ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

 以下のストーリーは中国の映画の一部分(少々アレンジあり)です

 中国の山奥の村に小さな小学校がありました。 校長先生はまじめで教育熱心な人でしたが、彼の10の歳ぐらいの息子がある日突然原因不明の病気になりました。自分で歩くこともできなくなってしまった子供を背負って医者を捜して回り、いい医者がいると聞けばどんな遠くでも出かけましたが、子供の病気は悪くなる一方でした。そんなある日いつものように子供を背負って医者に行った帰り、橋のたもとで髭を蓄えた老人に出会います。老人は彼にあるものを渡し、彼はそれを受け取って帰ります。その日以降、子供の病気は少しずつよくなりました。

 さて、このおじいさんがお父さんにあげたものとはなんだったんでしょう

 答えは「処方箋」です。彼はそれを受け取ったあと、家の近所の普通の漢方薬局に持って行って薬を作ってもらい、子供はその薬を服んでよくなったというわけ

さて、前振りが長くなりましたが、みなさんはこの物語を聞いてどう思いますか?

 私は正直「なんじゃこりゃ?」 と思いました。だって八方手を尽くした挙げ句に出会った「謎の老人」がくれたのが紙切れ一枚で、しかもそれをいつも行ってる普通の薬屋に持て行って、そこの薬師さんが店の引き出しに入っている普通の薬種を使って作った薬で病気が治ってしまう...ってのは物語としてどうかなと思うんですね。

 ところが私がこの話をすると、まわりにいる中国人・台湾人はことごとく「どこがおかしいの?」と言います。「話としてはありそうなことだし、物語として特に奇異な感じはしない」と、みな口を揃えます

 そういわれてみると、たちまち自分の感覚に自信がもてなくなります。そこでぜひ多くの方からご意見をうかがいたいと思い書き込ませていただきました。もしよろしければ「自分ならこういう物語にする」と言うのも書いていただけるとうれしいです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 この物語を要約すると「一人の老人が原因不明の病に苦しむ少年を見て、どのような薬を与えれば直るかという処方箋を父親に渡した。

その処方箋通り薬を飲ませたら子供は元気になった」という内容です。多くの医者が治せない病の原因を見抜き、その処方箋を書いた紙を渡すというのは物語として問題ないと思います。ですから私は特に疑問を感じませんでした。おそらくmoniquemaniqueさんはこの老人がたちどころに難病を治す、もしくはどこにもない特別な薬をくれるという結末を期待していたために、なんだか拍子抜けしてしまったのではないでしょうか。

 漢方薬というのはさまざまな薬剤を調合して作ります。ですから物語に登場する漢方薬局には漢方に使う薬剤を置いているだけで、「薬」として効果を生むためには病状に合った独自の調合が必要です。その方法を書いているのが「処方箋」ですから、老人が処方箋を渡すことに何の問題もありません。中国や台湾の人は漢方について日常生活で接しているのですんなりと納得できたと思います。

 蛇足になりますがたとえ話を。
 ある男が遠い昔に食べた幻のカレーを探し求めています。いろんな店を訪れるのですが、記憶に残っている幻のカレーに出会うことができません。ある日、ターバンを巻いた一人の老人が男に一枚の紙を渡します。そこにはカレーに使うさまざまな香辛料の名前とその調合方法が書かれていました。男はさっそく懇意にしているカレー店に頼んで、紙に書かれている通りにスパイスを調合してカレーを作ってもらいました。そのカレーは、あの幻のカレーでした。

 漢方薬をなじみのあるカレーに置き換えただけで違和感はかなり薄れると思いますがどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ををを~っ、ホントだ! 薬をカレーに置き換えただけですんなりなじめる! なんか長年の疑問が解けたような気がします。

