はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

一人で開業は可能なのでしょうか?
私は茨城に住んでいるのですが届け出などは必要でしょうか?
初期費用はいくら位掛かるのでしょうか?

またその他必要な事がありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 twilight0125さん こんばんは



 バイク便を開業する為にしなければならない事は、まずは使うバイクを白ナンバーの個人登録ではなくて業務用の緑ナンバー登録する事です。もちろん間違いなく自賠責保険等の最低限の保険は申請必要になります。それと「私、事業を始めます。」と言う事を公に公表する事です。つまり最低でも個人事業主として税務署に届け出をする事ですね。それ以外にはお住まいの地域の陸運局に営業所・車庫・休憩所・車両などの届け出申請をすれば良い事になります。以上が揃えば、即開業出来る事になります。
 この営業所・車庫・休憩所・車両などですが、営業所・車庫・休憩所は自宅で行ない、車両は自分の持っているものを使えば格安で開業できるわけです。

 費用的には、上記の開業までに掛かる費用以外に、一般ユーザーがバイクに乗るのと違って業務としての保険登録が必要です。これは任意保険ですから、入らなければ開業できないと言う物ではありません。しかし、物販や事務職等の建物の中でする仕事と違って交通事故に遭う確率は高く、最悪交通事故での骨折等で仕事を休業しなければならないと言う最悪事態の場合の休業補償も含めての保険に入る必要が有るでしょう。そうするとそれなりの費用が掛かってしまうでしょうね。
 それと店舗を持っての物販みたいに、お店の前を通ればどんな業種の商売をしているか解る場合以外の形態での事業の場合は、それ相当の宣伝をしないとお客様が来ないと考えて下さい。従って宣伝費はそれなりに掛かるでしょう。
 どんな商売でも数ヶ月は売上0円と言う可能性も有りますから、その間の生活費としての運転資金も必要になります。後はバイクの駐車場代等がかかるようでしたら、その費用ですね。
 以上がざっと考えた時に必要な費用でしょう。従ってtwilight0125さんが持っているバイクを使う前提で、2~300万円あれば開業は可能でしょう。

 私なりの意見を言わせて頂けば、バイクは四輪車と比べて事故を起した時のライダーが受ける損害は大きいですよね。twilight0125さん自身は運転に自信が有るからこそバイク便を開業と考えたんでしょう。twilight0125さん自身では100%事故を起さない自身が有っても、貰い事故と言う事だって100%無いわけでは有りません。もし貰い事故と言う事でバイク運転できないと言う事になったら、翌日から配送が出来なくなってしまいます。twilight0125さん自身が配送出来ないと言うことは、即twilight0125さんのバイク便屋さんに配達を頼んでも配送して頂けない事を意味します。つまり、お客様には迷惑を掛けるわけです。つまりtwilight0125さんのバイク便屋さんの信用を無くすと言う事に繋がります。
 以上の理由より、1人でバイク便屋さんを開業するのは、私には怖くて出来ません。もし常時バイクで配送する人が怪我等で配送できない状態でも、代わりの人が常時の人に代わって配送出来る状況が無いと、私は怖くて運送業を開業し様とは思えません。それは前記したとおり、お客様に迷惑を掛けるからです。従って法律上はその他の問題で1人で開業する事が可能であっても、私は従業員一切なしの状態でバイク便業を開業したいとは思えません。
 この考えは、私個人の考えで全てではないと思います。しかしこう言う考えの者も居ると言う事を含めていろいろ考えて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の投稿ありがとうございました。
私もいろいろ考えてから開業したいと思います。
細かく教えて頂きありがとうございました。
とっても参考になりました。

お礼日時:2005/11/16 23:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイク便を仲間と始めたいのですが・・・

バイク便事業を開業したいのですが、認可等の指南をしていただけませんか?

Aベストアンサー

 直接バイク便は経験がありませんが、軽貨物運送事業の届出同様、二輪貨物運送事業届出になると思いますので、国土交通省の地方運輸局に所定の形式で届出をすれば、事業用ナンバー連絡票というものが発行され、これをもって陸事に登録に行くと、緑ナンバーがもらえます。
 国土交通省から、所管のセクションを聞いて照会してみてください。なお、届出書式の入手や申請代理の依頼は、最寄の行政書士事務所にお問い合わせください。書式だけでも分けてもらえることもあり、申請代理をする場合には、数万円で行っていると思います。

Q営業車の黒ナンバーの取り方

こんばんは
仕事で使う車を中古で買いたいのですが、黒いプレートのナンバ-を取るにはどうしたらいいのでしょうか?
中古車ショップでやってくれるのでしょうか?
自分でやるにはどうしたらいいのでしょうか?
お金はいくらかかるのでしょうか?
車検がまだ残っていても、もう一度車検を受けなければいけないようなことを聞いたのですが、どうゆうことなのでしょうか?
あと関係ないですが、信頼できる車のオークション代行のサイトを知っていましたら、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>黒いプレートのナンバ-を取るにはどうしたらいいのでしょうか?
>自分でやるにはどうしたらいいのでしょうか?

