本当なら社会問題に関することなんでしょうけど、ドライバーにしかこの気持ちは分からないと思いますんで。

 夜に車を運転していて常々思っていたんですが、ヘッドライトがまぶしい車が多すぎるように思われます。
 中には視界が完全にホワイトアウトしてしまう車もあります。カーブ手前でやられて恐怖感を抱いたこともあります。
 まぶしい車とそうでない車があるので、気のせいではないです。

 ただ、そのまぶしい車というのが、2台に1台はまぶしいんです。
 ずっとアッパービームにしているせいだと思ってたんですが、どうやら違うようで、ライト自体がまぶしいらしいんです。
 昨日など、ブレーキランプが普通の車に較べてまぶしいやつまで見かけました。
 ランプが明るくなっているのは、これが現在の自動車の流行、あるいは自動車業界の流れなんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ライトを明るくするのは、どうやら流行みたいですね。

 とにかく「目立たせる」ことに重点をおいていると思われます。

そういう私も、色々と試していまして、今は130wくらいの明るさだという奴をつけています。 理由としては、明るい範囲が広がり、危険防止に役立つのではないかということと、歩行者に気がついてもらいやすくなることですね。
普通のライトでは、歩行者にシカトされることが多くて・・・(^^;)

私のはまだ、「55wクラスで130wの明るさ!」なので、ハイビームを浴びない限り、別段何ともないですが、HIDはまぶしいですねぇ。数万から十万近くするので私はつけられませんが。

ただ、2台に1台となると、deagleさんの乗っている車が車高が低いものなんじゃないかとおもってしまいます。私はカローラですが、大型トラックや4WDなんかだとライトの位置が高いのでまぶしいですが、それ以外はそうでもないです。

後は、光軸ずれまくりの車かな・・・営業車や小汚い車なんかに多いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

 確かに繁華街なんかでは歩行者は車を無視して歩きますもんねー(^_^; うーむ。

 俺の車は軽なので、多少は車高もあるのかもしれませんが、そういう流行があると分かったので、納得するなり対策を練るなりしてみようと思います。

お礼日時:2001/12/03 13:01

最近流行の高効率ハロゲンランプやハイワッテージランプ、HIDランプなどのことですね。


対向車を見ていて、色の違い(白っぽいのが多い)でそれとわかるのですが、非常にまぶしい車と、別にそれほどでもない車があります。

極端にまぶしいのは、おそらく車検非対応のハイワッテージタイプとか、HIDなんかでも光軸調整が狂っている場合ではないかと思います。
普通なら、光軸さえきちんと調整されていれば、「おや、ちょっと明るいな」と思うことはあっても、視界が完全に奪われるようなことは、経験上ないです。上り坂の頂上とかは別ですが…

私も近視で夜はちょっと辛いのですが、「この野郎!」と思うようなまぶしい車は、この手のランプよりもむしろ、フォグランプやドライビングランプ(特にRV車)なんかの方がずっと多いですね。震動でブルブル震えたりしていると、もう最悪です!

早く取り締まりを、というご意見もあるようですが、最近ではなにせ純正装着であったり、ディーラーが推奨オプションとして店頭で宣伝していたりするくらいですから、これらの「明るいランプ」すべてを禁止するのは、ちょっと無理ではないでしょうか? 今のランプも、特に純正なら当然規準をクリアした上で市場に出ているわけですし。

取りあえず対処法ですが、とにかく直視しないことです。アッパービームで迫ってくる車もそうですが、単に「目に入る」というより、怒りを感じて「睨みつけている」のではありませんか? これをやると、普通なら何でもない光でも、簡単に幻惑されてしまいます。ちょっと目を左にそらすだけで、ずいぶん違いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

 やはり流れなんですね(^_^;
 ランプを見るのはまぶしいと感じた瞬間だけで、常に直視したりはしてないです。
 横を通り過ぎるだけでも、ほんの一瞬ですがホワイトアウトします。距離にすると50キロで走っているときでも10メートル分にも満たないうちに回復しますから、本当に一瞬ですけど。

 やっぱり、俺の目の個人差なんかもあるんでしょうねぇ。うーん。

お礼日時:2001/12/03 17:11

こんにちわ。


私も車を運転するときに良く思います。対策としては特に出来ることは限られてますが、取り敢えず出来る限りのことはしています。
後ろからの光に対しては、ルームミラーは光を上へ逃がすようにしています。サイドに関しては、出来る範囲が限られてますので、首をちょっと傾けて見える程度までに角度を調節しています。
前からの車に対しては、瞬間アッパーへしてヘッドライトを瞬間切るとアッパービームの切替を忘れていた車は直してくれます。
最近の車のライトは殆ど白色灯というんでしょうか、(すいません。用語がよく分からないのですが)フォグランプにしても、昔は黄色だったのが今ではカラーを付けないという方針のディーラーが多くなっています。(キリやモヤの中ではやっぱり色つきの方が見やすいと思うのは私だけでしょうか。)まぶしいくらいの明るさが主流になっていますね。オプションでも色つきのものはディーラーで扱っていないと言われたことがあります。
もう一つこれは私自身の目の問題ですが、コンタクトをしているので、どうしても乱反射を起こしやすく、人よりまぶしく見えているのかもしれません。(飛蚊症を感じている方には眼の問題も多少関係していると思います。)
どちらにしても、自分で慎重になる以外今のところ打つ手はないのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

 メーカーからして白推奨なんですね(^_^;
 でも、色温度はあんまり明るさとは関係ない気がしないでもないですけどね(^_^;
 たしかに赤のランプは、純白のランプに較べて、赤いものを見落としやすい欠点がないではないですが。
 でもこれが変わったからと言ってまぶしくなるわけじゃないでしょうし……。
 どうなんでしょう。

 渋滞のときなんか、来る車来る車みんなまぶしいので、とりあえず目をそむけるしかないんでしょうね(^_^;

お礼日時:2001/12/03 17:06

私の車は中古で購入したのですが、購入当時は対向車によくパッシングをされていました。


光軸がくるっているのでは?と思い、自分で下げたりもしたんですが、丸いヘッドライトのせいが大きいのではないかと思ってます。
今は手動調光ヘッドライトに交換し、特に後部窓が大きく、フイルムなどを貼っていない車の後ろについた時は、減光するように心がけています。

以外とハイビームのまますれ違う人もいるようですよ。
本当に頭にきますね。

それから、常にフォグランプを点けてる人が非常に多いです。
それもRVなどで、高い位置にあって、大きくて、まぶしくて、それを何とも思わずに平気で点けている人をみると正直言ってムカつきます。

これを読んで心当たりのある人はやめましょうね。

本題とずれましたが、最近は白や青や黄色など、いろんな種類のランプが発売されているようです。
いずれにせよ、周りの人への迷惑を十分考えて行動すべきですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

 せめて3200ケルビンのランプが流行してくれればいいんですけど(^_^;
 しかし最近は手動調光ライトなんてものもあるんですね。自分が逆に迷惑かけてる可能性を考えると、俺も欲しいです(^_^;

 でも少なくとも、真後ろからまぶしく照らして、ブレーキで合図しても全然気づかないというのは、あれは気をつけて欲しいですねぇ。

お礼日時:2001/12/03 13:11

ドライバーのモラルの低下の現れでしょうね。


自分の視認性のことしか頭にない方が、たくさんいるからでしょう。
自分がよく見えることが安全だと思い込んでいる無知なドライバーがあまりにも多いと思います。
純正のライトはその車の性能として十分と認められたからこそ取り付けられているので、標準的な明るさを発揮できなくなった時以外は交換するべきではないと思います。
照度を上げたことで対向車や歩行者の視界が妨げられ、危険が増加する「危険性」を彼らに認識させないと、非常に危ないと思います。
前照灯や視認系ランプは闇雲にただ明るければよいというものではなく、明るさにはバランスが必要です。
しかし、多くのドライバーにはその意識が欠けていますし、パーツを販売する側もそれに拍車をかけようとしています。
自動車メーカーがどのような指針で照度や輝度を設定しているかはわかりませんが、最近の高級車の前照灯は迷惑な明るさを持ったものが多いと感じています。
私は極度の近眼で夜間は視力がかなり低下しますが、だからと言って自分本位に照度や輝度を上げようとは思いません。
交通社会でバランスの取れる照度や輝度を選択するデータ-を所有していないからです。
選択する能力がなければ選択する権利は与えられません。
ようするに多くの自己中心的なドライバーは無責任なのだといえるでしょう。
早急に厳しい取締りの対象になることが望まれます。なんと言っても度を越したものは危ないですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

