666を4日おきに見ると何が起こるんでしょう?
友人に相談されたんですけど、よく意味が分からないんです。
誰か教えて!!

A 回答 (1件)

管理者より:


同等の質問があるのでそちらをご参照下さい

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=177239
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【映画館】大阪にOSシネマはないんですか? OS株式会社の株主優待カードで映画が観れるんですけどO

【映画館】大阪にOSシネマはないんですか?

OS株式会社の株主優待カードで映画が観れるんですけどOSシネマって大阪にはない気がします。

大阪のどこで観れるカードですか?これ

Aベストアンサー

以下のWebサイトの「劇場一覧」が参考になります。

https://www.jollios.net/cgi-bin/pc/index.cgi

Qよくわからないけど、スゴイ映画!

最近「マトリックス リローデッド」のビデオを観ました。スゴイ映画だったけど、正直なところなんだかわけがわかりませんでした。考えてみれば、「よく理解できないけど、ついつい引きずり込まれて最後まで見てしまう」なんて体験は映画ならではかもしれません。
そこで、皆さんに質問ですが、上に書いたように、「難解だけど、魅力的かつ刺激的な」映画をご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

こんばんわ、jixyoji-ですσ(^^)。

nekozzzさんが今後レンタルビデオ&DVD化された映画を見るうえで下記HPはお奨めです。

「キネマの見地」
http://www.fayreal.com/fayreal/cinema/
*現在サーバー移行の為休止中

「Cinema Preview」
http://member.nifty.ne.jp/CinePre/

●最近「マトリックス リローデッド」のビデオを観ました。スゴイ映画だったけど、正直なところなんだかわけがわかりませんでした。考えてみれば、「よく理解できないけど、ついつい引きずり込まれて最後まで見てしまう」なんて体験は映画ならではかもしれません。

マトリックスはシリーズ第1作目の【マトリックス】,アニメーション形式の【アニマトリックス】の2作を見てから【マトリックスリローデット】を見ないと意味がわからないと思います。確かに映像に関しては最新技術をふんだんに散りばめていますが,ストーリーをより理解するには"シリーズものは最初から"が鉄則です。

「難解だけど、魅力的かつ刺激的な」映画に類推する作品をお奨めします。

●『七人の侍』
1954年 日本
監督:黒澤明
主演:三船敏郎 志村喬 津島恵子 島崎雪子 藤原釜足 加東大介 木村功

『所詮1950年代の作品..白黒か...』と思ったら大間違い( ̄□ ̄;)!!【巨匠】黒澤明,このキャッチフレーズに偽りなしw(゜o゜)w オォー。故人黒澤明氏が何故に当時日本人を知らなかった人間にこの映画が受け入れられたか,何故に黒澤明が【巨匠】かがわかります。映画コメンテーターの【オスギ】のキャッチフレーズで言えば

『人間いつ死ぬかわかりませんが,この映画を見る前には死ねません(>_<")。』

という感じですね( ̄ー ̄)ニヤリッ。とにかく【1度見ろ!】,これしかいえませんねσ(^^)。

●『ツイン・ピークス ローラ・パーマ最後の7日間』
1991年 アメリカ(1992年 日本公開)
監督:デビッド・リンチ
主演:カイル・マクラクラン シェリル・リー

日本で大ヒットを記録したTVドラマシリーズ『ツイン・ピークス』の映画版。この映画はあくまでTVドラマシリーズ『ツイン・ピークス』を見てからが大前提の映画作品であり,この映画から見てもまるで意味すらわかりません(;゜〇゜)。この映画を見る前に必ず【ツイン・ピークス 2時間版】→【ツイン・ピークス(TVドラマシリーズ 第1巻~14巻)】を見終えてからご覧ください。この『ツイン・ピークス』シリーズが終わってからも根強いファンがおり最近WOWWOWで再放送しています。また最近限定パッケージながらもDVD版で限定数販売しています。未だに正確にこの"謎"を解ける者もおらず,過去には解説関連本なども飛ぶように売れた次第です(゜_゜;)。

レンタルビデオ屋にはVHSしか置いておらずDVDはありません。またドラマシリーズは流石に古いので置いてあるお店,ないお店マチマチです。映画版,2時間版しかない場合もあります。もしレンタルビデオ屋にドラマシリーズがない場合DVD版を購入するしかないですね(゜o゜;)。

