プロが教えるわが家の防犯対策術!

こんど指定校推薦で小論文があるのですが、まったく知らないテーマについて書かされた場合どうすればよいでしょうか? あとどれくらいかければ合格できますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

指定校推薦でどの分野の大学を受験するかはしりませんが、そんなに考え込む程のことではありませんよ。


指定校推薦は限りなく合格に近い入試であり、試験当日に受験できなかったり、常識では考えられない身なりをして受験、面接で何も答えないなどのこと以外では落とさないと思います。
確かに小論文があると、それも試験の一貫として見てしまい心配してしまう気持ちはわかりますが、指定校推薦は高校と大学の信頼関係から成り立つもので、推薦者は高校の代表として大学に受け入れてもらうみたいな感じになりますので、大学が求めたレベル(高校の評定値)を越えている生徒なら、小論文でまったく知らないテーマが出てあまり書けなかったにしても不合格にはしないでしょう。
ただ、何も書いていないとさすがに、入学したい意思が伝わらないのと文章力不足で不合格にせざるをえない状況になるので、小論文の長さは最低半分(800字以内なら半分の400字位)は書けるように頑張ってください。

今やっておくこととしては、

(1)その大学の学部のどのようなところに興味があり、何を勉強したいと思って入学したいと思ったか。
(2)大学卒業後の将来はどのような分野に進みたいか。
(3)文章を書く練習をする。(漢字、文章力を養う)
(4)大学の学部学科に関する本やニュースを見て、その分野の現在の動向を知っておく。((1)のことを明確にするため)

を文章や言葉ではっきり表現できるようにするというのがいいのではないでしょうか。
あと、小論文のテーマは試験当日にならないとわからないのですか?大学によっては、前もってテーマがわかってたりするので、事前に練習して先生に添削してもらうということもあるそうです。いずれにしても大学入試に合格できるように頑張ってください!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q指定校推薦の小論文について

 こんにちは。僕は今年指定校推薦で大学を受ける者です。 
 現在、受験科目の小論文の練習をしているのですが、受験は来週なのに全くと言っていいほど書けません。とても時間内(60分、1000字)に書き終える気がしないんです。
 いくら指定校推薦とは言え、小論文が書き上がっていなかったらやはり合格する事はできないんでしょうか?

Aベストアンサー

私も指定校推薦で大学に合格しました。
試験もhardy_jさんと同じく小論文でした。
試験は
文字数を守る
あまり誤字脱字をしない
まじめな態度で受ける
ぐらいを守れば大丈夫だと思います。
僕もはっきり言って論文の内容はダメダメでした。
でも無事に合格できましたよ。
是非頑張って合格してください!

Q明日歯の神経を抜くのですが・・・

虫歯が神経の近くまで広がっていたため
神経を抜いて被せ物をする事になりました。

検索してたら、神経を抜くのは凄く苦痛と書いてる人達ばかりです。

歯医者の先生に「神経を抜くのって痛いんですか?」
と聞いたんですが、「麻酔が効いてるし痛くない」との返答で。
ネットに書いてある事とは真逆なんです;

そこで質問なんですが、神経を抜くのは痛いんでしょうか?
凄く不安で、最近夜も眠れない日が続いてます…

どうか教えてくださいorz

Aベストアンサー

みなさんの意見を聞いていると、「神経を抜く・抜かない」以前に、なぜ神経を抜かないといけないか・・って事を忘れているようです。我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。要するに普通は不必要に抜髄はしません。

で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。
デメリットとしては、
(1)神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。
(2)抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。
(3)歯が生活歯にくらべて、もろくなる。
(4)変色していく。
(5)臼歯部の抜髄は根も複数・複雑で見えにくく、手技 的に不完全になることがある。(残髄等)

などがあげられます。しかし、無理に神経を保存したために、神経に細菌が入り、歯根膜炎の著しい痛みが長期に起こったり、化膿して、根の先にバイキンの巣を作り、それによって顔が腫れたり、上顎洞炎になったり・・・と良いことばかりでもありません。

要するに、歯科医院でレントゲン写真や虫歯の深さ、痛みの程度、虫歯になっている期間などなどで、総合的に判断してもらい、決めていくのがベストだと思います。

で、基本的には神経を抜くのは麻酔下で、行ないますから、無痛があたりまえです。痛ければDrに麻酔の追加をしてもらったらいいんですから。ただ、炎症がきつい歯髄には麻酔が効きにくいこともありますが、麻酔の方法はいろいろありますから(^.^)b

みなさんの意見を聞いていると、「神経を抜く・抜かない」以前に、なぜ神経を抜かないといけないか・・って事を忘れているようです。我々歯科医は神経を抜かざるをえないから、抜くことがほとんどです。要するに普通は不必要に抜髄はしません。

で、当然抜髄のメリット・デメリットは共存します。
デメリットとしては、
(1)神経がないので虫歯が進行しても痛まないので、手 遅れになることがある。
(2)抜随時、一度口腔の細菌にさらされてしまうので、 細菌感染の危険がある。
(3)歯が生活歯にくらべて、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング