遺産相続したマンションを売却する為に、仲介業者を通して売却した場合の
(1)仲介手数料の相場を教えて下さい。
(2)オープンハウスにする費用の相場を教えて下さい。
(3)その他、注意事項を教えて下さい。
売却したいのですが、手順、相場がわからず困っています、良きアドバイスをお願いします。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>仲介手数料の相場を教えて下さい。



不動産の仲介手数料は、不動産の売買代金×3%+6万円(消費税別)という取り決めになっていて、それ以上の手数料を取るところがあったらヤバイ不動産屋です。
下記アドレスのように手数料2%という業者もありますが…。

ちなみに仲介手数料は成功報酬なので、契約が成立しなければ払う必要はありません。

>オープンハウスにする費用の相場を教えて下さい。

syou1115さんが売却するマンションをオープンハウスにするのは、不動産屋の営業活動の一環なので不動産屋が費用を負担します。ただし、マンションに営業マンを常駐するのは費用がかかるので、広告をうって開催日を決めて(通常は土日の2日間)オープンハウスにします。

>その他、注意事項を教えて下さい。

遺産相続したマンションなので中古だと思いますが、中古マンションを買うのは近所に住む人が主です。ですから売却するマンションの地元の不動産屋で良心的なところを選ぶのがいいでしょう。
マンションならば今までに売買された部屋があるでしょうから、住民に聞くと色々な情報があると思います。

参考URL:http://www.homekit.co.jp/sellbuy/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

DrStrangelove様
早々のご回答ありがとう御座いました。
本当に困っておりましたので大変参考になりました。

お礼日時:2001/12/04 22:02

1.仲介手数料は成約額の3%+6万円が上限となっており大手仲介業者は概して減額はしません。

中小業者は手数料を負けるところがありますが仕事を責任をもって遂行する点や責任の点などで問題のある業者もある可能性があります。
2.仲介業者に依頼する場合は業者が無料でやってくれるはずです。費用請求する業者はあまり筋のいいところではありません。
3.依頼方法は一般と専任がありますが違いは1社に限定するか複数の業者に依頼するかで複数のほうが業者を競争させる意味で早く売却できると思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yanaka様
ご回答ありがとうございました。
大変困っておりましたので参考にさせていただきす。

お礼日時:2001/12/04 22:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仲介手数料

引越しを考えており、部屋を探しています。

よく空き部屋がある物件には、「入居者募集!」と
のぼりがたっているのをよく見かけますが
そういった所にある連絡先へ直接連絡して、もし契約となれば
通常不動産会社に支払う仲介手数料かからずに契約できるなんてことは
ありませんか?

Aベストアンサー

不動産の賃貸契約は必ず宅建主任者が行わなければいけません。
この段階で必ず仲介手数料がかかります。
「入居者募集中」とのぼりをたてるのはほとんど不動産屋ではないかと思いますが、管理会社だとしても同じことです。

ちなみに法的には仲介手数料は賃料の50%ということになってますが、実際には仲介手数料は50%でも残り50%を礼金に上乗せしてたり(○イブ○とか)してほぼ一か月分ですね。

Q土地の仲介手数料

おせわになってます。
現在土地購入を考え不動産業者と話し合い中ですが私がこの土地を知った時は現在の不動産業者しか販売をしてない状況でしたが最近平行してい話をしているHMの営業より同じ土地の話を他の不動産業者から最近入りましたと連絡がありこちらの土地で図面を書かせて欲しいと言われたので分かりましたと言いましたが、現在の状況でもともと話しをしている不動産業者は1ヶ月は待てますと言われます、また電柱等の話も確定してない為。そこでなのですが仲介手数料は41万円と言われてますがこれは必ずしも払わないといけないのでしょうか?払わなくとも購入できる事は可能なのでしょうか?アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

現在の宅地建物取引業者と媒介契約を締結しているものとして回答します。

もともとの宅地建物取引業者より本物件の情報を入手したあと、あとから参入した宅地建物取引業者の媒介にて本物件の売買契約を締結した場合、もともとの宅地建物取引業者に媒介手数料と同額の損害賠償金を支払う判例があります。
したがって、お客様を先に本物件へ連れて行った宅地建物取引業者に媒介手数料を払うのではありません。

質問者さんの場合、もともとの宅地建物取引業者より本物件の情報を入手したあと、あとから参入した宅地建物取引業者の媒介にて本物件の売買契約を締結した場合、もともとの宅地建物取引業者に媒介手数料と同額の損害賠償金を支払う可能性が少なくありません。

内覧優先ではなく、情報優先です。

Q仲介手数料の相場って?

独立しようと考えていますが、家賃・保険・保証金の仕組みはもとより、
賃貸契約のことをまったく知らない自分に気づきました。
ネットで物件をチェックしてみたのですが、
仲介の方法にもいろいろあるようで、同じ物件を複数の不動産屋さんが
紹介しています。
同じ物件を紹介してもらうなら、手数料は安いほうがイイのですが、
相場というものがわかりません。
某エ●プルは手数料は家賃の半分と謳っていますが、あれって安いのかな!?
相場っていくらなんでしょう?
あと明らかに同じ物件なのに、専有面積の表示が全く違っていたりします。
なんでですか??

Aベストアンサー

>家主さんと借主の間でですか?不動産屋さんも含めて3者でですか?

家主と借主の分担割合を決めるわけです。多くは間に業者が入って交渉します。が、売買ならともかく賃貸で交渉することはまれなのが実情です。

>保証金25万円、敷引20万円とか解約20万円とかかれている場合、
退去時に20万円支払うんですか?それとも、戻ってくるんですか?

契約時に25万払います。退去時には25万から20万引いた残金5万円が返ってきます。

#3の3%は売買・交換の場合で物件価格が401万以上の場合です。賃貸は「1ヶ月以内」。

Q仲介手数料について

最近、マンションの売却が決まったのですが、仲介手数料が高いように感じました。法律での上限金額はどのように決められているのですか?
ちなみに、売却金額2200万円で仲介手数料は76万円でした。
不動産に関しては土素人なので、やさしく教えてください。

Aベストアンサー

#1,#2の方々の言うとおりです。以下に、参照法令条文と掲載URL等
について御説明・御紹介します。

不動産業者の仲介手数料は、売主、買主それぞれに対して売買価額の
3%+6万円+消費税が上限です。この上限は、宅地建物取引業法第46条
第1項の規定に基づく昭和45年10月23日建設省告示第1552号等で定めら
れています。つまり、不動産業者は売買価額2,200万円の場合、売主、
買主それぞれから75万6千円を上限として報酬を受け取ることができます。
売主から受け取れる報酬額は75万6千円が限度であり、決して76万円を
受け取れません。

 もし業者が76万円を請求したのなら、宅地建物取引業法第46条第2項
の規定の違反となり、同法第82条第2号に該当して30万円以下の罰金刑に
処せられます。加えて、同法第47条第2号の「不当に高額の報酬を要求
する行為」に該当して同法第80条の罰則により1年以下の懲役若しくは
50万円以下の罰金に処せられることもありえます。さらに、同法第65条
第2項第2号に該当しますので、同項の行政処分規定により国土交通大臣
又は都道府県知事から1年以内の業務停止命令を受けることもありえます。
警察と、当該業者の宅地建物取引業許可をした国土交通省又は都道府県庁
の担当課に訴え出れば業者には刑罰と行政処分が、少なくとも行政指導
が待っています。

 なお、当該他不動産業者が課税売上高が年間三千万円以下の消費税免税
事業者(消費税法第9条第1項)である場合、消費税は5%ではなく、
半分の2.5%となります(同法施行令第57条第3項第1号ホ)ので、上限
報酬額は更に小さくなって73万8千円となります。こんなことは宅地建物
取引主任の資格試験問題に出てきますので不動産業者なら知ってて
当たり前のはずですが。当該76万円に仲介手数料以外のものが含まれている
といったことはありませんか?

[参考URL:宅地建物取引業法]
 http://www.houko.com/00/01/S27/176.HTM#top
[参考URL:昭和45年10月23日建設省告示第1552号、改正
 平成9年1月17日建設省告示第37号]
 http://www.toanet.com/fudousanchisiki/f-tesu.htm
[参考URL:消費税法]
 http://www.houko.com/00/01/S63/108.HTM#top
[参考URL:消費税法施行令]
 http://www.houko.com/00/02/S63/360.HTM
[参考URL:仲介手数料]
 http://www.atplain.co.jp/5/p_10.html
[参考URL:宅建主任試験問題/免税不動産業者の報酬額と
消費税額(問題1,2)]
 http://www.globe.or.jp/ess/t/challenge13.html
[参考URL:宅建主任試験問題/免税不動産業者の報酬額と
消費税額(解答1,2)]
 http://www.globe.or.jp/ess/t/challenge13a.html

#1,#2の方々の言うとおりです。以下に、参照法令条文と掲載URL等
について御説明・御紹介します。

不動産業者の仲介手数料は、売主、買主それぞれに対して売買価額の
3%+6万円+消費税が上限です。この上限は、宅地建物取引業法第46条
第1項の規定に基づく昭和45年10月23日建設省告示第1552号等で定めら
れています。つまり、不動産業者は売買価額2,200万円の場合、売主、
買主それぞれから75万6千円を上限として報酬を受け取ることができます。
売主から受け取れる報酬額は75万6千円が限度であり...続きを読む

Q仲介手数料は何故両取り?

新築物件でも中古物件でも売主が物件を売りたい時に販売網として仲介屋を雇い拡販します。仲介屋は仲介手数料を手に入れるために広告費人件費を出し販売します。
ここで売主と仲介屋の間で販売手数料として仲介手数料が取られるのは分かりますが、その広告を見て買いに来た消費者からも仲介手数料を取る理由に納得がいきません。

車でもそうですがディーラーはメーカーの車を販売する事で一台当たりの利益を得ています。これを仲介手数料として名目を掲げて個人に請求する事はありません。
車に限らず商品売買の大多数は仲介手数料なんて取らないですよね。

何故住宅だけは仲介手数料として堂々と名目を掲げて取る事が出来るのでしょうか?商品の所有権の問題でしょうか?一般の商品売買と違い一旦所有して利益を乗せて再度市場に上げると言う形態ではないからでしょうか?

それにしても、こちらとしては別にわざわざ仲介をお願いして買い物をしてるつもりは無いので、少なくとも仲介手数料なんて名目は売主と仲介屋だけの間の言葉として欲しいものです。仲介手数料なんて取られると「売ってやってるんだ!」と言う意思表示のような気がしてあんまり気分が良くないですね。「仲介なんて頼んでないわいっ!」って。(笑)

新築物件でも中古物件でも売主が物件を売りたい時に販売網として仲介屋を雇い拡販します。仲介屋は仲介手数料を手に入れるために広告費人件費を出し販売します。
ここで売主と仲介屋の間で販売手数料として仲介手数料が取られるのは分かりますが、その広告を見て買いに来た消費者からも仲介手数料を取る理由に納得がいきません。

車でもそうですがディーラーはメーカーの車を販売する事で一台当たりの利益を得ています。これを仲介手数料として名目を掲げて個人に請求する事はありません。
車に限らず商品売...続きを読む

Aベストアンサー

#4です。

>仲介屋が仲介屋を介して売主と買い手を結ぶ場合ですか?買い手が自らの要望を満足させる為に仲介ネットワークを使用してまで購入するこのような場合、説明の上で仲介手数料は必要と思います。が、売主と買い手が一つの仲介屋で結ばれている場合、両取りは不要と思われませんか?

これは必要経費または必要悪だと思っています。

不動産の売買は一般の製造業の販売する製品やフリーマーケット売っているものと比較にならないほど高価で、おそらく個人が購入する最高価格の物です。また1つとして同じ物は手に入りませんし、相場という物はあっても、真の価格というのは全く存在しない物です。また欠陥や使用上の制限も多く存在する物です。
このため、不動産取引は専門的な知識と、慎重さが必要です。

宅地建物取引業者(一般に不動産屋といわれる)は、自己で販売するほか、代理または媒介をします。媒介を一般には仲介といわれていますが、正式には媒介という契約形式なっています。

不動産取引は高価なため、それを取り扱う業者は厳しく規制されています(宅建業法など)。
また、慎重に行うため、売り主・買い主両方(業者が同じでも)と契約を結んで、売買に対する責任を明確にするようしています。

もし契約を結ばず取引を行うと業者としての法律上の責任が不明確になるからです。法律上の責任を明確にするために売り手・買い手の両方と契約する必要があります。
その契約に対しての報酬がいわゆる仲介手数料です。
媒介契約したのだから、報酬をもらうのは自然な行為だと思います。

これでは納得幾説明としては不十分かもしれませんので、もう少し説明します。

業者は売り主・買い主双方の中立の立場で公正に専門家として対応する必要があります。

もし売り手としか契約しなかった場合、業者はたとえ規制されていても、売り主側に有利に動くことが想定されますし、また中立でいようと思っていても、自然にそちら側によってしまうことは、人間の感情としては十分あり得る行動だと思います。

同様に両者と契約していても、無料である人よりはお金を払う人に自然と向いてしまう可能性があります。

こういうのを防ぐために双方と契約を結び、その報酬として両者から報酬を得るようにして、法律上の責任を明確にするとともに、業者が中立の立場を保てるようにするための必要経費だと考えればよいのではないかと思います。

#4です。

>仲介屋が仲介屋を介して売主と買い手を結ぶ場合ですか?買い手が自らの要望を満足させる為に仲介ネットワークを使用してまで購入するこのような場合、説明の上で仲介手数料は必要と思います。が、売主と買い手が一つの仲介屋で結ばれている場合、両取りは不要と思われませんか?

これは必要経費または必要悪だと思っています。

不動産の売買は一般の製造業の販売する製品やフリーマーケット売っているものと比較にならないほど高価で、おそらく個人が購入する最高価格の物です。また1つと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報