忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

まずはここを見ていただければうれしいです。(見なくてもかまいません)
http://www.office.hyogo-u.ac.jp/office/college_e …
ここの平成16年度の前期小論文Aでは、
「「子どものため」の学校教育は終わった。それを踏まえて21世紀の学校教育はどうあるべきか」
と問うています。

私は、学校教育は子どものため以外のなにものでもないだろ。と思いました。
しかしそう答えると設問に反することになりますよね。では別の意見を・・・と探してもどうしても考え付きません。
21世紀の学校教育はどうあるべきなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

勿論、「子ども」を対象とした学校が、教育を行っていくならば、目的はあくまでも「子どものため」以外の何物でもありません。


この論文は、20世紀に掲げてきた「子どものため」の教育が、本当の意味での「子どものため」になっていたのかを問うているものと思います。
大人の側から綺麗に施されたメッキが、時と共に剥がれ落ち、サビとなって染み出ている子ども達の現状を見るにつけ、
21世紀の教育にかかる責任の重さを強く感じざるを得ません。

>私は、学校教育は子どものため以外のなにものでもないだろ。と思いました。しかしそう答えると設問に反することになりますよね。
・・いえ、設問に反するとは思いません。

大事なことは「子ども」をいかに捉えるか・・です。
平成19年度から、文科省は「特別支援教育」を現場に導入します。
「絵に描いた餅」の感じもありますが、それはそうとして、まず、この「絵」を見てみることでも、21世紀の学校教育のヒントが得られるかもしれませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
設問の本質を見抜けなかった私の力の無さを痛感しました。
また、学校教育の新たな捉え方のヒントもくださってありがとうございます。
自分なりにどうあるべきかを考えたいです。

お礼日時:2005/11/19 17:38

文部科学省の方針としては、「生きる力」や「個性の尊重」ですね。



設問に「終わった」と書いてあっても小論文は自分の考えを論述するものなので、「これからも、子どものための学校教育であるべきだ」といった書き方でもいいと思いますが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「生きる力」も「個性の尊重」も結局は子どものためにあるものですよね。
「子どものため」の教育の在り方について考える問題だったんだな、と気づかされました。

また、今さっき小論文に関する本を読んできたのですが、設問の筆者を否定する意見を書いても良いということを知りませんでした。
今までは全て賛成した上で更に・・・という意見ばかりでした。

お礼日時:2005/11/19 17:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本来のあるべき教育とは?

 いまの学校は本来のあるべき教育の姿から離れていると考えたときに、本来のあるべき教育とはどのようなものか? ということについて勉強しているのですが、何が理想の教育なのか自分にはよくわかりません。確かに学校という営み自体が効率の悪いものだとは思いますが、だからといって学校をなくしたところで何か変わるとは思えないし・・・ 本来のあるべき教育とはどのようなものだと思いますか? みなさんの意見を聞かして下さい。

Aベストアンサー

「誰のための教育か」ということを考えてみて下さい。

今の日本の教育は、子どものためのものになっていない部分があります。
子どもが自分の素質を開花させて、やりたいことができるようになることよりも、政府の価値観を教え込んで、産業や軍事に従順に働ける「人材」をつくることを優先させている部分が確実にあると思います。

現場の教員の多くは、それでも、子どもの発達を願う気持ちが強く、上からの教え込みの強制や、自分自身が受けてきた秩序維持型教育の先入観との間で矛盾を感じ、葛藤していると思います。

その苦しさが効率の悪さとなって表れ、子ども達もまた、様々なトラブルの形で苦しさを訴え続けています。

改訂前の教育基本法の精神に立ち戻り、子どもが成長するための教育に徹することが理想の教育だと思うのです。

Q今の日本の教育の問題点・課題?

  
 現在、教育について調べています。
 ズバリ、今の日本の教育で 問題にされていることは何でしょうか?
 
 大きな質問を、このようにどっかり投げかけてしまうのも、微妙な質問の仕方かもしれませんが、調べるとっかかりとして、ここに載せさせていただきました。
 
 ○ゆとり教育の是非
 ○奉仕活動 よしあし?
 ○学力をどう取り戻すか
 ○あれた学校が多いなど・・

 そういったところでしょうか・・・。

 ご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

政策者側の問題

責任の所在がはっきりしていません。だれが、どこが、責任を取るのか明確ではありません。たとえば、現在、新学習指導要領が一部先取りされ、今回大幅に後退した「ゆとり」教育ですが、昔、旗を振った人は誰なのかはっきりしません。旧文部大臣でしょうか。
「ゆとり」が後退したのは、それが間違っていたということでしょう。「ゆとり時間」を削減し、教科学習の時間を増やしたことは新指導要領ではっきりしています。
つまり責任を取る必要がないので、ころころと変わります。

現場の問題

これは学校の先生が中心となります。学習指導要領で縛りをかけられていて、そのなかでの行動となります。逆に言えば、多くの先生は指導要領から逸脱しないようにしています。一部の先生は、世間を騒がし、このサイトで保護者の方々から疑問を投げかけられて、普通の「おじさん」「おばさん」たちであることに、改めて気づかされます。

もう一つは、競争原理が全くといってよいほどはたらかない世界です。つまり、大半を占める公教育において、優秀な先生をトレードできない仕組みになっています。トレードやフリーエージェント制を導入したら、先生方も張り切るのかも知れません。予算の関係もありますが。いわゆる「ダメ教員」は退場していただく仕組みがありません。一部の先生に対して、国民の税金が無駄遣いされているのが問題でしょう。

保護者側の問題

現代では、多くの保護者は学校の先生を「尊敬」する対象とはしていないでしょう。先生も保護者も大卒など同じレベルになり、当たり前の世の中となりましたから。「聖職」「全人教育」は死語の世界となりました。
受験の相談も、学校よりは塾(予備校)を信頼する保護者や生徒がほとんどでしょう。
それなので、保護者の方々に言葉で「学校の先生を信頼して」と言っても無理でしょう。

政策者側の問題

責任の所在がはっきりしていません。だれが、どこが、責任を取るのか明確ではありません。たとえば、現在、新学習指導要領が一部先取りされ、今回大幅に後退した「ゆとり」教育ですが、昔、旗を振った人は誰なのかはっきりしません。旧文部大臣でしょうか。
「ゆとり」が後退したのは、それが間違っていたということでしょう。「ゆとり時間」を削減し、教科学習の時間を増やしたことは新指導要領ではっきりしています。
つまり責任を取る必要がないので、ころころと変わります。

現場の問...続きを読む


人気Q&Aランキング