子どもが乱視による弱視だと言われました。早速めがねを作ることにしましたが、すでに6歳になったところです。
両目とも悪く、0.5ぐらいで、左目は更に悪いようです。
眼鏡処方箋では遠用、円柱鏡:右+2.0D、左+2.5D、瞳孔距離56でした。
『6歳を過ぎていること』や『両目であること』などからも厳しい状況だと言われています。

年齢的なことを考えると、効果的、集中的な訓練が必要ではないかを思うのですが、「視力の発達を促す効果的な訓練方法」やそのような「指導を行ってくれる専門的な機関・専門医」、「効果的な器具」、「参考になる書籍」、「専門的なアドバイス」、「その他経験談、注意すべきこと」も含めて何でも教えてください。
なお、居住地は三重県中勢地区です。

ぜひ、皆さんの情報をください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>眼鏡処方箋の角度は、右90度、左90度となっていました。


なるほど、これは確かに乱視の処方で、単性遠視性乱視という診断になります。
ただし、6歳の幼児の場合、遠視(つまり球面レンズ)の入らない円柱レンズだけの単性遠視性乱視は大変に少ない確率です。
普通は、複性遠視性乱視か混合乱視がほとんどだからです。
(たまには複性近視性乱視もありますが・・・。)

この処方箋を書いてもらう前の検査で、サイプレジンという二日間ほど瞳が開いて見にくくなります・・という説明を受ける検査用の点眼薬を点して、一時間ほど待ってから機械でもう一度屈折度数を測る検査をしましたが?

10歳前の子供には生理的に遠視が隠れていることが多くて、これはこの薬を使用する精密検査をしないと見逃すことがままあります。
この遠視をきちんと加入した乱視の眼鏡をしっかり掛けてもらわないと、弱視の訓練治療としての眼鏡としては不適切ということになります。

もしそういう検査はしてなくて、受信したその日に視力を測っただけでこの眼鏡の処方箋を書いてもらったのなら、もう一度別の大きな病院の眼科でセカンドオピニオンをお受けになる必要があると思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびのアドバイスをありがとうございます。
ご指摘の通りでした。後で後悔するところでした。本当にありがとうございました。

近くに弱視外来があり、訓練室等を持つ眼科をやっと見つけ、受診しました。
結果は前のものとはかなり違うものでした。検査方法も前は4~5時間瞳孔を開いておく薬でその場で視力を測りましたが、今回は4~5日瞳孔が開いている薬で、眼鏡の処方箋も5日後でないと測れないので後日となりました。

先生の説明も相当違うものでした。前は、このままだと免許も取れなくなりそうだという悲観的なもので、訓練は眼鏡をつくれば良いというものでした。また、左が特に悪いが両目とも悪いのでアイパッチも必要ないと言われました。次の受診も2ヶ月後です。
今回は、遠視が強く出ているが矯正能力も付いてきているため、十分期待できる。ただ、左が少し悪いので左を中心にしっかり訓練しましょうというもので、訓練方法も医院に通って指導してもらうことになっています。

取り返しのつかないことになるところでした。心から感謝しています。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/03 17:00

眼科医です。


大丈夫ですよ、まだ短期間に改善する可能性は残されています。

私のところでも就学時検診で発見された弱視を早ければ半年、かかっても一年以内に0.7以上、特に1.0まで引き上げてます。
ただし、家庭や学校(幼稚園や保育園)での正確な眼鏡常用が絶対条件になります。
8歳を過ぎると、弱視訓練の効果は半減し12歳以上はもう無効とされますが、乱視系の場合は、その後もハード系のコンタクトレンズ装用することで、さらにアップが期待できます。

ただ、
>眼鏡処方箋では遠用、円柱鏡:右+2.0D、左+2.5D、瞳孔距離56でした。
とのことですが、これでは乱視ではなくて遠視系の記載になります。
円柱レンズというのは確かに乱視のことなんですが、乱視の場合は、この数字の後に角度Axis○○度というのが必ず入るはずです。
また乱視だとしてもそう強い度数ではありませんよ。

それから民間の「効果的な器具」だの”視力回復うんぬん”・・だのに頼ってはいけません。
それらでは眼鏡を外すように指導してくる為に、手遅れになっているのを何度も経験しています。
後からどんなに悔やんでも取り返しがつきませんね。

