女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

単線およびより線のビニール絶縁電線を接続作業を行いました。
自分なりに図書館に行ったり、インターネットで調べてみるなどしたのですが、分からないので教えてください。

(1)許容電流が断面積に比例しないのはなぜ
(2)ハンダあげの意義とは?
(3)ビニール絶縁電線の許容電流の決め方はどのように決めるか?
(4)各種絶縁材料の最高許容温度は?

今のところ全然わからなく途方にくれているので力を貸してくれるとうれしいです。
またこれらの関係するサイトをしっているなら教えてくれると助かります。
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

(1)許容電流が断面積に比例しないのはなぜ


● 断面積が大きく成る割合で放熱面積(線の外側)が大きくならない為、断面積の比率で電流を流すと電線の温度が上がり過ぎる。
(外側は直径に比例、断面積は直径の自乗で比例)

(2)ハンダあげの意義とは?
● 接続部分の完全化で、電気抵抗を増やさず、接続部の発熱を抑制する。

(3)ビニール絶縁電線の許容電流の決め方はどのように決めるか?
● ビニールの耐温度ですが、放熱は絶縁の厚さ(耐電圧)、使用環境(配管内へ入れる等の有無)、複線単線等で変化します。

(4)各種絶縁材料の最高許容温度は?
● 無機材料(磁器、ガラス、ガラス繊維)は高温に耐えるが、ビニール、ポリエチレンなどの有機系は比較的低温での使用ですね。フッ素樹脂は比較的高温で柔軟性もありますが高価

下記URLも参考に

参考URL:http://www.fujidenko.co.jp/contents/siryo/public …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
全部答えてくれて感激です。
大変助かりました。
本当にありがとうです。

お礼日時:2005/11/19 09:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qくま取りコイルについて

インターネット等で調べたのですが、よくわからず質問させてもらいました。

コイルに交流電流を流すと、くま取りコイルにはどの
ような現象が発生するのでしょうか?
電流、磁束、誘導起電力の関係について教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

原理は
コイルに交番電流(交流)が流れる。
交番磁束が発生する。
この磁束によって隈取コイルに電流が流れる。
(二次巻線数1回の変圧器の様に)
隈取コイルに流れた電流によって隈取コイルの周りにコイルの磁束から90度+α遅れた磁束が発生する。

いま見ているのは「交直マグネットの設計と応用」オーム社:ですが式と説明が長くベクトル図もあるので
ここでは書ききれません(ゴメン)

交流電磁石か隈取コイルモーター(ワーレンモーター)
に関する技術書を本屋で内容を立ち読みして書いてあるものを購入したらどうでしょうか?

Q電磁開閉器のサーマルリレーについて

今サーマルリレーについて調べているのですが、
サーマルリレーが遮断する機構と動作について教えてください。
動作についてなんですが、モーターに流れる渦電流を検出して動作させ、それによってモーターを停止あるいは警報を出すであっていると思うのですが、機構についていまいちわかりません。
よろしくお願いします。
あとサーマルリレーの動作表示ランプなんですが、
あれはどうしてランプが点灯するのですか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的なサーマルリレーは、熱動型といいまして、電流によって発熱する金属が取り付けられており、こーたー電流をこの素子に流すことにより、発生した熱で、接点を動作させるものです。バイメタルなどと組み合わせて使用します。
この型の場合は、制御用電源が不要です。が、表示ランプではなく、ボタンか機械的に飛び出すなどで動作を表します。
近年では、欠相や、モーターの逆転などを検出するため、半導体などで検出回路を構成しているものがあります。一般にこの型では、制御電源を必要とし、表示ランプがついています。

QNFBとMCBの違いについて

以前、このような質問があったようですが、その回答ではわからなかったもので、再度となりますが、NFB(ノン フューズ ブレーカー)とMCB(?)の作動原理、用途の違いなどを教えてください。

Aベストアンサー

既に出された回答と重複があって失礼しますが、NFBとかMCBとかCBとかいうのは,メーカや技術者が使っている、いわば、俗称で、正式な呼称はJIS規格で次のように決められています。
番号:1222 文字記号:MCCB 用語:配線用遮断器 文字記号に対する外国語:Molded Case Circuit Breaker

動作原理をお尋ねなので説明します。表現は私流です。

[目的・用途]低圧の電気配線や機器に電気故障が発生した場合に、当該電気回路を速やかに遮断して、故障箇所の火災や更に上位系統への事故波及を防ぐこと。配電盤や分電盤の中に取り付ける。一般家庭でも分電盤に小さいものが使われている。

