学校のレポートで,複数の探偵について,比較したものを書かなくてはならないのですが,誰にしたら面白いレポートになるか,迷ってます。コレとコレを比較したら面白いんじゃない?というお勧めの本や,作家さん,探偵がありましたらお教えください。どちらかというより古典的名作より,新しいものが好みです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

とりあえず、参考になりそうなものをあげておきます。




日本の探偵小説のリストは、

http://homepage2.nifty.com/garyu/list.htm
http://homepage2.nifty.com/garyu/best.htm

にあります。

探偵小説を読む上で、また探偵を見るうえで、面白い視点が紹介してあります。
http://etext.3nopage.com/20rule_j.html

また、

江戸川乱歩 「幻影城」も参考になりそうです。
http://www.asahi-net.or.jp/~km7h-ssk/kyoukai.html
『江戸川乱歩は真から探偵小説が好きだったようだ。家庭では道楽者と窘められていた程だったという。この「幻影城」では、英米と日本の探偵小説比較論、探偵小説の定義、木々説への反駁(?)など、1950年代の熱き探偵小説への思いが込められている。世間では類いまれなる猟奇作家として好奇な目でみられていた乱歩だが、実は以外と社交的でアクティブな人であったようだ。』だそうです。

http://www.fujijoshi.ac.jp/dept/japanese_dept/ta …も参考になるかもしれません。

探偵小説の社会学 内田隆三 岩波書店 も面白そうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

面白そうなサイトまで教えてもらって,有難うございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/12/17 21:55

ハヤカワ・海外ミステリベスト100


ISBN:4150785023
などは、色々割に最近まで載っていますので、参考にされてはいかがでしょう。

女性探偵たちの履歴書(プロフィール)
ISBN:4810371824
同文書院インターナショナル(1993-12-25出版)
・大津波 悦子・柿沼 瑛子【共著】
もお勧めですが、絶版なので、図書館等であれば…

V.I.ウォーショースキー(サラ・パレツキー作)とキンジー・ミルホーン(スー・グラフトン作)も80年代の女性探偵の双璧として面白いですが、かなり論じされ尽くした感もありますね。

探偵、が、職業探偵に限らないのであれば、
警察組織にいる人(例えばE.ジョージのリンリー&ハヴァーズ、
クロンビーのキンケイド&ジェマなど)を比較するのも面白いかな。
警察にいる人と職業探偵とか、検屍官と捜査官とか。
クラリス・スターリング(羊達の沈黙、ハンニバル)と、
ケイ・スカーペッタ(検屍官シリーズ)など。
(すみません、私女性作家と女性探偵ばかり読んでまして)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

検屍官シリーズは一冊目だけ読んだことがあるんですけど。
羊たちの沈黙とかハンニバルも面白そうですね。ご協力感謝です。

お礼日時:2001/12/17 22:05

banken2gouさん、はじめまして!



私は昔からのアガサ・クリスティファンです。女史が生み出した探偵にはポワロとかミス・マープル(ミス・パープルは探偵ではありませんが…。)等(他にも数人います)が有名です。このように、同じ作家の小説の中にもそれぞれの探偵が存在します。ミス・マープル物をもし、ポワロに置き換えたらどうなるだろうか? とか、その逆のパターンなんか考えて読んでいると、自分なりに違う意味で面白く感じる時があります。また、二人が共演して、一つのストーリーを展開して行くようなシナリオなんかもクリスティが書いてくれていたら、面白かったのになんて考えた事もあります。 

これは私の一例として紹介させて頂きましたが、このように同じ作家なのに違う探偵が存在するのはなぜか? などと言うようなことも一つのテーマとしては興味あるように思います。

一つの参考としてお考えいただければ幸いです。

それでは…。

by yama585
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ポワロも,ミスパープルもテレビドラマでしか見たことが無いんですよね。小説で読んだら又違うんでしょうね。早速読ませていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/17 21:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q主人公(探偵)が警察関係者や本職の探偵ではない推理小説

主人公(探偵)が警察関係者や本職の探偵ではない推理小説

主人公(探偵)が警察関係者や本職の探偵ではない推理小説でお勧めがあれば教えてください。

浅見光彦シリーズが好きで読んでいたのですが、
気づけば全作読んでしまっていました。

今後、誰の小説(シリーズ)を読もうか迷っています。
---------------------------------------------
ちなみに海外ものはあまりすきではないですが、
ジョアンフルークのお菓子探偵ハンナシリーズは読んでいます。

Aベストアンサー

No.1です。抜けてたので追加
大崎梢「成風堂書店事件メモ・シリーズ」既刊3巻
北村薫「覆面作家シリーズ」全3巻
北村薫「円紫さんシリーズ」全5巻

QR,P,G,

宮部みゆき氏の『RPG』(ロールプレイングゲーム)という小説で筆者が《あとがき》の中で「ミステリーとしては大変基本的なルール違反をしている部分があります。」と記述しているのですが、2回読んでもさっぱりわかりません。見当もつきません。いったいどこがそうなっているのか、教えてください。気になってしかたがありません。お願いします。

Aベストアンサー

R.P.Gは私も読みました。
後書きにある「ルール違反」というのはおそらく
 「真実ではない記述がある」
という事で、その真実ではない記述というのは
(ネタばれになりますが…)
 「取り調べられた"お母さん"と"カズミ"と"ミノル"が実は警察官で
 そこでの会話も証言を元に再構成した架空のもの」
だという事だと思います。

Q名作は?