 台数的に俺の車に原因があるところもあるようではありますが、でも迷惑なほどまぶしい車も多いですよね。
 車検にそういう項目が追加されればいいんですが(^_^;

 法規制を待つというのはあまり積極的ではないので、指し当たって運転の仕方を変えるなんかの対策をとってみようかと思います。
 もっとも、今のところどうすればいいのか検討もつきませんが(^_^;

お礼日時:2001/12/03 13:06

明るいライトが流行っている傾向にあるみたいですね。


カー用品店に行ってもそう感じます。

それとは別ですが光軸がずれてる車が多い気もします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

 やはりそうなんですね。
 まぶしいと感じない車でも、ちょっと向こうが跳ねると途端に光が入ってくる車なんかもあるみたいで、軸のズレというのもある気がします。

お礼日時:2001/12/03 11:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q舟木一夫の「初恋」のリリース時期を教えて。

舟木一夫が大好きですが,彼が歌った「初恋」(島崎藤村作詞)がリリースされた時期(発売年)を知っていたら教えてください。

Aベストアンサー

「初恋」は昭和46年(1971)9月に発売されました。

参考URL:http://www.co-cfc.co.jp/detail.msp?id=715

Qフォグランプって本当にまぶしい??

フォグランプのマナーについてよく話し合われています。本来、霧などの視界の悪いときのみ点灯するフォグランプを晴天時でも点灯させている。眩しいと。

私も、晴天時にはフォグは当然常識としてつけませんが、よく眩しいという意見を聞きますが、本当に眩しいですか?

対向車のフォグランプ、本当にまぶしいですか?ヘッドライトよりも照射角も光量も少ない場合がほとんどだと思うのですが。

もちろん私は晴天時にフォグランプ点灯には賛成ではありませんが、その実、本当に眩しいですか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

交差点の真ん中が軽い勾配になっている場所などでは、一番前で信号待ちをしていたりすると顔に直接ライトが向くので、信号待ち中はゼヒ消していただきたいです。
雨の日などは反射して眩しいですが(普通のライトも眩しいですが)、私はそこまで気になりません。
晴れの日にフォグをつけてる車もいますが、それは尚更気になりません。

どちらかというとHIDの方が眩しいです。
勾配のない場所でも車高が高めの車が後ろにいたりすると、(HIDの場合)かなり眩しいです。バックミラーに反射しまくりです。
これも信号待ちの時は車幅灯程度にして、消しといて欲しいものです。

Q舟木一夫

舟木一夫のフアンですが 還暦の「赤い詰襟コンサート」のテレビ放送の予定を知っておられる方
教えて下さい
 また 何処に聞けば 判りますか

Aベストアンサー

調べてみましたがテレビ放送の予定は無いように思います・・・。
かわりにビデオが出ているので、余裕があればこちらの方を。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/cfc-co/506623/534991/603721/#599915

Q雪国での走行でヘッドライトお勧めありますか質問お願いします。車のヘッドライト右側が切れました。

雪国での走行でヘッドライトお勧めありますか

質問お願いします。
車のヘッドライト右側が切れました。
車はムーヴL910Sです。
雪国に住んでおり、吹雪くと早朝もライトをつけます。
現在は中古で買った時の純正ライトですがもう少し明るくしたいです。
オートバックスかダイハツでつけてもらう予定ですが、明るいライトお勧めありませんか。
同じ雪国に住んでる方からもご解答お待ちしてます

Aベストアンサー

普通に純正の素のハロゲン球がお勧めです。(小糸の汎用補修部品等)
社外のHIDとかは光軸がまともに出ないため、他車の迷惑にならないように調整するとまともに照らしません。
純正品なら配光がきちんとしていますのでちゃんと照らしてくれます。

年式的にヘッドライトの曇りが心配、ということであれば磨いて再コーティングしてくれる業者があちこちにあります。
そちらもご検討ください。

雪対策だと比較的下の方にイエローのフォグライトをつけると路面の凹凸とか見やすくなります。
自分は(スバルの軽ワンボックスですが)昔のランクルの中古品をあちこち加工して取り付けてあります。
L910の後期?だとウインカーがややこしいところにあるので大変ですが、フォグの方の交換というのもアリだと思います。

