今度、平成3年式スバルレックスの(660cc、5MT、セレクティブ4WD)に乗り始めたんですが、やり方がマズいのか燃費が悪いのです。

 国道246号線を30キロで3へ、50キロで4へ、80キロで5へ切り替えてみたところ、目に見えてどんどんガソリンが減って行きました。
 で、これが間違いであることに気づき、エンジンの回転数でギアを切り替えるようにしてみたんですが、その1/3から1/2くらいにしかなってないようです(タコメーターがないので、音が「グワァン」と鳴り始めたら切り替えるようにしてますが)。
 町田まで往復(推定30キロ)を走行したんですが、前者の実験も含め、燃費がリッター4キロという数字になってしまいました(だいぶ違うかもしれませんが、32リットル入りのタンクが1/4~1/5も減ったのです)。

 これは車の特性なんでしょうか。それとも中古だからでしょうか。
 それからエンジンが暖まってない状態で坂道を登ろうとすると、高いギアに切り替えた瞬間に、まるでクラッチがオンになったように急にスピードが落ち始め、何の対策もとらないとやがてエンストしてしまいます。
 これは正常な動作なんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

車のエンジン特性がお解りになっていないようですね。


始めの燃費の件はエンジンの回しすぎ、後のエンストの件はギヤ選択の不適切です。
平坦地を走行する場合は、早めにシフトアップ(1→2のようにギヤの数字が大きくなる)しましょう。時速30kmでも5速で走れるのではないでしょうか。
速度とギヤ選択が不適切だと、後半の質問のようにエンジンの出力が不足します。
エンジンの出力というと誤解を生じますので、走行に必要な駆動力といっておきましょう。
オートマ車の場合は、自動的にシフトダウン(2→1のようにギヤの数字が小さくなる)しますので、駆動力を維持できますが、MT車の場合はドライバーがシフトの選択をする必要があります。
止まってしまうようなことは無いけれど、快適に走行できるなるべく高いギヤを選択することを心がけてください。
坂道に差し掛かると車には平坦地の走行以上に負担がかかります。
負担がかかる分だけ駆動力を増してやる必要がありますのでシフトダウンが必要になります。
低い(数字の小さい)ギヤは駆動力があるが燃料をたくさん消費する。
高いギヤは駆動力は無いが燃料を節約できる。
と思ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

 あのあと、下北沢までざっと往復100キロ足らずをドライブしまして、色々練習してきました(^_^;
 それにしても、30キロでも5速いけるんですね。これはいいことを聞きました。
 やはり坂道で必要なパワーを素早く目算することが必要なんですね。

お礼日時:2001/12/01 19:30

>燃費がリッター4キロ


平成3年にしては、悪いです。
ただ、車は(てか、エンジンは)状態によって、効率(トルク・燃費)が全然違いますから、ありえないことではないと思います。

ただ、乗り方の面でちょっと不安を感じます。
>30キロで3へ、50キロで4へ、80キロで5へ切り替えてみたところ
大まかな目安としてはいいですが、やはり、速度・加速度(アクセルふみ具合)・回転数(エンジン音)・道路環境など総合的に状況に応じたギアチェンジとクラッチワークでいったほうがよさそうですね。

車の状態も気になります。
>やがてエンスト
 クラッチはなしたままで!? こりゃマズイ。
>音が「グワァン」と鳴り
 (どんな「グワァン」かにもよりますけど)

>32リットル入りのタンクが1/4~1/5
 これは、ガソリンタンクの形状によって、同じ減り方でも、メータに大きく出るときがありますので、満タンを基準にして100kmくらいで燃費を見たほうが、いいと思います。 

>高いギアに切り替えた瞬間に、クラッチがオンになったように
 ミッションを変えたとき、クラッチつないでないのに、落ちると言う風に読み取れますが、また、アクセルをゆるめたあととも考えられます。
 仮にそうなら、点火の電気系、燃料系かも。

