて、その人ですから。で終わりますもんね(苦笑)

Q勲章の価値と偉いさん軍服に付けてる信号機を並べたみたいなモノの意味

カテゴリが解らないのでココ質問させてもらいます

映画などを見てると
勲章が大変名誉な事が伺えますが
具体的にはどんな意味なのでしょうか?
給料が上がる?なにか特別な特権が与えられる?
それとも名誉だけなのでしょうか?

もう一つ質問ですが
軍服に左胸かな?に付けてる信号機みたいなプレートは
どんな意味があるのでしょか?
偉くなればなるほど沢山付いてると思うのですが
よろしくお願いします

Aベストアンサー

自衛官です。
 
略式勲章、自衛隊では防衛記念章と呼びます。
部隊に貢献するような特別いいことをした時、隊長以上の大きな職を全うした時、
海外派遣などの特別任務を全うした時などに与えられる賞詞という
平たく言えば『がんばったで賞』の記念として付けるものです。
因みに『付けることができる』もので『付けないといけないもの』ではありません。
がんばったで賞なのでもらって即給料に差が出るものでもありません^^;

勲章で、リボンの先にメダルがぷらぷらしてるのって見たことないですか?
略式勲章も防衛記念章もあのリボンの名残らしいです。
防衛記念章という言い方は自衛隊独自のもの、外国の軍隊の略式勲章はあくまで勲章の簡略版。
 
もらえる条件はさまざまで、
業務の改善に役立つ発明をした、なんていうのもあれば
イラク派遣に参加した、などというのもあります。
胸についているあのプレートで、その人がこれまでどんな勤務をしてきたのかが大体わかります。
1さんが言ってらっしゃるのはおそらく勤続10年・25年のもののことでしょう。
話の流れとは全く関係ありませんが色にちなんで赤いきつね・緑のたぬきと呼んでいます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%B2%E8%A1%9B%E8%A8%98%E5%BF%B5%E7%AB%A0

自衛官です。
 
略式勲章、自衛隊では防衛記念章と呼びます。
部隊に貢献するような特別いいことをした時、隊長以上の大きな職を全うした時、
海外派遣などの特別任務を全うした時などに与えられる賞詞という
平たく言えば『がんばったで賞』の記念として付けるものです。
因みに『付けることができる』もので『付けないといけないもの』ではありません。
がんばったで賞なのでもらって即給料に差が出るものでもありません^^;

勲章で、リボンの先にメダルがぷらぷらしてるのって見たことないですか...続きを読む

Qrajio.jpの法律家が話してる番組(法律について話してる番組)

rajio.jpの法律家が話してる番組なんですが、以前1回聞いてまた聞きたいのですが
確かOBCラジオ大阪だと思うのですがOBCラジオ大阪だと思うというだけで
実際分からないのでどこの放送で何時からか分かる方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

土曜夜8時から9時までの土曜情報スタジオでしょうか?
司法書士が出演しています。

Q夏の終わりの怖い話

夏も終わり、段々と肌寒くなって来ていますが、いかがお過ごしのことと思います(笑)
本当にもう夏は終わりなんですが、オススメの怖い話を教えてください。

何でも良いです、背筋に悪寒が走るような。寒気がするほど、怖くても良いです。凍結するほど怖いのも大歓迎(笑)

ちなみに私がオススメする話はねずの木の話かな。
知ってる人いたら嬉しいなぁー★

Aベストアンサー

数年前の秋の話です。
新宿のモルタルアパートの1階に住む、20代半ばのOLの彼女はその夜も連日の残業で疲れていた。
夜半から降り続く雨の音に誘われるように布団にもぐりこんだ彼女は、睡魔に薄れ逝く意識の中で、かすかな異音に気付いた。
それは太鼓のような打楽器の音。それに混じって、読経のような人の声が聞こえてきた。
「何処のうちだろう… 何故こんな夜中に…」かすかな意識の中で聴覚だけが蘇える。
音はだんだんはっきり聞こえ出し、まるで通りから自分の部屋に入ってきたかのようにはっきりと聞こえ出した。
彼女はその音と声の集団に危機を感じ、覚醒した。否、覚醒したつもりだった。
意識ははっきりした入るのではあるが、目が開かない。手も足も体の何もかもぴくりっとも動かない。
“金縛り!”子供の頃経験して以来、ここ何十年と忘れていたあの忌まわしい感覚がまた彼女の体にのしかかってきている。
そのとき不意に、彼女は彼女のは母方の祖母の言葉を思い起こした。
「金縛りにあった時にはお経を唱えなさい」
もう何年も唱えていないお経を、必死に思い出し繰り返し声にも出せず唱えた。
すると、かすかに体が軽くなったような気がし、眼が開けられた。
最初に天井の木目が見えた。意識ははっきりしている。
しかし、太鼓の音は消えない… 読経の力強い声は間違いなくこの部屋の中でしている。
首はまだ動かないので、眼球の動きだけで周囲を見ると、部屋の隅に3人から4人の白装束の男と女が太鼓を打ち鳴らしている。
ぞっとして眼を戻した彼女は、その他に部屋の中を走り回る三歳くらいの少女を認識した。
少女は晴れ着のような派手な着物を着て、何が楽しいのか打ち鳴らされる太鼓の音に飛び回っている。
何がなんだか解からなくなった彼女は、その状況に気が遠くなった。
眼を閉じても消えない太鼓の音。恐怖に負けじと一心に経を唱えた彼女に、今度は急に胸の辺りに重いものがのしかかってきた。
恐る恐る薄目を開けてみると、先ほどまではしゃぎ回っていた少女が自分の胸の上で顔を覗き込み、ケタケタと笑いながら彼女に問いた。
「お姉ちゃん、何言ってんの?」
彼女は気を失った。

翌朝、しっかり戸締りしていたはずの部屋の窓が十数センチ位開いていて、その下の畳がぐっしょりと雨に濡れていた。

数年前の秋の話です。
新宿のモルタルアパートの1階に住む、20代半ばのOLの彼女はその夜も連日の残業で疲れていた。
夜半から降り続く雨の音に誘われるように布団にもぐりこんだ彼女は、睡魔に薄れ逝く意識の中で、かすかな異音に気付いた。
それは太鼓のような打楽器の音。それに混じって、読経のような人の声が聞こえてきた。
「何処のうちだろう… 何故こんな夜中に…」かすかな意識の中で聴覚だけが蘇える。
音はだんだんはっきり聞こえ出し、まるで通りから自分の部屋に入ってきたかのようにはっきりと聞...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報