ある噴水の不思議な現象に関する質問です.

通常の噴水では,水塊は斜方投射されて放物線を描きます.
しかし,私が利用している銭湯の噴水は円筒から放射されたあと,落下しつつ確実に手前に戻ってきています.
大げさに言えば,カップの取っ手のような軌跡を描くのです.
明らかに水塊に重力以外の作用が卓越しているためであるのですが,うまく説明できません.

ただし,この噴水方式はある特徴をもっています.
放射する円筒は鉛直方向に立っており,上を向いた口を
円盤で半分蓋をする構造になっているのです.水はその蓋の隙間から円筒の半径方向に噴出方式です.従って噴水は連続的な曲面を構成し,曲面の奥側の空間は大気圧でないかもしれません.

常識通り,「から傘状」の形(円筒軸対象の放物面)を噴水は構成するときもありますが,そうではなくて,「御椀状」の形(取っ手のような軌跡を円筒軸周りに回転させたような形)を構成するときがあるのです.

1)噴水面の奥側が負圧のため,圧力差が生じている.
2)円筒(鉄)と噴水に粘着力(静電気力)が作用している.
の仮説を立てましたが,
1)噴水が着水するときに泡が立っており,大きな負圧になるのだろうか?
2)鉄と噴水にそもそも粘着力はそんなに大きいのだろうか?
という疑問が消えません.

気液混合流体なので,古典力学で説明できるのか,
流体力学(オイラー観測かラグランジェ観測か?)で説明できるのかも気になります.

どなかか興味のある方,一緒に解明していただけませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

>この場合何のエネルギーなのでしょうか?


発生原因の詳しい話は解りませんが、「界面(気液の場合は表面)での異種分子(原子)の接触によるエントロピーの変化」程度しか知りません。
ただ、表面張力の発生原因もこの界面エネルギーによって説明されます。つまり「異種の分子と接触する分子は出来るだけ少ない方が安定」=「表面積が小さい方が安定」となるわけです。
あるいは、表面張力の発生原因を「端の分子は他の分子からの引力が系の内側にしか働かない」とした場合には、「表面張力に逆らって表面積を大きくする時に必要なエネルギー」と理解しても良いかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
なんとなくですが,イメージが持てるようになりました.
仰るように,どうやら表面張力ではないかという気がしてきました.

垂直長さa,水平長さb (a < b)の長方形の口から
水平方向に流出する噴水を観察してみました.
すると落下につれて断面積abは減少するのですが,
横幅bが十分収束するまで水滴に遷移していません.
つまりaは遅く収束し,bは速く収束しています.
ようするに断面積は等方になろうとしているようです.

(円周長さ)×(膜厚さ)に関しても,等方性を高めるために(膜厚さ)よりも(円周長さ)が速く収束していると解釈できます.

断面積の等方性が高い⇔表面積(断面周ながさ)が小さい

は成り立ちそうなので,仰るとおり,おそらく,界面エネルギが小さくなるように断面積の形状が定まっているというのが結論なのでしょうか.

もうしばらく待って見て異論が出ないようだったら締め切ろうと思います.

Zincer様をはじめ,皆様,本当にお礼申し上げます.

お礼日時:2001/12/09 17:24

skistrさんの考察の通り


>ある程度まで膜厚さが小さくなると,状態が遷移して,水滴が構成されるような気も致します….
は、間違い無いと思います。だた、この「ある程度」が問題で、水道の蛇口から出る水を観察してみてください。流出量を調整してやることによってかなりの細さ(3~5mm程度)までは水滴にならずに細い線の状態を保つ事が可能であることがわかると思います。

>自然は水滴を嫌って,円周を小さくしてくれるのでしょうか?
「水滴を嫌って」という表現が正しいかどうかは分りませんが、膜が分離して水滴を構成する場合、その表面積は増えることになります。界面エネルギーの観点から説明すると、決して水滴の方が安定であるとはいえないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います.お礼申し上げます.