[電気事故とは]短絡、地絡、漏電、過負荷、をいう。
短絡とは、線と線が接触して大きな電流が流れること。
地絡とは、線がアースに落ちて大きな電流が流れること。
漏電とは、線が高い抵抗を介してアースに落ちて僅かな電流が流れること(人体の感電も含む)。
過電流とは、負荷が増えて定格電流より少し多めに電流が流れること。

[MCCBの機能]MCCBは、短絡、地絡、過負荷の保護を行うが、漏電は保護出来ない。漏電を保護するためには漏電遮断器を使う。

「短絡と地絡の保護」電磁コイルが内臓されており電流が常時流れていて、定格電流を大きく超える電流が流れると、電磁力とバネの作用を使って接点を即座に切る。

「過電流の保護」バイメタルのような物に電流が常時流れていて、定格電流をほんの少し超えると温度上昇によってバイメタルが歪み、その動きとバネの働きで接点を切る。温度上昇するのに時間が掛かるので、小さな過電流だと切るまで数分かかるが、大きな過電流だと早く切る。すなわち過電流の大きさと切るまで時間は反比例のような感じになる。この特性は前もって調整が出来るようになっている。
なお、バイメタルではなく電子回路を使ったものもある。これはインバータなど高調波が出る回路では誤動作が起きるので使うなと昔は言われていたが、最近のものは改善されているらしい。

「定格電流の範囲」1000A位から1A位まで用途によって各種あります。

「価格は何で決まるか」価格は短絡電流を遮断する能力とほぼ正比例する。大きいものでは10万A位、小さいものは1000A位。







 

既に出された回答と重複があって失礼しますが、NFBとかMCBとかCBとかいうのは,メーカや技術者が使っている、いわば、俗称で、正式な呼称はJIS規格で次のように決められています。
番号:1222 文字記号:MCCB 用語:配線用遮断器 文字記号に対する外国語:Molded Case Circuit Breaker

動作原理をお尋ねなので説明します。表現は私流です。

[目的・用途]低圧の電気配線や機器に電気故障が発生した場合に、当該電気回路を速やかに遮断して、故障箇所の火災や更に上位系統への事故波及を防ぐ...続きを読む

Q単相誘導電動機(くまとりコイル)について

単相誘導電動機については、
http://personal.okwave.jp/qa3266659.html
で質問させて頂いたのですが、今回はもう少し内容を絞ったものになりましたので、別の質問を起こさせていただきました。

単相誘導電動機のくまとりコイル始動法について、作動原理について勉強したのですが、その中でこまとりコイルがついている方について、
一次巻線に電圧を加えると磁束Φが発生し、誘導作用によりくまとりコイルに電流が流れる。その電流は磁束Φを妨げる方向に流れ、このため、くまとりコイルのある磁束はΦより位相が遅れる。
とあるのですが、くまとりコイルに流れる電流は磁束Φを妨げる方向に流れ、その電流により磁束Φと逆向きの磁束Φ’が発生し、くまとりコイルのある方の磁束はΦより小さくなるのはわかりますが、位相が遅れるのはなぜでしょうか。どのような原理が作用しているのでしょうか。

Aベストアンサー

(#1さん回答の2番目の式は、e=-dΦ/dt=-Acosθ*dθ/dt=Asin(θ-π/2)*dθ/dtになるかと)
で、この電圧で流れる電流iはコイルのインピーダンス(r+jwL)で位相が電圧より遅れますが、(抵抗のため)位相遅れはπ/2より小さくなります。
結果、iが作る磁束Φ'はΦとは完全には逆位相にはならず、合成磁束(Φ-Φ’)はΦと位相が変わります。
(コイルの抵抗が0だと、iはeからπ/2だけ遅れて、結果、ΦとΦ’が完全に逆位相になり、合成磁束の位相変化は起きません)

Q自己保持回路はなぜ自己保持される

超超初心者の質問です。
自己保持回路で、a接点の押しボタンを押すと、リレーがつながり、
手を離してa接点の押しボタンが切っても、リレーはつながりっぱなし、b接点のボタンを押すまで切れない、というのがあると思います。
リレーは一度つながると、どうしてつながりっぱなしになるのですか?
リレーのコイルに電圧がかかってりれーの接点がONし、
押しボタンのa接点が切れたら、リレーのコイルに電圧がかからなくなるから、リレーも切れるのではないのでしょうか??

