フェーリング反応をし、その後のキレート滴定に使われたEDTA標準液がCu2+と1:1で反応するということはわかったのですが、結局どうやって入っていた糖分の量を求めればよいのかがわかりません・・・。教えて下さい!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 滴定によって定量するには,そこで起こっている反応の量的関係を明らかにしておく必要があります。



 今の場合,キレ-ト滴定については「EDTAがCu2+と1:1で反応する」ことはお解りのようですので,後はフェ-リング反応で還元糖(糖分)と CU2+ の反応のモル比がわかれば良いわけです。

 EDTA 標準液の濃度と滴定に要した体積から反応した EDTA 量(モル数)が求まります。お書きの様に,Cu2+ と EDTA は1:1で反応しますから,ここで得られた量は反応した Cu2+ のモル数でもあります。

 フェ-リング反応後に残った Cu2+ のモル数がわかりましたから,フェ-リング反応に使用した溶液中の Cu2+ 量(モル数)から引けば,糖分と反応した Cu2+ の量(モル数)が求まります。

 後は上記の還元糖と Cu2+ の反応のモル比に基づけば,反応した還元糖のモル数(つまり,求めたい糖分の量)が求まります。

 いかがでしょうか。

この回答への補足

実験の手順に、フェーリング反応の前の加水分解の時試料を10ml取り、フェーリング反応の後
『メスフラスコにガラスフィルターを差し、6mol/lHNO3をガラスフィルター上のCu2Oを溶かしとるために注ぐ。』
と書いてあるのですが、ということはフェーリング反応に使用した溶液中のCu2+のモル数というのは
反応式が   2HNO3+Cu2O→Cu(NO3)2+H2O    となるので
3(モル濃度)×10/1000   という計算でよいのでしょうか??
        

補足日時:2001/11/30 21:58
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rei00さん、どうもありがとうございました★
下に補足を書いてしまいましたが、なんとか自分で解決することが出来ました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/01 21:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスクロースのフェーリング反応について

スクロースのフェーリング反応の化学反応式を教えて下さい。

フェーリング反応の式はわかるのですが、R(疎水基)の部分になにをいれていいのかがよくわからず困っています。よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

フェーリング反応度は Cu2+ のイオンがアルデヒド基によって還元され、
Cu2O の赤色沈殿ができる反応です。
疎水基は関係ありません。

QICP用の標準液と原子吸光用の標準液との違い

ICP用の標準液と原子吸光用の標準液との違いを教えてください。
濃度が同じならばどちらを使ってもいいと思うのですが。。。

Aベストアンサー

基本的には、どちらを使っても良いはずです。
ただ、ICPの場合は、多元素同時測定をすることが多いと思います。
その場合は、原子吸光用の標準液を(混ぜて)使うわけには行かないので、ICP用を使う必要があります。

Qモーリッシュ反応とフェーリング反応について

 実験で出された問題なのですが、わからないので教えてください。お願いします。
 (1)モーリッシュ反応でショ糖は反応するが、フェーリング反応では反応しない理由。
 (2)フェーリング反応の赤色成分は?

Aベストアンサー

 下記のページをよく見て,各反応を行なうにはどの様な官能基が必要か,その官能基は反応条件下で存在するか,をお考え下さい。特に,モーリッシュ反応での濃硫酸の存在に注意。

 ◎ 糖質の呈色反応 (↓1番目)
  「モーリッシュ反応」

 ◎ 独学のための有機化学 (↓2番目)
  「還元力検出反応」の「フェーリング反応」
  「糖」の「二糖類」の「ショ糖」

 参考までに。

参考URL:http://www.d7.dion.ne.jp/~y_takeo/jikken/kenkyu9.htm, http://www.geocities.com/yoshihitoshigihara/y_ch.htm

Q水溶液中でのCuとCaCo3の反応性

水溶液中にCuとCaCo3がある時、これらは何がしか反応するでしょうか?