蛇口の実験してみました.
確かに3mmぐらいでベルヌーイの式が破綻してますね.

界面エネルギー!という言葉が出てきました.
全く無知なので,出来ましたら,もう少しコメント頂けませんでしょうか?

表面積が増えると不安定になるのは何故なのでしょうか?膜の状態の方がエネルギーが小さいということになるのでしょうか?この場合何のエネルギーなのでしょうか?

お礼日時:2001/12/06 22:03

素人考えですが気付いた点を1つ


もし、水の膜が切れていなければ「物質収支」から考察が可能ではないでしょうか?
半径が最大になった部分の落下速度から確実に重力によって水膜の流速(落下速度)は速くなっているはずです。
ここで上部と下部の流量(≒円周長×膜厚さ×流速)を考えた場合、「膜厚さ」にそれほどの変化が無ければ流速の増加に伴って円周長(つまり半径)の減少が起こるのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
仰るとおり,物質収支(質量保存)則の観点は有用であると思います.
ただ,(円周長×膜厚さ)が落下につれて減少することは確実なのですが,膜厚さに下限があることをどう説明すればよいのかが分かりません.

ある程度まで膜厚さが小さくなると,状態が遷移して,水滴が構成されるような気も致します….
自然は水滴を嫌って,円周を小さくしてくれるのでしょうか?
う~ん.分かりません

お礼日時:2001/12/04 12:49

 


  もう一度考えてみました。
 
  負圧だというのが、もっともありそうな気がします。ただ、それは質問者がすでに出されている答えです。表面張力というのは、水の膜が連続面の場合、膜全体で、表面積を小さくしようとしますから、内側にすぼんでゆく力になることは間違いありません。ただ、それが有効な大きさだろうかと疑問が出てきます。
 
  考えつくことで、おかしいかも知れませんが、ともかく書いてみます。その水には、鉄分か強磁性体物質が含まれているのではないかという可能性です。これなら、噴水の根本に強い磁石(電磁石)を置いておくと、水が内側に引きつけられます。ただ、鉄分を含む水は普通赤い色をしているし、無色透明にはならないと思うのですが、無色透明で、そういう鉄分を含む水があるかも知れません。
 
  また、噴水を中心に、まわりに強い電場をかけているのではないでしょうか。無論、銭湯ですから、高圧をかけると危険なのですが。交流電場をかけると、水に鉄分などが含まれていると、磁化するか(そこで、磁石で引き寄せる)、または、荷電体となり、電場に引き寄せられるのではないでしょうか。どういう電場か分からないのですが、電磁作用による、力で引き寄せられているのではないかという考えが思いつきました。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.

負圧の方は実験したのですが,どうも否定的な結果が出てしまいました.
水の成分の方は調べてみます.ただ,一番大きな浴槽にある噴水で,薬湯は別にあり,ちょっと分かりません.

表面張力であることをテストするにはどうしたらよいのでしょうか?

お礼日時:2001/12/04 13:05

No.3の ymmasayan です。



> すみません.石鹸水の例えはどう利用すればつながるのですか?

表面張力を抑える薬剤を混ぜると、水が玉になりにくく、薄い水の膜が容易に作れるということです。シャボン玉はこれを利用しています。

> 負圧という仮定を立証するにはどうすればよいのでしょうか?

これは難しいですね。ストローとタバコの煙を使って、煙でも吸い込ませて見ますか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
お礼申し上げます.

(銭湯の客が少ないころを見計らいつつ)
ホースを水面下に潜らせて,噴水面の奥側の空間と外側の空間をつないでみました.
しかし,噴水面の形状は変化しませんでした.
ということは負圧でないということでしょうか?

