『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

「XXX見返勘定」という勘定科目をたまに見かけますが、「見返勘定」とは一体どんな意味を持つのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂けますでしょうか。
よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

前の方のお答えどおり、偶発債務の仕訳に出てきます。


例えば、手形裏書義務見返、手形割引義務見返などです。
これは、見返勘定だけで意味を持つというよりは、
(借方)××義務見返 (貸方) ××義務
というように貸借セットで意味を持つものだと思います。
具体的に手形割引取引を例にしますと、手許にある受取手形を銀行に割引に出した場合、期限が来て、振出人が払ってくれればいいですが、払えない場合も考えられます。この場合、手形を割引に出した会社に支払う義務が生じます(手形の遡及効というやつです)。
 このように、万が一の場合には支払う義務がある(偶発債務)、ということを帳簿上忘れないようにしておくために、メモしておくという意味で、上の貸借セットの仕訳がきられます。また、無事手形が決済されれば、上の仕訳の逆仕訳をきって、相殺してしまいます。
 長くなってすいません。用語の使い方が厳密ではありませんが、おおざっぱなイメージということでご容赦ください。

参考URL:http://www.mezase-bokizeirishi.jp/kouza2/boki4.h …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私も手形の仕訳を学習した時に偶発債務のところで見たことはあったのですが、ある顧客企業の勘定科目体系に、手形にかかわる勘定以外にも「xxx見返」という勘定が多く見受けられたため、「教えてgoo」で質問させて頂いた次第です。
丁寧でわかりやすいご回答、ありがとうございました。
参考URLについても確認させていただきます。

お礼日時:2005/11/20 17:07

 ◎ 見返り=保証・担保として差し出すーこと(もの)裏づけのあること。

「見返り資金」

 ◎ 見返り資金=米国の対日援助資金による輸入物資を、政府が国内で売って得る円代金。

 ◎ 見返り品=○○銀行で貸出しの際、担保として引き取る有価証券。

 このような時に使われます。参考までに。

 聞いた事はあるけど、使った事がなく、聞いた経験からしか回答できず、参考にしてください。
 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

聞いた経験からのご回答とのことですが、大変参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/11/20 17:01

必要に迫られ、建築経理を勉強しています。


偶発債務の会計処理と言うところで出てきてました。
偶発債務の発生する可能性がなくなった時、対照勘定の逆仕訳をして、備忘記録を取り消すとあり、
素人なもんで意味など考えず、対照勘定法のやり方なのだろうとすんなり受け入れましたが・・・。
ちなみに当社では評価勘定法で仕訳をしていますので、全く見かけません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私もシステムエンジニアの仕事をしており、必要に迫られて学習しています。
ご回答、参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/11/20 16:56

「対照勘定」の際に良く出てくる言葉ですよね・・・。



ある勘定科目を立てたときに、両建て簿記の記載のために便宜的に「見返り」科目として使う勘定科目のことではないでしようか?
「対照勘定」の用語を調べると説明があるかも知れませんね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答いただき、ありがとうございました。
「対象勘定」、調べさせて頂きます。

お礼日時:2005/11/20 16:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q前払金と前払費用の違いって?

簿記を勉強しているのですが,前払金と前払費用の
違いがいまいちよくわかりません。
役務の提供があるかどうかで区別するのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

企業会計原則注解5には

 前払費用は、一定の契約に従い、継続して役務の提供を受ける場合、
いまだ提供されていない役務に対し支払われた対価をいう。
従って、このような役務に対する対価は、時間の経過とともに次期以
降の費用となるものであるから、これを当期の損益計算から除去する
とともに貸借対照表の資産の部に計上しなければならない。
また、前払費用は、かかる役務提供契約以外の契約等による前払金と
は区別しなければならない。

とあります。

【前払金】は役務の提供がまったく行われていない場合に用いられ、
【前払費用】は継続的な役務の提供という契約の一部が行われている場合に用いることになるかと思います。

Q対照勘定

対照勘定とは、具体的にどんな勘定ですか?
なぜ、対照といわれるのか、教え下さい。

Aベストアンサー

主に手形の割引・裏書で登場します。
割引とは、手形をもらった人が、満期前に現金化することで、割引日から満期日までの利息を割引料として金融機関に支払います。最近では、手形売却損という科目で仕訳することもあります。
裏書とは、手形をもらった人が、満期前にその手形を別の支払に充てることで、手形の裏に必要事項を記入・押印するので裏書と呼ばれ、割引料のようなものは発生しません。
割引でも裏書でも、手元から離れた以上、手形債権は消滅するのですが、万一、手形の振出人が倒産などで不渡りになった場合、割引人や裏書人が代わりに支払うのがルールです。
つまり、何度も裏書をしている場合、最後に手形を持っている人が、すぐ直前の人に請求し、その人もその前の人に請求する・・・という風に、どんどんさかのぼってくるので、こういうことを「遡求義務」といいます。「遡」とは「さかのぼる」という意味です。(不渡りになるかどうかは、なってみないと分からないため「偶発債務」ともいいます。以下偶発債務といいます)

さて、割引・裏書するときは、単に「受取手形」勘定を逆仕訳すれば、受取手形は消えますが、それでは偶発債務が残っていることが帳簿上分かりません。帳簿上も偶発債務を記録しておくために、次のような2つの仕訳があります。

1つは、評価勘定を用いるパターン。
(手形をもらったとき)
受取手形100/売掛金100

(割り引いたとき)
当座預金98/割引手形100
割引料2

(決済=現金化できたとき)
割引手形100/受取手形100

この「割引手形」というのが評価勘定です。

もう一つが、ご質問の対照勘定を用いるパターンです。
(割り引いたとき)
当座預金98/受取手形100
割引料2
手形割引義務見返100/手形割引義務100

(決済できたとき)
手形割引義務100/手形割引義務見返100

この「手形割引義務見返/手形割引義務」はいつもワンセットなので「対照勘定」と呼ばれます。

裏書のときは「手形裏書義務」という科目名にするだけで、考え方は割引のときと同じです。

主に手形の割引・裏書で登場します。
割引とは、手形をもらった人が、満期前に現金化することで、割引日から満期日までの利息を割引料として金融機関に支払います。最近では、手形売却損という科目で仕訳することもあります。
裏書とは、手形をもらった人が、満期前にその手形を別の支払に充てることで、手形の裏に必要事項を記入・押印するので裏書と呼ばれ、割引料のようなものは発生しません。
割引でも裏書でも、手元から離れた以上、手形債権は消滅するのですが、万一、手形の振出人が倒産などで不渡りに...続きを読む

Q未払金と未払費用の違いについて。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の購入費用。
会計原則では、「継続的な役務提供を受ける場合、期末までに提供済みの部分について未払いのもの」となっていますが、実務では、費用の未払い分と理解してして簡易処理する場合があります。

各々の定義は以上の様になっていますが、未払金の説明にある
>会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。
という文がある為に混乱しています。

「費用になるもの」も未払金になるのであれば、未払費用とはどうやって区別すればいいのでしょうか。
未払金と未払費用の正しい分別の仕方を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の...続きを読む

Aベストアンサー

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてください。

>例えば、給料を考えてみましょう。
>毎月20日締めの翌月10日払いとします。
>当月21日~末日までの給料は未払費用となり、
>前月21日~当月20日までの給料は未払金となります。
>なぜなら、この例でいえば、契約上、毎月21日~翌20日までの役務の提供をもって完了すると考えられるので、
>月末における翌月10日に支払う給料は未払金として処理され、
>当月21日~末日までの給料は、月末時点では、当該契約から判断して、
>役務の提供がすべて完了していないので未払費用として処理されることになります。

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてくださ...続きを読む

Q未処分利益と当期純利益はどう違うのでしょうか

未処分利益と当期純利益ってやはり違うのでしょうか?イマイチよくわかってません。詳しい方がおられましたら、教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

当期純利益はその名のとおり当期に得た利益だけをいいます。
そして未処分利益は、まだ処分してない(使い道を決めていない)利益のことです。
すなわち当期純利益と、前期に使っていない利益(=繰越利益)、積立金の取り崩し額など、当期、前期関係なしに
利益となりえるものを全部当期純利益に足したものが未処分利益となります。
そして、当期未処分利益のうち、株主総会などでその使い道を決め
使い残ったものもまた未処分利益(=繰越利益)となります。

理解していただけましたか?

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Qエクセルで重複しているデータの抽出のしかたを教えてください。

エクセルで重複しているデータを抽出したいのですが・・。なにぶん初心者なもので簡単な方法があればよいのですが・・。
A列に日付 B列に企業名このデータが300件ほどあります。

 Å列      B列
1月 1日    AAAA社
1月 4日   BBBB社
1月 8日   CCCC社
2月 1日   BBBB社
2月20日    DDDD社
3月 2日   AAAA社

と、あるとしてB列の企業名が重複しているものを抽出したいのですが・・・。この場合 AAAA社とBBBB社ですが。
これを簡単に抽出する方法はないでしょうか?
教えてください お願いいたします。

Aベストアンサー

企業名がセルB2からセルB300まで入力されていると仮定します。
セルC2に IF(COUNTIF($B$2:B2,B2)>1,"*","") を入力し、セルC300までコピーして下さい。すると重複したデータの二番目以降に "*" のマークが付きます。
(注) 数式を下のセルまでコピーするため、COUNTIF($B$2 は絶対参照にして下さい。

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング