出産前後の痔にはご注意!

ピアノの発表会で白のドレス(わりと細身・すねくらいの丈・袖なし)を着ることになりましたが、合わせる靴の色と形に悩んでいます。
ピアノを弾く時以外は黒のジャケットを着ているつもりなので、黒にしようかとも思っているのですが、弾く時ジャケットを脱いだら靴が浮かないな・・・と悩んでいます。でも他の色といっても良い色が思いつかないし。
ドレスを着て靴を買いに行くわけにもいかないので、何かよいアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

発表会とは素敵ですね。


ご衣装の様子を拝察するに、さぞ見目麗しいことでしょう(*^-^)


ただ、やはり白黒の、いわゆるベーシック・モノトーンは、非常に変化が付け辛い色合わせであることは否めません。
それだけで、よくも悪くも、あまりにしっかりとした色調を造り上げてしまうからです。
しかも、今回はシューズ。
ファッションで最もごまかしが効きにくいパートです。

上記を押して、白と黒に、変化を付けられるセオリーは暖色系といえます。
赤系から黄系、また茶からベージュ近辺までが、およそそれに含まれます。

赤は色合わせとしてみるだけでは、違和感が非常に少なく、しかも、合わせ方次第では、デジタルティックなシャープさも釀し出しますが、今回の様なご使用目的ですと、妖艶さが際立ってしまい、場合によっては、どぎついレベルまでもいってしまいます。
かといって、茶系まで入ってしまうと、野暮ったさが出てしまうこともあり、ならば、単純に黒や白のエナメルでいいのでは、ということになってしまいかねません。

ということで、いくつかお薦めの色を考えてみました。



1.ワインレッド;
白と黒、両方に合い、華やかさや上品さもあります。赤み、青みどちらが強くても、温かみや品を損なう恐れがあるので、むしろエンジをイメージした方がよいかもしれません。
好みで色調をうっすら茶系寄りにしても、季節がら、悪くないでしょう。


2.白&黒
反則みたいな感じですが(^^;、これもありといえます。
一見矛盾するような感じですが、リボン等のアクセントがあるか、もしくは、白と黒の組み合わせデザインそのものに、ややソリッドなニュアンスがないと、ドレスの白を殺してしまう恐れがあります。
極論すれば、デザインだけででトップとのバランスをとる組み合わせです。


3.ピンク
色調選びが難しい色合わせになりますが、やはりパステルピンク、更にいえば、いわゆるほんのりとした桜色がベターとなるでしょうか。
はっきりとしたピンクは、年齢などにもよりますが、やはり赤と同じようなデメリットを考慮しなければならないでしょう。
また、白のふち取りがあったりすると、トップとの安定感がよりでてきます。



4.白
遊びはなくなりますが、黒よりもつぶしが効き、もちろん、統一感の不安が全くなくなる大きなメリットがあります。
それだけに、白は白でも、品のある凜とした白で、デザインも硬めで細身なものを選ぶことが基本です。全体のシャープさを損なわないのを前提に、少し飾りがあってもいいでしょう。
やんわりした色やデザインを選んでしまうと、今回の場合、演奏時に、全体として、ライトなウェディングドレスのようになってしまうので注意が必要と思われます。
とはいえ、敢えて、バレエシューズの様な、特徴的なデザインなものを選んでみても、トップのドレスのデザイン次第では、逆に面白いかもしれません。


5.オレンジ
今回の場合、ベージュから寄せていった、秋のニュアンスのオレンジが綺麗です。
ピンクと同様、キンキンのオレンジではない、柔らかい色調ですね。
デザインも含め、選択にセンスが問われる色ですが、ハマると映える組み合わせです。
黒のジャケット着用時と、アースカラー的なナチュラルさを意識することがポイントでしょうか。


6.ミッドナイトブルー(ネイビーブルー)
暖色といっておきながらですが、黒からの派生として、好みや、会の雰囲気によっては、候補に上げてもいいでしょう。
ブルーであると認識できる範囲で、なるべく濃い色調を選びましょう。
デザインは、白と同じくラインがしっかりとしていて、綺麗なものを。
そこそこ光沢があった方がいいですね(ラメ系は避けた方が無難と思われます)。
トップのドレスを含めて、「洋上の氷」をイメージします。




デザインの原則としては、ドレスを、細身のノースリーブAラインと仮定すると、基本的にスリムで、トゥがラインに沿って、そのまま自然なトライアングルを描く様なパンプスになるでしょうか。
横から見られることも考え、サイドのカッティングラインやサイドデザインそのものも、できれば気をつけたいポイントです。
ベルト付きも、金具などがうるさくなければ可でしょう。
ヒールはそこそこ高いことが好ましいですが、演奏のことを考えると、4~5センチが限界ではないでしょうか。白やミッドナイトブルーなどを選ぶときのみ、ソリッド感を際立たせるため、それよりもやや高めに挑戦してみてもいいでしょう。


また、トータル的にいえば、曲目、舞台状況、年齢、ドレスの詳細、アクセサリー、パンスト、ヘアスタイルにも因ってきますので、それらにより選択幅も絞られていくと思われます。
特に年齢が中学生位までなら、上記デザインよりも、やや丸みを帯びている、いわゆる可愛らしいものでもかまわないでしょう。


