パラグライダーをしていて、事故の可能性はいかがでしょう。バランスとれなくなったら、墜落のみでしょうか。
突風などの恐れは。

A 回答 (2件)

関西では京ハンとTONOairが活動盛んなスクールでしょうか。

ハングとパラ両方やっています。下に京ハンのを書いておきます。リンクしてキングポスト(TONOエアー)のほうにも行けるはずです。京ハンはタンデム(講師と2人のり)もやっているときがあります。
 ハングを選んだわけ、、、だってかっこいいじゃないですか。見た目てきに。一般にパラのほうが安全といわれております。その分飛行可能条件等制約は受けるようですが。ハングのほうが速度も出ます。
 命がけ、、、確かに怖いとは思いますけど、離陸してから「遺書を書いておけば良かった」と思ったことはないですよ。
 では、いつか空でお会いできる日を楽しみにしております。(OAkもよろしく。http://www.infosakyu.ne.jp/~oak/oaknew/oak.htm

参考URL:http://www.amy.hi-ho.ne.jp/m-miu/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろアドバイスありがとうございました。
島根のスクールいずれ行きたいと思います。
最高に気持ちいいでしょうね。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

>バランスとれなくなったら、墜落のみでしょうか。


なんという恐ろしいことを言ってくれるのです。私がやっているのはハンググライダーですが、エリア・練習等はパラといっしょにやっているのでお答えします。
 危険、危険と良く言いますが数値にすると他のスポーツとさして変わりはないと思います。それどころか、「怖い」という思いが当然あるので慎重に行動していれば年間何人も死人が出ているほかのスポーツよりははるかに安全だと思います。
 まず、突風とありますが、天候条件の悪い日はまず飛ばしてもらえません。ストレスがたまりそうなくらいです。次に、人が乗るものには安全率というものが設定されていて、そうそう壊れないように出来ています。バランスを崩しても立て直せるように出来ています。というか、バランスを移動させることで操縦しているようなものです。
 といっても絶対に安全なものなどこの世にありませんので緊急用のパラシュートが装着されています。
「事故」とよばれるものの多くは自己管理ミスが原因にあると思われます。
 とりあえず、一日体験など(5千~1万円くらい)なさって見て、現場を見られてはいかがですか?

参考URL:http://www.d1.dion.ne.jp/~tuzimoto/

この回答への補足

レスありがとうございます。
パラグライダーではなくハンググライダーを選ばれた魅力はなんでしょうか。
一日体験(5千~1万円くらい)、ぜひ受けてみたいですが、関西で良い教室ご存知でしょうか。
事故については、新聞などで年1,2回ペースで見かけるものですから。
しかしより長く高く静かな空間を楽しんでみたい、命がけでもいつかは・・・と思っております。。

補足日時:2000/12/11 00:53
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエンジン付パラグライダーについて

こんにちは
エンジン付きパラグライダーに乗りたいのです。
パラグライダーとエンジン別々に買ったほうがいいのでしょうか?
お勧めのパラグライダーのメーカー、エンジンのメーカーがあれば教えて欲しいと思います。
(新品での購入を考えています。)
インターネットで検索したら、いくつかでてきたのですが、信頼の置けるメーカーなのかどうかさっぱり判断が付きません....

空中散歩するの^-^

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

専門誌として「SKY SPORTS」があります。季刊ですが、メーカーやスクールの広告も、記事も大変参考になりますので、一読を強くお勧めします。

空のスポーツは「簡便な物ほど気象の影響を受けやすい」という原則があります。モーターパラもキャノピークラッシュを起こす事もあり「絶対に安全」という事はありません。

スクールには行かれますよね?「勝手に購入して事故る」ケースがたまにありますが、マスコミに取り上げられて一般の愛好家が大変迷惑します。常に同じスポーツを愛する他の愛好家の事を忘れないでください。

「アルピニストは山で死んではいけない。ダイバーは海で死んではいけない。ライダーはサーキットで死んではいけない。そしてパイロットは空で死んではいけない。自分や家族や友人のためだけでなく、同じ世界を愛するすべての同志の未来のために。」

Qパラグライダーに興味があります。

 全くの初心者なのですが、必要なものを教えて下さい。 また、パラグライダーはいくらぐらいするのでしょうか?  関係する事ならなんでも結構です。よろしく。

Aベストアンサー

できればお住まいの県などを教えていただけると回答しやすいですが・・・。

私もまず一日体験をおすすめします。エリアによって色々ですが,半日コースがあったり,4000円足らずの安いところもありますし,昼ごはん付き!なんて所もありますよ。
ただし他のスポーツと違って,行けば必ずできるものではない(風まかせ)のでそこはあまり肩にチカラ入れて行かないでくださいね。(だからパラやってると気が長くなるんだよね~)行く日の朝に確認の電話をしてからがベストです
それから,冬のほうがフライト確率良いエリアもいっぱいありますから安心してください。多少寒いですけど,飛んじゃえばそんなこと気になりませんし。
私も,自分の所属するエリアは冬季閉鎖ですが,他の飛べるところに出かけて冬でもしょっちゅう飛んでます。(あ,所属エリア以外の場所に自分ひとりで行けるのはそれなりの資格を得てからですが)

あと,体験終わってすぐスクールに入校しろとかすぐ機材一式を買わせようとするところは,良くないですので気をつけて。

機体:中古5万~新品50万くらいまで色々。最初のうちはレンタルもありのところも。自分の技量にあったものを勧めてもらいます。
ハーネス:座るシートみたいなもの。中古タダ同然~新品10万くらい。
ヘルメット:中古タダ同然~新品4万くらい。新品でも安いのいっぱいあります。
フライトシューズ:最初は山靴でもOK。でも足首を守るため専用が望ましい。3~4万くらい。

他の機材やウェアは,みためから入る主義の人でなければ当分必要ないでしょう。
バリオ?(高度計)にGPS?上昇気流を体で感じられなくてどうする!機械なんか買うのは人間バリオの修行をつんでから!
フライトスーツ?カッコいいウェア着て皆より低いとこ飛んでるとカッコ悪いぞぉ~。

ではでは,トンカチさん,空飛ぶトンカチさんになるのを上でお待ちしてます。いつかどこかのエリアの上空ですれ違うかもですね。

できればお住まいの県などを教えていただけると回答しやすいですが・・・。

私もまず一日体験をおすすめします。エリアによって色々ですが,半日コースがあったり,4000円足らずの安いところもありますし,昼ごはん付き!なんて所もありますよ。
ただし他のスポーツと違って,行けば必ずできるものではない(風まかせ)のでそこはあまり肩にチカラ入れて行かないでくださいね。(だからパラやってると気が長くなるんだよね~)行く日の朝に確認の電話をしてからがベストです
それから,冬のほうがフライト確...続きを読む

Qパラグライダーで・・・

今の時期、そして、こらから春あたりに、

1.1万円くらい
2.飛びたい放題
3.埼玉から電車で行ける

の3つの条件を満たして、パラグライダーが出来る場所はあるでしょうか?
ちなみに、全く、パラグライダーの経験はありません。

また、お試しでパラグライダーをやった感想などがあれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 パラグライダーをやっている者です。ようこそ大空へ!

1.一日体験コースというのがどこのスクールにもあります。料金は1万円前後です。一日練習すれば高さにして5、6m、飛距離にして10~20m程度飛ぶことができます。「飛ぶ」というより「浮く」と言った方が適切な表現かもしれません。「浮く」程度では満足しないということであれば、タンデムフライトコースというのがあります。いきなり数百メートルの高々度をインストラクターと2人乗りで体験できるというものです。料金は体験コースと同じようなものです。

2.基本的に一日体験は時間、体力範囲内なら何回でも飛ぶことはできると思います。

3.埼玉県内にもスクールはありますが、東関東近辺だと筑波界隈が全国的に見てもパラグライダーのメッカとなっています。

 一日体験については、経験、知識は全く必要ありません。旺盛な好奇心と、ほんのちょっとの勇気、それに自転車に乗れる程度の運動神経と体力があれば老若男女は問いません。

 一日体験でハマッてしまったらすぐに本格的にスクールに通いましょう!詳しくは過去にもいろいろな回答をしていますので、参考にしてください。

 それでは、いつかどこかの大空でお会いしましょう!

参考URL:http://www.geocities.jp/y_yarita/parayellow.html

 パラグライダーをやっている者です。ようこそ大空へ!

1.一日体験コースというのがどこのスクールにもあります。料金は1万円前後です。一日練習すれば高さにして5、6m、飛距離にして10~20m程度飛ぶことができます。「飛ぶ」というより「浮く」と言った方が適切な表現かもしれません。「浮く」程度では満足しないということであれば、タンデムフライトコースというのがあります。いきなり数百メートルの高々度をインストラクターと2人乗りで体験できるというものです。料金は体験コースと同じよ...続きを読む

Qパラグライダーの費用

いま、我が家で連日家族会議をしているのですが、判断がつかず困っております。

議題は
●パラグライダーを購入するか否か?
●今後続けるとしたらどのくらい費用がかかるのか?
で連日もめています。

-----
父(55)がパラグライダーを始めました。
とりあえず1ヶ月程度通ってみたところで、スクールから「機材を買わないか?」というような話の流れになっています。

父がいうには
・小さなスクールなので、常時機材が少なく、迷惑をかけているのではないかと申し訳ない
・スクールのみんなが買って欲しい事を結構匂わせている
・(父は営業職だったのですが)付き合いもあるので、オークションなどで落とすのは申しわけない。
といっています。
パラグライダーをスクールから買った場合、中古30万、新品50万程度ときいています。

また、今後続けた場合どのくらい費用がかかるのかの予想がつかず困っています。
・スキーやゴルフと違って、ちょっとがんばっただけでは各地のサイトを飛ぶことができないらしいこと
・年間の予算
を教えてください!

いま、我が家で連日家族会議をしているのですが、判断がつかず困っております。

議題は
●パラグライダーを購入するか否か?
●今後続けるとしたらどのくらい費用がかかるのか?
で連日もめています。

-----
父(55)がパラグライダーを始めました。
とりあえず1ヶ月程度通ってみたところで、スクールから「機材を買わないか?」というような話の流れになっています。

父がいうには
・小さなスクールなので、常時機材が少なく、迷惑をかけているのではないかと申し訳ない
・スクールのみんなが買...続きを読む

Aベストアンサー

 何度かパラグライダーで飛んだことがありますが、中古だったかな、私が買おうとしたものは15万円でした。>実際に買ってはいませんが、それを使用しちょっとした丘を飛んでみました。
 パラグライダーの講習ビデオを見て、何度か傾斜の緩い丘で練習すればタダです。>しかし先生はいませんが
 
 スキーやゴルフよりも難しいと思いますが年中やろうと思えばいつでも出来ます。ただ、危険のリスクは大きいですが・・・。
 年間の予算はクラブによってマチマチですが月会費程度じゃないでしょうか。
 

Qハワイでパラグライダーをする予定ですが、パラグライ

ハワイでパラグライダーをする予定ですが、パラグライダー中に写真は撮ってもらえるものでしょうか?

Aベストアンサー

ケースバイケースです。予約する時に確認をなさるのが一番です。最初から有料のフォトサービスを設定している場合と、そういうサービスはしていないが、インストラクターによっては個人的にやってくれたりする場合、また無料サービスとして設定している場合があります。

Qハンググライダーとパラグライダー

ハンググライダーとパラグライダーのどっちかを始めてみたいのですが、費用や難易度から、どっちがやりやすいですか?
どちらの方が面白いですか?

Aベストアンサー

夏のスキー場などではパラグライダーの体験コースなどをやっていることが結構あります。費用は道具のレンタル込み1日1万弱ぐらいです。道具1式購入すると数十万ぐらいかかるようです。
リフトで上ってそこからスキーの代わりに空中に浮かんで降りるという感じです。どちらかというと娯楽に近いです。

ハングライダーはやったことがありませんが、娯楽ではなく競技でしょうか。高さや距離はパラグライダーとは比べ物にならないぐらい飛距離があります。但し風が変わったりなくなったりするとコントール出来なくなってプロでも事故で死亡するケースもあるほどです。

なのでパラグライダーの方が身近で安全です。

Qパラグライダーしている方へ質問です。

都内在住のものです。初めてパラグライダーをしてみたいと思っています。

1.何からはじめればいいのでしょうか・・?
2.どこかの体験コースなどに申し込むのだと思うのですが、パラグライダーって一人で行ってもいいものでしょうか?
3.友達も作りたいのですが、サークルとかってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

パラやってます。

1.まずは、スクール探しです。都内だと、筑波、朝霧、宇都宮方面などが通いやすいでしょう。信州方面もエリア・スクールはいっぱいありますが、スキー場をエリアとしているところも多くそういうところは冬場クローズになります。秋から始めるとなると信州のエリアは避けた方が良いでしょう。
 車は必須というわけでは無いですが、電車でスンナリ行けるところは限られているので基本的には車で通うことになります。車を持っていなくても何回か通っているうちに友達ができますので相乗りとかはできるようになると思います。

2.友達と一緒に始めてももちろん構いませんが、あまり乗り気でない友達を誘ってもどうせ長続きしません。友達はエリアで作るものです。jppe8887さんが、ひとみしりが激しいとか、他人から見てよっぽど取っつきにくい人でなければ友達はすぐできます。私は嫁さんまでエリアで調達しました。

3.学生なら大学のパラグライダークラブとかありますが、社会人の場合だと通っていたスクールの卒業生で構成されるクラブに入るのが一般的です。卒業してあっちこっちのエリアに仲間でフライトツアーに行ったりするのも楽しいですよ。


 フライヤーのライセンス発行団体は現在2団体あります。いろいろ団体同士でのいがみ合いとかあってあまり気分の良いものではないです。どちらが良いともはっきり言えませんが、JHFという組織が社団法人で昔からあるライセンス発行団体。JPAというのが最近できた業界の任意団体です。スクールもだいたいどちらかの系統に色分けされます。今のところJHFライセンスでビジターフライト出来ないところは無いと思われますが、JPAライセンスは国際的には未だ認知されていないようですし、JPAライセンスでビジターフライトできないところも国内には多いのではないかと思われます。
 スクールがどちらの系列か確認した方が良いと思われます。

 ごちゃごちゃ書きましたが、あまり細かいことは考えずに天気の良い週末を狙ってまずは一日体験をしてみましょう。

参考URL:http://www.geocities.jp/y_yarita/parayellow.html

パラやってます。

1.まずは、スクール探しです。都内だと、筑波、朝霧、宇都宮方面などが通いやすいでしょう。信州方面もエリア・スクールはいっぱいありますが、スキー場をエリアとしているところも多くそういうところは冬場クローズになります。秋から始めるとなると信州のエリアは避けた方が良いでしょう。
 車は必須というわけでは無いですが、電車でスンナリ行けるところは限られているので基本的には車で通うことになります。車を持っていなくても何回か通っているうちに友達ができますので相乗りと...続きを読む

Qパラグライダーレンタル

ライセンス取得後も、パラグライダーはレンタルできるのですか?

Aベストアンサー

途中挫折の者ですが、知識の範囲でお答えさせて下さい。

レンタルは可能です。しかし、少しずつ欲しくなりますし、買い揃えるように勧められます。
一式揃えると、中古の自動車が買えますよ。

P証のことも質問されておられましたが、時間とお金は掛かるようですね。数年かかるでしょうし、一式買い揃えることも考えると100万円以上でしょうね。ライセンスがあがっていくとやはり自分の物で飛ぶ方が良いようです。

「時間とお金のある人がするスポーツ」と言われたこともあります。
空を自由に飛べると気持ち良いですしかっこいいです。やるからには頑張ってくださいね。

Qパラグライダーが急降下、地面衝突間際にジャンプ

パラグライダーやパラシュートなど、空間に飛行中の物体が落下し、地面に衝突するとします。
その際、地面衝突間際に身を離し、地上1mあたりでジャンプすれば、無傷で済みませんか?