とりあえず、運転と車の両面で、様子を見るというのはどうでしょうか?
 (1)軽自動車に乗りなれている人に少し預けて、燃費を出してみる。10km/Lいかないなら車をメンテ。
 (2)エンジン・燃料系のフラッシング
 (3)バッテリ交換、点火タイミング調整、(ダイナモチェック)
 (4)クラッチ板、ギャップ点検
 (5)エンジン、ミッションオーバーホール。エンジン乗せ変えも見積りだけ取ってみては?
 (6)経済走行のためには、ギヤチェンジをも少し低速で。トルクが出るところと、機嫌がいいところの速度・エンジン音を知っておく。急加速しない。

てなとこでどうでしょ。

#セレクティブ4WD って、滅びたと思ってました(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

 この質問を掲載したあとのドライブで、実は俺の車のタンクは、車の傾きによってガソリン量が変化することがわかりました(笑) 右に傾くと減って見え、逆だと増えて見えるようです。
 実験したのが大和から厚木へ向かう右カーブで、どうやらそれのせいもあったみたいです。

 あと、乗り方を工夫すれば、下北沢まで行ってもそれほどガソリンが減らないことが分かりました。
 結果的にどうやら俺が練習不足で、車が中古であることを加味して走れてないという結論が出ました。
 ので、ご回答いただいた点に気を付けて様子を見てみようと思います。

お礼日時:2001/12/01 19:36

中古だということですね。


走り方もそうですが、オイルやオイルエレメントなどは、交換済みですか?
そういった基本的な整備も燃費に関わってきますよ。
さらに、重い物を積んで入れば、その分燃費が悪くなります。
色んなものを車に積んで走っていませんか?
一度、ディーラーで見てもらうといいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 その辺の物はまだ全然です。
 なんせ納車されてまだ2日なんで(^_^;
 チェックしてみます。

 重いものと言えば……俺自身ですかね(^_^;
 あとは折り畳み自転車を載せてます。

お礼日時:2001/12/01 19:26

4WDは得てして燃費が悪いものです、4WDになったことで車重が増えるからです。


燃費を気にするならエンジンオイルやミッションオイルの交換
ガソリン添加物を入れてみるのも効かが出てくると思います
TV通販でやってる?「モーターアップ」とか入れてみたら効かが出るかも・・・
http://www.ai.wakwak.com/~sptetsu/nenpi/nenpigoo …

坂道でエンジンが止まるのは、適当なところで切り替えるしか有りません
止まるまえにエンジンが「カラカラ」とか「がっがっ」とか、いってませんか?エンジンが苦しがっています
ギアを落としてください、あまりやってるとエンジンを壊しますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

 普段はFWDで走ってるんですけど、4WD車である以上関係ないんですね(^_^;
 だったら、これから積極的に4WDモードを使ってみます(笑) あと、機会があったときにオイル周りをいいのと取り替えてみようと思います。もともと古い車なんで(^_^;

 止まる前のカラカラとか、分からなかったんですよね。
 急にスピードが落ちる感じで。
 もうちょっとよくエンジン音を聞いてみようと思います。少なくとも2年は乗るつもりなんで、大事にするコツなんかは覚えたいのです。

お礼日時:2001/12/01 19:24

エンジンとギヤの関係は、自転車や人間で考えると、判り易いので説明します。


まず、自転車の前のギヤが車のエンジン、人間がエンジンのパワー、自転車の後ろのギヤが地面に伝わるパワーと、考えてください。

そこで、自転車が坂道に差し掛かり、貴方はスピードを付けて、坂道を上がり始め、後ろのギヤを小さいギヤに、切り替えました。
そうすると、エンジンである人間は、平坦路を走るより、大きな力で踏み込むようにしない、止まってしまいますね。
エンジンに話しを変えると、エンジンに大きな力を与える為には、ガソリンの量を、大量に送り込まなくてはいけなくなります。
そして、ドンドン、ギヤをTopギヤに上げると、もっと、大量の力(パワー)が必要になり、更に多くの、ガソリンを送り込もうとします。
ここまで言うと、ガソリンの量に関する事が、判っていただけるとかと思います。

また、エンジンが止まる現象も、自転車と一緒で、後ろのギヤを、一番、小さいギヤ(車で言うTopギヤ、5段目)にすると、限りのある人間の力では、いつか、力つきて、途中で止まってしまうと思います。
それと同じで、スバルレックスのエンジンパワーにも限界があり、坂道の途中で、エンジンストップを起こしてしまいます。