Q舟木一夫の絶唱の歌詞をおしえてください

映画にもなりましたが、舟木一夫の絶唱の歌詞(フルコーラス)を
正確におしえてください。
また、その曲が聴けるサイトもあれば、あわせておしえてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

tak9512003さん、こんばんは。

参考URLで昭和・戦後の歌2に入って、曲のタイトルを選択して下さい。
歌詞についてはJASRAC承認済みですが、残念ながら曲を
聴くことは出来ません。

参考になれば、幸いです。

参考URL:http://www.fukuchan.ac/music/music.html

Q大型車のハザードランプスイッチを普通車に

今年4月末に、プレマシーに買い換えました。ハザードランプのスイッチに手が届きますが、助手席と運転席のちょうど真ん中にあるので少し遠いような気がします。大型トラックやバスの場合、排気ブレーキのレバーがハザードランプのスイッチを兼ねているので、方向指示器を出すときのような感じで、ハンドルを持ったまま左手で簡単にハザードランプを点滅させることができます。「ありがとう」の合図の時、特にそう思います。なぜ、普通自動車には、(普通車には排気ブレーキがないので、)ワイパースイッチとハザードランプスイッチを兼用できないのでしょうか?もしかして、助手席からも手が届かなくてはいけないとか、何らかの理由があるのでしょうか? もし、そうであるならば、もっと助手席に近いところと、ワイパースイッチの両方に付ければいいのではないでしょうか?  みなさん、どう思われますか? 教えて下さい。

Aベストアンサー

本来のハザードランプの使用方法はサンキューハザードなどのためではなく、文字通り緊急停止時に使用するものです。なので使用頻度がそれほど高いものではないと思いますし、助手席側からでも使用しやすいようにインパネセンターにあるのはもはや常識です。
今一度使用方法をよく確認してみてください。

またタクシー用車両(コンフォートやクルーなど)はライトスイッチ先端にハザードスイッチが付いています。これらは業界の使用用途を考えてメーカー側が勝手に作ってしまったものでしょう。

Q何故、K1ではアッパーを使う選手があまりいないのですか?

私はK1を観るようになって十年近く経つのですが、
アッパーを使う選手というのは、ピーター・アーツ以外では
あまり存在しない気がするのです。
何故、K1では、あまりアッパーは使われないのでしょうか?
アーツの場合はアッパーでマイケル・マクドナルドや
マイク・ベルナルド、日本人の後川や武蔵を倒したことが
あります。特に武蔵を倒したアッパーのラッシュは
見事でした(もしよろしければ、添付した動画を
ご覧ください)
皆様の中で、K1でアッパーがあまり使われない理由について
答えて頂ける方がいらっしゃいましたらご意見を宜しく
お願いします。

Aベストアンサー

プロのストレートは背中で打つため防御を兼ねます。
しかしアッパーは威力は大きいけどかなりの隙を生みます。

アッパーのデメリット
遠い間では打てない
選手から見たら直線的な攻撃なのでかわされやすい
相手が防御状態ならあたらない
隙ができる
相手をけん制するならジャブで十分

アッパーのメリット
アゴを捉えるのでダウンさせやすい
近間で打てる
三次元的に攻撃を組み立てられる等です。


K-1では
(1)K-1の戦闘距離は遠間だから追い詰めないと打ちにくい
(2)アッパーは選手から見たら直線なんでかわされやすいのです。

この試合でもアーツは武蔵を追い詰めて三次元的にアッパーを繰り出しています。逆にアッパーを出せる選手ということは格下と見られているんでしょう。K-1ではほとんどフックキック・フックパンチに沈められているのは周知の事実です。

大道塾の東氏はフルコンタクトになった場合前蹴りが当たらない、特に後ろの前蹴りが当たらないと言ってます。横にかわせるからです。みんなそうですが自分の戦闘距離に近づけさせないために色々な工夫をしています。だから接近してくる相手はやりにくいんです。

わけの分からない説明ですいません。

プロのストレートは背中で打つため防御を兼ねます。
しかしアッパーは威力は大きいけどかなりの隙を生みます。

アッパーのデメリット
遠い間では打てない
選手から見たら直線的な攻撃なのでかわされやすい
相手が防御状態ならあたらない
隙ができる
相手をけん制するならジャブで十分

アッパーのメリット
アゴを捉えるのでダウンさせやすい
近間で打てる
三次元的に攻撃を組み立てられる等です。


K-1では
(1)K-1の戦闘距離は遠間だから追い詰めないと打ちにくい
(2)アッパーは選手から見た...続きを読む

Q【自動車】GQ(雑誌)でデザイナーの山本耀司はトヨタ自動車の社長の豊田章男に「昔の車は人に優しかった

【自動車】GQ(雑誌)でデザイナーの山本耀司はトヨタ自動車の社長の豊田章男に「昔の車は人に優しかった」と言いました。

確かに昔の車は人に優しかったと思います。しかし、なぜなにが優しかったのかと聞かれると答えられません。しかし、今の車にないゆったりした時間の感覚はあります。今の自動車と何が違うのでしょうか?

