パーティションを切った後から、HDDの動作が
おかしくなりました。

具体的には、Linuxのインストーラーで、
自動的にパーティションを切る設定を選んで
インストールして、一度起動を確認したが、
翌日は起動できなかったので、やり直しを
しようとおもったけれども、
Linuxインストーラーのパーティション切りの
段階で、エラーが起きるようです。

仕方ないので、起動ディスクの
FDISKを使おうと思ったけれども
FDISKの論理ドライブ??の操作が変になってしまい、
どうしても消せません。

具体的には、論理ドライブは無いことを確認してるのに、
拡張MSDOS領域を消そうとすると
論理ドライブがある、とはねつけられます。

また、このドライブをリムバーブルディスクとして
つなぐと、Win98/2000両方とも、フリーズします。

ディスクがあることは認識しても、領域関連で処理が
対応できなくなってしまうんだとおもいます。

これは、HDDクラッシュなのでしょうか?
(クラッシュはまだ経験がありません)

A 回答 (2件)

回答が遅くなってしまいすみません。



確認して貰いたい事が有ります。
FDISK /MBR
を実行してみてください。

Linuxのインストールを行うと、MBR(マスターブートレコード)が、LiLOによって書き換えられてしまいます。

これを元に戻すのが、上記のコマンドになります。

HDDを新品同様にするツールは調べてみないと分かりません。
昔のコンピュータはLowレベルフォーマットと言ってハード的にフォーマット出来たのですが、最近のコンピュータはこの機能は無くなってしまったようです。

この回答への補足

報告です。

駄目でした。
ローレベルフォーマットって奴を使ったほうがよさそうです。
自分で色々調べてみますが、もしなにかご存知でしたら
回答お願いします。

補足日時:2001/12/08 00:07
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答をありがとうございます。

教えていただいたコマンド、後で試してみて
結果を報告したいと思います。

お礼日時:2001/12/06 12:32

こんにちは



多分、HDDは問題ないと思います。
領域の開放は、Linuxのインストーラーの中で使えるツールを使用して領域の開放を行ってみて下さい。

その後だったら、Windows用のFDISKも使えると思います。

最近、Linuxのインストールを行っていないので記憶があやふやなのですが参考までに。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

しかし、インストーラーの中で使えるツールが、
インストール中以外に使えるかどうか分かりません。
それどころか、パーティションを切る段階で
「バグかもしれないのでバグレポートをお願いします」
と言われてしまいます。

なんとか、HDD全体をパーティションもまったく無い
新品同然にできるツールがないものでしょうか。

補足日時:2001/12/04 23:43
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QエクセルのVBAが起動するけどすぐクラッシュする

エクセル2010のマクロを作ったのですが、順調に動いている途中で、VBA起動後に編集を開始すると、直後にクラッシュしてしまいます。

クラッシュ開始の直前に、ネットで見かけた便利そうな文を追加したら、クラッシュし始めました。

エラーの文章は
この問題の説明に役立つファイル:
c:\temp\444228.cvr
c:\temp\WERE10D.tmp.hdmp

と表示されるのですが、全く意味が分かりません。

コントロールパネルから、
エクセルの修復
は実施しましたが、状況は変わりません。

マクロ添付可能ファイルにしているので、元となったエクセルファイルは別にバックアップを取っているのですが、マクロの文章を記録していないので、また一からやり直すのが嫌なので、なんとか復旧できないか、もしくはマクロの文章だけでも抜き出せないか?と思っています。

このファイルは捨てるべきなのでしょうか?

また、マクロは個人ブックなどに記録すべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>ネットで見かけた便利そうな文を追加したら、
文というのは、マクロのコードのことですか?

>マクロは個人ブックなどに記録すべきなのでしょうか?
個人用マクロブックには入れる場合は、非常に気をつけなくてはなりません。十分に検証し、確実なもの・小さなコードだけで、大きなものは入れてはいけません。立ち上がりが遅くなります。

「クラッシュ」という言葉をお使いになっていますが、「クラッシュ」は、フリーズとは違い、突然に終わってしまうことを意味していますが、もし、そうなら、もう、そのファイルは使わないほうがよいです。私などかなり実験的なことをしていますが、それでも、「クラッシュ」は何年に1度ぐらいしかありません。昨今では、Active X のツールで、コントロールの追加などもあるかもしれませんが、「クラッシュ」にはならないように思います。

もし、フリーズなら、まだ救いはあります。

ファイルが開けるなら、そこから、コードを取り出して、見せれば済む話でしょうけれども、実際、ご質問者さんが分からないといって、現象だけ説明されても、回答者側としては、答えようがありません。

一般論としては、マクロのコードというものは、捨ててこそ、次がある、と思っています。

こんにちは。

>ネットで見かけた便利そうな文を追加したら、
文というのは、マクロのコードのことですか?

>マクロは個人ブックなどに記録すべきなのでしょうか?
個人用マクロブックには入れる場合は、非常に気をつけなくてはなりません。十分に検証し、確実なもの・小さなコードだけで、大きなものは入れてはいけません。立ち上がりが遅くなります。

「クラッシュ」という言葉をお使いになっていますが、「クラッシュ」は、フリーズとは違い、突然に終わってしまうことを意味していますが、もし、そ...続きを読む

QFDISKで論理ドライブが作成できない

先日、FDISKを実行したあと、エラーになって再度FDISKが
起動できないというトラブルに見舞われたものです。
その後、ローレベルフォーマットを実行しFDISKはできるように
なりました。
今回は、その後FDISKで40GのHDを 20+8+8+4と分割
しました。その際FDISK自体は正常に分割でき、再起動後
(98の起動ディスク使用)HDを見ると最初の20と8はC:、D:
として認識されていますが、のこりの2つが認識されていません。
再度FDISKを起動しても、C:D:のみで分割されている状態で
のこりが見あたりません。こんなことって、あるのでしょうか?
(やっぱり、HD自体の問題かな~)
HDはMaxtor 4D040H2です

Aベストアンサー

マザーボードの32GBの壁の問題かもしれません。
BIOSのアップデートをマザーボードのメーカー会社の
ホームページを参考に行ってください。
失敗すると取りかえしがつかないので
くわしい人に相談しながらして下さい。

Qクラッシュデニムの流行は

クラッシュデニムが去年流行りましたよね、去年結構大胆なクラッシュ加工されたデニムを購入したのですが、春からは普通のストレートデニムが流行るみたいで、クラッシュ加工されたものはあまり雑誌とかに載ってないですが、そのままクラッシュデニム履いていたらダサダサでしょうか?(´`;) ?

Aベストアンサー

クラッシュの度合いによるかと思います。
無難にまとめるか個性を出すかにもよります。
質問者様の趣味(読んでるファッション雑誌など)によりますが、
好きな格好して自己満足するのがファッションの楽しみ方ではないかなぁと私は思ってます。

Qfdiskで消えない領域があります

windowsと、あるディストリビューションのlinuxをインストールしていました。

別のディストリビューションのlinuxをインストールするため、ハードディスク内のデータをすべて消去しようとしましたが、「EXT DOS 512MB」だけどうしても削除することができません。

削除の仕方を教えてください。

Aベストアンサー

fdisk /mbr と入力し、エンターですべて消せますが、当然、HDDのブートレコードまで消えますので、その後再立ち上げですべて初めの状態になります。

お勧めは先にWINDOWSで、そこの空いた領域にLINUXだと同時に起動時選択で動かせますので、LINUXの必要なドライバー等をダウンロード等で後から付け足すことも簡単です。

すべて消えますのでご注意をして下さい。

QHDDクラッシュするのはなぜ・・・?

以前にも似たような質問があったかもしれませんが、
私のPCが先日、HDDクラッシュに遭い、
データがすべて消失してしまいました。

なぜHDDクラッシュは起こるのか、また
HDDクラッシュしたら、なぜ再使用できないのか

回答よろしくお願いします。

また、クラッシュしたHDDの使用方法もあれば
教えてください。

Aベストアンサー

HDDは、消耗品として位置付けられています。使用すれば寿命が徐々に短くなるのです。使い方によって、頻繁にアクセスしたり、温度が高い状況や電源が切れたりするとより短い寿命になります。

スキャンディスクを普段からしていると、異常に気づくと言われていますが、あまりやり過ぎると返って短命になります。あと、OSにより長持ちの度合いも違います。XPは条件によってHDDのアクセスが少なくなり、より長生きに出来ますが、メモリーが少ないと、HDDをメモリー代わりに使いますので、64メガ等では動きにくく、128Mでも厳しいです。できれば256メガ以上、512メガもあればHDDに負担をかけにくいです。

ノートは小型のため、HDDにも温度をさげる十分な風がいかないので、室温が高かったり、机の断熱性が高いとすぐにHDDの温度が上がります。雑誌の実験では、10度上がると寿命が半分になるといいます。

HDDが大型で値段が下がったのはいいのですが、以前より壊れやすくなったように感じます。デザインが良いパソコン程HDDの放熱を無視する傾向が強く感じます。予防は、ノートなら放熱のファン付きのボードを使ったり、下に熱を吸収する素材を置いたり、少しでも温度を下げる努力で長生きできると思います。ただし、断熱材にならないように、30分ごとに取り替えたりしないと保温マットになるので気をつけましょう。

