ウォッチ漫画『酒男子』新連載開始!

ここで歴史を動いてを見ていての疑問ですが・・・

日本で使われていた古文は
いつまで使われていたのでしょうか・

自分がテレビを見ている感じ
明治までは、~候(そうろう)とかいう言葉が
使われていたので、

明治以降に古文が廃止されて
今のような言葉になったのではないかと
勝手に推測していたのですが・・・

教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

古文はちょんまげや刀のように法律で禁止にはならなかったので手紙の「候文」は昭和でも使う老人がいました(江戸時代に生まれた老人が姿を消したのは1960年頃です)。


古文といっても時代によって少しずつ形を変えていったのですが、明治期以後は擬古文調といって文語と口語の交じった文が長く残っています。
その一番最後のもので有名であり現在簡単に入手できるものは吉田満の『戦艦大和ノ最期』(講談社文藝文庫)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061962 …
永井荷風の『摘録 断腸亭日乗(上下)』(岩波文庫)
だと思います。↓

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003104 …
    • good
    • 0

「古文」と「現代文」は連続的なものであって、古文が廃止されて現代文になったわけではありません。



大昔は、ハ行の子音は[p]でした。
それが次第に[f]を経て[h]になりました。

こういった音の変化のみならず、単語もそうです。
古文で絶対必要な助動詞の「む」ですが、鎌倉時代ごろには現在の「う」になっていました。
(ただ音便化しただけですが)
「蹴る」の活用も江戸時代には四段化しています。
「死ぬ」は明治以降でもナ変も併用されていました(走れメロスに「死ぬる」と出てきます)。
現在でも「ありうる」など下二段(終止形は連体形に統合)動詞を使います。
候文も結構近代まで使われていました。
(「です・ます」の敬語体系は明治以降の教育で定着)

明確な線引きはしようもありません。
    • good
    • 1

いわゆるところの文語と口語の乖離は随分昔から起こっています。



「言文一致」という運動が明治時代に起こりました。ようするに書き言葉を話し言葉と同様にしようという運動です。

Wikipedia-言文一致
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%80%E6%96%87% …

「廃止」というよりは、自然発生・同時発生的に文語を使うのではなく口語によって記述しようという動きが起こったと考えてよいのではないかと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古語の助動詞、使用時期はいつまで?

意思の助動詞「む」は、ん で今でも使いますよね? 「何を言わんとしているのか・・」など。
このような助動詞の表記が現在使われているように、読みに忠実になった時期をご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

 この質問の意味は二様に取れます。
1.発音どおりに表記されるようになったのは、いつからか。
2.(助動詞を含む)古語が使われなくなったのはいつからか。

 1.については、一応昭和21年の「現代かなづかい」以後と答えられますが、実際には必ずしも発音どおりでないのは、ご存じでしょう。

 2.については国語史の問題で、おおざっぱにいうと、中世の頃から大きな変化が起こり始めました。目立ったのは「二段活用の一段化」「連体形が終止形を兼ねるようになった」などです。これを一々説明するのは大変なので止めますが、このような変化によって、動詞・形容詞・形容動詞それに助動詞など、特に活用する語はそれぞれ変わり、その結果あるものは消滅し、あるものは今でも一部残っています。
 例に挙げられた意志・推量の「む(ん)」は通常は「う」になっていますし、打消の「ず」は「ない」になり、推量・意志などを表す「べし」は一応消滅しましたが、一部現代語にも「べき」などの形で使われます。

 


人気Q&Aランキング