タイトルに関する本、HPを知りたいです。
具体的には、何故グローバル社会の中で女性の人権が叫ばれるのか、
また どういった女性問題が取りざたされているのか?
がかかれたものが見たいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

木本」に関するQ&A: 木本類の果実について

A 回答 (2件)

まあ簡潔に言えば、フェミニストの書物を読むのが早いのでしょうが、本気でやるなら、広く人間の安全保障すなわち、アマルティア・センの書物から入るのがいいでしょう。


『貧困の再検討』
『自由と経済開発』など
女性の問題はやはり社会開発論とか人間開発論の中で取り出されているところからすると、著しく女性のエンパワーメントが特に途上国において、剥奪されていることが特にそれが政治経済的に多大な悪影響を及ぼし、そして文化的腐敗を招くというところにその問題の所在があるわけです。そういった意味なら、あなたが女性であるなら、『ッ社会開発論』などが良いでしょう。
この問題は複雑きわまりない。人身売買・売春・麻薬などが悪循環で、互いに促進しあっているわけです。
    • good
    • 1

グローバルな社会とは、世界が情報の流れによって縮まり圧倒的なスピードで変化し、地域、人種、民族、貧富の差がさらに顕著に表に表れる社会です。


好むと好まざるとに係わらず、多様なライフスタイル、異なる価値観、異文化を受け入れる、すなわち、違いや差の大きさを認めざるをえない社会となるわけです。
つまり、見えなければ対岸の物として見なかったことにできたものでも、グローバル社会になればフタをすることができなくなります。卑近な例では、『タリバンに抑圧されてきたアフガニスタンの女性の人権』とでもいえましょうか…

■いろいろなところで参照されている図書
辻村みち子・金城清子「女性の人権の歴史」岩波書店
水田珠枝「女性解放思想史」岩波書店
ポー『問われる女性の人権』こうち書房
「国際化時代の女性の人権」明石書店
関 啓子・木本喜美子「ジェンダーから世界を読む」明石書店
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニート、フリーターは自身が損をしている(する予定だ)という具体的なことの書かれた本

今年に入ってからの新聞(おそらく、朝日か読売)の
特集か何かに載っていたと思うのですが
高校や専門学校で
「ニート、フリーターは将来こんな損することがあるよ。」
と講演をして回る人の話がありました。
その方が配布している冊子
(書籍化されて販売されているのでしたらそのタイトル)の入手方法を教えていただけるとうれしいです。

まわっていらっしゃる方の名前だけでもご存知の方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おそらく

鳥居徹也著『フリーター・ニートになる前に読む本』(三笠書房)

のことかと思われます。
参考URLにあるレビュー等を見て確認してみてください。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4837921515/qid=1130218442/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-7848553-5766753

Q世界の中心で、愛を叫ぶ

片山恭一さんの「世界の中心で、愛を叫ぶ」がベストセラーになっていますが、このタイトル、以前にアニメの「エヴァンゲリオン」の最終回のサブタイトルにも使われていました(多少形は違いますが)。何か有名な本のタイトル、もしくはフレーズが元になっているのでしょうか?

なんだか気になってしょうがないです。
元ネタご存知の方、教えてください!

Aベストアンサー

ハーラン・エリスンという作家の「世界の中心で愛を叫んだけもの」という本があります。これがエヴァのサブタイトルの元ネタになったと聞きました。

参考URL:http://hp.vector.co.jp/authors/VA003609/dog_side.htm

Q「世界の中心で、愛を叫ぶ」(小説)で泣いた方

私(三十代女性)は、読書好き、かつ涙もろいです。
恋愛小説だと、ノルウェイの森などは何度読んでも泣きます。でも決して、高尚な話じゃないとダメということもなく、漫画や絵本で泣くことすらあります。
しかし、大ベストセラーだという「世界の中心で、愛を叫ぶ」は、全く泣けないどころか、どこが泣くポイント(?)なのかもわかりません。
そこで、この小説で泣いた方、どの箇所で(できれば、何ページか)教えてください。

別に、泣けない自分が嫌だとかではなく、「この小説の、一体どこで泣くんじゃ!?」という単純な好奇心ですので、「泣くポイントは人それぞれなので、泣けなくても気にしないで」等のご意見は、不要でーす。

Aベストアンサー

*--- 一応ドラマのネタばれを含んでいます ---*
 私は、読み終わった後、泣きましたが・・・、
微妙な作品というのが私の感想です。

泣けない理由はたんたんと物語が進んで、読者に
訴えかける心理描写が少ない事。
また、複線がわかりやすく、結末や途中がわかり
やすい事。
どちらかというと、泣ける小説と言うよりは、
悲しいエッセイっぽいのかな?
よほど感情移入して、共感しなければ、泣けないと
思います。

私も似たような経験がなかったら、きっと泣きませんで
したよ。
読み終わって即売りました。
ブックオフで150円でした。^-^

ちなみに、ドラマは主人公が立ち直る姿も書かれている
との事。リアルタイムではみずに、再放送で最終回の
最後だけみました。
医者?骨ビンをなくす?はぁ~?って感じでした。

Q初SFが「世界の中心で愛を叫んだけもの」でした。おすすめは?

初めて読んだSF小説は「世界の中心で愛を叫んだけもの」でした。
この短編集は、どのエピソードも面白く読むことが出来ました。

出来れば同じような傾向の作品を紹介していただけないでしょうか?
また、傾向は違っても読んでおくべき作品があれば教えていただけますか?

Aベストアンサー

トム・ゴドウィン他 冷たい方程式 ハヤカワ文庫SF
がおすすめです。
50年代に発表されたSF短編7編のアンソロジー。
7人の著者の再録の少ない良作を編集したもので宇宙を舞台にしたものやタイム・スリップもの、超能力ものなどいろいろな切り口の話が楽しめます。
表題作 トム・ゴドウィン 冷たい方程式は
ただひとりの乗員を目的地に届けるだけの燃料しか積んでない宇宙船に密航密航者がいたとしたら。選択肢はひとつ、船外廃棄。だがそれがたったひとりの兄に会いたさに密航した美しき少女であったとしたら---
燃料や食料、酸素に余裕のない航行中の宇宙船に密航者が紛れ込んでいた。密航者のために人員超過となり宇宙船は目的地へ行けなくなる。「どうするか?」という設定をテーマとした「方程式もの」SFの先駆的作品です。

Q女性同士の争いが描かれた本

どうせなら思いっきり陰湿でゾーッとするものを読んでみたいのですが・・・。フィクション・ノンフィクションを問いません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

桐生操 著 

世界史悪女のミステリー
優雅で残酷な悪女たち
本当は恐ろしいグリム童話

陰湿で昔のヨーロッパの雰囲気が味わえると思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報