営業ナンバーは、各都道府県の運輸支局に置いてある事業計画書(無料)に必要事項を記入し、支局内にあるトラック協会で軽貨物運送約款(¥700位)を購入し記入済み事業計画書とともに提出します。
窓口担当者から内容に不備がなければ受理証の印を押してくれるので、これを持って支局指定の軽自動車検査協会へ行き所定の用紙に必要事項を記入し提出しますこのときかかる費用は、印紙代
¥700、ナンバープレート¥2000、で先の¥700と合わせて¥3400
です。
但しナンバープレートは自分ではずして返却し、営業用ナンバーを取り付けます、この作業はドライバー1本あれば出来ます。
書類については高校生程度の学力があれば書ける書類です1日あればかけますので翌日朝から陸運支局へ行けば合計2日ですみます。


注意:軽貨物自動車を所有していることが前提です、ローンで買ったものも現金で買ったものも区別、制限はありません。
不明の点は各陸運支局へ問い合わせをしてください、
営業ナンバー取得に10万、20万はかかりませんたった¥3400
です、いつでも誰でも取得できます。営業ナンバーは許可、認可ではありません、ただの届出制です。

>黒いプレートのナンバ-を取るにはどうしたらいいのでしょうか?
>自分でやるにはどうしたらいいのでしょうか?

営業ナンバーは、各都道府県の運輸支局に置いてある事業計画書(無料)に必要事項を記入し、支局内にあるトラック協会で軽貨物運送約款(¥700位)を購入し記入済み事業計画書とともに提出します。
窓口担当者から内容に不備がなければ受理証の印を押してくれるので、これを持って支局指定の軽自動車検査協会へ行き所定の用紙に必要事項を記入し提出しますこのときかかる費用は、印紙代
¥...続きを読む

Qバイク便;青ナンバーと白ナンバーが混在するのはなぜですか?

通勤中(都内)、よくバイク便を見かけます。いつも不思議に思うのですが、

・青ナンバー(事業用)と白ナンバーのバイク便が混在していますよね?何故なのでしょう?有償で貨物を運んでも白ナンバーでOKなのでしょうか?
・圧倒的に白ナンバーの方が多い気がしますが、青ナンバーでは何かデメリットがあるのでしょうか?

HPで調べましたが、バイクの青ナンバーについて説明しているサイトを見つけることができませんでした。
ご存知の方、どうぞご教示下さい。

Aベストアンサー

まず、バイク便は
貨物軽自動車運送業という許可(届出)が必要です。
貨物軽自動車運送業は、車両1両から開業できます。

有償で貨物を運びますから、営業ナンバーが必要です。
けれども、白ナンバーだから、無許可の車両とは言い切れません。「有償許可証」を持っていれば、営業ナンバーと同じです。

「有償許可証」はどちらかといえば、忙しい時期の増車に対して、特別に許可が出るという物のようですから、バイクの白ナンバーは、本当に無許可車両じゃないかと思います。
おそらく貨物保険も加入していないと思います。


営業ナンバーになると、任意保険が割高になります。
それで、白ナンバーなのかも?

参考URL:http://www.mlit.go.jp/chubu/aichi/index.htm

Qバイク便という職業について

バイク便で生計を立てている方、あるいは友人にいる方教えてください。
今27才ですが昔デリバリーとしてずっと働いていて1年ちょっとIT業界に挑戦しましたがやはり肌が合わず配達業に戻りたいと思っています。
バイク便で一生やっていくって可能ですか?契約的には社員ではないみたいですが事故を起こした時は保障などありますか?平均年収はどれくらいですか?最大手?のソ○ハイって良い会社ですか?そのほかなんでもいいのでいろいろ教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バイク便で一生やっていくって可能ですか?>

現実的には不可能だと考えられます。
○ライダーは8割、9割事故を起こすからです。
○保障も全くありません。年金や労災加入も自分でしなければなりません。
○50代、60代になっては体力的に厳しいです。
雨の日、雪の日も走らなければなりませんし、
冬は極寒ですし、夏はジャケットがありますから体力を消耗します。
○拘束時間が長いです。大体。8:30~21時
ソク○イ19時まではやらせます。拒否すれば仕事が来ません。往復の時間やずれこみでもっと時間が掛かるときもあります。
○年収はピンキリです。仕事がないときは月収10万なんてこともあります。ライダー人数や景気によって変動します。
○ソク○イは日の丸が飾ってあるらしいですよ。
○契約は業務請負契約ですが実態は労働者です。
労働者の保障がなく、労働者と同じく拘束されます。

ご参考になりましたら幸いです。

Q軽貨物オーナー独立開業について

現在、会社員をしていますが、将来独立して軽貨物のオーナーを考えています。赤帽や軽急便、スーパーカーゴなど現在しておられる方、良い点、悪い点など何でもいいですから教えてください。
収入は一日いくら位走ったら月どれだけ稼げるかも知りたいので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

milmasukarasさん、こんにちは。
現在 貨物軽自動車運送事業を営んでいるものです。
15年目。 これから始められるということですが、
収入は安定した固定客をいかに獲得するかにかかっています。 軽貨物運送業の組合や組織から斡旋される
スポット的な仕事だけでは売り上げベースで30万も厳しいかもしれません。 収益は約半分。
もちろん、個人の才覚と努力で可能性は無限大にありますが、この時代、新規開業と廃業者が同じ位います。 個人的に相談を受けることがありますが現時点ではお勧めできないとアドバイスしています。
見込める固定客が無く、新規に開拓ということであればかなり厳しいスタートになると思います。


人気Q&Aランキング