ほのぼのまったりとした日常を描いている小説を教えてください。その日常が、特殊と言うか、フィクション的な環境であっても構わないです。穏やかで、話の波がさりげないような小説ってないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

中村航の「リレキショ」は、割と淡々とした日常を描いた作品です。


設定は特殊(主人公は「お姉さん」に拾われて一緒に住んでいる)ですが、どろどろした所がなく(といっても、それぞれどろどろした過去や何かを心に隠し持っているのですが)、主要登場人物4人全て、好感がもてる人物で、読後感もとってもさわやかでほのぼのしてますよ。
    • good
    • 0

?5の方が書いているようにリレキショはほのぼのしてます。


後は伊坂幸太郎のチルドレンなんかもある意味ほのぼのとしているかもしれません。
    • good
    • 1

江國香織さんの「ぼくの小鳥ちゃん」がオススメです。

タイトルの通りほのぼのまったりできます。量も少ないのでサクッと読めます。

参考URL:http://shinchosha.co.jp/cgi-bin/webfind3.cfm?ISB …
    • good
    • 1

中学生が、絵の先生に恋をするお話、


『High and Dry はつ恋』はどうでしょう??

物語と途中の挿絵がかわいくて、優しい気持ちになれますよ!

男性の方にはちょっと・・・ですが;
    • good
    • 0

とせい



やくざが出版社を経営するはなしです。
    • good
    • 0

怪盗道化師 はやみねかおる


はやみねかおるさんのは本はほのぼのしていてダイスキです^^。

ちょっと子供っぽすぎかな^^;

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061485 …
    • good
    • 0

最近読んだ中では


『優しい時間』 倉本 聰 (著)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …

『虹』 吉本ばなな
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%8Bg%96%7B%8 …
が近い感じかも。

それと『さくらももこ』の本は、はわりと万人受けする面白いほのぼのとしたお話ばかりですよ(^-^)

あと 村山由佳『すべては銀の雲の…』は大好きな本です。
    • good
    • 1

 柴崎友香「きょうのできごと」などはいかがでしょうか。


 映画化もされた作品です。若者たちのある日の出来事、といっても大した事件も起こらないのですが、そんなような一日を淡々と綴った小説です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワイズマン(介護ソフト)について

ワイズマン(介護ソフト)について

居宅介護支援事業所として介護サービス事業所と効率よくデータのやりとりを行いため、質問するものです。
ワイズマンのHPには「各サービス事業者間のネットワークは、単なる情報の共有にとどまらず、双方向の情報の送受信によって、予定作成や実績管理などの事務処理を効率化します。」とありますが、このことについて教えてください。

・ 「各サービス事業者間のネットワーク」とありますが、他の事業所ともネットワークを構築することについても、ワイズマン側からアドバイスがあるのでしょうか。

・ 「双方向の情報の送受信によって、予定作成や実績管理などの事務処理を効率化します」とありますが、本当に異なる事業所ともデータのやりとりができているのでしょうか。上の質問と重複しますが、単なるメールでのやり取りだと個人情報の点で問題があります。

Aベストアンサー

うちも居宅でワイズマンを使っていますが・・・
くわしくはワイズマンに確認すべき内容ではないかと思います。

ワイズマンのそれは、どちらかというと例えば同一医療法人や福祉法人の
中で様々な施設・事業所を経営している場合の「社内ネットワーク」的な
目的だったように思います。

少なくともワイズマンのソフトを使っている事業所同士じゃないとダメでは
ないかと。ですが、インターネットもイマイチ利用できない、メールもよく
わからない、という事業所が大多数のなか、対応できる事業所ってどのくらい
あるだろう?と考えると、完全な他事業所間のネットワーク構築はまだまだ
夢物語のように思います。

Q大学生の日常をあらわしたような小説を探しています!

オレンジデイズのドラマを見て、小説を読んでとても感動しました。オレンジデイズのような青春小説をぜひたくさん読みたいので何かありましたら教えてください。お願いします。短編集のひとつでもかまいません。

ちなみにオレンジデイズのほかには「GO」「きょうのできごと」
「4TEEN」は読みました。あと「青が散る」は今度読んでみたいと思っています。

できれば大学生もので、何かありましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

伊坂幸太郎さんの「砂漠」も大学生活を描いた本らしいです。
らしい、というのは私もまだ読んでないのですが(すいません、いい加減で)
この作家さんは大好きなので、きっと面白いんだろうなと思っています。評判もいいみたいです。
私も近いうちに読みたいと思っています。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4408534846/

Qオススメのほのぼの漫画教えてください!

私のお気に入りは、
「あずまんが大王」
「よつばと!」
「あたしンち」
「ちびまる子ちゃん」
なんですけど、なんだかほのぼの漫画がもっと読みたくなっちゃって・・。
よかったら、みなさんのオススメのほのぼの漫画、教えてください。

Aベストアンサー

「らいか・デイズ」
 天才小学生ながら日常生活に不器用な女の子が主人公です。作者は4コマ分野で人気急上昇中のむんこさん。

http://houbunsha.com/cgi-local/cgi/_comicView_2.pl?isbn=4-8322-6382-X

Qゆったりほのぼのあったかい本

普段は推理物とか歴史小説とかファンタジーとかを読んでるのですが、時にはゆったりしたものを読んでみたいです
本じゃないですが、映画「かもめ食堂」のような、ゆったりくつろげるような本、ありませんか?

Aベストアンサー

「卵の緒」  瀬尾まいこ
No3の回答者様もあげてらっしゃる瀬尾まいこさんの作品です。
瀬尾さんの小説は独特の空気感があふれていて素敵なんですよね。
「卵の緒」はちょっと変わったかたちの家族のお話二編ですが、どちらもあったかい雰囲気のお話しです。

「流しのしたの骨」 江國香織
こちらもちょっと変わった家族(宮坂家)のお話です。
宮坂家の六人、みんないとおしい人たちなんですよね。
題だけ読むと「ミステリー?」なんて思ってしまいそうですが、とてもおだやかな作品です。

私も「かもめ食堂」の雰囲気大好きです。
最近、群ようこさんの原作本を読みましたが、映画と違った点が結構あってまた新たに楽しめましたよ。

「かもめ食堂」つながりですが、片桐はいりさんが昨年出版されたエッセイ「わたしのマトカ」もよかったです。
フィンランドロケとその後の一人旅について書かれてますが、ますます片桐はいりさんが好きになってしまいました。

QほのぼのしたPS3ソフトを探しています。

ほのぼのしたPS3ソフトを探しています。

例としてマビノギのようなほのぼのしていて
マップが広大で生活感があって、なおかつグラフィックが綺麗だと嬉しいです。

何でも良いので上の条件に合うようなソフトがあったら
ご紹介お願いします。

Aベストアンサー

PS3でぼくなつあったと思います。
僕の夏休み北国編だったかな?
ほのぼのですね。

Q女の人が変身して強くなるフィクションを教えてください

キューティーハニーとかセーラームーンとか魔女ものとかあると思いますが、マイナーなのでも結構なので、女の人が変身して強くなるマンガ、小説、アニメ、映画等を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 No.7です。再び失礼します。

 アニメの「テッカマン・ブレード」にも、変身して強くなる女性が出てきます。脇役ですし、数回しか出てこないのですが・・・・

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。

Qほのぼの、ほんわかキャラクターってどんなのがありますか?

ほのぼの、ほんわかキャラクターってどんなのがありますか?
私は「ミッフィー」「スヌーピー」「わちふぃーるど」「ピーターラビット」「スージー・ズー」などの、パステルカラーで描かれるようなほんわかしたキャラクターが大好きです。
ディズニーやサンリオ、ジブリのキャラクター以外でこのようなほのぼの系キャラクターを教えてください。

Aベストアンサー

リラックマやたれぱんだのグッズを作っている
サンエックスというメーカーのキャラクターは
ほのぼの系なのが多いと思います。
(パステルカラーではないのですが…)
http://www.san-x.co.jp/
私は猫好きなので、サンエックスのにゃんにゃんにゃんこが好きです。
http://www.san-x.co.jp/nyanko/index.html

猫好きなので「ひこねのよいにゃんこ」なんかも好きです。
(あえて、ひこにゃんとは書きません 笑)
http://w2.dotcom-life.com/nyanko/

うさこちゃん(ミッフィー)も良いですよねぇ。

Q涼宮ハルヒの憂鬱小説版・ファンタジー小説

最近、涼宮ハルヒの憂鬱の小説などが気になっているのですが実際、面白いのでしょうか?(ちなみに女性です)ためしに読もうと思って中古書店屋さんなどで探しているのですが、見つからないので新品でも買う勇気がないというか…
また、ファンタジー小説で恋愛要素なども混じったものでお勧めのものはないでしょうか?(出来ればイラストなどは漫画チックな物のほうがいいです)最近の小説でいいのがあったらぜひ、教えてください。
過去に読んだことのあるものは…魔術師オーフェン・ロードス島戦記・フォーチュンクエスト・フルメタルパニックなどです。(少ないですが)ロードス島戦記はお話的にはすごくすきなのですが、今回探しているのは重い感じではなく、話的にも漫画っぽいのがいいなぁと…キャラクターなども魅力的なものを探しています。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

涼宮ハルヒは確かにおもしろいですね。私的には小説の方が詳細までわかるので好きです。
最近のものとしては、ゼロの使い魔、灼眼のシャナ、アリソン、リリアとトレイズ(アリソンの続編)、
デュアンサークシリーズ(フォーチュンクエストをお持ちなら知っていると思いますが)
護くんに女神の祝福を!とかですかね。

Q私のほのぼのページは・・・?

こんにちは。
私ほのぼのページという形でHPを開設したんですが、
gooの検索結果にないんです。
何処に私のほのぼのページがあるんですか?

Aベストアンサー

何処に、といわれましても(^^;

単にブラウザで開きたい、ということであれば・・・
開設したURLは分かりますか?
(開設する際に、場所が指示されているはずです)
ブラウザに手入力でURLを入力しましょう。

また、gooの検索結果にない、という件ですが、
開設してすぐに検索エンジンに登録されるわけではないので・・・気長に待ちましょう。
検索エンジンによっては登録が必要なところもあります。
まとめて登録してくれるところもあったはず。

Q不倫関係の小説又は切ない恋愛小説

不倫関係の小説を探しています。
が、
渡辺淳一氏の小説は苦手です。私だけの感想かも知れませんが、「女の人が身勝手」なのは・・・。(【失楽園】読んでて腹が立ったので・・・)
どうしても、別れられずに、悩み続ける。そんなお話をお願いします。
後、そう言った不倫でなくても、切ない恋愛小説もあったらお願いします。

Aベストアンサー

むかし読んだ古めの小説ばかりです。お眼鏡にかないますかどうか。

 不倫小説

◇川端康成『みづうみ』
美少女のうしろをつけずにはいられない元教師。複数の女性たちが出てきますが、いずれも切ないほどに真実です。この小説は美しいとしか言いようがありません。

◇横光利一『寝園』
夫を絡ませた三角関係の中で、故意かはずみか謎の一瞬が訪れます。

◇大岡昇平『武蔵野夫人』
不倫の本場フランスの心理小説の系譜を踏み、戦後まもない日本の社会状況をからませています。

◇吉行淳之介『夕暮れまで』
中年の男と若い娘との恋愛モード。

 切ない恋愛

◇ドストエフスキー『白痴』
この大作、まずはとりあえず恋愛小説でしょう。それぞれが切ない恋をします。

◇ミュッセ『フレデリックとベルヌレット』
むかしパリにはお針子と呼ばれる若い女性たちがいました。そのお針子を描いて最も有名な中編の小説です。

◇フーケ『ウンディーネ』
水の妖精ウンディーネ(独語)の悲恋。仏語でオンディーヌ、あのジロドゥの演劇のもとになった小説です。


以下『椿姫』などいろいろあるところですが、現実の恋愛書簡というものも興味深いかもしれません。
勝手に三つあげてみます。

◇『アベラールとエロイーズ 愛と修道の手紙』
中世スコラ哲学の泰斗であったアベラールと、その女弟子エロイーズとの往復書簡集です。
興味おありになれば第二書簡から第五書簡まででも(「愛の書簡」と呼ばれています)お読みになるとよいでしょう。
特にエロイーズの書簡は女性の手になる、おそらく古今もっとも激越な愛の告白の一つです。

◇はるか後年、リルケが翻訳して世に知られるようになった尼僧の手紙『ポルトガル文』も思いだされます。
女性の恋愛は真剣で切ないですね。

◇『宝石の声なる人に』
タゴールとも親戚関係にあったインドの女流詩人プリヤンバダ・デーヴィーと岡倉覚三(岡倉天心)との往復書簡集です。岡倉の死とともに恋愛書簡は終わりを迎えます。贅言は要すますまい。

むかし読んだ古めの小説ばかりです。お眼鏡にかないますかどうか。

 不倫小説

◇川端康成『みづうみ』
美少女のうしろをつけずにはいられない元教師。複数の女性たちが出てきますが、いずれも切ないほどに真実です。この小説は美しいとしか言いようがありません。

◇横光利一『寝園』
夫を絡ませた三角関係の中で、故意かはずみか謎の一瞬が訪れます。

◇大岡昇平『武蔵野夫人』
不倫の本場フランスの心理小説の系譜を踏み、戦後まもない日本の社会状況をからませています。

◇吉行淳之介『夕暮れ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報