医療機関なら、大学病院はもちろん間違いないでしょうが、地元でも白内障の手術を施設内で手がけているレベルの眼科であれば、積極的にちゃんとした方針を立てて対応してくれるはずです。
ずっと通院することになりますので、行きやすさも大切かと思います。

お大事に・・・。

参考URL:http://www.santen.co.jp/health/shasi.html

この回答への補足

丁寧な回答を頂き、ありがとうございます。
眼鏡処方箋の角度は、右90度、左90度となっていました。情報が抜けていて申し訳ありませんでした。

補足日時:2001/12/02 00:28
    • good
    • 1

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「小児眼科」
http://www.hospital.ne.jp/pg/mie.html
(三重県)
このページで「地区名」「眼科」にチェックを入れて、「検索開始」ボタンをクリック⇒詳細表示

・三重大眼科
・名大眼科

これらの病院に「弱視外来」があるかどうかTELで問い合わせては如何でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.wellmet.or.jp/~amoz/ped.html

この回答への補足

結果としては、三重県津市にある「三木眼科」という医院に弱視外来がありました。
視能訓練士さんもみえ、訓練室等もあって、丁寧な対応をしてくださるところが見つかりました。
いろいろありがとうございました。

補足日時:2001/12/04 11:57
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答をありがとうございます。
三重大の大学病院では、やっているようです。大学病院には一度行こうと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/12/02 00:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3歳半の子供が弱視(目の屈折異常)と診断されました

 こんにちは。私は3歳半の子供を持つ母親です。この間、3歳児検診に

子供を連れてゆき、斜視の疑い有りと指摘され、近所の眼科を受診した

結果、両目の屈折異常(弱視)と診断されました。その眼科で視力検査を

した後、小児眼科へ紹介すると言われましたが、その眼科ではあまり小児

眼科で弱視の専門医を知らない様で、もし治療を受けるなら大阪府内の

小児眼科で弱視の矯正、または訓練を専門に行い、成果を挙げている

ところへ紹介していただきたく、自分でも色々と調べていますが、実際

そういった御子さんをお持ちのかたで、治療に通われているかた、もしく

は昔ここへ治療に通って良くなったよ、という経験をお持ちの方がいらっ

しゃれば、ぜひ情報を提供していただけないかな、と思い、質問させて

いただきました。ご回答のほど、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

お子さんが弱視とのこと・・・。
とても心配ですよね。


有効な回答が出ていないようですので、
少し私からもコメントいたします。



例えば、こちらの病院の小児眼科はいかがでしょうか。

東京慈恵会医科大学附属病院
http://www.jikei.ac.jp/hospital/honin/sinryo/26.html


専門医がいらっしゃるようなので、、、

・弱視の視能矯正訓練
・斜視手術

このような処置をしてもらえると思います。



・・・



斜視が原因で、子供の見る能力が
成長しないことがあるようですね。


子供は、乳幼児期にものを見る訓練をして
少しずつ立体的に見る能力を高めていきます。


そのため、斜視などの障害を放置していると、
見る脳力が十分に鍛えられず、弱視になって
しまうわけです。


3歳くらいまでに適切な治療を開始すれば、
治る可能性が高まるようなので、今ならまだ
大丈夫だと思いますよ。

参考URL:http://xn--vsqx6es3ecuf8ogcqk91mn69c.com/

Q『至急』斜視の手術についてお聞きしたいのですが、左目が外斜視で今日専門

『至急』斜視の手術についてお聞きしたいのですが、左目が外斜視で今日専門の病院に紹介状を書いてもらって受診してきました。「手術」を勧められました。ほかに方法はないですか?と聞いたのですがないそうです。ただ手術は迷っています。遠くを見るのは問題なくて、パソコンをするときに右目だけで見てるような感じになって少ししんどい程度です。このような状態でも手術すべきでしょうか?二重に見えたりもありません。今年の8月から(ストレスのせいか?)急に斜視が出てきました。私としては手術したくないのですが。2泊3日の手術だそうです。手術の返事をとりあえず待ってもらっています。どなたか良きアドバイスを宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>すぐに回答が欲しいです 『至急』斜視の手術についてお聞きしたいのですが