あと、HDDがクラッシュして、スキャンをして不良セクターを修復できたら、外部の記憶のバックアップとして使う方法もあります。それも定期的にスキャンして、不良セクターが増えるようなら、使用はできないです。

不良セクターはHDDの傷ですので、これが増えるものはもうゴミ以外の何者でもないです。

HDDは、消耗品として位置付けられています。使用すれば寿命が徐々に短くなるのです。使い方によって、頻繁にアクセスしたり、温度が高い状況や電源が切れたりするとより短い寿命になります。

スキャンディスクを普段からしていると、異常に気づくと言われていますが、あまりやり過ぎると返って短命になります。あと、OSにより長持ちの度合いも違います。XPは条件によってHDDのアクセスが少なくなり、より長生きに出来ますが、メモリーが少ないと、HDDをメモリー代わりに使いますので、64メガ等では...続きを読む

QHDDが論理的にクラッシュ?(MFTが破損?)

外付けHDDへファイルを書き出している最中にファイルが破損したとのエラーがポップアップで表示されました。

スキャンディスクでエラーを修復してください。という趣旨のメッセージに従ったのですが、
マイコンピュータでドライブ指定→プロパティ→ツール→チェックディスク としたのですが、スキャンディスクを実行してくれませんでした。(スキャンディスクを開始しても、すぐにウィンドウが閉じてしまいます)
おかしいな?と思い、コマンドプロンプトからCHKDSK *: /fを実行した所、「ボリュームとバージョンの判断ができません。」と表示され、実行できませんでした。
そのほかにNTFTという文字列もあったため、一応ファイルシステムは認識しているようです。

KNOPPIXならば認識できるかと思ったのですが、こちらではMFTが壊れています。Windowsのチェックディスクで修復してくださいという趣旨のエラーメッセージが表示されてしまい、内容を見ることができません。

しかし、Windowsでも上記の通りスキャンディスクができない状況であり、Windows⇔KNOPPIXでの矛盾に困っています。

現状では、異常中のHDDは物理的には認識はされているのですが、肝心の内容の閲覧ができない状態です。「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取れません」というエラーが発生します。

どのようにしたらチェックディスクを実行できるようになるのでしょうか?よろしくお願いします。

外付けHDDへファイルを書き出している最中にファイルが破損したとのエラーがポップアップで表示されました。

スキャンディスクでエラーを修復してください。という趣旨のメッセージに従ったのですが、
マイコンピュータでドライブ指定→プロパティ→ツール→チェックディスク としたのですが、スキャンディスクを実行してくれませんでした。(スキャンディスクを開始しても、すぐにウィンドウが閉じてしまいます)
おかしいな?と思い、コマンドプロンプトからCHKDSK *: /fを実行した所、「ボリュームとバージョ...続きを読む

Aベストアンサー

たぶんパーテーション情報がおかしくなっているので読めないのだと思います。KNOPPIXを持っているならその中に「testdisk」というパーテーション復活ソフトが入っています。KNOPPIXでは、タスクバーのペンギンアイコンからRoot Shell を起動し、 testdisk と打ち込み、Enter で起動します。それほど難しくありませんよ。詳しい使い方は以下。
http://lets-go.hp.infoseek.co.jp/testdisk1.html

Qクラッシュについて

 最近よくハードディスクがクラッシュしたなどとよく聞くのですが、普通にインターネットなどをやっているだけでもクラッシュするのでしょうか。
パソコンが古くなるとクラッシュするのでしょうか。
教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Q/普通にインターネットなどをやっているだけでもクラッシュするのでしょうか?

A/最初の方が挙げておられるブラウザクラッシャーは別ですね。これは、ハードディスクを壊す物ではなく、ブラウザやOSに不正な命令を与え、ユーザーを混乱させる物です。

ハードディスクのクラッシュは、主に

・コンピュータ動作中に電源を切るもしくは停電する
・衝撃や振動によってディスクが破損する
・初期不良があり最初から壊れる寸前の物で危うい状態で動作していた。
・ドライブの経年劣化による破損。

主に、この4つからなります。

しかし、実際にクラッシュ(故障)が発生するメカニズムは主に2つですね。

・ハードディスクを制御するコントローラー(半導体)が破損する(これは、制御基盤を換えれば、また動作します)

・ドライブ内の磁気ヘッドがプラッター(データを記録する円盤、ハードディスク内のディスクその物のこと)に接触するか、軸が歪み、ヘッドが軸に接触するなどして読み書きできなくなる。(これは、最悪で専門業者に頼んで修復できるかできないかという物、ほとんどのクラッシュがこれです)