お礼日時:2001/12/04 12:26

噴水の構造について、私が正確にイメージできている自信がないので


以下の構造を前提として回答させていただきます。

円筒上の口を、同心円の小径の円盤でふたをしている。

もしこの構造が正しければ、表面張力で説明できると思います。
噴出される水には内径と外径ができます。
内径に大きな加速度、外径に小さな加速度を与えます。
内径側・外径側から噴出される水を別々に考えます(例えば別々の質点として)。

1)内径側
  半径方向外向きにある加速度を持たせて噴出させます。
2)外径側
  鉛直方向に噴出させます。

すると、外径側では真上に上がって真下に落ちます。
しかし、表面張力が働くため、内径側の水と外径側の水はくっついて運動し、
外径側の水は内径側の水にひっぱられて真下には落ちません。
一方、内径側の水は外径側の水により内側にひっぱられます。

それで、内径側の外向き方向の速度が遅くなったときに
(ある程度水が落ちてくるとそうなる)
外径側の水の影響が大きくなって内側に曲がってくる。

いかがでしょうか。
むしろ内径側にのみ加速度を与えて、外径側は表面張力のみで引っ張り出してやる
様なイメージでしょうか。

わかりにくい説明になってしまいまして申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.

円筒の構造はもう一度確認してきます.

確かに質点として考察すると,矛盾のない結論がでるのですね.

ただ,表面張力の大きさが気になります.

落下すれば断面積が小さくなって表面張力がより支配的になるのでしょうか?

表面張力という仮説を立証するにはどのような手法があるのでしょうか?

もしアイデアがありましたら教えていただけませんでしょうか?

お礼日時:2001/12/04 13:12

なかなか難しそうですが、私も推理で。


私は表面張力抑制と負圧だろうと思います。
(1)表面張力…水は表面張力ですぐ水玉になりますが、石鹸水などは表面張力が小さくなり、シャボン玉が作れます。しかし逆に、泡が立ちます。
(2)負圧…筒を2重構造にし、無数の穴から空気を引くようにすれば負圧が作れます。

上記の組み合わせで、おっしゃる噴水が作れそうな気もしますが、いかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
確かに支配的要因が1つであるとは言えないのですね.
1)すみません.石鹸水の例えはどう利用すればつながるのですか?う~ん.わかりません….
2)負圧という仮定を立証するにはどうすればよいのでしょうか?
申し訳ありませんが,アイデアありませんでしょうか?

お礼日時:2001/12/03 10:47

 


  それは考えてみると、とりあえず、二つのことしか思いつきません。
  
  1)錯覚である。この場合、どういう方法でか錯覚させるような機構があるのかもしれません。それは実物を見ていませんので、何とも言えません。
  
  2)空気減圧による。この場合、単純な減圧ではなく、水が膜状で閉じた空間が内側に作られているなら、その膜の内側の空間で、空気循環を造っているのではないかと思えます。噴水の下部に、空気吸い込み口を造ってもよいのですが、それだけでは、うまく空気の流れをコントロールできないでしょう。噴水の上中あたりに、下向きの、四方に向かっての空気の吹き出し口があり、他方、噴水の底のあたりに、横向きの空気の吸い込み口があれば、噴水の膜の上部では、噴出する空気が膜を外に押し出すが、下の吸い込み口へと空気は流れているので、次第に、膜を内側に引き寄せ、底の部分でもっとも内側に引き寄せた段階で、噴水の膜が着水するのでしょう。うまく膜を密封状態で造ることができれば、膜の内側の空間で、このような空気の循環を造ることができるはずです。上部で、普通よりも、膜が外に押し出されているのは自然に見え、それから段々内側に引き寄せられるのでしょう。
 
  膜の内側の空間で、ティーカップの取っ手のような形に、気流があるのでしょう。(なお上部の空気吹き出し口とは、噴水の口そのものの可能性があります。何かの方法で、水が出る口の領域と空気が噴き出す領域を分けていると考えればよいでしょう。……上部に噴き出し口が見あたらない場合の話です)。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.

