“Badtrans” というウィルスは 受け取るとアドレス帳に登録してあるところに
勝手にウィルスを添付して送ったり、一個人に送ったメールを転送状態で
アドレス帳内の他にもウィルスとともに送りつける・・(あってます?)
で、
そのあとパソコン内では どんないたずらをするのでしょうか?
ウィルスを自動的にばらまいて 結果的にはサーバーに負担をかけると
私なりに解釈しているのですが
ばらまいた後、パソコン内ではどんな支障をきたすのでしょうか?

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  以下のトレンドマイクロ社のウィルスの説明を読んでください。わたしはここと、シマンテックの説明程度しか見ていません。たくさんのURLは参考になりますが、そんなたくさん見れる訳がありませんし、わたしなら全部見る気はまったく起こりません。どれか、これはというURLを表示するのが、よいのではないかと思います。
 
  質問ですが、Badtrans というのは、AとBがあります。最近大流行しているのは、Bの方で、これはAの改良版(改悪版)です。
 
  ウィルスの活動は、主に二つあります。
 
  1)OEメーラーの「受信フォルダー」にある「未読メール」のアドレスに「自己の複製」と、感染したユーザーのPC内で起こったイヴェント(以下に説明)の記録を、自己の複製送付と同じタイミングで添付して送り出すことがあります。受信フォルダーの未読メールのアドレス以外の処からも、ウィルスを送り出す相手アドレスを探し出しますが、それは以下のURLの説明を見てください。「アドレス帳」に登録してあるアドレス以外のところからもアドレスを拾って、自己の複製を、ユーザーに分からないように送り出します(送信簿に送信記録が残らないので分かりません)。
 
  2)自己の複製以外の「イヴェント記録」というのは、感染した後、パソコンをそのまま使い続けていると、キー操作をするたびに、実行したキー操作の内容を読みとって、ウィルスが造ったファイルに保存します。このキー操作の保存記録を、ウィルスの複製と一緒に、誰彼かまわず、上の方法で、メールアドレスが分かった相手に、添付ファイルとして送り出すことがあります。
 
  Badtrans.B が行うのは以上のことだけです。ただ、仰られるように、自己の複製を大量に送り出すと、相手方のメールサーヴァーが、あるいは一杯になる可能性があります。自分のメールサーヴァーは、すぐ送り出すので、幾ら送っても問題はありません。
 
  ばらまいた後、ワクチンで駆除し、感染ファイルを削除しないと、何度でもウィールス・メールを送るということです。元々システムに不具合や、何か問題を抱えていない限り、このウィルスは、それ以上は何もしないはずです。(何か、システムにトラブルがあった場合、ウィルス感染を契機に、色々な問題が起こる可能性があるようです。しかしそれはウィルスが直接の原因ではないでしょう)。
 
  (なお、経験者というのは、ウィールス・メールをたくさん受信して処理し、念のためワクチン処理も行ったという経験者で、感染は一度もしていません。感染して、わたしがウィルスをばらまいた経験者ではありません)。
 

参考URL:http://www.trendmicro.co.jp/virusinfo/default3.a …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明で助かりました。
ネット上でいろいろ見ていても 専門用語が多いため
初心者の私は理解に苦しんでいたのです・・・
また何かありましたら 宜しくお願い致します。

お礼日時:2001/12/09 00:14

poyopoyokoさん、こんばんは。



 下記のページをご覧下さい。結構厄介な代物みたいですね。

参考URL:http://www.vector.co.jp/info/011127_badtransb.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私はまだウィルスに感染した経験がないため ウィルスに対してかなり無防備なのですが ここのところ私の周囲がウィルスに振り回されている様子をみてると さすがに恐くなってきました。
URLありがとうございます。
勉強になりました。

お礼日時:2001/12/09 00:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報