燃費を気にする余り、高いギヤで走れば、燃費が良くなるのは当たり前ですが、下り坂や平坦な道と言う条件が付きで、上り坂の場合は、最適なるギヤと回転数を選ぶ事が、大切です。
また、余り下り坂で、TOPギヤばかり多用していると、エンジンブレーキの効きが悪くなり、フットブレーキばかり踏み込んでいると、ブレーキ自体が熱を持ち、ペーパーロック現象を引き起こし、ブレーキが、まったく効かなくなり、事故を起こす原因になります。
自損ならば自分が傷付くだけですが、他人を巻き込むと一生を棒に振りかねないので、下り坂でも、燃費を気にせず、一段も二段も低いギヤで、下りましょう。
ガソリン代よりも、高いモノになってしまいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

 なるほど。よく分かりました。
 なんせ免許を取ってこの方、MTと言えば家族の車しか運転したことなったんで、そういうの気にしたことなかったんです(^_^;

お礼日時:2001/12/01 19:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q燃費の悪い車

燃料高により燃費の悪い車は不人気となっていますが、最高に燃費が悪い車とはどんな車でしょうか?
アメ車の6Lくらいあるスポーツカーなんかは1Lのガソリンでどれくらい走ることが出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

最高に燃費が悪い車とはどんな車でしょうか?

多分これですよ
馬力ならばフェラーなんかおこちゃまです

コマツ、超大型ダンプトラック 960E
定格出力(グロス) kW〔HP〕/rpm 2610〔3500〕/1900

1Lで数百m以下

http://www.komatsu.co.jp/CompanyInfo/press/2008052816423905689.html

公道走れるのが定義ならば
日本国内ならば
90式戦車 排気量 21500cc
http://ja.wikipedia.org/wiki/90%E5%BC%8F%E6%88%A6%E8%BB%8A

1Lで数百mですは
800m/L位

Qバス転落直前は時速80キロ ギアはニュートラルか

>長野県軽井沢町のスキーツアーバス事故で、転落後のバスのギアがニュートラルの状態だったことが関係者への取材でわかった。

朝日の記事ですが、バスなど、大型車に詳しい方にお聞きします。
中型車だと、フットブレーキのみで完全にスピードコントロールできると思うのですが、大型車だとエンジンブレーキは必須になるのでしょうか?

Aベストアンサー

キチンとした事故調査報告が公表されてからで良い気がしますが、
今まで中型メインだったとしても、大型免許を所持している訳だから
いくら何でもニュートラルで山道を下るようなことはしないでしょ。
事故の衝撃で人や物がシフトレバーに当たったのかも知れないし、
制動系に不具合が出て、シフトダウン操作をしていた途中だったのかも知れない。

>大型車だとエンジンブレーキは必須になるのでしょうか?
 下り坂に入ったら排気ブレーキ(スイッチ)は入れたまま走行すると思います。

Q燃費の良い広い車

燃費が良くてかつ安くて、広い車を探しています。長く乗るつもりありませんので、一年間持てば十分です。

カローラワゴンが広くて、燃費も10km以上あったので、候補に入れていますが、なかなか見つかりません。ハイエースもいいですが、人気車でなかなか安いものがありません。

車あまり詳しくないので、ほかにも選択肢あれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

プロボックスなら中身はカローラワゴン(バン?)でタマ数は豊富なのでは?