 私は、中国人っていうのは知識や経験、システムといった人間の営為や人間の作り上げたものに対して、われわれが想像できないほど信頼を置いているからなのかと漠然と思っていたんですが、その割には「いつも行っている医者(西洋医)が『今日から院外処方箋を出しますから、お近くの薬局で薬をもらってください』と言ったらどうする?」と聞くと、十中八九「それは断る」と答えるんですね。ここにはやっぱり伝統医学に対す独特の考え方があって、しかもそれがあまりにも体に染み付いていて、「カレーを食べておいしいと感じた」というのと「薬を服んで体がよくなった」というのが限りなく近くなってるのかもしれません。

 とにかく非常に多くの示唆を受けました。どうもありがとうございます。

お礼日時:2005/11/16 15:23

 #4です。

ていねいなお礼をありがとうございました。

 拝読して、感じるところありましたんで、ちょっとアレなんでしょうけど、再度回答したくなりました。

 私は、一年強、北京で語学研修生として暮らしたことがあります。台湾も、台北ですが、一週間ほどいました。

 moniquemaniqueさんの仰りたいこと、分るような気がします。中国の人は、「儒」vs「道」という、いってみれば深い矛盾を抱えていて(どんな文化でも矛盾はあります)、その間を、非常に軽快に飛び歩くんですね。現実的、政治的な「儒」、理想的、非政治的な「道」と。でも「道」の中を見ると、きわめて現実的で、政治的な神さまが、思いっきり「現世利益」を説いている、という……。

 「髭を蓄えた老人」は、日本人の感覚で言えば、「彼岸」に属するものですが、それが、「処方箋」という、やたら現実的なものを持ってくる。老先生も、「まじめで教育熱心」という、「儒」の側面がある。いつか香港で見たんですが、春節の飾りに、寿老人が、コンピューターを抱えてる、というのがあって、もう笑ったんですが、あれなんですよね。

 さきほどの私のことばを覆すようですが、いま不意に「彼岸」ということばを使って、あ、とおもったんですが、柳田國男が、日本人は「他界」というものがあって、そこに帰っていくのが本来みたいな考えがある、とどこかで書いていたのを思い出しました。
 「価値」が外にある。

 中国は「文明」を築いた国です。
 「価値」は内にある。

 中国でも「他界」という観念はあるでしょう。仙界のような、でも、軸足が、どうも日本人とは違うところにある気がします。

 なんていうか……「他界」が、日本では自己を捨てていく場所であるのに対し、中国では、自己実現欲を膨張させる対象なんですね。
 自分(とその一族)以外のしがらみは捨てたい、でも自分の自我や欲(価値)だけは持っていたい、という。

 なんとま、都合のいい、と日本人は考えるのでしょう。でも私は、あのバイタリティーも、個人主義も、それから来るんだし、正直あの力はいいなと思います(大陸は特にそういうところがありますね)。

 moniquemaniqueさんが立てられたご質問で、楽しいひとときを過ごせました。鳴謝(映画みたいか)。

 台湾……また、こんどはゆっくりいって見たいところです。日本で通っていた中国語学校が、台湾出身の方の経営だったので、とりわけ懐かしいです。

 祝祷nin的生活平安、工作順利(或是学得愉快、収得豊富的穫)!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
正直ここで質問するまで、これほど実りのある答えをたくさんいただけるとは思っていませんでした。非常に感激しております。

 最近読んだ本に、「道家(思想)」と「道教」とを区別するのは一時期の日本にだけ見られた習慣で、中国ではこれまでそのような区別をされたことはなかった、ということが書いてありました。私は高校の倫理社会とかで老子や荘子が道家思想を始めたが、それが後に民衆のあいだで変化を遂げ、元とは似ても似つかない「道教」になった、と習ったような覚えがありますし、今に至るまでそう思っていましたが、中国人にとっては老荘も現在の道教も区別する必要のないひとつのものなんでしょう。そう考えると、中国人や台湾人に接するときに時に感じる「身もフタもなさ」も理解できそうな気がします。

