弁理士法第4条第2項の2号にある言葉の意味がわから
なくて質問させていただきました。

特許、実用新案、意匠、商標、回路配置または特定
不正競争に関する仲裁事件の手続き・・・・

と文が続くのですが、文章中の「回路配置」とは
どのような意味なんでしょうか。宜しくお願い
します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 弁理士法第2条第3項に定義されてある通り、半導体集積回路に関する配置関係です。



 これに関しては、「半導体集積回路の回路配置に関する法律」という別の法律があります。そして、この法律の第2条第2項に、回路配置とは何かが具体的に説明されています。
 書き出すこともできるのですが、過度な手取り足取りは、ご本人の勉学の妨げになってしまうと思うので、参考URLをご参照下さい。

 半導体回路では、素子や配線の配置がものをいうことが結構ありますので、回路配置をめぐって競合他社同士に紛争が生じることもあり得ます。この際、弁理士は、しかるべき仲裁機関への代理手続を業務として行うことができます。それを定めているのが、弁理士法第4条第2項第2号です。

 法律によっては、始めの方に、「この法律でいう●●とは、●●のことである」と定義されている場合があります。用語に「?」と感じたら、まず始めの方の条文を読んでみて下さい。そこにヒントがあるかもしれません。

 あ、それから、先日のご質問に対する回答では、重大な誤記がありましてご迷惑をおかけしました。お詫びいたします。

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S60/043.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

半導体の集積回路のことだったのですね!!なるほどっ♪

それから、先日の質問の誤記に関しては気になさらない
で下さい。いつも法律関係に関して、お世話になってい
るので、有難いくらいですよ。

今後も宜しくお願いいたします。

お礼日時:2001/12/03 19:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特許管理人・意匠管理人・商標管理人

特許管理人・意匠管理人・商標管理人
特許法8条の特許管理人は、意匠では意匠管理人、商標では商標管理人と言うと受験機関の講師(弁理士)から聞きましたが、なぜそうなるのでしょうか?
意匠法68条2項、商標法77条2項で特許法8条を準用していますが、特許管理人を意匠管理人または商標管理人と読み替え準用はしていないので納得できません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

条文を準用する場合、全ての文言の読み替え規定を設けることは煩雑ですので、読み手が適宜読み替える方法が慣用されています。これは、他の準用規定においても同様です(実2条の5で準用する特9条など)。

そのため、管理人についても、意匠・商標管理人と読み替えて考えるのです。例えば、商標審査便覧においても「商標管理人」と付記されています。

参考URL:http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/13_51.html

Q微分回路の理論式 画像の積分回路の理論式の導出手順を参考にした微分回路の理論式を求めてほしいです。

微分回路の理論式

画像の積分回路の理論式の導出手順を参考にした微分回路の理論式を求めてほしいです。

Aベストアンサー

回路? 単なるコンデンサーの電圧と電流の関係式ですよ。

オペアンプの入力側に抵抗 Rs が、出力側に静電容量 C のコンデンサーを接続した積分回路なのではありませんか?

微分回路を作りたければ、静電容量 C のコンデンサーを入力側に、抵抗 Rs を出力側にすればよいのです。
↓ こんな構成に。
http://www.nteku.com/opamp/opamp-differential.aspx

そうすれば、
 Vout = -Rs * Ic = -Rs * dQ/dt = -Rs * d(C*Vc)/dt = -Rs * C * d(Vin)/dt
です。

Qアナログ回路とデジタル回路

よく、アナログ回路とデジタル回路を絶縁したりしていますが、
そんなにノイズが作用してしまうものなのですか?
具体的にどんな不具合が出るものなのか教えてください。

あと、デジタルとアナログのグランドを区別している表記をよく
見ますが、それもこのことと同じような理由からですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

デジタル回路はパルスで信号を受け渡ししているのですが、
このパルス波には、周波数に関係なくオンになった瞬間、
OFFになった瞬間に高い周波数の成分が含まれています。
高い周波数の電気が電線(基盤上の銅箔)を流れるとき、
電波が発生しますので、ノイズに弱いアナログ回路は絶縁されて
いるのだと思います。

>あと、デジタルとアナログのグランドを区別している表記

普通、ノイズに強い電気回路を設計する時は、1点アースにします。
何故1点アースにするのかというと、筐体は大体アルミか鉄で
出来ていて、電気抵抗が大きいのでアースの間の電位差を
無くするためです。

しかし、デジタルとアナログの回路が1つの筐体の中に
存在する場合は、電源自体を別としているため
アースは各々の回路内でクローズするという意味で
別のアースとしているのだと思われます。

アンプの場合
アナログとデジタル回路の絶縁が悪いと、”キーー”という音が
スピーカーから出たりします。

QTTL回路の基本回路

TTL回路の基本回路について教えてください。
おおまかでもかまいません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ひょっとしたら、デジタルICの基本回路形式には、DTL NANDゲート,HTL NANDゲート、TTL NANDゲート、C-MOS NANDゲート、その他がありましたが、そのTTL NANDゲートの基本回路形式の意でしょうか。
もしそうでしたら、transistor transistor logicの略です。
入力トランジスタには、マルチエミッタトランジスタと呼ばれる一つのベース拡散の中に多くのエミッタを拡散してあります。
別々のトランジスタのベースおよびコレクタを共通接続し、それぞれのエミッタを入力とするものよりかなり小型化できて、コレクタ容量などが小さく出来るので、スピードが速くなります。
見当違いかな?補足要求のほうが良かったでしょうか。

Q組み合わせ論理回路と順序回路について

電子回路でよく組み合わせ論理回路とか、順序回路とか出てきますが、その二つの違いは何ですか?できれば、具体例とともに教えてください。私は、初心者なのでなるべく詳しくお願いします。

Aベストアンサー

組み合わせ論理回路とは、文字通り、論理回路を組み合わせて出来る論理回路です。
A・B+C・Dを回路で組むとそれに当たります。

順序回路は組み合わせ論理回路みたいなものですが式であらわすのが難しいです。
A,B,C,Dと言う4つの入力があって、Aオン、Bオン、Cオン、Dオンの順序なら出力がオンになると言ったものです。順序が狂うと、出力がでません。
例えば、
A:ピッチャーが玉を投げる。
B:バッターがセカンドゴロを打つ。
C:バッターが走る。
D:セカンドが捕球し、ファーストへ投げる。
E:バッターが1塁を踏む。
F:ファーストが捕球し、1塁を踏む。 とします。

この順序ならセーフ(ヒット)ですが、ABCDFEの順序ならアウトです。
セーフかアウトかを判定する論理回路を考えてみてください。記憶回路が必要なことに気づかれると思います。(信号が持続するなら不要なこともあります)

CPUは順序処理ですが順序回路とは言いません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報