Qマニュアル車で高いギアで低い回転を徹底すれば、どのような場合でも燃費は

マニュアル車で高いギアで低い回転を徹底すれば、どのような場合でも燃費は改善しますか?
例えばキツイ登り坂を上がる時でもギアを落とさずにエンスト寸前で登らせると燃費は改善しますか?AT車でも上り坂でギアを落として回転を揚げる制御が入ったときにはアクセルを緩めてギアを上げて低いレブで坂を上っています。一緒に乗っている友人はなんでそんな運転をするのかといい、遅いから後ろに迷惑じゃないかなどといいますが燃費が改善するなら私は手段を選びません、燃費を悪化らせる重りが運転に文句を言うなど言語道断です、走行中蹴り落としてやろうかと思いました。後ろの車の事なんて気にしません、そもそも旧規格の軽自動車頑張ってもおそいですから発進加速上り坂で流れに合わせるのは無理。気にして燃費の悪い運転をしたことにイライラそれに対して後ろの車が感謝してないだろうなとイライラ、それで煽られてもしたらさらにイライライライライライライラ。エンジンをかけた瞬間からガソリンがみるみる減っていると思うとそれだけでイライラします。他人の為に無駄なガソリンをつかわされたと思うと殺意を感じます。

Aベストアンサー

元長距離ドライバーです。
ローギア=燃費が悪いというのは嘘ですね。
ハイギアで無理矢理走るのは、エンジンそのものに負担がかかり、ブレーキもローギアとの時と違い、登り坂や下り坂では、頻繁にブレーキを踏む事になります。
返って、燃費を悪くします。
燃費良く走るドライバーは、山道や一般道でも、ギアを適切なポジションに選び、ブレーキをなるべく踏む事はしないです。減速の時も、回転に併せてギアを下げていきます。
それは、ほとんどの車の料噴射装置が、コンピュータで管理されているからです。ローギアで回転をあげたとしても、実際は燃料噴射装置が、燃料噴射を制御する為、ほとんど燃費に影響はしません。
返って、ハイギアロー回転で走ると燃料噴射装置が、ガソリンを送ってしまい、燃費は悪くなります。
それどころか、エンジンに負担がかかり車をダメにしてしまう可能性や、ブレーキの減りが早くなったり、タイヤのへんべりなど、燃費よりも遥かにお金がかかる、可能性があります。
後は暖気運転ですね。
水温計があがり始める位で良いと思います。
暖気運転する事によって、燃費は向上します。
暖気運転しないですぐ運転すると、不完全燃焼状態で走る為、燃料の減りも早くなってしまいます。
車はエンジンが暖まると燃費がよくなる構造になってます。
最後になりましたが、
高速道路などは、100km~110kmの間で、スピードを一定に保って走る事です。
長くなりましたが、参考までにと思い、回答させて頂きました。

元長距離ドライバーです。
ローギア=燃費が悪いというのは嘘ですね。
ハイギアで無理矢理走るのは、エンジンそのものに負担がかかり、ブレーキもローギアとの時と違い、登り坂や下り坂では、頻繁にブレーキを踏む事になります。
返って、燃費を悪くします。
燃費良く走るドライバーは、山道や一般道でも、ギアを適切なポジションに選び、ブレーキをなるべく踏む事はしないです。減速の時も、回転に併せてギアを下げていきます。
それは、ほとんどの車の料噴射装置が、コンピュータで管理されているからです...続きを読む

Qプリウスは何故低燃費?

車カテとはちょっと違うかなと思いこちらに質問します。間違っていたらご指摘下さい。

今、大人気のハイブリッドカーですが何故燃費が良いのでしょうか?
電気モーターで駆動している間はエンジンが止まっているというのは解るのですが、バッテリを充電するためにはガソリンを余計に消費してエンジンを回転(?)させる必要がありますよね。
単純に考えると、返って無駄が多くなり燃費が増えるような気がするのですが……

Aベストアンサー

私が知っている限り、普及している最もエネルギー効率が良い長距離移動手段は電車です。
この電車も、最初は電気を食いすぎて、朝のラッシュ時など、電車が大量に線路に出ると、電気が足りなくなって立ち往生してしまったなんてことがあったようです。
モノが動くとき、最もエネルギーがいるのが、動き始めるとき、次が加速するときと坂を上るときです。逆に停止するとき、減速するとき、坂を下るときは電気を使いません。
また、定速で走っているときもあまり使いません。

で、今の電車の仕掛けでは、停止するとき、減速するとき、坂を下るときに、回生ブレーキというのを使って、電気を発電して架線にもどす仕組みになっています。
このため、朝のラッシュ時でも電気が足らなくなって立ち往生する、ということがなくなりました。

