ネームシールを作っていていつも不便に感じるのですが、ラベル屋さんなどのソフトだと、16面や22面にすべて同じ事柄しかプリンタ出来ず、そんなに必要ないし勿体ないので何か良い方法がないものかしら?
AppleWorks 6のドローで枠を自作してみましたが、びみょーにズレたりしてあまりうれしくありません。
どんな方法でも良いので、何か良いお知恵がありましたらお教え下さいませ。

A 回答 (2件)

「ラベル屋さん」をお使いですか?



でしたら、
「印刷設定」の所で「全面印刷」のチェックをはずし、
「枚数」「開始位置」を指定すれば、一枚の紙に希望枚数だけプリント出来ます、
また、ここでの「プレビュー」も可能です。

お試し下さい…。

参考URL:http://www.a-one.co.jp/download/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでしたか。「ラベル屋さん」で出来れば助かるわ。試します、まずは御礼まで有り難うございます。

お礼日時:2001/12/01 16:03

「ラベル屋さん」の「お読み下さい」に書いてありますがテキストの流し込みで1枚ずつ違う物にすることは出来ますよ。


テキストの領域を設定し適すと設定ウィンドウが出てきたら「リンク」をクリックしてリンクする列を設定し、「編集」メニューの「シートの編集」で表計算みたいな画面が出てきますのでそこで指定した列に書き込めばいいんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あっ。そうそう、あの表計算みたいな画面がそれなんですか。私にはおよそ関係ない物と考えてすぐ閉じちゃってたわ。「流し込む」と言う意味も勘違いしてたわ、聞いて良かった。有り難うございました。

お礼日時:2001/12/01 16:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAppleworksドローで作った図をwinワードに貼り付けたいのですが

これまでiMacのAppleworks6で簡単なチラシを作ってきました。
今回、わけがあってwinのワードでチラシを作る必要があり、Appleworksのドローで作った地図やロゴをワードの中に貼りこみたいのです。

別に編集する必要はないので、ドローのデータをGIFなどの画像データに変換して貼り付けてやればいいと思ったのですが、そのまま保存すると、ディスプレイ用の低解像度の画像しか作れません。
(フォントや曲線がギザギザになってしまいます)

何とか工夫して、印刷に耐える高解像度の画像データを作ることは出来ないでしょうか?

ちなみにスキャナは持っていません。
(いざとなればMacで印刷したものを、のりとはさみで切り張りするという手もありますが・・・)

使用環境は:
iMacDV/400(2000summer)、OSは9.2、WINの側はXP、ワードのバージョンは・・・見方がわかりません(泣

皆様よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。まず当方の環境がOSXですがおそらく同様に表現できるかと思いますので・・・。Appleworksで作製した物を別名で保存(ファイル形式:JPEG(QT))そのファイルをWORDの挿入(図:ファイルから...)これで何とかなりませんか?ただ上記の様に単にAppleworksで保存した物をWORDで挿入するとなぜか読み込んだ図形等の周りが少し欠けてきます(当方の環境だと)その場合必要な図形の周りを“長方形ツール”で囲んでみてください。その際に色や、塗りがあると当然WORDでも色付きの枠が出てきますので長方形ツールでの色、塗りの設定をなしにしておいてください(つまり透明の枠ですね)

QAppleWorksのドローとペイント

パソコン初心者です。AppleWorksのドローとペイントの概念がどうもピント来ません。フォトショップとイラストレーターの関係ですか?それもよく分かりませんけど。オブジェクトとかピクセルがどうのこうのと言われても。具体的に言うとどう違うんですか?どなたか目からウロコの回答をお願いします。

Aベストアンサー

グラフィックソフトには、大きくわけるとドロー系とペイント系があると言われる理由は、以下の違いです。

例えば、数字の”1”を絵に描く時、

ペイント系では・・・こんな感じです。

行番号
1 □□□■□□□□
2 □□■■□□□□
3 □□□■□□□□
4 □□□■□□□□
5 □□□■□□□□
6 □□□■□□□□
7 □□□■□□□□

1番目の行番号では、2進数で”00010000”なので16進数でいうところの10H(十進数でいう16)になります。
同様に2番目は、2進数で”00110000"になるので、16進数でいう30H(十進数でいう48)になります。

つまり、データとして保存する時には、16進数でいうと
10,30,10,10,10、10,10となります。

一方、ドロー系では次のようになります。

基準点から左に1、下に1つの移動量の所までの距離に点を打つ、基準点から下に6つ移動した距離までに点を打つ。
これをそのまま実行すると数字の”1”の様な絵が書ける事になります。

CL1D1:CD6

解釈:基準CenterからLeftに1コ、Downに1コ書きながら移動、基準CenterからDownに6コ書きながら移動

【考察】

ペイント系のビットマトリクスの状態の場合は、重なっている判断などは見た目は単純ぽくみえますね。データ量は多く、最大のポイントは拡大すると角が荒くなってしまいます。処理が簡単になりますが、拡大縮小などは品質が落ちる事になります。

一方ドロー系のベクトルデータとして保存するタイプでは、情報が少なくて済む、拡大縮小しても線は細いままの状態で丸い角は、丸いまま拡大され品質は保たれます。
つまり、拡大縮小しても情報は残るので丸いものは丸いままでいつまでも保存可能になるのです。ただし、線や面が交差しているなどの判断は、別に仕組みを用意する事によって比較的簡単ですが用意する必要があります。

以上で、わかりましたか?

グラフィックソフトには、大きくわけるとドロー系とペイント系があると言われる理由は、以下の違いです。

例えば、数字の”1”を絵に描く時、

ペイント系では・・・こんな感じです。

行番号
1 □□□■□□□□
2 □□■■□□□□
3 □□□■□□□□
4 □□□■□□□□
5 □□□■□□□□
6 □□□■□□□□
7 □□□■□□□□

1番目の行番号では、2進数で”00010000”なので16進数でいうところの10H(十進数でいう16)になります。
同様に2番目は、2進数で”00110000"になるので、16進数でいう30H(十進数でいう48...続きを読む

QAppleWorksの後継がiWorkとも言われていますが、ドロー環境

AppleWorksの後継がiWorkとも言われていますが、ドロー環境がメインの小生としてはいささか役者不足(使い物にならない)近いうちにAppleWorksのドローようなアプリがiWorkに入る?といった情報はないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
どの程度お使いになるのか判りませんが、OpenOfficeのドローの機能でもそこそこ使えます。
また、ドローの機能だけなら、Inkscapeのほうが良いと思いますよ。
X11で動くのでショートカットキーなどMacっぽくありませんが、機能と使い勝手はフリーでは突出してます。Inkscape以上の機能となると、Illustratorしかないでしょう。
http://www.inkscape.org/download/?lang=ja

QAppleWorksのドローに張り付けた表計算で可能でしょうか?

AppleWorks 6.2.7の
ドローに 表計算を2つ張り付け
一方の表計算の答えがもう一方の表計算のセルにも
自動的にでるようにできるでしょうか?

また、エクセルのようにセルの結合はできないのでしょうか?

Aベストアンサー

AppleWorksの前身であるClarisWorksでの回答になりますが、同じ機能が存在すると思います。

複数のフレームをリンクして使える機能があります。

・表計算フレームを一つ作ります。
・その表計算フレームを選択した状態で『コマンド+L』もしくは『表示メニュー』から『フレームリンク』を選択して下さい。
・フレームの下に三角のマーク(継続インジケータ)が表示されますので、それをクリックしてから、もう一つの表計算フレームを作ります。

『ヘルプ』を使って『フレームリンク』で検索すればもっと詳しい情報も得られると思います。

QAppleWorksのドローで

点線(破線)を描くことはできないのでしょうか?
インターネットやヘルプなど色々調べましたが分かりませんでした。

Aベストアンサー

AppleWork6が入ってますが使ったことないです。

左下のペン設定ボタンを選択
その横の白黒パターンパレットから、例えば斜め線のパターンを選択
直線ツールで描く
とすれば破線にはなります。
引く破線の方向によってパターンを変えてごまかして下さい。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報