どちらかというと、小説を読むことが多い中年です。
最近、仕事に追われて読書量が落ちました。年末年始には、じっくり読書したいと考えています。ここ一年位の間では、次の作品が面白いと感じました。こんな私にお薦めの本はありませんか。?
雫井脩介「犯人に告ぐ」「火の粉」「虚貌」
宮本輝「人間の幸福」
井上夢人「オルファクトグラム」
横山秀夫「クライマーズ・ハイ」
朔立木「死亡推定時刻」
東野圭吾「さまよう刃」「パラレルワールド・ラブストーリー」などです。
 できれば、男性の作家の作品をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

垣根涼介「ワイルドソウル」


東野圭吾「手紙」「白夜行」「幻夜」
山本甲士「かび」「どろ」「とげ」
真保裕一「繋がれた明日」
馳星周「楽園の眠り」「生誕祭」
川端裕人「夏のロケット」

ここ1~2年に読んで面白かった男性作家の本です。
私も「火の粉」「クライマーズハイ」「さまよう刃」は読みました。「火の粉」が一番おもしろかったです。
朔立木は書名わすれましたが「死亡推定時刻」の前に書いた裁判官が主人公の全編手紙形式の本、妙に面白かったです。
参考になりましたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
東野さんと真保さんの本はほとんど読みました。
垣根、山本、川端さんの本はまだ一冊も読んだ事ありません。
大変、参考になりました。よい正月になりそうです。

お礼日時:2005/11/16 19:07

原りょう(寮のうかんむりがない字)の全作品(4冊ですけど)。


池波正太郎の鬼平シリーズ(30冊前後?)。(鬼平以外ももちろんお勧めですが)
洋物になりますがディック・フランシスの競馬シリーズ(50冊前後あります)。
ローレンス・ブロックのマット・スカダーシリーズ(15冊前後?)

池波作品はもちろん日本酒の味わいですが、他のお三方は極上のウィスキーの味わいが楽しめます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/11/17 12:10

いろんなところで薦めているので、恐縮ですが、飯島和一「始祖鳥記」「黄金旅風」はいかがでしょう?


あと大沢在昌「心では重すぎる」「夢先案内人」、
馳星周「マンゴーレイン」福井晴敏「亡国のイージス」「6ステイン」が良かったかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2005/11/16 19:10

50代女性です。


◆奥田英朗「最悪」「邪魔」。最近は「イン・ザ・プール」や「空中ブランコ」などのユーモア小説が注目されていますが、犯罪小説も面白いですよ。
◆野沢尚「リミット」主人公は女性ですが、ハードボイルドです。
◆藤原伊織「てのひらの闇」。短編集「雪が降る」で手探りして、相性が良さそうだったらどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
奥田英朗氏は現在、読ませていただいています。

お礼日時:2005/11/16 10:38

浅田次郎「壬生義士伝」はいかがですか。

40を過ぎると身に染みます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/11/16 10:30

こんにちは♪


天童 荒太「永遠の仔」が文庫版(幻冬舎文庫 1~5巻)で出てます。
既読でいらっしゃいますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
天童さんの「永遠の仔」は未読です。気にはなっているんですが、挑戦したいですね。

お礼日時:2005/11/15 16:20

40代男性です。

宮本輝のファンです。

多作な宮本輝なので、よくできたものとそうでないものがあります。

そのなかで、「流転の海」が宮本輝のライフワークともいえる、迫力のある作品で、現在第4部を執筆中です(多分)。年末年始にかけていかがでしょうか。松阪熊吾の生き様に、中年の魂が揺さぶられること間違いなしです。

長いのはどうもというなら、「錦繍」をお勧めいたします。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101307 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2005/11/15 16:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雫井脩介の「虚貌」

今文庫を読んでいるのですが、断片的に
「見た」覚えがあるようで・・・。
この作品はドラマ化されているでしょうか?
気になって仕方がありません。

Aベストアンサー

何となく2時間ドラマにありがちですが本作品は未だドラマ化されていません。(来年にTVドラマ化の予定らしい)
多分、同作者の火の粉(2時間TVドラマで放映済み)と勘違いされているのではないでしょうか。

Q遅ればせながら東野圭吾の本を読み始めました。

遅ればせながら東野圭吾の本を読み始めました。
第一弾が「白夜行」で、今は「分身」を読んでいます。
次にオススメの本は何でしょうか?

Aベストアンサー

2番の方の回答を見て、やっぱり人によって感覚が違うので面白いなと思いました。
20冊以上は読みましたが、私にとっては白夜行は、トップクラスです。
幻夜は、まあ続きということで・・・というぐらい。

流星の絆は、珍しくほのぼのとして好きです。
逆にさまよう刃は、とても重いけれどそれはそれでよかったです。
秘密はとてもよくできたストーリーだと思います。
新参者は、発想がとてもユニークです。
赤い指も好きな方です。
手紙は、映画の方がどちらかというとラストの感動は大でした。

ちょっと変わったところで仮面山荘殺人事件はコテコテのサスペンス劇場っぽくて
好きです。

というぐらいですが、どれからでもいいのではないかと思いますよ

Q東野圭吾の加賀恭一郎シリーズが好きな方に質問です。

東野圭吾の加賀恭一郎シリーズが好きな方に質問です。

新参者の最後に「加賀は警視庁捜査一課にいたが、ある殺人事件の裁判で、弁護側の情状証人として出廷したため異動させられた」という一文がありましたが、これはどの本のことをいっているのでしょうか?
加賀刑事が出てくる本は全部読んでいたつもりですが、思い浮かばなくて・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も東野圭吾さんの本が大好きです。
加賀恭一郎シリーズもしっかりチェックしてます。