1)私以外の方も目を丸くして当噴水をみていたので客観的な現象であるとはいえます.集団的錯覚ではないか?といわれれば,否定する根拠はありませんが….
2)噴水の中の空間に手を突っ込んだことがありますが,体感できる気流は無かったように思います.また穴も見当たらないのですが….今度の銭湯のときに確認してきます.

お礼日時:2001/12/03 10:43

水の表面張力によるものだと思う。


よほどの回転運動がない限り、自由落下する水は球状になろうとしますから、噴水の口から吹き出たあとも、水膜として繋がっているのであれば、お互いに縮みあって行き、最終的には球状になろうとしているところ、途中で分散・接地してしまうのでそのように見えるのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
表面張力の影響とは考えつきませんでした.
勉強になります.

ただ2点伺わせてください.

1)当噴水の流速,流量は台所の蛇口を最大限開いたときのような大きさで,また水面から噴水の口まで距離は40cmくらいです.また着水点は放物線状のときより,10cmくらいは戻ってきているようです.
このような流速,区間においても表面張力による影響は十分有りえるのでしょうか?

2)よほどの回転運動とは渦度が高いということでしょうか?

お礼日時:2001/12/02 16:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあなたの「恐怖症」はなんですか?

世の中高所恐怖症や閉所恐怖症など
さまざまな恐怖症がありますが
自分はこんな恐怖症であると言う
ものをご回答下さい。

Aベストアンサー

「高所恐怖症」です。

何かで読んだのですが、ビルの屋上とか橋の上、飛行機等の乗り物に乗って
高いところが怖いというのは、人間の本能的なものなので高所恐怖症とは
言わないそうです。落ちたら確実に死にますからね。
で、本当の高所恐怖症というのは、駅のホームとか中途半端?な高さが
怖いことをいうらしいです。
落ちても死ぬことはないし、上手く落ちれば怪我もしなさそうな高さですよね。

私はそういう意味での「高所恐怖症」です。
ホームの端が怖くて歩けません。
椅子とか3段ほどの梯子の上に立つと、足がすくんで動けなくなります。
学生の頃、学校のプールの飛び込み台にすら立てませんでした。


あとはどなたかも回答されてましたが、「つぶつぶ恐怖症」です。
つぶつぶ状のものが密集してると、背筋がゾクゾクしてきます(><)

金属同士が擦れあう音も嫌です。やはり背筋がゾクゾクです;;
ステンレスのお玉で、同じくステンレスやアルミのお鍋をかき回すときなんか
エライ神経つかいますよ(笑)

Q流体力学 二重円筒

次の問題を自分で解いてみたのですが正解であるか不安です。正解かどうか教えてください。お願いいたします。

問題

  図のような同軸の二重円筒に流体を満たし内側円筒のみを回転させ、軸トルクを測定することで 流体の粘度を測定しする装置について考える。内側円筒と外側円筒の半径をそれぞれR_i=20mm,
 R_o=30mmとし、回転角速度をΩとする。以下の問いに答えよ。

(1)回転開始から時間が経過し、流れが定常に発達した状況を想定する。代表長さを流体層厚さd  =R_o-R_i,代表速さを内側円筒壁面の速度とするレイノズル数Reがおおよそ40以下の場合、流れ は周方向速度のみをもつ軸対称クエット流れとなり、軸トルクの計測から粘度が求まる。測定可能 な最低粘度を0.01Pa・s とするとき、設定可能な最大の円筒回転角速度Ω_maxを求めなさい。ただ し、流体の密度はρ=10^3kg/m^3とする。

(2)(1)の条件が満たされるとき、流れの周方向速度成分u_θは以下の常微分方程式に従う。これ  を適切な境界条件のもとで解き、u_θの半径方向速度分布を求め図示しなさい。

         d^2(u_θ)/dr^2+1/r(d(u_θ)/dr)-u_θ/r^2=0

 なおω=u_θ/rなる変数変換を用いてよい。

(3)回転角速度Ω=1rad/sに設定し、粘度μ=0.05Pa・sの液体を計測する。トルクの計測において
 円筒上下の境界や機械的な摩擦の影響がないものとして、(2)で得られた速度分布をもとに粘性 せん断応力から得られる軸トルクTの値を求めよ。なお円筒の軸方向長さL=50mmとし、せん断応 力は

        τ_rθ=μ(d(u_θ)/dr-u_θ/r)

で与えられるものとする。



(自分の答え)

(1)
    Re=u_θd/ν=40より
    u_θmax=40×10^-5/(0.03-0.02)=0.04

u_θmax=R_iΩより
      Ωmax=2rad/s

(2)
常微分方程式を次のように変形する

       r^2u"+ru'-u=0

ここでu=r^λとおいて代入して得られる特性方程式は

       λ^2=1
   
    したがって一般解は
       u_θ=C_1r_^-1+C_2r  

    境界条件r=R_iのときu=ΩmaxR_i,r=R_oのときu=0より

       C_2=Ω_maxR_i^2/(R_i^2-R_o^2)=-1.6

C_1=-R_o^2C_2=1.44×10^-3

u_θ=(1.44×10^-3)r^-1-1.6r

(3)
    u'=(-1.44×10^-3)r^-2-1.6

ニュートンの粘性法則より
    
    τ_rθ=μu'

    よってトルクTは

     T=2πR_iL×(τ_rθ|r=R_i)×R_i=-9.04×10^-6[N・M]


    

次の問題を自分で解いてみたのですが正解であるか不安です。正解かどうか教えてください。お願いいたします。

問題

  図のような同軸の二重円筒に流体を満たし内側円筒のみを回転させ、軸トルクを測定することで 流体の粘度を測定しする装置について考える。内側円筒と外側円筒の半径をそれぞれR_i=20mm,
 R_o=30mmとし、回転角速度をΩとする。以下の問いに答えよ。

(1)回転開始から時間が経過し、流れが定常に発達した状況を想定する。代表長さを流体層厚さd  =R_o-R_i,代表速さを内側円筒壁面の速...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。 なかなか回答がつかないようなので・・
具体的な数値が合っているかどうかは確認していませんが、考え方や定式化に間違いはありません。ゆえ、電卓計算にミスが無ければ、全て正解ですね。

Q(男女別)どんな恐怖症を持っていますか?

過去に似たような質問も出ているのですが、今回は性差を見たいと考えているので新しくトピックを立てさせて頂きました。

(1)どんな恐怖症があるか。
(恐怖症は、その対象への恐怖心が他人には一概に理解されがたいという点が、ただの怖いとの違いだそうです)
(2)その恐怖症を克服したいと思うか、あきらめているか。
(3)男性か女性か(できれば年代も)
以上の3点について、お聞きしたいです。

典型的な恐怖症として、高所恐怖症、閉所恐怖症、暗所恐怖症、特定の動物への恐怖症、男性(女性)恐怖症などがあるそうです。
もちろん典型的ではないものを回答してくださってかまいません。
ちなみに私は犬恐怖症です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)粒々恐怖症。
昆虫が苦手だからと思います。
それを連想させるような、小豆の粒々たっぷりの和菓子を見た時、鳥肌が立ちました。
 昆虫恐怖症。
たまに海老とか蟹を見てもぞっとする時があります。
(2)生理的に受け付けないものなので、諦めています。
(3)女性。40代前半。

Q1次元流れ,2次元流れ,3次元流れ(流体力学)

流体力学では、まず1次元流れを習い,2次元流れ,3次元流と順を踏んでいくと思います。これまでに,あまり意識せず問題を解いてきたのですが,今となって少し気になったので質問させていただきます。