> 台湾……また、こんどはゆっくりいって見たいところです。

 ぜひいらしてください。今が一番しのぎやすい季節です。ご案内しますよ!と言いたいところなんのですが、「教えて」では連絡方法がないのが残念でなりません。

 そうそう、台湾には「斉天大聖」を祭った廟があります。斉天大聖、つまり孫悟空ですが、いくら純朴な台湾人でも孫悟空が想像上の人物(猿)であることは百も承知です。ここまで来ると、「神様」なんて祭り上げてるけどもう祭られてるものなんてホントどうでもよくて、祭っている人間やその思いだけの問題って感じがします。そう、羨ましくなるほどたくましい人たちです。

お礼日時:2005/11/17 19:43

 こんにちは。



 私もmoniquemanique様と同様、(?)ですね。

 いや、話としては成立してる。でも、わざわざ映画にする話かどうか、ってところです。

 ただ、こういうことがいえなくはないかな、と思うことはあります。

 中国の人って、バイタリティーに富んでる反面、ものすごく諦観してるところがあって、「運命」を抗いがたいもの、として感じるようです。
 たとえば、「ありゃ」とか「しまった」を、中国語で、「天阿!」とか「命阿!」いいます。天、と命、天命。つまり「人知を超えた運命」ですね。また、中国の大衆がよく使うことばで「没法子」というのがあります。「法子」は手段、方法、もっといえば人ができること。「しゃあねえな」という感じ。これも、努力とか、そういうことじゃないな、という語感です。
 だから、逆に、人知を超えたものへの憧憬も深いです。運命的に与えられる救い、というのは、まあ中国の人たちの「泣いちゃう」部分なんですね。

 だから、この話は、手段をつくしてもだめで、絶望していた人に(そのひとは真面目で正直であることが条件)、ふっと与えられた救い、なんですね。ああ天は人を見捨てないなあ!! 非常にツボに来る。「橋のたもと」も、非日常との接点ですしね(これは日本もそう)。

 理解するなら、そうだな、その老人を、「越後のちりめん問屋の隠居、光右衛門」におきかえたら……なんとなく分りませんか。どうでしょう。

 だから、私なら、いきなり「髭を蓄えた老人」じゃなくて、だれか具体的な人にしますね。個人じゃなくても、たとえば、途方にくれてる校長先生のところに、ある日突然、都会から医師がやってくる、途惑い、また治療費を心配する先生に、医師は言う「もう充分いただいてますよ、あの人たちに」その差す方には、子どもたちととその親たちが、笑顔で集まってる、とかね。
 そうでないなら、悲劇にしちゃうでしょうね。子どもは亡くなって、先生の悲嘆にくれる様子を見て、子供たちは命の大切さを知る、「素晴らしい先生だ」といわれることで、先生はわずかに慰められる、なんてね。

 人の世にも救いはある、と考える日本人と、人の世は救いがないけど、天は見放さない、と考える中国人との違い、とても雑駁なまとめ方ですが、いかがでしょう。

 ご参考になれば。

この回答への補足

どうもありがとうございます。

私は今台湾に住んでいますが、こちらの人はみな非常に信心深く、おっしゃるとおり最後の最後は人知を超えたもの任せという感覚があるように思います。占いとか拝拝(お参り)で大事なことを決めるというのは非常に日常的です。ですから、

>この話は、手段をつくしてもだめで、絶望していた人に(そのひとは真面目で正直であることが条件)、ふっと与えられた救い、なんですね。ああ天は人を見捨てないなあ!! 非常にツボに来る。「橋のたもと」も、非日常との接点ですしね(これは日本もそう)。

というのはまったく同感です。日本人にも共感できますね。

しかしその「救い」の中身が「別の処方箋」ていうすごく現実的なところが、どうも....。物語の転換点ですから、それまでとは違う別な何かがないと拍子抜けする感じがするんですね。その点では、おっしゃるような