 近頃、自分の時間を持てるようになり本を読むようになりました。この間は、ヘミングウェイの老人と海を読みました。カミュの異邦人も。若いときは、本を読む習慣がなく仕事に関わる以外本は読みませんでした。そこで、なるべく年配の方からのアドバイスとしてこれは、読んだほうがいいと思われる本を教えてください。よろしくお願いします。もちろん、若い方からのアドバイスもあるとうれしいのですが。(ジャンルは限定していません)

Aベストアンサー

たっくさんありすぎて困ってしまうんですが、

■1位 「三銃士」アレクサンド・デュマ・ペール
何回ではなく何十回と読みました。中学のときは映画も見ました。
(はじめて読んだのは「世界文学全集」で小学生でした。)
就職試験のときに好きな本はと聞かれて答えたのはこれ!
http://www.gld.mmtr.or.jp/~louis/

■2位 「水滸伝」施耐庵という人物がまとめ、羅貫中が完成???
最初は漫画で読んだんですが、大人になって読み直しました。
黒旋風鉄牛が印象的。
http://www.suikoden.com/


■3位 「源氏物語」紫式部
日本文学を代表して...。光源氏が死んだ後の2部もちゃんと読んでください。
読み下し分でもきつれば、大和和気の「あさきゆめみし」から...。
http://www.hinet.cs.ritsumei.ac.jp/~shinobu/genjiDB/
http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=ja&id=c2e7cfc2cfc2b5aa

■3位 「南総里見八犬伝」滝沢馬琴
きっかけはNHKの人形劇でした。
http://www.mars.dti.ne.jp/~opaku/

こうしてみると、子供のときに興味を持ったものを大人になって読み直してます...。あと、映画の原作って、名作が多いですよね??

たっくさんありすぎて困ってしまうんですが、

■1位 「三銃士」アレクサンド・デュマ・ペール
何回ではなく何十回と読みました。中学のときは映画も見ました。
(はじめて読んだのは「世界文学全集」で小学生でした。)
就職試験のときに好きな本はと聞かれて答えたのはこれ!
http://www.gld.mmtr.or.jp/~louis/

■2位 「水滸伝」施耐庵という人物がまとめ、羅貫中が完成???
最初は漫画で読んだんですが、大人になって読み直しました。
黒旋風鉄牛が印象的。
http://www.suikoden.com/


■...続きを読む

Q隠れ名作@(ミステリー)

あなたの隠れ名作を教えてください。
今まで有名どころを読んでいたのですが、いろいろな作品に触れたいと思っています。出来れば日本人作家の作品でお願いいたします@

Aベストアンサー

そうですね、隠れ名作とはいきませんが、岡嶋二人の『あした天気にしておくれ』はどうでしょう。『クラインの壺』とか『99%の誘拐』もいいですが、処女作の『あした・・・・』の方が、隠れに限りなく近いでしょう。殺人事件は一切無し、2人の合作パワーが濃縮されています。もうずいぶん前に解散してしまっているのが、もったいないです。

Q名作を余り読んでいない!

小説はよく読んでいますが、ミステリー系がほとんどです。子供のころ、江戸川乱歩を読んでいたからかもしれませんが、いわゆる名作といわれるものは、余り読んでいません。
先日友人から「手紙、栞を添えて」(辻邦生、水村美苗著)を薦められて読んだのですが、そこに出てくる題材は名作ばかりで、しかも読んだものがほんの少ししかないことで、ショックでした。今後の読書方向を変えるべきなのでしょうか。

Aベストアンサー

僕も、これまで本はたくさん読んで来ましたが、40近くになって、そういえばこれまで「世界名作文学」の類いを読んだことがなかったなあと、ふと思い、近所の図書館の岩波文庫などを気の向くまま読むようになりました(タダですからね^^;)

そうすると、やっぱり「名作」といわれるだけあって結構面白いんですね。もちろん面白くないものもあります。

「名作」を読むコツ=最初の数十ページを読んでみて、好みに合わなかったらすっぱりやめる。これに尽きます(図書館だったらタダですから)。

そうすると、10作に3~4作くらいは、面白いんですね、これが。

つい最近もプーシキンの「スペードの女王・ベールキン物語」を読んで、もう涙ぽろぽろこぼしました。

参考までに、これまで読んで面白かったものを挙げると、

ディケンズ「デイビッド・コパフィールド」
 涙あり笑いありハラハラドキドキ、サービス満点!

マーク・トゥェイン「ハックルベリー・フィンの冒険」
 何か自分も旅しているような、ロードムービーを観ている気分になります。
 
デュマ「モンテクリスト伯」
 う~ん。フランス人ってしつこ~い!けど面白い。
 
プーシキン「大尉の娘」
 幻想的かつ写実的。これも、ロシアの辺境を旅した気分になれます。

逆につまらなかったのは、

ブロンテ「嵐が丘」
 何か悲しゅうこんな陰気臭い話を読まなあかんのじゃ!

スイフト「ガリバー旅行記」
 書かれた当時の世相がわからないと理解できない。

ジュール・ベルヌ「八十日間世界一周」
 主人公に全然感情移入できん。これは、フランス人が書いた、イギリス紳士のパロディなのか?

僕も、これまで本はたくさん読んで来ましたが、40近くになって、そういえばこれまで「世界名作文学」の類いを読んだことがなかったなあと、ふと思い、近所の図書館の岩波文庫などを気の向くまま読むようになりました(タダですからね^^;)

そうすると、やっぱり「名作」といわれるだけあって結構面白いんですね。もちろん面白くないものもあります。

「名作」を読むコツ=最初の数十ページを読んでみて、好みに合わなかったらすっぱりやめる。これに尽きます(図書館だったらタダですから)。

そうす...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報