この2つです。
よく知られていないのが、ハードディスクの中のヘッドはディスク(プラッター)に直接触れることがないということ。データを読み書きする際もこれは、絶対にディスクからナノメートル単位で浮上しています。
これが、もしもディスクに触れるとクラッシュの原因にもなるのです。
(ドライブの構造については詳細が参考<富士通の磁気ディスク部門>にありますのでお好きな方はどうぞ)

そのため、ドライブの内側は、ホコリどころか、ウィルスでさえも侵入は許されない環境にあります。何故かというと浮上しているヘッドとプラッタの間にこのホコリやウィルスがあれば、ヘッドがウィルスにぶつかりその影響でプラッタに傷が付いたり、ヘッドがプラッタに触れる可能性があるからです。
よって修理や分解もできないのですよ。(できないことはないが、コストが莫大掛かります)
同じく、衝撃やコンピュータ動作中に電源を落とすと読み書きの最中なら誤ってプラッターにヘッドが触れることがありますから、故障の原因になります。

これが、原因です。

Q/パソコンが古くなるとクラッシュするのでしょうか?

A/ハードディスクドライブの寿命はメーカー好評値で通常4~6年です。経年劣化という物がありますからね。このメカニズムも上と同じで、プラッターを支える軸(シャフト)やベアリングのずれやそれを保護するグリスの劣化などが原因で起きることがほとんどですね。
軸が最初わずかでもずれていれば、時間が経つにつれてそのずれは大きくなり、最終的にプラッタとヘッドが触れることになります。

また、温度の関係などでグリスが摩耗すると、ドライブの軸のブレが発生しやすくなり、ブレがプラッタに伝わり、ヘッドに触れる。

こういうことがあるのです。特に記録容量が大きくなればなるほどこれらの影響は大きくなり、故障しやすくなります。

一応これぐらいですかね。

参考URL:http://www.labs.fujitsu.com/gijutsu/jiki/

Q/普通にインターネットなどをやっているだけでもクラッシュするのでしょうか?

A/最初の方が挙げておられるブラウザクラッシャーは別ですね。これは、ハードディスクを壊す物ではなく、ブラウザやOSに不正な命令を与え、ユーザーを混乱させる物です。

ハードディスクのクラッシュは、主に

・コンピュータ動作中に電源を切るもしくは停電する
・衝撃や振動によってディスクが破損する
・初期不良があり最初から壊れる寸前の物で危うい状態で動作していた。
・ドライブの経年劣化による破損。

...続きを読む

QFDISKでドライブ1にはアクセスできませんと表示される

古いハードから新ハードに内容をすべてコピーして、
新しいハードのCドライブをアクティブに設定したい
のですが、FDISKを起動させるとドライブ1にはアクセスえきませんと出て設定がおこなわれません。
どうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

Windows98、若しくはWindows98SEで作成した起動ディスク
を用いてFDISKし、3パーティションに分けましたか?

上記に該当する場合、fdiskのバグでそのような状態に
陥ることがあるそうです。(聞いた話なので確証無し)
「FDISK ドライブ1にはアクセスできません」をキー
ワードにgoogle等で検索してみると修復できた事例が
見つかると思います。

QクラッシュHDDからデータの救出

クラッシュHDDからデータの救出をしたいのですが可能でしょうか?
CドライブにOS他プログラム、Dドライブにデータを収納していたHDDが突然クラッシュしました。大事なデータだけは何とか救出したいと考えてクラッシュしたHDDをUSB外付けでアクセスを試みたのですが、全くアクセスできない、つまりクラッシュHDDが認識されません。Dドライブにアクセスしてデータを救出する
ことは出来ないのでしょうか?ご教示をお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、honiyonです。

http://www.google.com/search?client=opera&rls=ja&q=HDD+%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF+%E6%95%91%E5%87%BA&sourceid=opera&ie=utf-8&oe=utf-8

 手がないわけでもないですが、業者に頼むのが最も確実です。
 しかし、結構いい値段します。

Qlinuxでwindowsの論理パーティションをマウントできますか?

linuxとwindowsをデュアルブートしています。
windows用のパーティションは、
c;(hda1),d;(hda2)e;(hda3)f;(hda4)
で、hda2~4は一つの拡張パーティション内に収まっています。

そこで、Windowsパーティションがマウントされるディレクトリを作り
mkdir /mnt/win
rootとしてシェルプロンプトで次のコマンドを入力
mount -t vfat /dev/hda1 /mnt/win
すれば、hda1はマウントできますが、hda2~4はできません。

何とかマウントする方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

>c;(hda1),d;(hda2)e;(hda3)f;(hda4)
これが間違いですね。
 基本パーティションが1~4、拡張パーティションが5、論理パーティションが6~
ですから、hda1,hda6,hda7,hda8 がドライブに対応しています。
(Linuxでfdiskを起動して、pコマンドを実行すれば見れます)
デバイス名を合わせればマウントできます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報