此れに回答する為には、医学知識と実務経験が無いと簡単には答えられない問題だと思います。 質問者さんの一生に関わる(手術すれば元には戻せない)

増してや私のように素人が自分の体験(両目共手術した)談を語っても、今の病状や手術方法等が異なれば、当然結果も違って当たり前だと思います。
---
さて、私の場合は遠い昔の事ですから、今とは、手術方法も違って居るとおもいます。
--
発端は、疲れてくると右目が外へ向く(普段は異常は出ない←潜伏性斜視)と言う症状が出て(それまでは視力は正常で眼鏡など必要では有りませんでした)、眼鏡屋でプリズム眼鏡と言うものを薦められて暫く使用して居ました。

人間と言うのは横着な物で、プリズムで強制して居ると、自分の目の筋力で正面を向ける事を放棄して仕舞い、今までなら体調のいい時は正面にきちんと向いていた目が、常時外を向いた儘で、プリズム眼鏡を外して正面へ眼球を向けようとするととても疲れて、面倒臭いので常時プリズム眼鏡を掛右目は常時外へ向いた儘で過ごすように成りました。

その後、夜間の運転の時矢印信号がアスタリスクのように見えるように成って信号が変わってもどっちへ矢印が向いて居るのか判断が付かない為後続車から再三怒鳴られる事が多くなり、眼鏡屋から東大病院への紹介状を貰い受診しました。

当時その道では最先端の研究者とされて居た教授の受診を受けました。
説明では、「人間は元々海から丘へ上がった生物なので、基本的に皆な左右の目が外へ向く構造なのだ」と説明されました。

私とすれば右目だけが外へ向くので、右目だけの手術だろうと思って居たのですが、↑先の説明のように両眼が外を向く構造なので、両方手術しますと言われ一寸驚きましたが、兎も角当時その道ではトップを行く先生の言葉なので否応無くお任せでお願いしました。

2~3週間入院して、退院許可が下りた当日は、実際は、良く見えなくて電車での帰途はとても不安な思い出帰宅しました。

1~2週間後には慣れて車の運転も出来るように回復しましたが、運転席から左右の窓を覗くと、風景が二つに見え(乱視のようにダブルのではなく、鮮明に二つ見える)左右共正面から40度以内ならまともに見えますが、それを越えると頭の中が混乱を起こす為、正面から40度を越えて見たい場合は、首を左右に回して見ないと危なくて運転に支障をきたしました。

その内に治るだろうと思って居ましたが、今もその症状は続いています。(あれから干支は何ん周りも々々もしましたが…)
--
その他にも(痔の手術や前立腺の手術も)受けましたが、病的な部分は治っても、いわゆる後遺症的部分で大きな不具合を感じています。
--
後遺症と言うのは、手術方法や執刀医、又受ける側の病状の軽重や体質等で症状はまちまち(さまざま)なので必ず出るとは限りませんし、後遺症で悩んで居る人の話を聞くと同一症状では無い場合が殆どのようです。
ですので、後遺症の事を手術前に説明を求めても、在り来たりの説明しか出て来ないと思います。
----
もし、手術を受けられる場合、後遺症が出なければ、ラッキーと思う位の覚悟は頭の隅に留め置いて居た方が良いのではと思います。

以上、参考には成らなかったかも知れませんが、手術には、後遺症はつきものだと思って居た方がいいと思います。

結論としては、手術で良くなる部分と多少の後遺症は我慢を天秤に掛けて決断される事だと思います。

---
当時、手術後のリハビリ等は一切有りませんでした。

>すぐに回答が欲しいです 『至急』斜視の手術についてお聞きしたいのですが

此れに回答する為には、医学知識と実務経験が無いと簡単には答えられない問題だと思います。 質問者さんの一生に関わる(手術すれば元には戻せない)

増してや私のように素人が自分の体験(両目共手術した)談を語っても、今の病状や手術方法等が異なれば、当然結果も違って当たり前だと思います。
---
さて、私の場合は遠い昔の事ですから、今とは、手術方法も違って居るとおもいます。
--
発端は、疲れてくると右目が外へ向く(普段は異...続きを読む

Q子供の弱視は突然なりますか?