パラグライダー、パラシュートでなく、一人用ヘリコプターなどでもいいです。

Aベストアンサー

水平速度と垂直速度がありますが、条件を単純化して、垂直速度だけにして考えてみると、要するに、何か物体とともに落下していて、地面衝突寸前にその物体を蹴り下げることによって上にジャンプすることができたとして、落下速度をどのくらい軽減できるか、という問題ですね。エレベーター落下時とかに良く議論されることだと思います。

高さ H から自然落下した場合の衝突時の速度は、√(2gH)。同様に、垂直跳びで高さJ飛び上がれる初速度は√(2gJ)です。差し引きの速度は、√(2g)(√H - √J)となり、これは自然落下の距離になおすと、(√H - √J)^2となります。



10mから自然落下した場合の速度は、√(2g*10)から14m/sec、1mジャンプする速度は、4.4m/sec ですから、9.6m/sec に減ずることができ、これは4.7mからの自然落下時の速度に相当します。思ったよりは減弱効果がありますね。

100mからだと、44.3m/secなので、ジャンプしても39.9m/secとなり大して変わりません。距離になおすと81m相当になります。致命的なことに変わりはなさそうです。

なお、機体等が無い場合には、蹴る対象がないため、ジャンプのしようがありません。また機体等を蹴ることによりその分機体等の落下速度が増すことになりそうやってエネルギー保存の法則がなり立っています。

水平速度の場合も単純な差し引きで、垂直ジャンプで1mの脚力の人が同じ速度で水平に動こうとすると、4.4m/sec = 15.8km/hなので、その程度の速度の低減ということになります。

急いでザッと計算式を作ったので、諸兄の検算等のチェックを期待します。

水平速度と垂直速度がありますが、条件を単純化して、垂直速度だけにして考えてみると、要するに、何か物体とともに落下していて、地面衝突寸前にその物体を蹴り下げることによって上にジャンプすることができたとして、落下速度をどのくらい軽減できるか、という問題ですね。エレベーター落下時とかに良く議論されることだと思います。

高さ H から自然落下した場合の衝突時の速度は、√(2gH)。同様に、垂直跳びで高さJ飛び上がれる初速度は√(2gJ)です。差し引きの速度は、√(2g)(√H - √J)となり、これは自然落下...続きを読む

Q足が不自由な人のパラグライダー(タンデム)

足が不自由な人がタンデムでのパラグライダーが可能なのかをお聞きします。

私の母は、足の付け根の状態が悪く、
走ることが出来ません。

また、あまり激しい衝撃もダメです。

そんな母は、パラグライダーをすることが出来るのでしょうか?

お尻で着地などが可能であれば良いのです。

もし、可能なのであれば、
いつかタンデムの免許をとって、
母と二人で飛びたいと考えております。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何度か経験したことがある者です。

結論から言えば無理でしょう。

パラグライダーというのはスキー場などの丘から走り下って飛ぶものです。立ったまま、歩きながらでは浮くことが出来ず助走、それもダッシュして足が地から離れるまで走り続け、そこで初めて浮いて飛ぶことが出来るのです。
風がないときは当然のこと、立ったままでも浮くぐらいの強風のときもあるでしょうが、その場合は飛んでも自分と意図しない場所に流されてしまい大変危険なので、飛行そのものが禁止されてしまいます。

また着地もお尻からでは出来ません。初心者はうまく足から出来ずに尻もちをつくことはありますが、腰などを痛めることもあるので、お尻からの着地方法はないと考えたほうがいいでしょう。着地は足からで浮力の勢いで、ピタッと止まって着地するのはまず無理でやはり走ることになるでしょう。当然地に着いた瞬間は大きな衝撃があります。

それでも疑問に思うのならば、まずは自分だけで体験コースに参加してみてください。走らずに空を飛びたいのなら気球にでも乗ることでしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報