今年実家を新築しました。(7月)
その家には両親が住んでいます。(扶養親族)
金融機関からは私の名義でお金を借りました。
しかし私は仕事の都合上、離れて暮らしています。
住宅控除の条件として、本人が居住していないと対象にはならないと聞いたんですが・・・
将来はそこに住む予定です。
実際に控除は受けれないのでしょうか?
何かよい対策ってありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 No1の追加です。

URLの記載を忘れていました。下記の通りです。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1225.HTM
    • good
    • 0

 住宅取得控除の対象となる用件は、下記URLの通りですが、自分が住むために建てた住宅でなければ対象外となります。



 そのために、登記簿謄本(現在は登記事項要約書)や住民票により、建物の所有者と住んでいるかどうかを確認します。住民票が新築住宅と同じであれば、書類上は問題ありませんが、別であれば控除の対象にはなりません。

 控除を受けるには、住民票を新築住宅の住所と同じにするしか、方法はありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住基カード・本人が申請しないとダメ?

妹の住基カードを、私(姉)が代理として申請することは出来ますか?


妹は大学生で県外に住んでいるのですが、住所はこちらになっています。
免許証もパスポートもないので、顔写真がついてる住基カードを持ちたいとのことです。

遠方なのでなかなか帰って来れません。なので私が変わりに申請出来ればと思いまして‥。


よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

住基カードには2種類あります。顔写真入りとそうでないもの。顔写真入りの場合は本人が窓口へ行かないとだめみたいですね。地域によって異なるかもしれませんのでまずは役所へご相談を。

Q住民票住所と、実際住んでいる住所が異なる場合の公共サービス

私は32歳の主婦です。
住民票はH市にありますが、実際はK市に在住しています。
住宅ローン等の問題で、住民票を移動することが出来ません。

私は今出産を控えた妊婦なのですが、産後、乳児の検診や注射などはH市ではないと受けられないのでしょうか?
また、その場合、H市の検診等の行政サービスの日程を何で知ることができるのでしょうか?
(K市の行政サービス日程は、回覧板で配布される広報で確認しています。)
カテ違いでしたら申し訳ありません。
何卒 宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 住民票の住所と実際に済んでいる住所が違っているということがあってはなりません。もちろん、住民票がない住所での住民サービスを受けることはできません。

>住民票はH市にありますが、
>実際はK市に在住しています。

 この状態は一刻も早く解消してください。
 法律では、引っ越してから14日以内に転入届を提出する(つまり住民票を移動する)と定められています。まぁ、少々遅れてもすぐに問題にはなりませんが…。
 このままですと、現住所のK市での住民サービス…検診も、産後の母子定期検診も受けられません。このままK市に住み続けるのであれば、子供の公立保育園・幼稚園や小学校の入学もできなくなりかねません。

>住宅ローン等の問題で、住民票を
>移動することが出来ません。

 ローンの関係で住民票を移せない…というのはあり得ないはずです。よく確認してください。

****
 もし、返済が滞って、いわゆる「借金取りに追われる」状態にあるため、借金取りに住所を知られたくない…ということなら、裁判所に調停を申し立てる、あるいは弁護士に相談して債務整理の手続きをとることをオススメします。そうすれば、借金取りの請求は一切なくなります。もし、「借金取りに追われる」状態で、調停も債務整理もせずにずるずる行けば、今後の生活も成り立ちませんし、親が立ち直る機会を得られないだけでなく、子供を小学校に入れることもできず、子供の人生まで犠牲にしてしまうことに鳴りかねません。すぐに対策を講じてください。

 住民票の住所と実際に済んでいる住所が違っているということがあってはなりません。もちろん、住民票がない住所での住民サービスを受けることはできません。

>住民票はH市にありますが、
>実際はK市に在住しています。

 この状態は一刻も早く解消してください。
 法律では、引っ越してから14日以内に転入届を提出する(つまり住民票を移動する)と定められています。まぁ、少々遅れてもすぐに問題にはなりませんが…。
 このままですと、現住所のK市での住民サービス…検診も、産後の母子定期検診も受...続きを読む

Q失業保険の自己都合と会社都合

私は個人事業を営んでおり、この度従業員が退職することになりました。そこで失業保険の手続きをしようと思い制度を調べたのですが、自己都合の場合と会社都合の場合で支給開始日が異なることが分かったのですが、何か理由をつけて会社都合で退職させると問題があるのでしょうか?もし受給後、自己都合だと解釈された場合、罰則があったりするのでしょうか?またもし会社都合ということが嘘かどうかなどどこで判定するのでしょうか?お教えください。

Aベストアンサー

待期(待機ではない)期間は離職理由に関係なく7日間が必要です。
給付制限があるかないかということです。

考え方は2通り、
事業者の責による解雇等の場合、それを証明するもの、解雇通知書などを雇用保険離職証明書に添付すれば、特定受給資格者になり給付制限はありません。

不正をしていることを前提にして発覚した場合、
受給した金額の3倍の額を返還することになります。
事業主は不正受給者と連帯して返還することを命じられることがあります。

Q上級行政機関、下級行政機関

上級行政機関、下級行政機関というのは、国家機関、都道府県、市町村の内部での関係になるのでしょうか?
例えば、地方公共団体が国の下級行政機関という表現は正しくないのでしょうか?
同様に、市町村が都道府県の下級行政機関という表現は正しくないのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

>上級行政機関、下級行政機関というのは、国家機関、都道府県、市町村の内部での関係になるのでしょうか?

・そのとおりです。

・例えば,国土交通省と地方整備局,政令指定都市の本庁と区役所のような関係です。

>例えば、地方公共団体が国の下級行政機関という表現は正しくないのでしょうか?
同様に、市町村が都道府県の下級行政機関という表現は正しくないのでしょうか?

・地方公共団体である都道府県や市区町村は,それぞれ法人格を持っていますので,独立した行政機関です。
 
・それと,何より地方公共団体は別名,地方自治体というくらいですから,自治が認められています。ですから,地方公共団体は国の下級行政機関ではないですし,市区町村が都道府県の下級行政機関でもないです。

Q補助機関と下級機関

行政機関は行政庁と補助機関とにわけられますが、例えば東京都では都知事が行政庁となり、副知事以下が補助機関となるわけですが、都の組織には財務局、主税局、都市整備局、環境局等がありますが、これらについて補助機関と言う表現は妥当するのでしょうか?
また知事の下級機関と言う表現は妥当するのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

・「補助機関」とは,名称が紛らわしいのですが,組織ではなく職員を指します。ですから,「財務局、主税局、都市整備局、環境局等」の組織そのものは補助機関にあたりません。(地方自治法第161条~175条)
http://www.houko.com/00/01/S22/067A.HTM#s2.7.2

・こうした「財務局、主税局、都市整備局、環境局等」などの組織は,「下級機関」になります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E9%81%94


人気Q&Aランキング

おすすめ情報