>たとえば、途方にくれてる校長先生のところに、ある日突然、都会から医師がやってくる、途惑い、また治療費を心配する先生に、医師は言う「もう充分いただいてますよ、あの人たちに」その差す方には、子どもたちととその親たちが、笑顔で集まってる、とかね。

あるいは

>子どもは亡くなって、先生の悲嘆にくれる様子を見て、子供たちは命の大切さを知る、「素晴らしい先生だ」といわれることで、先生はわずかに慰められる、なんてね。

というのはむしろ、「価値観の転換」という点で、納得のいくストーリーです。たぶんこんな映画見たら私も泣いちゃうと思います。

 そんなこんなで、いまのところ私が漠然と感じているのは、

>人の世は救いがないけど、天は見放さない、と考える中国人

というのに加えて、その「天」もすべてを超越したもの、つまり人間の世界の外側にあるのではなく、現実の世界(おそらくそれはすごく中国的な)の中にある、とういう感じなのかなということです。

(中国の神様の多くが「元・人間」だったり、人間(=中国人)みたいに名前や苗字もあるということも、もしかしたら関係があるのかなって気もします)

とにかくいろいろな示唆をいただきました。どうもありがとうございます。

補足日時:2005/11/16 15:42
    • good
    • 0

>たちまち自分の感覚に自信がもてなくなります。


私もmoniquemaniqueさん同様、何ら物語性を感じません。
起承転結で考えても
起  子供が重病になる。
承  八方手を尽くし改善を試みる。
転  老人に出会い、処方箋を手に入れる。
結  処方箋により病気が治る。
ってだけの話ですよね。

>自分ならこういう物語にする
そういった才能はありませんが、老人を蔑ろにしていた父親が、最終的に(上記の流れで)老人に助けられお年寄りは大切に・・・・{敬老の精神}とか、祈祷とか原始宗教的なことで改善を試み失敗、薬で解決!{宗教批判}など何かを暗喩していたりしないと物語として成立しない気がします。

話は若干それますが、アメリカで流行った「キリンのジョーク」はご存知ですか?
キリンを冷蔵庫に入れる3つの手順てなぁに?ってやつなんですが、答えは「冷蔵庫のドアを開け、キリンを冷蔵庫に入れ、そしてドアを閉める」です。この話を私の周りに話してみた皆の反応は殆ど「くだらねぇ」といったところです。私もそう思います。しかしアメリカではジョークとして成立しているわけでして・・・・。

中国の山村の話も、国民性とかで国々よって感じ方、捉え方が違うってことでしょうか?
しかしホント「はぁ????」ってストーリーですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。長くてとりとめもない質問をうまくまとめていただき、私自身も少し整理ができました。

そうなんです。物語性がないんですよね。何も意外なことが起こらない、つまりこれまでかかった医者と同じことをしているのに、問題が解決して物語が終わってしまう。おっしゃるとおり最後に別の転換点がないと、物語として成立しないように思えます。
 しかしどうも中国人にとっては、最後の老人の行いはそれまでかかった医者と同じ、ではないようなんですね。何でなのかはまだよくわからないんですが。

ところでキリンのジョークですが、わたしも聞いたとき「なにそれ?」って感じでした。でもその続きを聞いたときには相当笑ったなあ。その続きというのは、

「じゃあ今度は象を冷蔵庫に入れる4つの手順は?」

答えは「冷蔵庫のドアを開ける。キリンを出す。象を入れる。ドアを閉める

お礼日時:2005/11/16 15:35

私も最初「???」でしたが、要は「適切な処方箋」だったのではないでしょうか。


これなら納得できますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長々とした質問を読んでご回答いただきありがとうございます。

>要は「適切な処方箋」だったのではないでしょうか。

そう、つまりそういうことなんですが、物語としては「ここまで引っ張っといて、なんだよう!」と言いたくなるような感じでした。もうちょっと何かほしい、という感じだったんですが、そのニュアンスが伝わらず歯がゆい思いをしました。

お礼日時:2005/11/16 15:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング