言わずと知れた西岸良平氏の漫画ですが
実写で映画にするとは、ごらんになった方いかがでした?。
昭和31年生まれの私としては、フラフープとか
オート三輪  ダイハツ ミジェットとか
懐かしいですね、私は見てないのですが、ご覧になった方の感想をどうぞ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私は原作を読んでないのですが、


映画の評判がすごく良いので見に行きました。
昭和33年の時代を知らない私がこんなにも夢中になって観れる作品だとは思いませんでした。
本当によかったです。
笑いあり、涙ありの作品で、その時代を知らない私でもなぜなのかわかりませんが、懐かしい気持ちになり本当に楽しめる作品でした。

http://www.eigaseikatu.com/
↑ここに映画の感想がたくさん寄せられています。
私もここの評価を参考に映画を観に行きました。

参考URL:http://www.eigaseikatu.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん ハンカチがいりますね。
ダイハツミジェット でましたオート三輪の傑作

お礼日時:2005/11/23 21:46

こんばんは。


私は結構映画の本数を見ますのでこの作品は中途半端で辛口コメントになってしまいます。

以下、多数のコメントが寄せられていますよ。

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3 …

参考URL:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3 …
    • good
    • 0

私も原作漫画が大好きで観に行ったのですが、


まんがと一緒なのは時代設定と題名だけだと
思った方が良いかもしれません。

それでも見てよかったと思えた映画です。
ほんとにたくさんのあたたかい涙を流しました。。。
今もじわっと目に涙がたまります
(泣き虫であるせいもあるかもしれませんが)

見ていて楽しい映画はたくさんありますが、
見終えたあと、余韻を楽しめた映画でした。

参考URL:http://www.always3.jp/index02.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

記載ありがとうございました
参考URL見ました、非常に凝ったwebsiteですね
どうやら漫画とは同一視しないほうが良いようです。
昭和30年代 アメリカでは1950-60年代
この時代はもっとも青春だったじだい。
現代はあまりにもすべてが規格化していて、あのころ
はみんなの目が輝いていた、単なる懐古趣味ではなく
原点を見つめなおす必要がありそう。
アメリカンポップスでもこの時代の曲は永遠の
歌がたくさんあります。
日米共この年代に温故知新で学ぶものはおおいのでは?。
最近韓国のドラマがうけてますが、日本の昔のドラマ
みたい との意見が聞かれます。確かにそんな気も
します。ソン ヘギョ(女優)の演技はどこか
山口ももえ の押さえた演技に似ている?
では又  アニョン

お礼日時:2005/11/20 22:16

11/9に観ました。


ラストは久々に泣けました。
ただし、原作とは若干設定が異なるところがありまし
たが、それは観てからのお楽しみとしておきましょう
か。
原作と同じエピソードの話もありますが、サイドスト
ーリーとして観た方が良いでしょう。
あの「六さん」が○○○とは・・・ 意表をつかれま
した。
昭和30年代を再現したCGなどの効果は素晴らしか
ったですね。
「三丁目」ファンなら観ても損はしないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

記載を深謝します。
漫画には宇宙人や狐の化身などいろいろ出てきます。
記念館でもあったら面白いのですが?

お礼日時:2005/11/20 00:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q懐かしの女性アイドル歌手のCD。1曲目まちぶせ。

少し前にTVで紹介されていたCDなので、新発売されたのだと思います。なつかしの女性アイドル歌手達の曲が10曲程度入っており、1曲目が石川ひとみのまちぶせでした。
他には後半に木綿のハンカチーフも入っていました。1枚のCDです。いざ探してみると見つかりません。教えてください。

Aベストアンサー

これでしょうか。

恋歌くちずさみ委員会
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B008VURGRG/

http://www.1101.com/koiutahiroba/2012-09-26.html

Q映画『相棒』 ごらんになったお方、どうでした?

あまり邦画は観ないのですが、『相棒』に行こうかなと
思ってます。
映画『相棒』 ごらんになったお方、どうでした?
別に映画評論でなくても構いませんので
(普通の人の率直なご感想が聞きたいのです)
ご感想を教えてください。

Aベストアンサー

 今作をミステリー作品とのみ観て低い評価を下してしまう見方は間違っています。
 謎解きやミステリー色が結果的には弱いことやユーモアの味付けが少ないこと、「花の里」のシーンの時に全く音楽がないなど、テレビ版とはかなり趣きが違っています。
 しかし、テレビ版のファンでもある私は、映画の「相棒」も強く支持します。何故なら、それは、過去に日本で現実に起こったバッシングの問題の本質を見事にえぐり、我々にその記憶を想起させているからです。
 「人気刑事ドラマの劇場版」という形をとっていますが、これはとても志の高い社会派作品です。ラストの片山雛子による爆弾会見も、テレビ版のファンなら、打算であることがはっきり判ります。これまた、どこかの政治家を思わせます。
是非ご覧になることをお勧めします。

Q昔の映画にはなぜ高峰秀子とか志村喬とか出てくるのか

昔の日本映画には、なぜ高峰秀子とか志村喬とかがよく出てくるのでしょうか。
自分の観た映画が偏っているのでしょうか。

Aベストアンサー

結論を言うと、彼らの作品が残りやすかったのと、ご覧になっている物が偏っているからだと思います。

昔は現在以上に、監督が贔屓にしている役者というのがいました。もっといえば、映画製作会社が贔屓にしている監督や役者がいたわけです。

したがって、例えば巨匠と謳われる黒澤明の作品を見れば、かなりの率で志村喬が出ています。一方で、やはり世界的に有名な小津安二郎監督の作品を見れば、かなりの確率で原節子と笠智衆が出ています。

さらに、現在まで愛されるほど中身が充実していて、しかもフィルムが劣化していない映画を撮った人や会社というと、それなりの予算を与えられたところですから、数が限られてしまいます。

その限られた数の製作者が愛した役者の数も限られていて、その限られた数の中で、質問者さんはそのお二人がお好みに合うのでしょう。

Qキャッツアイ実写版のコスチュームについて

どっちでも良いことなのですが、急に思いついたので質問します。
キャッツアイの実写版が昔、製作されましたが、なぜ、キャッツアイ3人のコスチュームをあんな変なの(キャットウーマンみたいなレザー調にマスク)にしたのでしょうか?
原作(アニメ)の通り、レオタードに素顔とした方が、良かった(ヒットした)と私は思います。
真実は分からないと思うので、憶測で構わないので教えて下さい。

Aベストアンサー

バットマンの映画公開が89年、92年、95年です。
キャットウーマンが登場するのは92年版です。
キャッツアイは97年の映画です。

バットマンもテレビシリーズではタイツ姿でしたが、
映画版ではレザーでハードな印象です。

どう考えても、それに倣ったとしか思えませんね。


ちなみに05年の劇場版「仮面ライダー THE FIRST」では初代ライダーを
リニューアルさせて描いてましたが、
こちらもジャージではなくレザースーツになってました。

Qゴルゴ13の実写版について

ゴルゴ13の実写映画は「ゴルゴ13」(1973)「ゴルゴ13 九竜の首」(1977)の2作あります。現在(2014)の目で見れば、全体的に粗暴で貧相な面が拭えませんが、当時の邦画アクションにおいては両作品と十分に及第点だった思います。「ゴルゴ13」を描いた映画として満点を上げられる作品はアニメーションですらなしいのですから、「こんなのゴルゴじゃない」と言い出したらきりがありません。アニメやコミックの実写化作品が作られるたびに批判され続けている邦画界ですが、元々映画は小説やコミックの原作ありきで作られることが多いわけですから、スタッフの試みも無碍に批判していては仕方がないと思います。(まぁ、批判するのも楽しみのうちなわけなんですけど・・・)

 さて、原作者のさいとうたかをは映画「ゴルゴ13」(1973)に不満だったようです。その理由は「オール海外ロケ・高倉健主演という条件を東映が飲んだので、製作の許可したのに現場で自分の書いた脚本を変えられてしまった」ためのようです。 しかし、その4年後には「ゴルゴ13 九竜の首」(1977)の製作を許可していますが、この映画に対するコメントとも特に伝わっていません。オール海外ロケではなく、高倉健主演でもなく、自身では脚本も書いていません。この違いは何なのでしょう。一作目に比べて、二作目がスケールダウンしていることは間違いないのですが、極めて駄作であったとも思われません。この扱いの違いは何によって生じたのでしょう。

ゴルゴ13の実写映画は「ゴルゴ13」(1973)「ゴルゴ13 九竜の首」(1977)の2作あります。現在(2014)の目で見れば、全体的に粗暴で貧相な面が拭えませんが、当時の邦画アクションにおいては両作品と十分に及第点だった思います。「ゴルゴ13」を描いた映画として満点を上げられる作品はアニメーションですらなしいのですから、「こんなのゴルゴじゃない」と言い出したらきりがありません。アニメやコミックの実写化作品が作られるたびに批判され続けている邦画界ですが、元々映画は小説やコミックの原作ありきで作ら...続きを読む

Aベストアンサー

>>しかし、その4年後には「ゴルゴ13 九竜の首」(1977)の製作を許可していますが、この映画に対するコメントとも特に伝わっていません。

えええっー、さいとうたかを氏は、この「ゴルゴ13 九竜の首」を見て激怒し、以後、ゴルゴ13の実写化を許可しなくなった、というのは有名な話ですが?

「映画化されれば原作から離れるのは致し方ないが、これは酷すぎる」って、どっかでコメントしてたはずですよ。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報