Aベストアンサー

> ぐるぐる回っているという解釈でよいでしょうか。
そうですね。
> リレーのa接点は自分のコイルと照明の両方に繋がっているのでしょうか。
1接点の回路に両方ぶら下がるよりは、1個のリレーに2個以上のa接点
が付いているものを使うことが多いです。
工業用だとコイルの回路は直流24V、12V、5Vとかが主流ですね。
1個のリレーの接点回路に交流と直流の回路が同居するのは(直流側が
誘導されて動作が不安定になるから)まずいので、もう1個リレーで
中継して交流の動力回路を直流の制御回路と切り離します。

Qマティーセンの法則

マティーセンの法則で、抵抗率は、格子振動による抵抗率と、不純物や格子欠陥による抵抗率の和で書くことができ、前者の抵抗は温度依存性があり、後者の抵抗は温度依存性がないと書いてありました。しかし、格子欠陥の数は温度に依存すると習ったことがあるので、後者の抵抗も温度に依存するのではないでしょうか。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

 格子振動による抵抗も、不純物等の点欠陥による抵抗もどちらも
実際には、温度依存を持ちます。ただし、前者は温度が下がると抵抗率
も下がるのに対し、後者は温度が下がると逆に抵抗率が上昇します。

 前者の温度依存性は、温度があがると格子振動が激しくなることに
よります。一方後者の温度依存性は、電子の平均移動速度が関係して
います。温度が下がると平均移動速度も下がるので、電子はゆっくり
移動することになります。点欠陥の場合、すぐ近くを通っている場合に
しか影響を受けませんので、速く動いている電子は、点欠陥の近くを
速く通り過ぎてしまうので影響を受けにくく、遅く動いている電子は
影響を受けやすくなるのです。

 更に細かい話をすると、電気抵抗率は移動度とキャリア密度の
関数ですが、半導体では後者も低温では強い温度依存性を持ちます。
これは、ドーパントからキャリアが離れる為に必要な熱エネルギー
が得られなくなるためです。したがって、キャリア密度の変化からも
電気抵抗は大きく変化します。またこの温度域では、ドーパントが
帯電しているか、中性になっているかが強い温度依存性を持ちます。
不純物が帯電しているか、中性かで電子の散乱が大きく異なりますから、
この経路を通じても点欠陥由来の抵抗の温度依存性が生じます。

 なお、不純物散乱に温度依存性が無いという話は、かなり大雑把な
話と思えばいいと思います。
 
 なお、格子欠陥の数の温度依存性についてですが、熱平衡の議論
からすると、欠陥の数は温度に依存します。しかし、熱平衡論は
どれだけの時間が平衡に達するかまでは触れていません。他の方も
述べられていますが、融点より十分低い温度ですと、なかなか熱平衡
に達しません。(こういったことがあるから、「熱的死」になかなか
おちないわけですが)

 格子振動による抵抗も、不純物等の点欠陥による抵抗もどちらも
実際には、温度依存を持ちます。ただし、前者は温度が下がると抵抗率
も下がるのに対し、後者は温度が下がると逆に抵抗率が上昇します。

 前者の温度依存性は、温度があがると格子振動が激しくなることに
よります。一方後者の温度依存性は、電子の平均移動速度が関係して
います。温度が下がると平均移動速度も下がるので、電子はゆっくり
移動することになります。点欠陥の場合、すぐ近くを通っている場合に
しか影響を受けませんので...続きを読む

Qハンダ付け不良による抵抗の増大

タイトルの通りなのですが、
ハンダ付けをしていて、それが気づかないうちに失敗しており1kΩほどの抵抗ができてしまったという経験はありますか?

この接触抵抗は一体どれほどまで増大する可能性があるのか、全く見当がつかず悩んでいます。

Aベストアンサー

昔の電気回路は全てネジ止めか半田付けをしていましたが、今はほとんど圧着工具で施工するため半田付けの機会も少なく

プリント基板などはアッセンブリで交換したりと、ますます半田付けの機会が無くなっています

この様にハンダ付け不良は経験不足の為に起こります、私もよく量産していました

ハンダ付けする金属の表面が酸化していたり、見た目は綺麗でも汚れていたり、ハンダゴテの温度が低くてハンダが十分に溶けず盛り上がっているだけ

ハンダ付けの面積が大きいのに小さいハンダごてを使うと直ぐ熱が奪われ温度が低下してハンダに巣が入ることもあります(表面だけ溶けて中は溶けていない状態)

などいろんな要素があります、特に糸ハンダの中にはヤニが入っているのでハンダの温度が低いとヤニが解けず被膜状態になります

見た目や少し触ったぐらいではしっかり付いている様でもハンダが十分に溶けていなかったりすると、接触不良になります(イモハンダとも言う)

ケースバイケースで、限りなくゼロに近い状態から無限大まで有るかと思います、通常はテスターで測ってもゼロに近い状態ですがミリΩが測定出来れば色々出てくるのでは?

