山登りをすると息が荒れて仕方がありません。
友達はまったく息は乱れないのですが、脚が先にまいってしまうようです。
私は、息は荒れっぱなしなのですが友達よりもず~っと長く歩けます。
これはいったいどういうことなのでしょうか?
どなたかご説明いただけないでしょうか?
また、心肺機能を強化するいいトレーニングがあったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

強化の法則というのがあって、かいつまんで言うと


要求される負荷が実力値を上回っている必要があります。
今回の場合心筋に十分負荷をかける必要がありますので
大きな筋肉群を継続的に動かすエアロビック運動が必要です。
小さな筋群の運動の場合心筋の強化になる前に運動が継続できなくなります。

人それぞれ得意とする筋肉は違いますが
大腿四頭筋(太もも)を主に動かす運動がよろしいでしょう。
ランニング、バイク、エアロビクスをコーチを受けて
30分から1時間なさるのがよろしいかと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。そういうことですか!
心筋に大きな負荷がかかる運動を心がければいいのですね!
水泳ではダメなのですか?

お礼日時:2001/12/04 11:07

>心筋に大きな負荷がかかる運動を心がければいいのですね!


>水泳ではダメなのですか?

水泳の場合は肩の三角筋およびコウ背筋に
集中しますので、この部位が発達している方ならばエアロビックトレーニングになります。

一般の方の場合、水泳でターゲットゾーンの心拍数を維持した運動を30分以上継続できる方は少ないのでお勧めしませんでした。
    • good
    • 0

 運動の強度としては心拍数120(1分間で)くらいでやるのがいいそうです。

 この目安は「運動しながら会話をすることが出来る」だそうです。

 安静にした状態で1分間の心拍数を計ると、大体60~70代くらいと思いますが、運動を続けることで心肺機能が強化され、減っていくそうです。
 マラソンの高橋尚子選手は安静時37~40くらいなのだそうです。

 それから筋肉については、間違ったトレーニングをするとかえって筋力を落とすそうです。
 例えば100キロのバーベルを上げたとします。
 その時筋肉はつぶれ壊れているそうです。
 しかし体は100キロに耐える筋力を作り始めます。
 回復前にまた筋トレをするとよけいに筋力を落としてしまうのです。

 ですから、筋力を付けるには3日おきくらいで筋トレしないとダメなんだそうです。
 スポーツジムのインストラクターから聞きました。
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 野球肩(水泳肩)<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状や原因・診断と治療方法

    野球肩(水泳肩)とはどんな障害か  投球、投てきや水泳、バレーボール、テニスなど肩に力がかかるスポーツで使いすぎにより肩痛を来すことがあります。これを野球肩、水泳肩などといいます。これらには種々の病態、すなわち回旋筋腱板(かいせんきんけんばん)(ローテーターカフ)、関節唇(しん)、二頭筋腱の損傷や炎症、関節周囲の石灰化、亜脱臼(あだっきゅう)障害、滑液包炎(かつえきほうえん)、神経障害、インピンジメント...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心肺機能を向上させるための運動時間

現在、エアロバイクで心肺機能を向上させるためにがんばっているのですが
説明書を読むと、今の自分の年齢だと心拍数170~130にすると鍛えられるとあり、間をとって150~140辺りで運動していますが、この心拍数で何分継続して運動していいのかということが、ネットとかさがしても全然見つからないです。

ダイエットでは20分以上やると効果が高くなるというのはよく見るのですが
心拍機能向上では上記の心拍数を何分以上持続させて運動したほうがいいのでしょうか?
何分以上はかえって体に悪い等ありますでしょうか?

Aベストアンサー

スポーツで自転車に乗っている人たちのサイトに、そのようなノウハウは書かれています。

目安として、呼吸の荒れ方、または心拍数を見ます。

脂肪燃焼のためには、会話がやっとできる程度、たまに話が途切れてしまう程度の息の荒さで運動するのが、最も速く脂肪が燃えるとされています。それ以上で運動すれば、心肺機能が鍛えられることになります。

心拍数では、
目標心拍数=(220-年齢)-安静時心拍数}x運動強度(%)+安静時心拍数

運動強度63%前後が、最速脂肪燃焼。それ以上であれば、心肺や筋力を鍛える目的に適います。70~80%ぐらい。ご自身の体と相談して無理をなさらぬよう。

さて、本題の運動時間なのですが。
先の回答者様もおっしゃっているように、強度が強ければ長続きしません。
これについては、以下のリンクが参考になります。
http://j.mp/ghtfQr
http://j.mp/gD6TC8
3~4分程度で、強弱を切り換えるインターバルトレーニング 1回30分~1時間を、この記事では奨めています。筋トレ同様、中二日の休みを置くことも奨めています。
これも、マラソンや自転車競技で、よく使われる方法です。切り換え時間は、種目や体力によって、様々です。

スポーツで自転車に乗っている人たちのサイトに、そのようなノウハウは書かれています。

目安として、呼吸の荒れ方、または心拍数を見ます。

脂肪燃焼のためには、会話がやっとできる程度、たまに話が途切れてしまう程度の息の荒さで運動するのが、最も速く脂肪が燃えるとされています。それ以上で運動すれば、心肺機能が鍛えられることになります。

心拍数では、
目標心拍数=(220-年齢)-安静時心拍数}x運動強度(%)+安静時心拍数

運動強度63%前後が、最速脂肪燃焼。それ以上であれば、心肺や筋力を鍛...続きを読む


人気Q&Aランキング