●『セブン』
1995年 アメリカ(1995年 日本公開)
監督:デビット・フィンチャー
主演:ブラット・ピット モーガン・フリーマン ケビン・スペイシー

あまりに有名すぎて説明不要かもしれません。ブラット・ピットファンは必ずこの作品を登竜門として見ているでしょうし、最後に確実にブルーになります(笑)。かく言う私はこの映画のストーリー性&俳優と同時に映像美を推したいですね。色々映画を見ましたがこの映画の映像の色彩のコントラストが非常に印象強く、今でも引き込まれます。またサスペンス映画にはまったきっかけがこの映画でした。
ちなみにデビット・フィンチャー作品の『ゲーム』も好きな映画ですね。

●『ユージュアル・サスペクツ』
1995年 アメリカ(1996年 日本公開)
監督:ブライアン・シンガー
主演:ケビン・スペイシー(代表作 セブン) ベニチオ・デル・トロ(代表作 トラフィック)

俳優人は知る人ぞ知る人達ばかりですがこの映画は最後に必ず"してやられた!"と思う事でしょう。どんなに有名な俳優を使っても脚本が駄目だと映画は評価は上がりません。この映画に出演している俳優は映画をある程度見ている人でないと知らない人が多いですが,脚本で素晴らしい作品になっている良い例ですね。最初から気を抜かず一つ一つの仕草,シーンをしっかり見る事を奨めます。

●『ロストハイウェイ』
1996年 アメリカ(1997年 日本公開)
監督:デビッド・リンチ
主演:ビル・プルマン(代表作 インデペンデス・デイ) パトリシア・アークェット

鬼才デビット・リンチ監督が描くお家芸の【パラレル・ワールド】ですね(^_^;)。この監督の作品(ツイン・ピークス,マルホランド・ドライブなど)は本当に【見る人間によって解釈の違う】作品ばかりで,映画なれしている人には何度も見たくなる作品ではないでしょうか?間違いなくインターネット上の解説HPを見て『あ~なるほど(゜o゜)』,『あれはそう解釈すればよいのか(+_+)。』といった感じで納得していただくしかないですね(*_*)。最低2回以上は見ないと骨格すら見えないでしょう。

●『真実の行方』
1996年 アメリカ(1997年 日本公開)
監督:グレゴリー・ホブリット
主演:リチャード・ギア(代表作 ジャッカル) エドワード・ノートン(代表作 ファイトクラブ スコア)

若手ホープのエドワード・ノートンの出世作品です。『スコア』でも名優ロバート・デニーロやマーロン・ブランド相手に互角の演技を見せてるだけあって、この人『真実の行方』でもその実力を遺憾なく発揮しています。この演技の凄さはこの映画を最後まで見ればわかります。

●『カル』
1999年 韓国(2000年 日本公開)
監督:チャン・ユニョン
主演:ハン・ソッキュ(代表作 シュリ) シム・ウナ

はっきしいってこの『謎』が解けるでしょうか?100人見たら100通りの見解があり、最低5回くらい見ないとまず全貌が見えません。私が最もはまった作品です。個人的にこの映画の根幹にあるのは名作タイタニックを超える『(屈折した)愛』ではないかと思います。

●『メメント』
2000年 アメリカ(2000年 日本公開)
監督:クリストファー・ノーラン(代表作 インソムニア)
主演:ガイ・ピアース(代表作 LAコンフィデンシャル)
キャリー=アン・モス(代表作 マトリックス)

10分で記憶がなくなる主人公が愛妻を殺した犯人を追い詰めていくサスペンスムービーですが,時系列をうまくいじって謎が謎を呼ぶ今までの趣向とは違う映画で気に入りました。まず1回では何が何で誰が誰なのかがさっぱりわからない事でしょう。
もしDVDデッキなどをお持ちでしたらDVD版にある時系列を正確につないだもので見ると理解が深まります。DVDをお持ちでない方はこの映画を理解するのにかなり苦労されるか,あるいは諦めますね。ユージュアル・サスペクツを楽しめた人にはかなりの確率でこの映画も楽しめるのではないでしょうか?

●『マルホランド・ドライブ』
2001年 アメリカ・フランス合作(2001年 日本公開)
監督:デイヴィッド・リンチ(代表作 ツイン・ピークス)
主演:ナオミ・ワッツ(代表作 リング) ローラ・エレナ・ハリング(代表作 ジョンQ最後の決断)

実在するハリウッドへの山道【マルホランド・ドライブ】での1つの交通事故がきっかけに起こる,現実と非現実(妄想?)が交錯するパラレル・ワールドを非常にエロティック且つスタイリッシュに描いた作品です。一つ一つの脈絡の無いシーンを見ていると最後に【んん?】,【え???】といった感覚が何度と無く疑問符が頭の中を駆け巡り突き詰めると非常に考えさせられる作品で,まず1回見ただけではわけがわからないでしょう。構成的に『メメント』に作り方が近からず,遠からずといった作品ですね。
ナオミ・ワッツがスターダムに駆け上がった作品で1人2役で明朗快活さと非常に妖艶な演技使い分けており,ローラ・エレナ・ハリング共にすごい女優だ,と思わされます。

下記参考URLにお奨め映画をピック・アップしているので未見のものがあれば是非参照してください。

それではより良い映画環境である事をm(._.)m。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=502236

こんばんわ、jixyoji-ですσ(^^)。

nekozzzさんが今後レンタルビデオ&DVD化された映画を見るうえで下記HPはお奨めです。

「キネマの見地」
http://www.fayreal.com/fayreal/cinema/
*現在サーバー移行の為休止中

「Cinema Preview」
http://member.nifty.ne.jp/CinePre/

●最近「マトリックス リローデッド」のビデオを観ました。スゴイ映画だったけど、正直なところなんだかわけがわかりませんでした。考えてみれば、「よく理解できないけど、ついつい引きずり込まれて最後まで見てしま...続きを読む

Q映画についての文章なのですが、意味がよく、分かりません。

If the film wants to challenge us, presenting us with a choice that we ask ourselves how we would respond under these circumstances - movies like Force Majeure by Pierre Jolivet or even the class Casablanca - then the movie is proactive and we are a vital participant.
私たちが映画に関わる方法は、私たちが映画に持ち込むものや、映画の意図による。もし映画が、私たちの関心を喚起するなら、私たちに、これらの環境下(Pierre Jolivetによる「Force Majeure」や「カサブランカ」種類でさえ)で、どのように反応するか選択を与えてくれるなら、その時映画は、先を見越して行動するものであり、私たちはきわめて重要な参加者である。― 以上の様に読んだのですが、意味が分かりにくいので、どなたか分かる方、よろしくお願い致しますm--m

If the film wants to challenge us, presenting us with a choice that we ask ourselves how we would respond under these circumstances - movies like Force Majeure by Pierre Jolivet or even the class Casablanca - then the movie is proactive and we are a vital participant.
私たちが映画に関わる方法は、私たちが映画に持ち込むものや、映画の意図による。もし映画が、私たちの関心を喚起するなら、私たちに、これらの環境下(Pierre Jolivetによる「Force Majeure」や「カサブランカ」種類でさ...続きを読む

Aベストアンサー

前後がわからないので、なんともわかりませんが。。。
だいたいこんな意味ではないでしょうか。。。

もし映画というものが、Pierre Jolivet監督の「Force Majeure」のような作品から「カサブランカ」クラスの作品に至るまで、私たちに挑んできたり、私たちがどう感じるか自分自身に問いかけるような意味を与えるものだとしたら、映画はそのようにつくられているものであって、私たちは一生懸命向き合って行かなければならないでしょう。

間違っていたらごめんなさい。

Qよく聞く曲なんですが…

「リプレイスメント」や「コヨーテ・アグリー」で歌われていた曲です。リプレイスメントでは、監獄で、皆が躍って歌ってました。よく聞く曲なんですが…。曲目・歌っていた歌手、知っている方、教えてください。

Aベストアンサー

両方とも見たんですが、あんまり覚えていません。
もしかしたらということで…確かそんな気が…

70年代後半のディスコ・ブームの頃の大ヒット曲
「I WILL SURVIVE」(グロリア・ゲイナー)
が使われてたような。(コヨーテ・アグリーではオープニングの
学校の演台のシーンで確か)

サビがタイトルそのまま「I WILL SURVIVE~」と声を
張り上げるので、そうであればすぐピンとくると思います。

この曲はあまりにも有名でよく使われているのでごっちゃになってるかも
しれません。そのときはご勘弁を

Qよく物語なんかでC4爆弾ってでてきますよね。

よく物語なんかでC4爆弾ってでてきますよね。
あれって爆発を阻止するとき
粘土に刺さってる雷管を抜けば即解決!ってことにはならないのですか?
設置されたらもう赤と青のコードを選んだりしなきゃ解決できないものなのですか?
それとも物語の上でわざとややこしくなっているだけなのでしょうか?

なんとなく気になったので質問してみました。
くだらない質問ですが、 お暇があれば教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

爆薬に雷管刺さってるだけなら、抜けばいいでしょうが、
爆破装置にもよるんじゃないでしょうかね?

複数の雷管があって、一つを抜くと、他から起爆してしまう。
はたまた、ケースのようなものに、C-4が収められていて、
解体しないと雷管が抜けない。
解体を感知されると、即座に爆発する・・・・等


人気Q&Aランキング

おすすめ情報