ご成功をお祈り申し上げます★⌒ヾ(^-'*)


およその参考までに・・・
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b61 …
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m2 …
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k51 …
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g31 …
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h33 …
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r9 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素晴らしく丁寧かつ、具体的な回答ありがとうございます。
アクセサリーは黒系統でそろえようと思っていいましたので、回答を参考にした黒、白、ピンクの靴を捜したいと思いました。でもオレンジもとても良いかもしれないですね・・・。失敗のリスクも高そうですが。
参考の写真の6番目のピンクの靴の形がとても気に入ったので、それっぽい形のものを捜したいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/11/16 14:28

シルバーの靴なら、今後どんな舞台でも


どんなドレスでもOKです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シルバーの靴・・・。持っていたのではいてみたのですが、どうもいまいちだったのです。形がパーティー用っぽいミュールだったから悪かったのかもしれません。舞台栄えはしそうですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/11/16 14:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q白ワンピースに似合う靴

先日、青の花柄の白ワンピースを購入しました。
 バックは青系を合わせようと思うんですが靴が決めてないので白ワンピースに似合う靴を教えて欲しいです(´・ω・)

Aベストアンサー

バックと靴を合わせるのは、基本ですが、ワンピースの花柄の「青」に、バックの「青」を合わせるのであれば、「青・青・青」でしつこいイメージを受けてしまうでしょう。
「花柄の青」に「バックの青」
なら、
「ワンピースの白」に「白い靴」
が、清楚でさわやか、涼しげなイメージで、この季節には良いかと思います。
色のバランスも良いでしょう。

Qヤマハ音楽教室のピアノの発表会のお礼について

昨年はグループレッスンで4人で1人1000円で花束2000円と2000円のチョコレートをお礼に差し上げました。
引越してきてまもなかったので、先輩のママ達のいわれるままでした。
その時はお礼をしてる人、しない人と半々だったように記憶しています。
今年は個人のピアノレッスンにうつりましたが、ほとんどの生徒さんがお礼されているようでした。
月謝が月1万程度で高いのもあって。。。
今年は何も用意していなかったので。。。(T_T)
後から発表会はお世話になりましたと、何か渡した方が無難でしょうか?
ご意見おうかがいしたいです。

Aベストアンサー

ヤマハ音楽教室で個人ピアノ講師をしています。

講師が「謝礼」を受け取ってはいけないかどうかは、「楽器店」ごとに違うのかもしれませんね。
私が働いている楽器店では、受け取ってはいけないという話は一切聞いたことがありません。

さて、お礼はどちらでもよいと思います。
毎回下さる方、入会から退会まで一切何のお礼も…という方、様々です。

以前にも似たような質問があり、その際にも書いたのですが、
「そういったことが煩わしい」という理由で、個人教師宅でのレッスンではなく、大手音楽教室=カルチャースクールを選んでいる方もいらっしゃると思います。

一昔前の日本では当たり前であった、お中元お歳暮年賀状(お年賀)という「行事」も、今では禁止されている会社もある、という話を聞きます。
習い事のお礼も、同じではないでしょうか?
(一昔前までは皆しているから、した方が良かったかもしれませんが、今は個人の自由という時代だと思います)

結局、そのような昔ながらの「文化」を、どう思われるか、お家の考え方次第ですね。

お礼をして下さったから・下さらなかったからと、その生徒さんや親御さんへの態度・レッスンが変るわけではありません。

もちろん、お礼を頂いたらとても嬉しいです。
でも、それ以上に(…お礼を頂くことはなくとも…)レッスンに興味関心を持って下さり、生徒=子供さんに上手になってもらいたい・長く続けてほしい、講師を好意的に思っていて下さる、という気持ちが1番嬉しいです。(←私の場合)

ですので、手ぶらでもご挨拶に来て下さると、
感謝して下さっているのかな、とか
ここのお家のお母様となら、今後もお互い色々相談して、生徒さんを伸ばしてあげられるかな
…などと思えて嬉しいですし、レッスンのアイディアが浮かんできて、やる気が出ます o(^-^)o

「品物」より「気持ち」です。
裏で「レッスン料も高いのに、負担だわぁ」と不満を感じながらお礼をされても。。。

「気持ち」を表すのに、余裕があって「今回は品物」という形を取るのが、ご自身にとって1番しっくり納得がいく、という時があれば、その時は何か用意されてもいいかもしれません。

ヤマハ音楽教室で個人ピアノ講師をしています。

講師が「謝礼」を受け取ってはいけないかどうかは、「楽器店」ごとに違うのかもしれませんね。
私が働いている楽器店では、受け取ってはいけないという話は一切聞いたことがありません。

さて、お礼はどちらでもよいと思います。
毎回下さる方、入会から退会まで一切何のお礼も…という方、様々です。

以前にも似たような質問があり、その際にも書いたのですが、
「そういったことが煩わしい」という理由で、個人教師宅でのレッスンではなく、大手音楽教...続きを読む


人気Q&Aランキング