ビスフェノールA型エポキシにはまんなかにOH基がありますが、反応性は低いと聞いています。たとえば硬化系の中にイソシアネート基を持つようなモノマーをいれるとエポキシの硬化反応と同時にOH基とNCO基の反応もおこるのでしょうか?よろしくお願い致します。

A 回答 (2件)

つまりは、こういうアイデアって事でしょうか?



www.mew.co.jp/tecrepo/521j/pdfs/521_11.pdf

ただ、この文献でもエポキシとイソシアネートを混ぜただけでは未反応物が残って、水分と反応してしまう。そこで、酸無水物で未反応イソシアネートを消してやろうというのが骨子のように思います。

出来るものはエポキシとの共重合体と言っていますが、これはビスフェノールAにイソシアが反応するのでなく、酸無水物と反応して、エポキシ樹脂と共重合体になると言う事だと思います。
どう思われますか?
    • good
    • 0

エポキシの硬化反応というと、何か硬化剤を使いますよね。

普通はアミン系の硬化剤だと思います。

そうするとイソシアネートは、ビスフェノールAのOH基よりは、その硬化剤の方との反応の方が速いのではないですか?
もともとポリーマー中のOH基とイソシアネートの反応自体そんなに速くないですから。

硬化剤とエポキシ/硬化剤とイソシアネート
という比較で考えると、どっちが速いのかはちょっと判りませんが、エポキシの硬化中にビスフェノールのOHとイソシアネートの反応と言うのは考えにくいと思います。
あまり自信の無い回答ですいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。たとえば硬化剤が酸無水物ならどうでしょう?COOHとNCOよりはOH-NCOと思うのですが…。おそらく通常の低分子のエポキシの場合はエポキシの反応に比べOH-NCOの反応はごくわずかと思うのですが、エポキシ基が少ない場合などNCO-OHの反応も少しは進むのかと?
よろしくお願い致します。

お礼日時:2005/11/16 21:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカルボニル基と-OHとの反応性

画像の最初の反応で、-OHがカルボニル基に求核付加をしないで、水素引き抜きが起こるのはどうしてでしょうか?詳しく教えください。

Aベストアンサー

横やりを入れて大変申し訳ないのですが、No.2の方の
>環の安定性は、5~6>3>4>7~8で、考えられるほど四員環は不安定ではないのです
というところに疑問です。

シクロアルカンの歪みのエネルギーは3>4>>5>6であり、3員環がもっとも不安定で、4員環も不安定です。
7,8はよくわかりませんが大きな環は様々な立体配座をとることが可能になりますので、歪みエネルギーは考慮されなくなってきます。

分子内アルドール反応で5,6員環を形成しやすいのは、歪みエネルギーが少なく衝突頻度が高いことが理由で、7,8員環は歪みこそありませんがエノラートの衝突頻度が低いので形成は不利になります。
しかし図の問題は逆アルドール反応ですので、7員環が形成したことではなく、歪みのある4員環が無くなったということが重要です。

それで回答ですが、No.1の方と同じです。-OHはカルボニル基にも付加しますが、元に戻る逆反応が起きるだけでそれ以上先に進みません。なので付加しないように見えるわけです。
そして図中の逆アルドールが起こるのは、7員環エノラートから4員環にもどる逆反応が起きにくいためです。(4員環はひずみが大きく生成しにくい)
ちなみにアルドール反応は全て平衡なので、右矢印だけで書くのはまずいです。
(最後のプロトン化以外は両矢印)

横やりを入れて大変申し訳ないのですが、No.2の方の
>環の安定性は、5~6>3>4>7~8で、考えられるほど四員環は不安定ではないのです
というところに疑問です。

シクロアルカンの歪みのエネルギーは3>4>>5>6であり、3員環がもっとも不安定で、4員環も不安定です。
7,8はよくわかりませんが大きな環は様々な立体配座をとることが可能になりますので、歪みエネルギーは考慮されなくなってきます。

分子内アルドール反応で5,6員環を形成しやすいのは、歪みエネルギーが少なく衝突頻度が高い...続きを読む

Qフェノールの-OHのHを引きぬいて-OH基を-OCH3に変換したいと思

フェノールの-OHのHを引きぬいて-OH基を-OCH3に変換したいと思います。
この場合PBr3で-BrにしたあとにNaOCH3でくっつけるのとNaHで引きぬいてCH3Iで反応させるのはどちらが妥当あんでしょうか??
回答よろしくお願いします;;

Aベストアンサー

大学三年未満の知識ならNaH/CH3Iしかないです。
PBr3/NaOMeもアリですが、両者とも非常に「強烈」な条件なので、他の置換基はメチャメチャ。

Qスルホニル基とエーテル基の反応性

スルホニル基、あるいはエーテル基に疎水性の官能基(ハロゲンなど)をどうにか導入したいと思っています。どういう反応があるのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ポリスルホン、確認しました。

これは簡単にはいかないと思いますよ。
私は高分子合成に関しては専門外で、重合をどのようにして行うのか
不勉強でわかりませんが、「多くの合成高分子化合物と同じく疎水性である」
と記載がありますので、重合したものを水中で化学的に修飾するのは困難そうに思います。

小分子を扱っている合成屋にいわせれば、重合前のモノマーの段階で
置換基を導入したものを合成しておき、それを重合させるという
アイディアくらいしか浮かびません...。

すみません、たいしたお答えができませんでした。

高分子関係に詳しい方、どなたかお答えしてあげてください。

Qエポキシ樹脂硬化時の温度上昇について

エポキシ樹脂が硬化する際の温度上昇はどのくらいでしょうか?
樹脂の量にもよると思うのですが一般的な温度上昇度を教えていただけないでしょうか。
お願いいたします。

Aベストアンサー

ものによっては百数十度になると思います。
硬化の早いもの、アミン系など反応しやすいものなどかな。
量によっても違いますね、量が多いと放熱がないから
反応が促進されあっという間にかたまってしまいます。
攪拌していればある程度反応は抑制されます。

Qイソシアネートと水が反応して酸になりますか?

イソシアネート-NCOに水が反応して酸-HNCOOHになりますか?

Aベストアンサー

NCOが少量なら-NHCOOHとなったあとすぐにCO2が抜けてNH2になります。
NCOが十分にあれば-NHCOOH + -NCOで-NHCONH-(ウレア結合)を形成します。

参考URL:http://www.tukigata.co.jp/eigyou/zairyou/kagaku/uretanzyusi.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報