こつは、ハンダ付け部分を錆びや汚れの無い様に綺麗にしておき大きめの半田コテ(半田付け時、熱を奪われ温度が下がらない物)で素早く仕上げます、あまりジュウジュウとコテを押し当てていると、こんどは熱で半導体など電子部品がいかれてしまいます

この辺を見極めて半田付けのコツを習得して下さい

昔の電気回路は全てネジ止めか半田付けをしていましたが、今はほとんど圧着工具で施工するため半田付けの機会も少なく

プリント基板などはアッセンブリで交換したりと、ますます半田付けの機会が無くなっています

この様にハンダ付け不良は経験不足の為に起こります、私もよく量産していました

ハンダ付けする金属の表面が酸化していたり、見た目は綺麗でも汚れていたり、ハンダゴテの温度が低くてハンダが十分に溶けず盛り上がっているだけ

ハンダ付けの面積が大きいのに小さいハンダごてを使うと直...続きを読む

Q電磁開閉器(マグネットスイッチ)の仕組みについて

電磁開閉器(マグネットスイッチ)の仕組み、
使用方法など、易しく解説されているWeb-サイトを
ご存知でしたら、教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

下記見てください。
シーケンス図の読み方から解説してあります。
自己保持回路が基本ですから、それを理解すればあとは分かりやすいです。

参考URL:http://www.jade.dti.ne.jp/~akoubou/jidoukouza.htm

Qテスターでダイオードの方向を測定

テスターでダイオードの方向を測定の仕方が分かりません。私が持っているテスターはダイオードのマークが付いているので、ダイオードの何かを図れる事は確かなのですが・・・。

何もしない状態では約1.3くらいの値が表示され、ダイオードの両端を測定すると、下がったり下がらなかったりします。これは何を意味しているのかが良く分かりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
テスターのダイオードレンジは、ダイオードの簡易チェックの為の物で、ダイオードがショートや断線していないか、程度のチェックしかできません。

テストピンの極性と同じ極性の電流が流れるようになってて、ダイオードのチェックには両方向をチェックする必要があります。

ダイオードマークの向き、もしくはテストピンの+をアノードにする方向では、順方向電圧に近い数字が表示されます。(シリコンダイオードで0.6~0.7V程度)
反対にすると、全く電流が流れない(無限大表示)が正常ですが、整流用の大容量の物だと、メータの感度が高い場合は少し振れる事もあります。

両方とも流れてしまう場合はショート、両方とも流れない場合は断線で、どちらも故障してる物です。
ショートの場合、順方向電圧(らしき数字)も出ない場合が多いようです。

Q3相誘導電動機 6極モーターのコイル配置について

3相誘導電動機 6極モーターを18スロットのコアで製作する場合のコイルの配置が解りません。
短節巻の場合、β=2/3で挿入すればいいのでしょうか?
あと、コイルのスロット順も解れば教えて下さい。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

6極,18スロットですから,毎極毎相スロットq=1のケースですね。
短節度β=1かβ=2/3か,どちらも可能ですが,
空間高調波の3次成分が消えるβ=2/3を選ぶのが順当でしょうね。

添付図は,二層巻きのスロット断面を表します。(7スロット=約2極分)
●と×は,A,B,Cの巻線端子から中性点へ向かう電流の向きを表します。
上段がβ=1の全節巻き,下段がβ=2/3の短節巻きです。

巻線係数の短節係数K=sin(νβπ/2)を示します。

β=1に対して
基本波(ν=1)   K=1
3次高調波(ν=3) K=-1
5次高調波(ν=5) K=1
7次高調波(ν=7) K=-1

β=2/3に対して
基本波(ν=1)   K=0.866
3次高調波(ν=3) K=0
5次高調波(ν=5) K=-0.866
7次高調波(ν=7) K=0.866


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報