>新参者の最後に「加賀は警視庁捜査一課にいたが、ある殺人事件の裁判で、弁護側の情状証人として出廷したため異動させられた」

こちらの文章ですね、私も気になりました。
それで多分なのですが・・
加賀恭一郎が好きになったバレリーナのお話がありました。(眠りの森)
その好きになった女性が罪を犯してしまい、加賀さんが解決するけれど、
女性をこれから弁護して守っていく・・という流れの結末だったと思います。

それが、「弁護側の情状証人として出廷した」なのかなぁ・・と想像しました。
いかがでしょうか。

Q宮本輝の作品好きが好むような小説

最近、読書にはまりはじめました。
今まで全くといっていいほど、小説に興味がなかったのですが、読み始めると本が大好きになってしまいました。
ほとんど宮本輝さんの作品は目を通したのですが、「約束の冬」「星宿海への道」「草原の椅子」「ここに地終わり 海始まる」が好きです。
また、吉本ばななさんの作品もほとんど読み「うたかた サンクチュアリ」「キッチン」が好きでした。

他には「ふたたびの虹」「ストロボ」などがおもしろく感じました。

どん底でどうしようもなく落ち込んだり、絶望感を感じている主人公が、何かのきっかけで再生していくみたいな小説が好きみたいです。

こんな私に何かオススメの小説をおしえてください。
お願いします。

Aベストアンサー

私も宮本輝好きです。たぶんほとんど読んでると思います。
一番好きなのは「ここに地終わり 海始まる」ですね。他のも好きですけど。

私が読んだものの中では、古いですが川端康成の作風はとても宮本輝と似ていると思います。情緒溢れているというか、穏やかな物語の中に、はっとさせられるような感動がある。そんな感じですね。

お奨めなのは、川端康成の「古都」と「山の音」です。
女性向きの小説であれば、村山由佳の「翼―cry for the moon」とかお奨めですね。

Q東野圭吾さんレベルの作品・作家を教えてください!

昨年会社を退職し、自由時間ができたので読書に没頭しています。
といっても作家及び作品に対する情報は乏しく、とりあえず話題の方の本を読んでいます。

東野さんの中では特に下記4つが好きです。
「白夜行」「幻夜」
「パラレルワールド・ラブストーリー」
「時生」

ワクワク・ハラハラするもの、意外性のあるものが好きで、おまけに感動がついてきたら最高です(パラレル、時生は感動しました。でも「秘密」「分身」はあまり好きではありません)。
上記4つが好きならコレも好きだろう!と思われる作品を教えて頂けませんか?

また、色んな方の作品を読んでみたいので、オススメの作家さん・作品を教えてください! 
短編集ではなく長編がいいです。文庫本で出ているもの希望です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も東野さんの以上の作品が好きです。
他の方もおっしゃってますが、森博嗣さんの「すべてはFになる」からは一気に読みました。
以下に挙げます。

・乃南アサさん「結婚詐欺師」
・宮部みゆきさん「魔術はささやく」「レベル7」「龍は眠る」「火車」「鳩笛草」「クロスファイア(鳩笛草の続編)」
・桐野夏生さん「OUT」(映画化)
・横山秀夫さん「半落ち」(映画化)
・真保裕一さん「ホワイトアウト」(映画化)「奪取」(ニセ金づくりに巻き込まれた若者たちの話で、ハラハラ+おかしさあり)
・島田荘司さん「占星術殺人事件」に始まる御手洗潔シリーズ。ミステリーという要素以外の人の心を打つような深さがある作品は「異邦の騎士」「数字錠」「最後のディナー」「最後の一球」など。ただこれらの作品はシリーズの順番に読んだほうがいいと思います。
・貫井徳郎さん「慟哭」(悲しいお話だけど先が読めずハラハラ)「失踪症候群」「誘拐症候群」「殺人症候群」3部作
・乙一さん「暗いところで待ち合わせ」(感動的な要素が強い)
・坂東眞砂子さん「狗神」(日本古来の風俗を意識した作品)
・貴志祐介さん「青の炎」(悲しく感動的)「黒い家」(映画化。社会派ホラー)「ISOLA-13番目の人格―」(ミステリー?)
・筒井康隆さん「時をかける少女」(おなじみ)「家族八景」「七瀬ふたたび」「エディプスの恋人」(七瀬シリーズ3部作)
・加納朋子さん「一番はじめにあった海」(ちょっと変わったミステリー?)

ぜひご参考までに。

こんにちは。
私も東野さんの以上の作品が好きです。
他の方もおっしゃってますが、森博嗣さんの「すべてはFになる」からは一気に読みました。
以下に挙げます。

・乃南アサさん「結婚詐欺師」
・宮部みゆきさん「魔術はささやく」「レベル7」「龍は眠る」「火車」「鳩笛草」「クロスファイア(鳩笛草の続編)」
・桐野夏生さん「OUT」(映画化)
・横山秀夫さん「半落ち」(映画化)
・真保裕一さん「ホワイトアウト」(映画化)「奪取」(ニセ金づくりに巻き込まれた若者たちの話で、ハラハラ+おかしさあり)...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報