5歳の子供の事です。

保育園の検査で左目が0.7以下の可能性があると言われ、先日眼科を受診しました。

遠視の疑いがあるとのことで後日サイプレジンを使用し再検査することになっています。

実は昨年も同じ園からの通知で眼科を受診しましたが、裸眼だと左目が0.9、矯正で1.2まであったので(右目は裸眼で1.2です)再検査もなく、治療必要なしと言われ安心していました。

今回は左目が裸眼で0.8、矯正で0.9でした。

ちなみに昨年とは違う眼科を受診しています。

弱視は先天性のもので早期発見が治る近道だと聞いていましたので昨年の結果で安心していたのですが、今回の結果で驚きと不安でいっぱいです。

サイプレジンの検査まで2週間以上もあるので不安でご質問させていただきました。

この一年間で弱視になるものなのでしょうか?
また、サイプレジンの検査で弱視ではないという結果もあるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

5歳ということで、微妙なラインですが、

お子さんの「見え方」は、「目」の力としての見え方と、「認識」としての見え方の両方が考えられるので、一概に「見えて」いるかどうか、、、というのは判断しにくいものがあると思います。

また、ストレスやその他の影響で、本来見えているのに「見ていない」という場合もあると思います。

Q左わき腹・左背中の痛み・・・

ここ2週間ほど、「くしゃみ」・「咳」をする度に
「左わき腹・左背中」に痛みを感じます。
(ズキン・・・とした感じ)
普段は痛みは全く感じませんが、くしゃみや咳をしたり鼻をすすったりすると痛みを感じます。

何が原因でしょうか・・・?

Aベストアンサー

肋骨じゃないですか?
私は 以前 2回 肋骨を痛めています。
信じられないかもしれませんが 1度目は ひねった体勢でのクシャミで ひびが入っていたようです。レントゲンでは確認できませんでしたが、お医者さんには レントゲンに映らない程度のヒビだろうといわれました。花粉症なので その後 クシャミをするたび ソファーに背中を付け、クッションを抱き抱えてハックッション!((^^)シャレを交えてみました)。
で、2度目は ゴルフの練習しすぎで 疲労骨折 コレは しっかりと レントゲンに 映っていました。
寒い時期 急激な運動は しっかり 筋肉をほぐしてからじゃないと ダメみたいです。
思い当たること無いですか?
いずれにしても、普段は そう 痛みは感じなく 過ごせましたし、辛いのはくしゃみ、咳でした。 治るのに骨は1ヶ月くらい 掛かるみたいです。

Q子供の弱視について

3歳7ヶ月になる男の子がいます。
1歳8ヶ月の時に左眼の上のいちご状血管腫の手術をしました。
最近個人病院で乱視があるといわれ、大学病院を紹介され、そこで受診した結果、弱視で訓練しても視力が出る見込みは少ないと言われました。また、弱視の原因は血管腫の手術にあるとも言われました。
左眼は”こし”できていないそうで、今の視力は0.1も無いとのことで、眼鏡とアイパッチで訓練をしていくそうです。
弱視というのは、将来失明したりするんでしょうか?
また、他に治療法等は無いのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして、もと眼鏡屋です。

治療のことなどはあまりアレコレ言える立場ではないのですが・・・

『こし』は『固視』のことですね、これは眼が見る物の方に正しく向かってじっと見ることです。
つまりはまともに見えていないので目標に向かわないのですね。
そしてそのままにしていれば良い方の右目ばかりで物を見てしまうため左目は使われなくなります。
そうすると左目の視力は上がらないまま・・・となります。

しかも視力は7~8歳頃までにだいたい形成されますのでこの頃までに視力を出来るだけ戻しておかないとそれ以上の年齢では回復は難しいようです。
それに0.1が0.5になるといった左目自体の視力の向上も気がかりでしょうが、もうひとつ重要なのは両眼視機能の発達です。

これは両目を使うことにより物を立体的に見たり、距離感を計ったり、左右の眼に見えるものをひとつに見たりする能力のことでこれもやはり7歳あたりまでに育つものです。
お子さんのようにこの年齢で左右の眼で著しい視力の差があると両眼視機能が形成されません。
そのためアイパッチとメガネで出来るだけ低視力の左目を使わせて視力を回復しようとする治療で、やはりこれがよく知られた方法ですね。

弱視から失明にいたることは進行性の病気などではあるのでしょうが、手術が原因なら『怪我』に近い状況を想像してしまいますがそれなら光覚がなくなることはない様に思います。

やはり#1の方の言われるように可能性は残されているはずですから出来るだけ早く、そして辛抱強く治療に向き合っていただきたいと思います。

もう一度繰り返しになりますが、視力はこの時期に育てなくては手遅れになります。
どうかお子さんと一緒に頑張ってください。

はじめまして、もと眼鏡屋です。

治療のことなどはあまりアレコレ言える立場ではないのですが・・・

『こし』は『固視』のことですね、これは眼が見る物の方に正しく向かってじっと見ることです。
つまりはまともに見えていないので目標に向かわないのですね。
そしてそのままにしていれば良い方の右目ばかりで物を見てしまうため左目は使われなくなります。
そうすると左目の視力は上がらないまま・・・となります。

しかも視力は7~8歳頃までにだいたい形成されますのでこの頃までに視力を出来るだ...続きを読む

Q左膝靭帯断裂からの日常的な膝くずれ

15歳の時にバスケで損傷、それ以来膝くずれが日常的に起こります。カクンとなって済んでいたのですが昨年歩行中に膝くずれでいままでとは違い歩けなくなりました。力が入らない、足がつけなくなり自宅で2週間くらい寝たきりでした。なんとか歩けるようになり1年たちましたが最近膝くずれはないのですが膝からももにかけてピリピリ、冷たい感覚?触って感覚がない状態で不安になってます。今も、ももにかけてピリピリして膨張感を伴っています。神経が傷ついてしまったのでしょうか?どなたか教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

専門家です。

このカテゴリでも数多く相談が寄せられていますが、症状から察するに「膝関節前十字靭帯損傷」があると判断します。これが切れているため膝下の脛骨という骨を制動できないので「膝折れ」を生じてしまいます。このままでも日常生活注意して歩けば歩行は可能ですが、膝はグラグラな状況が続きますので、そのうちに中の軟骨(半月板)を傷めてしまいます。昨年の歩行中の出来事はこれを示しているのではないでしょうか。たぶん傷めてちぎれた軟骨が挟まりロッキングという状態を起こしたものと拝察します。この場合、膝は動作時の激烈な痛みと文字通りロックされ伸ばす、あるいは曲げる事ができなくなります。さらには関節内に血が溜まる(血腫)こともしばしばです。これらは数日~数週で解除されることがありますが、歩行時、運動時の痛みが残ります。

仰られているような「ももへの傷み」はこの半月板由来の痛みが考えられますが、「冷たい感じ」は?です。膝の内側ですかね。そこには伏在神経という感覚神経が皮膚表面に分布してますので、腫脹などにより感覚低下している可能性はあります。

いずれにしろ、このまま放置しても靱帯や軟骨は自然修復することはありません。傷んで挟まり込むような半月板は縫うか切り取るしかありませんし、前十字靭帯に至っては完全に作り直すしかありません。
こういった判断はまずは整形外科を受診してください。できれば膝専門外来やスポーツ整形と銘打って診療している大きな病院を探して受診するのを勧めます。まずはMRIという検査をして靱帯・軟骨の評価をしますので、町医者レベルでは対応困難であり、再建手術を考えるとかなりの技量・習熟を要する事なので、ウワサになっている「よい医者」を探してみて下さい。ネットやこのカテゴリも参考にすればよいでしょう。

仕事のことなど将来の不安もあるかと思いますが、この膝を引きずったまま仕事に励むのはかなりムリがあるかと思いますので、長々とアドバイスさせて頂きました。

参考にしてください。

専門家です。

このカテゴリでも数多く相談が寄せられていますが、症状から察するに「膝関節前十字靭帯損傷」があると判断します。これが切れているため膝下の脛骨という骨を制動できないので「膝折れ」を生じてしまいます。このままでも日常生活注意して歩けば歩行は可能ですが、膝はグラグラな状況が続きますので、そのうちに中の軟骨(半月板)を傷めてしまいます。昨年の歩行中の出来事はこれを示しているのではないでしょうか。たぶん傷めてちぎれた軟骨が挟まりロッキングという状態を起こしたものと拝察...続きを読む

Q子供の弱視 瞳孔を開く検査について

6歳の娘ですが、就学時検診で、左目の視力の悪さを指摘され、受診して検査を受けるように園から連絡がありました。

受診し、視力検査の結果、右目1.5、左目0,4でした。
遠視の弱視と診断され、瞳孔を広げる目薬をつけて検査をする為、1時間くらい時間がかかるので予約をとって後日詳しく検査しましょう、といわれ、2週間後に予約をしてきました。

後日、セカンドオピニオンで別の眼科を受診しました。

そこでも視力検査の結果、数値は同じで、遠視の弱視という診断も同じなのですが、2件目の眼科では一日一回、七日間、アトロピンという瞳孔を広げる目薬を朝にさして七日後に検査しますとのことでした。

1件目、2件目共に、検査は同じことをするのだと思うのですが、瞳孔を広げる薬を検査当日に使うやり方と、七日間点眼して検査するのとではなにか違いがあるのでしょうか?

ご存知の方、教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 先に
>後日、セカンドオピニオンで別の眼科を受診しました。
 これは先に受診された眼科医からの紹介状でもあったのでしょうか。
Secondオピニオンは先に受診された医療機関の診断や治療方針も踏まえ、
他の医師の参考意見も加味し納得のいく治療を考えるということであって
ドクターショッピングではありません。そのところを承知願います。

 アトロピン点眼については、
先の医療機関で検査前の一度点眼については瞳孔を開いて屈折検査等をする為のことかと思います。二件目の医療機関で7日間点眼の指示については弱視、調節障害の場合、
治療の目的でアトロピンを7日間点眼してみるということもあり、
その結果を後日受診した際に初診時の状態と比較するという計画かと思います。

Q左肘の痺れと慢性的な全身倦怠感

左肘の痺れと慢性的な全身倦怠感

私の彼女は、以前から突発的に左肘が誰かに捕まれ急激に重くなり強く引っ張られるような感覚を呈するときがあるそうです。その間は強い痺れで力が入らず倦怠感を伴うそうです。昨日、買い物に向かう車中でその症状が発生しました。私はそのとき初めて知ったのですが、以前にもこれと類似する症状があったそうです。結局、昨日は気分が悪くて一睡もできなかったようです。明日、母親と共にお祓いをしてくるそうですが、私としては何かの疾患が原因ではないかと危惧しています。正直、非科学的なことは信じるタチではなくお祓いしてそれが解決に繋がるのか疑問です。精神的に安心するということはあるかもしれませんが、もし何らかの疾患の予兆だとすれば直接的な解決にはなりませんよね?左肘が痺れて誰かに捕まれ強く引っ張られるような症状を呈する疾患というのはあるのでしょうか?それとも私の考えすぎでしょうか?彼女は何かに取り憑かれていると考えているようですし、彼女の周りもそう考えていますがそれに納得できていない自分がいます。

Aベストアンサー

肘の症状と全身倦怠の関連は分かりませんが、肘は神経の症状かもしれませんね。

首から出た神経は肩、腕、肘を通り指先まで伸びています。この走行上で何か異状があればご質問のような症状が出ます。多くは首、肘、手首の異常ですが、今回は肘の異常なので肘か首の異常の可能性が高いです。病名で言えば肘部管症候群、頚椎症、頚椎椎間板ヘルニアなどです。もちろん同時に、手首の障害などの合併もありえます。ですからまずは、整形外科でレントゲンを撮ってもらってください。