走ったり止まったり、坂を上ったり下ったりする乗り物では、どれでも利用できるしかけですね。車よりも早く、電動自転車でも採用されている商品があります。

Q低速ギアと高速ギア

http://www.yanagawa-seiki.co.jp/factory/mission.html

リンクのギアの役割のところで、低速ギア時と高速ギア時の比較のところがわかりません。低速ギアはどういった状況の時に使われ、どういうメリットがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 そのサイトの画像を元に話します。
 低速ギアではエンジンの回転数が半分(2000回転だとタイヤの回転は1000回転)しか伝わりませんが、回転力は2倍になっています。
 発進時や坂道など回転力が必要な場合は、低速ギアを使ってスピードを犠牲にして力を発生させているわけです。

 高速ギアではエンジンの回転数が2倍(3000回転だとタイヤの回転は6000回転)になっています。この場合回転力は半分になります。
 スピードが増すと回転力はあまり必要なくなりますので、タイヤを高速回転させるために高速ギアに切り替えます。

 なぜこのような仕組みが必要かというと、エンジンは低回転では回転力(トルクと言います)が少ししか出ないのです。しかし止まっている車を動かすためにはたくさんの回転力が必要です。そのために低速ギアで回転を落とす代わりに力を得ているのです。

Qアドレスとスペーシーの燃費差について

スズキのアドレスかホンダのスペーシーかを通勤用のバイクで買おうと思っています。

アドレスの方がリッター40キロ
スペーシーが36キロ

とカタログに書かれているのですが、燃費で1割も違う物なのでしょうか?
バイク屋に聞いたところ、「アドレスの方が人気がある」ということでおすすめのようなのですが、スペーシーの100よりも3万円程割高です。
リッターで4キロしか変わらないのであれば、3万円のガソリン代で償却使用と思うと相当走らないと割に合わないですが、装備はアドレス(V125G)の方が良いのでどうしようか迷っています。

実際、カタログほど燃費の差が出るのか教えてください。

Aベストアンサー

カタログは「大本営発表」ですから、ハッキリ言って実用になりません
よ。車だってそうでしょ?

実際の燃費は使用方法によってすごく変わります。まぁ、カブのように
ほとんど変わらないスーパーバイクもありますが。

維持費を考えるなら、オイルとかタイヤを考えたほうが良いです。
タイヤは細くて大径が減りにくいからお勧めです。もちろん、2ストは
NGですね。また、夜乗る機会が多いと思うので、バッテリーやライト
の大きいものがお勧めです。
*3万4万の金額差を考えるなら、これらを考えたほうが良いです。

Q雪道での走行 高いギア? 低いギア?

雪道の様な滑りやすい道路を走る時は、2速や3速で、エンジンブレーキがかかりやすい状態で走行・・・ と聞いた様な気がしたのですが、会社の人が4速とかの高いギアにして、回転数を下げトルクを抑えた方が良いと言っていました。 確かに同じ速度ならば、4速よりも2速や3速の方が回転数は高くなりますよね?
 この様に、同じ速度(時速30~40キロぐらい?)だったのならば、どちらが安全ですか?

Aベストアンサー

 加速及び巡航中は、#5さんの言われる通りの理由で、低いギアはだめです。
 但し、エンストのショックがタイヤに伝わってスリップする事もあり得ますから、高いギアのほうが良いとも言えません。
 私の場合は、ギア比は夏場と同じです。
 ギア比云々よりも、アクセル、ブレーキ、ハンドル等の、運転操作のやり方のほうが、重要だと思います。
 踏んだり回したりする時はもちろん、元に戻すときも、ゆっくりと注意深く行います。

 減速は、エンジンブレーキが主体で、それだけで止まる位の気持ちで、充分過ぎる程の余裕を持って行います。
 たまに勘違いをされている方も居られるのですが、エンジンブレーキとは、ギアを落とすことではありません。
 アクセルの踏み加減を、現在の車速を維持する場合よりも浅くして、車の運動エネルギーを、エンジンを回すのに消費されるエネルギーに転換することによって、減速する事なのです。
 ですから、エンジンの回転数が大きい程、消費するエネルギーが多く、ブレーキ力が大きくなります。
 ギアを落のは、車速当りのエンジン回転数を上げて、ブレーキの効きを良くするためです。
 つまり、60km/hならば4速でもエンジンブレーキは、それなりに効きますし、これが40km/hだと4速では効きが悪いので、3側に落とす必要が出て来るわけです。