自分の頭が固いためか1次元流れ,2次元流れ,3次元流れをイメージすることができません。特に1次元流れです。1次元流れと聞くと,
流れが一直線のように思えるのですが,曲線もありえますよね。
それぞれの特徴を教えていただけると光栄です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この世界の問題を考える限り、すべて3次元です。流体力学も一般論は3次元です。
しかし、次元が少ないほど取り扱いが簡単で、状況を把握しやすいのも事実です。したがって、1次元近似、2次元近似という近似手法が発達し、実用化されています。これらが1次元流れ,2次元流れと呼ばれるものです。
 たとえば円管の中の流れを考えるとき、軸方向の流れが支配的であり、それを把握しておけば周方向、半径方向の流れは無視しても大局的には問題ない場合が多いと思います。これが一次元流の例です。厳密には軸方向の流速分布Vz(r,θ)を各断面で積分して流量を求め、これを断面積で割って平均流速を用いて流動を記述します。
 また、流れの主方向がz方向で、x方向には十分広がっており、均一と取り扱うことができる時、yz面内における流速分布が主要な問題になります。これが2次元流です。
 

Q~恐怖症

恐怖症はphobiaとありますが

space alcで検索すると
ドイツ恐怖症Germanophobia
アメリカ恐怖症Americanophobia
高所恐怖症altophobia
犬恐怖症cynophobia

などとありまして

たとえば猫恐怖症といった造語(?)を作りたい場合
どのように作ったらいいでしょうか?
phobiaの前に付く単語はラテン語なんですかね?

Aベストアンサー

-phobia はギリシャ語由来(φοβοs = phobos = 恐怖)なので、造語する場合は前半部分もギリシャ語源にした方が「それらしく」なるでしょうね(他の語源ではいけないという意味では、もちろんありません)。

例えば、例として挙げてくださっている altophobia(高所恐怖症)では、前半の alto- はラテン語源ですが、同じ意味でもギリシャ語源である acro- を用いた acrophobia の方が一般的です。cynophobia(犬恐怖症)の cyno- もギリシャ語源。「アラクノフォビア」という映画がありましたが、これは arachnophobia と綴り、前半の arachno- はやはりギリシャ語源で「クモ」、すなわち全体で「クモ恐怖症」ということ。

…という訳で、ギリシャ語源でまとめた「猫恐怖症」を調べてみますと、他の方の回答にもある ailurophobia または aelurophobia というのがそれに当たるようです。読みにくいですが、各々「アイルロフォビア」「イールロフォビア」のように発音。前半の ailuro-/aeluro- がギリシャ語源で「猫」の意です。

余談ながら、後半部分の -phobia を -philia(由来はギリシャ語φιλια = philia = 友情)に変えると、「その対象物を(しばしば病的なまでに)好きであること」の意味になります。ご参考まで。

-phobia はギリシャ語由来(φοβοs = phobos = 恐怖)なので、造語する場合は前半部分もギリシャ語源にした方が「それらしく」なるでしょうね(他の語源ではいけないという意味では、もちろんありません)。

例えば、例として挙げてくださっている altophobia(高所恐怖症)では、前半の alto- はラテン語源ですが、同じ意味でもギリシャ語源である acro- を用いた acrophobia の方が一般的です。cynophobia(犬恐怖症)の cyno- もギリシャ語源。「アラクノフォビア」という映画がありましたが、これは arachn...続きを読む

Q磁性流体とMR流体の違いについて

最近、磁性流体の事をインターネットで探していたら、
MR流体というものを発見しました。
そこのホームページの説明では、磁性流体とほぼ変わらないことを
書いてあったので、どういう風に分類分けされているのか知りたいのです。
もしかしたら、基本的なことかも知れませんが、お願いします。

Aベストアンサー

磁場が加わると、ひきつけられるのが磁性流体、固まるのがMR流体。
一般に磁性流体は磁場が加わると粘度が上昇しますが、それがずば抜けて大きいのがMR流体といえるでしょう。なお、磁性流体は強磁場下でも粒子の凝集や固液の分離が起こらず、あたかも液体全体が強磁性を持っているかのように挙動します。
これに対し、MR流体は高濃度懸濁液で凝集し、固化するわけです。

参考URL:http://www.sigma-hc.co.jp/index.html

Q男性恐怖症、女性恐怖症。

題名通り、男性恐怖症と女性恐怖症についてなのですが。


男性恐怖症と男嫌い、女性恐怖症と女性嫌いはどのような違いがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

恐怖症は体が拒否して受け付けない
嫌いは自分の意思で受け付けない

Q2重窓がここにある。左側のガラスは高温流体に、右側のガラスは低温流体に

2重窓がここにある。左側のガラスは高温流体に、右側のガラスは低温流体にさらされている。窓の上下の壁は断熱されていると考える。ガラスの間の隙間を徐々に広げていくと内部の空気の流れは徐々に変化することが分かる。このような場合、この2重窓の断熱効果はどのようになると考えられるか?

Aベストアンサー

以下に追加の仮定を置きます。
1.ガラスは十分に高い熱伝導率を持っている
2.二重窓の内部空間は密閉されている
3.二重窓内部の空気は乾燥している
4.窓の左右の壁も断熱されている

この前提ですと、ガラス間隙を広げてゆくと断熱効果が向上し、ある一定の間隙からは断熱効果が減少します。
最適な幅は高温流体と低温流体の温度差の関数になります。

Q自己臭恐怖症、醜形恐怖症についてです。 お忙し中に閲覧していただきありがとうございます。 僕は広汎性

自己臭恐怖症、醜形恐怖症についてです。
お忙し中に閲覧していただきありがとうございます。
僕は広汎性発達障害で自己臭恐怖症と醜形恐怖症で選定医療費まで払い認知行動療法をしています。1年フラワーエッセンスを飲み認知行動療法などなどを行っていますが一向に完治しません。
自己臭恐怖症と醜形恐怖症、どちらか片方或いは両方完治された方がいらしたら、どういう考え方やふとした気付き、自分の中の無意識領域の問題解消やトラウマ解消や自動思考解消などがあったか簡単な経緯を僕を助けると思って教えてください。ひとつの参考にさせていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

自己臭恐怖症と醜形恐怖症となると…精神的な面での問題が大きいか
何かしら原因になった出来事があったと思うのでまずはそこを探って、克服するのが一番かと思います。

まず、どちらか一方でも自分でお気づきの原因とかはあるのでしょうか??
何が原因で自己臭恐怖症や醜形恐怖症になったのかが分からなければ、
今行ってる治療法もあまり効果を発揮しないと思います。

原因が分かっているのであれば、まずその原因となる過去の出来事などが有れば、
その記憶を払しょくするような取り組みが必要ですし、分からないのであればそこを探る事から始めるのが大切かと。

とは言え広汎性発達障害をお持ちとの事なので原因が分かっていても
中々自分では払しょくも難しいとか有るかもしれませんよね…病院によっては催眠療法とかも行ってますし、
抵抗が無ければ試してみるのもありかなと思いますよ。

Q流体力学に関して質問です。流体力学に関して勉強を始めた者です。

流体力学に関して質問です。流体力学に関して勉強を始めた者です。

非粘性流体の非定常流に対するエネルギー方程式(エネルギー保存則)を書け。
流線に沿って座標s軸を取るものとする。その他の物理量は各自定義せよ。

という問題です。

解ける方はおられるでしょうか??
参考にさせていただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

なにやらテスト対策のようです。
答えは、ナビエ=ストークス方程式を中間積分したものになるでしょう。


しかし、問題は正しいですか? 初学者相手の問題とは思えません。最初は、非粘性・定常流・非圧縮・渦なしを扱います。問題の意図としては、ベルヌーイの定理が理解できているか、となるんでしょうけど。。。


人気Q&Aランキング