お大事にどうぞ。

Q6才の子供が弱視と診断されました。

以前にも同年齢の方で、質問されていますが、多少違うところもありますので、ご回答、ご協力御願い致します。わが子は
右目、0.1(矯正視力0.5)遠視性乱視による弱視。
左目、1.0(矯正視力1.2)遠視
来月7歳になってしまいます。
弱視について色々ネット資料で調べましたが、気付いてあげられなかった自分を責めてばかりです。早く切り替えたいとは思っていますが、検査もする前から不安ばかりがつのり、だらしの無い親ですみませんが、年齢的にもすぐに、訓練が必要であることは理解していますので、アドバイス等よろしくお願い致します。
3歳の時に後頭部をかなり強打していたのを思い出しました。椅子のパイプ部分にあたり、小豆大のこぶが出来ていました。夜中だった為医者とは電話でのやり取りで、その後様子をみて下さい。とのことでしたが歩行もしかりしていたのでそのままにしました。このことも原因因子に繋がるのでしょうか!?
それと、電気を消すと白いものがスゥーと上から下にまたは右からひだりに動いている。とも言ってます。
検査結果次第で、治療方法も変わって来ると思いますが、治療、訓練期間はどれくらいかかるのでしょうか!?どのような検査をしますか!?
また、弱視は完治しないと、なっていますが、どの程度までいけば治療修了と言う事になりますか!?
「視力の発達を促す効果的な訓練方法」「指導を行ってくれる専門的な機関・専門医」、「効果的な器具」、「参考になる書籍」、「専門的なアドバイス」、「その他経験談、注意すべきこと」も含めて何でも教えてください。
居住地は東京都中野区です。わらををつかむ思いで投稿しております。
皆さんの情報をおまちしております。よろしくお願いします。

以前にも同年齢の方で、質問されていますが、多少違うところもありますので、ご回答、ご協力御願い致します。わが子は
右目、0.1(矯正視力0.5)遠視性乱視による弱視。
左目、1.0(矯正視力1.2)遠視
来月7歳になってしまいます。
弱視について色々ネット資料で調べましたが、気付いてあげられなかった自分を責めてばかりです。早く切り替えたいとは思っていますが、検査もする前から不安ばかりがつのり、だらしの無い親ですみませんが、年齢的にもすぐに、訓練が必要であることは理解していますので、アドバ...続きを読む

Aベストアンサー

眼科医です。
まず後頭部強打は遠視とはまず関係ありません。通常子供は程度の差こそあれある程度は遠視気味です。遠視とは網膜上でピントが合わない状態であり、遠くが見える状態ではありません。
両眼に強い遠視があったり、遠視の程度や乱視に左右差があったり、斜視などがあった場合は弱視になってしまいます。通常は6歳ぐらいまでに網膜の神経の発育がありますので、その間に正しい視覚刺激が与えられないと弱視になるのです。
今必要な検査は、正しい屈折を調べることと、ちゃんと矯正した眼鏡をかけることですが、右眼が弱視になっているのでアイパッチが必要です。網膜の発育は先ほどかきましたように、6歳ぐらいまでですが、私の経験では8歳ぐらいまでは回復の見込みはあります。
調節麻痺剤点眼下で屈折検査を一刻も早くしてもらい、完全矯正眼鏡をかけ、左眼にアイパッチをしてもらってください。とりあえずは一日6時間ぐらいでよいでしょう。
回復にかかる期間はまちまちですが、早ければ数週間以内に回復の兆しが見られることが多いですよ。治療は早ければ早いほどよいので、8月になってしまうなら、大学病院や、斜視弱視外来をやってる病院の眼科などを受診してください。

眼科医です。
まず後頭部強打は遠視とはまず関係ありません。通常子供は程度の差こそあれある程度は遠視気味です。遠視とは網膜上でピントが合わない状態であり、遠くが見える状態ではありません。
両眼に強い遠視があったり、遠視の程度や乱視に左右差があったり、斜視などがあった場合は弱視になってしまいます。通常は6歳ぐらいまでに網膜の神経の発育がありますので、その間に正しい視覚刺激が与えられないと弱視になるのです。
今必要な検査は、正しい屈折を調べることと、ちゃんと矯正した眼鏡をかけるこ...続きを読む

Q左耳の激痛と左頭(脳?)の痛み

左側だけの頭痛(頭頂部から左耳にかけて)で吐き気を感じ、寝れば治るだろうと思って翌朝様子を見たものの、ズキンズキンとして完全には治りませんでした。数日後には治まり、気にしていなかったのですが、最近になって今度は左耳の奥の方がズキンズキンと痛みだし、それに伴い左頭(頭頂部から左耳にかけて)もズキンズキンと痛いのですが。。。この場合、どのような病気が考えられるのでしょうか?耳鼻科か脳外科・神経外科に早く行った方がいいのでしょうか?ちなみに薬は飲んでません。心配です。

Aベストアンサー

片頭痛ではないでしょうか?

参考までにURL貼っておきます。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/uoh/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報