 従って、ギアを4速で60km/hで走っている時に、エンジンブレーキを使うために、いきなり3側に落としてしまうと、ブレーキが効きすぎてスリップする恐れも少しはあります。
 安全を考えるならば、
(1)まずギアを変えずに、アクセルを少しゆっくり目に戻し、
(2)ブレーキパッドやシューがディスクやドラムに触れない程度に、ブレーキペダルを踏んで、テールランプを点灯させ、後続車に注意を促します。
(3)速度が落ちて来てエンジンブレーキの効きが鈍くなる手前あたりで、クラッチを切って、
(4)シフトレバーを1段落とし(間違えて2段以上落とさないで下さい)、
(5)クラッチを繋ぐときのショックを減らすために、軽くアクセルを吹かしつつ、クラッチを繋ぎ、
(6)(1)~(4)の操作を繰り返して、速度を落とす。
(7)停止する場合は、充分に速度を落としてから、フットブレーキを注意深くゆっくりと踏んで停止する。
(速度が10km/h程度でも滑る時は滑りますので、最後まで気を抜かないで下さい。)
と言うのがベストだと思います。

 最近の車にはABS装着車が多いと言っても、中には未装着車もあります。
 ご自分が運転される車には、ABSが装着されているかどうかを、念のために確認しておきましょう。
 例え装着されていても、油断してはいけません。
 ABSとて、伝家の宝刀ではありません。
 乾燥した路面と比べれば、確実にブレーキの効きは落ちていますし、ABSによっては、複数のタイヤが同時にロックした場合には、機能しないものも中にはあるらしいと聞いています。
 ABS装着車であっても、なるべくならフットブレーキを効かせる前に、エンジンブレーキ使って速度を落としたほうが良いと思います。
 季節やブレーキ装備に関り無く、フットブレーキを使う際には、エンジンブレーキを併用するのが基本です。

 余談ですが、北海道の場合、一般道でも80km/h程度で車が流れており、冬でもあまり速度が落ちません。
 私も60~70km/h位平気で出すのですが(←もちろん積雪路)、長蛇の列の先頭になり、どんどん追い越されました。
 3速等ではとても走れません。
 もしも、冬の北海道へ行かれるような場合は、道外の方は、ご自分で運転されたりしない事をお勧めします。

 加速及び巡航中は、#5さんの言われる通りの理由で、低いギアはだめです。
 但し、エンストのショックがタイヤに伝わってスリップする事もあり得ますから、高いギアのほうが良いとも言えません。
 私の場合は、ギア比は夏場と同じです。
 ギア比云々よりも、アクセル、ブレーキ、ハンドル等の、運転操作のやり方のほうが、重要だと思います。
 踏んだり回したりする時はもちろん、元に戻すときも、ゆっくりと注意深く行います。

 減速は、エンジンブレーキが主体で、それだけで止まる位の気持ちで、...続きを読む

Q燃費効率が悪いです

 私は一昨年の九月に新古車でダイハツのムーブを買いました。
人気の軽自動車で、かなり燃費がいいときいていました。
なのに、ガソリンの減りが早いのです。平均燃費が表示されているのですが、リッター14か15キロほどしか伸びません。一度だけ18キロになりましたが、その後はさっぱりです。ちなみに、乗車しているときは私一人、あるいは助手席に家族が一人と、重量が重過ぎるわけではないはずです。
 週末にしか車は乗らないので、ガソリン代が高くついて困るといううことはあまり無いのですが、もしかして故障ではなんて思ってしまいます。
 本来なら、購入したお店に相談したらよいのですが、ダイハツの販売店ではないし、購入時についてきてもらった親戚がかなり値切ってくれたため、なんとなく相談しにくくて困っています。
 車オンチの悩みに、アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の方が仰られているとおり、ごく普通の数値です。
全然悪い数値ではありませんよ♪