反応しないのであれば、理由を教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

CaCO3の沈澱を含む水の上澄み部分のpH≒10程度になる。(試薬として販売されているものはpH≒7程度に物性が変えられている場合がある)。そして [Ca^2+]≒[CO3^2-]≒10^(-4) 程度と非常に小さい。


(1) Cuが弱塩基性の水溶液と反応するとは考え難い。塩基性の水がCuを酸化し、H2(g)が発生してCu(OH)2の沈澱が生じる事は下の3つのデータからは考え難い。

2H2O + 2e^- ⇔ H2(g) + 2OH^- ;E゜=-0.83V
Cu^2+ + 2e^- ⇔ Cu ;E゜=0.34V
Ksp=[Cu^2+][OH^-]^2=2・10^(-20)


(2) Cu が 微量の Ca^2+ や CO3^2- と反応する事は考え難い。それは Ca^2+ や CO3^2- が Cuを酸化する事は多分殆ど有り得ないから。また Cu^2+ は殆ど存在しないから難溶な CuCO3が生じる事も多分有り得ない。

Ksp=[Cu^2+][CO3^2-]=3・10^(-10)


他にも考えられる反応の組み合わせが存在するかも知れないが、短時間で反応する可能性は低いと予想される。尚、長時間大気中に放置した場合には大気中のCO2が溶け込んで緑青:CuCO3・Cu(OH)2 が生じる可能性はあるかも知れない。

CaCO3の沈澱を含む水の上澄み部分のpH≒10程度になる。(試薬として販売されているものはpH≒7程度に物性が変えられている場合がある)。そして [Ca^2+]≒[CO3^2-]≒10^(-4) 程度と非常に小さい。


(1) Cuが弱塩基性の水溶液と反応するとは考え難い。塩基性の水がCuを酸化し、H2(g)が発生してCu(OH)2の沈澱が生じる事は下の3つのデータからは考え難い。

2H2O + 2e^- ⇔ H2(g) + 2OH^- ;E゜=-0.83V
Cu^2+ + 2e^- ⇔ Cu ;E゜=0.34V
Ksp=[Cu^2+][OH^-]^2=2・10^(-20)


(2) Cu が 微量の Ca^2+ や CO3^2-...続きを読む

Qフェーリング反応について

この前学校で以下の実験を行いました。

1、4本の試験管にフェーリング液を4mlとる。
2、1にアセトアルデヒド、ホルムアルデヒド、ベンズアルデヒド、純水(ブランク用)を4滴入れる。
3、2を湯浴中で5分加熱する。
4、色の変化をみる。

この実験でアセトアルデヒドは濃緑の液体に、ホルムアルデヒドはフェーリング反応で赤褐色の沈殿物(酸化銅)ができました。

私がわからないのは、
なぜ、アセトアルデヒドは緑色の溶液になったのでしょう?
あと、フェーリング反応するアルデヒドとフェーリング反応しないアルデヒドとの違いはどこにあるのでしょうか?

よろしく御願い致しますm(__)m

Aベストアンサー

こんにちは。

想像ですが、未反応の銅イオンが、フェーリング液のアルカリ性加熱で、水酸化銅が沈殿したのではないか↓と思います。

ただし、これだけなら、緑ではなく青~水色ですから、緑になるには、そこにさらに、黄色~赤系の成分の存在が必要です。

ですから、水酸化銅沈殿+還元により生じた酸化銅沈殿が少し
と考えるとありそうかな~と思います。

なぜ、この場合にのみ水酸化銅が沈殿するかは、試薬を入れた量、アルデヒド類の還元性の強さなどによるでしょう。

参考URL:http://www.zzz.or.jp/masasuma/masa/e11-2.htm

Qキレート滴定

キレート滴定で緩衝溶液を用いるのはなぜですか?
また緩衝溶液の調製法をおしえてください。

キレート滴定は酸塩基滴定とみなされるのはなぜですか?

Aベストアンサー

<注意>
何らかの課題やレポートのテーマを記載し、ご自分の判断や不明点の説明もなく回答のみを求める質問は、マナー違反であり課題内容を転載しているものは著作権の侵害となりますため質問削除となります。こういった質問対し回答する事も規約違反となりますのでご注意をお願いいたします。
…て書いてありますけど。
今朝も一件削除されたし。

>>キレート滴定で緩衝溶液を用いるのはなぜですか?
強酸性ではキレート試薬が全て酸型になり、配位できなくなる。強アルカリ性では金属イオンがOH-と結合したオルト酸型になり(鉄酸、アルミン酸、亜鉛酸…)キレート試薬と反応しない。
>>緩衝溶液の調製法
検索エンジンで調べて下さい。化学便覧も見てね。理科年表にも書いてある。まず第一にどのpHが欲しいのか決めなけりゃ…。
>>キレート滴定は酸塩基滴定とみなされるのはなぜですか?
初めて聞きました。そう言えばそう言えるかも…。キレート試薬が陰イオンで金属イオンが陽イオン、中和して塩はできるナー…。

Qフェーリング反応で水酸化銅ができない理由

フェーリング反応の半反応式 2Cu^2+ + 2OH- + 2e- → Cu2O + H2O
                  
                   R-CHO + 2OH- → R-COOH + H2O +2e-

上の式で水酸化銅CuOHができないのはなぜですか?
AgOHは不安定で加熱なしにAg2O↓へと反応が勝手に進むのに対し、イオン化傾向の強いCaやCuはCa(OH)2、Cu(OH)2として安定し加熱なしにCa2O、Cu2Oにはならないと書いてありました。
ここでも、フェーリング液内で銅の水酸化物化を防いでいた酒石酸ナトリウムカリウムが作用しているのでしょうか?
それとも全く別の仕組みですか?

また、イオン化傾向の弱い金属が水酸化物になれない(すぐ酸化物に変わってしまう)のはOH-の持つ強い陰イオン化力(造語ですみません)とバランスが取れないからですか?

中途半端な知識で考えたことで申し訳ありませんが、詳しい方教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ギブズエネルギーとエントロピーエネルギーの兼ね合いで決まります。

エントロピーエネルギーを簡単に言うと、温度を上げると分子の数が
増える反応がおきるということです。このはたらきは低温では無視できる
くらい小さいのですが、高温になると非常に強い影響力を持ちます。

Ca(OH)2 はCa2+のイオン化傾向が大きく、OH-と
安定なイオン結晶を作ります。しかし、800℃以上にすると、
エントロピーエネルギーの影響が大きくなり以下の反応をします。
Ca(OH)2 → CaO + H2O
右辺が2分子なので、高温ではこちらが安定になります。

銅はややイオン化傾向が小さいので、Cu(OH)2がやや不安定で、
60℃くらいで分解反応がおこります。
2CuOH → Cu2O + H2O
フェーリング反応は加熱しますので、この反応が起こっていると思われます。

銀はさらにイオン化傾向が小さいので常温で分解反応が起こります。
2AgOH → Ag2O + H2O

QEDTA滴定について

指示薬にEBTを用いてEDTA滴定を行い、マグネシウムイオンやカルシウムイオンの濃度を決定する、というのはよく行われる方法だと思います。EBTを指示薬としているため、被滴定溶液は終点で青色になります(赤みが消えます)が、前者は比較的はっきり認識できるのに対し、後者は判断しにくいと思います(赤→紫→青と変化しますが、後者は紫を呈している時間が長く、赤みが消えた点がわかりにくい)。これには何か理由があるのでしょうか?錯形性能などが関係しているのでしょうか?色々本をみたのですが、調べきることができませんでした。アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

Mgの方がなかなか青色に変わり難く判別しにくいのではないですか。

Qフルクトースは還元糖?!(フェーリング反応)

フルクトースが還元糖であるということについて質問させていただきます。
まず、グルコースは水溶液中で鎖状のアルデヒド基(CHO)をもつ形になりますよね。そして、Cu2+で酸化される(=アルデヒドが銅を還元する)とカルボキシルキ基COOHができて、Cu2Oが沈殿。それまでは理解できるのです。。。
 それで、それを基にフルクトースについても考えてみました...。フルクトースはケトースでケトン基を持っていて、つまりその後はアルデヒド基とは違いそれ以上は酸化されないと思っていました。だから、Cu2+にも酸化されなく(=フルクトース自身は銅を還元せずに)、Cu2O沈殿もできないのではないかと考えたのですが...どうやらそれは間違いで沈殿ができるようなのです。資料によると”単糖の還元力はアルデヒド基、ケトン基に由来する”とかいてありました。ケトン基(C=O)に還元能があるのはどういう風に説明されるのですか?また、フルクトースは5員環だと思っていたのですが、”(ケトースは一般に還元力を持ってないが、)フルクトースは6員環にもなることができるのでグルコースと同じようにアルデヒド基ができて還元力をもつ”ということも耳にしました。一体フルクトースが還元糖だということはどういうふうに証明することができるのですか??

フルクトースが還元糖であるということについて質問させていただきます。
まず、グルコースは水溶液中で鎖状のアルデヒド基(CHO)をもつ形になりますよね。そして、Cu2+で酸化される(=アルデヒドが銅を還元する)とカルボキシルキ基COOHができて、Cu2Oが沈殿。それまでは理解できるのです。。。
 それで、それを基にフルクトースについても考えてみました...。フルクトースはケトースでケトン基を持っていて、つまりその後はアルデヒド基とは違いそれ以上は酸化されないと思っていました。だから、Cu2+にも...続きを読む

Aベストアンサー

一般にカルボニル基に隣接したヒドロキシル基は酸化されやすいという性質を持っています。
      H
     |
H-O-C-H
     |
   O=C
     |
      R
フルクトースの還元に関与する部分だけを取り出すとこのようになっています。
Oは非常に電気陰性度が大きいのでヒドロキシル基のOは隣にあるHやCから電子を引きつけています。
     H
     |
H→O←C-H
     |
   O=C
     |
      R
そこで電子不足気味のCは周囲のHや隣のCから電子を引きつけようとします。
       H
       ↓
H→O←+C←H
       ↑
    O=C
       |
       R
ところが隣のCはOと二重結合で手をつないでいるためさらに電子不足となっています。
     H
     ↓
H→O←+C←H
     ↑←ムリ
  -O←C+
      |
     R
そこでヒドロキシルノ結合したCは非常に電子不足となっています。
      H
      ↓
H→O←++C←H
      |
  -O←C
      |
      R
非常に電子不足となったCから電子を奪うのはOでも厳しいのでHからどんどん電子を引き寄せることになります。
      H
     ↓
H⇒O-++C←H
     |
  -O←C
    |
    R
こうしてヒドロキシル基のHは電気的に非常にプラスになっています。
      H
     ↓
+H⇒O-++C←H
     |
  -O←C
    |
    R
ところでHがふと横を見ると電気的に非常にマイナスになっているカルボニル基のOがあります。
      H
     ↓
+H⇒O-++C←H
     |
  -O←C
    |
    R
こうなったらもちろんHはそっちに飛んでいって結合します。
      H
     ↓
  -O-++C←H
     |
  H-O←C
    |
    R
このときヒドロキシル基のOは手が1本余るので、Cと2重結合を作ろうとします。
そこでCは自分に結合していたHの一方を下のCの方に吹っ飛ばしてOと2重結合を作ります。
      H
     ↓
  -O-++C- 
     | 
  H-O←C ←H+
    |
    R

こうして
    H
   |
  O=C
   | 
H-O-C-H
   |
   R
という風になってアルデヒド基ができるのです。

一般にカルボニル基に隣接したヒドロキシル基は酸化されやすいという性質を持っています。
      H
     |
H-O-C-H
     |
   O=C
     |
      R
フルクトースの還元に関与する部分だけを取り出すとこのようになっています。
Oは非常に電気陰性度が大きいのでヒドロキシル基のOは隣にあるHやCから電子を引きつけています。
     H
     |
H→O←C-H
     |
   O=C
     |
      R
そこで電子不足気味の...続きを読む

QEDTA滴定の終点判断

EDTA滴定でカルシウムの定量をしています。終点の色判断(赤紫→青)がなかなかわからなくて困っています。何か良い方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

EBTを指示薬とした場合、Mgが存在しない場合は変色点が不鮮明になる経験がありましたので下記解答をしました。
こちらからは状況は質問からしか分かりません。試料や滴定条件等は最初からある程度詳しく記載して下さい。
NNであれば下記URL参照。

参考URL:http://dominoweb.dojindo.co.jp/FAQkoukai.nsf/0/859F4D0F4CC0E67A49256D340009C5D2?OpenDocument


人気Q&Aランキング