昔の自動車が人に優しかったという感覚は自分が子供で親が運転そていた。その安心感からでしょうか。昔の車は人に優しかったのは思い出の錯覚なんですかね。

Aベストアンサー

昔の車というものをいつごろの時代をいうのかわかりませんが、
トヨタ博物館にはおよそ内燃機関で動く昔の車というものが、
年代ごとにほとんど網羅して、展示してありますが、
そのどれをとっても、いまより人に優しかったという感覚はないですね。
世話のやけるよく故障する運転しずらい危険な乗り物に見えます。
一歩さがって60年代でも、熾烈な企業競争の結果、レーサーを死に駆り立てた
トヨタ7が展示してあります。今やレーサーでも社長がなれる時代です。
市販車ではハンドルから手をはなしても、道なりに走りますし、歩行者や車がいれば止まります。
雑誌の内容はしりませんが、豊田章男はなぜ反論しなかったのですかね。

車を作る人にとっては現場労働者から社長まで、昔のほうが優しかったのかもしれませんね。

Qアッパーマウントについてです。

いくつか質問させてください。基本的なことで申し訳ないんですが。。

(1)アッパーマウントというのは、ショックアブソーバーの先端上部に付いているもので、ボディとの接合部分のことでしょうか。

(2)もしそうだとしましたら、アッパーマウントの下にスプリングがありますよね?スプリング上部はそのアッパーマウントで押さえられていて、下部も円形のものがショックに付いていてスプリングを押さえていますがこれはなんという名称でしょうか。

(3)ピロアッパーって何でしょうか。。アッパーマウントが鉄??また、アッパーマウントをピロアッパーに交換するって走りにこだわる人はよくやるんですか。どんなメリットがあるのでしょうか。

(4)車高調の購入を検討していますが、それは最初からピロアッパーなる物が付いているのでしょうか。

よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

(1)お説のとおり。要するに、ボディとサスをつなぐブッシュの一種です。

(2)それは、一部の車高調に付いているヘルパースプリングではないですか?車をジャッキアップしたときにサスが遊ばないように(遊ぶとアライメント狂いまくりするための。

(3)アッパーマウントがゴムとウレタン(の弾力)で動きの自由度を確保しているのに対して、ピロだと剛体の関節のような感じで動きの自由度を確保します。いう人に言わせれば「フィーリングがダイレクトになる」とからしいです。しかし、衝撃吸収性はゼロになりますのでそこは覚悟を。

(4)最初からピロつきのものはないと思います。
オプションでピロ仕様を選ぶか、単体のピロボールをつけるか、でしょう。

Q車でバックしてるときに、バックランプが点いていてしかも車が動いてるのに後ろを通る人って、どのような神

車でバックしてるときに、バックランプが点いていてしかも車が動いてるのに後ろを通る人って、どのような神経をしているのでしょうか。「危ないから待とう」と思わないのですかね。「車が停まるのが当たり前」って思ってるのですかね。 先ほど気づかずに轢きそうになりました。皆さんはこの様な人はどの様な考えで以上の行為をすると思うか、意見を頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

>バックランプが点いていてしかも車が動いて
ここまでは歩行者も気付くのですが、この後の行動が、
>危ないから待とう
とならないのは、車の後退速度と歩行者の歩行速度から計算して安全に通れると判断したからです。事故が起きるのは、1.後退速度が速く(普通に加速又は急加速等)なる、2.歩行速度が遅く(つまづく又は落とし物を拾う等)なる、3.その両方が同時に起きる、4.元々の計算が間違っていた、というような事からです。私は1~4を考慮し、止まって待つ(できるだけ離れて待ち、後部を歩行しない事を運転者に視認させる)か、車の前側に回るかの行動をします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報