 カタログ燃費は、まったくと言って良いほど意味がありません。
流石に、今までの「10.15モード」計測燃費では、実態と異なり過ぎる為か、今年から新しい計測基準に切り替わりつつあります。
それでもやはり、実態と比べると良い数値になります。

 車の燃費は、車重と空気抵抗で概ね決まります。
ムーブは重量900kgくらいなので、1000kg位のコンパクトカー(1300ccの車を想定)と比べると、1割ほど燃費が良くなりますが、背の高い軽自動車は、空気抵抗が悪かったり、コーナリング性能が劣る事からブレーキ制動を多用することがある為、1300ccのコンパクトカーよりも燃費が悪くなる事は、ごく普通の事です。
 2500ccで1500kgの重さの普通車の実用燃費が10km/Lとすると、重量差で考えると、900kgのムーブは1.65倍良い燃費となりますが、空力特性が悪いので1.4~1.5倍(14~15km/L)くらいが妥当なところです。
 乗車人数が増えると更に、重量差が少なくなります。

 2000ccくらいのミニバンで、カタログ燃費よりも相当悪い実用燃費となるというのは、車高が高い事から空力特性が悪い事と、コーナリング性能が悪い事から、加減速を頻繁に行なう必要があることから、そうなります。

 エンジン効率で、数%くらいは変わってくるものと思います(普通のエンジンで)。そしてトランスミッションも効率の良いものを悪いものとで数%程の誤差が出てくるものと思います。

他の方が仰られているとおり、ごく普通の数値です。
全然悪い数値ではありませんよ♪

 カタログ燃費は、まったくと言って良いほど意味がありません。
流石に、今までの「10.15モード」計測燃費では、実態と異なり過ぎる為か、今年から新しい計測基準に切り替わりつつあります。
それでもやはり、実態と比べると良い数値になります。

 車の燃費は、車重と空気抵抗で概ね決まります。
ムーブは重量900kgくらいなので、1000kg位のコンパクトカー(1300ccの車を想定)と比べると、1割ほど燃費が良く...続きを読む

QF1カーの燃費とスポーツカーの燃費のことで

F1カーの実際一般道を走るときの燃費を教えてください。 スポーツカー(エンツィオフェラーリ や NSX )の燃費も教えてください。

Aベストアンサー

>F1カーの実際一般道を走るときの燃費
F1カーが一般道を走るということ自体が不可能に近いですし、燃費を測るにも数10キロも走れないので計測不可能と言えるでしょう。
どうしてかと言うと、F1カーの回転数は常用が1万5千~1万8千回転です!
ギヤ比が全く違います。1速ぐらいしか使えないでしょうし、市販車と同じ感覚ではトルクが無くてキープしては走れないでしょう。これでは燃費ウンヌン・・です。

レースでのF1カーの燃費は概ね3キロ以下です。市販車でノーマル状態であるスポーツカーの自然吸気型エンジンでは7~8キロ台、ターボ(強制吸気型)エンジンでは6~7キロ台でしょう。
ガンガン走っても自然吸気型エンジンではそんなに燃費に差は出ません。しかし、ターボエンジンでは最大過給圧で走ると極端に悪化します。

私のクルマでサーキットランすると6キロ台から4キロ台に落ちます(ライトチューンのときで)。

市販車でもレースカーになるとパワー&トルクを引き出すために回転数を上げます。それに車重があるので燃費は市販車と比較して極端に悪化し、F1カーと差ほど変わらないくらいになります。

>F1カーの実際一般道を走るときの燃費
F1カーが一般道を走るということ自体が不可能に近いですし、燃費を測るにも数10キロも走れないので計測不可能と言えるでしょう。
どうしてかと言うと、F1カーの回転数は常用が1万5千~1万8千回転です!
ギヤ比が全く違います。1速ぐらいしか使えないでしょうし、市販車と同じ感覚ではトルクが無くてキープしては走れないでしょう。これでは燃費ウンヌン・・です。

レースでのF1カーの燃費は概ね3キロ以下です。市販車でノーマル状態であるスポーツカー...続きを読む


人気Q&Aランキング