親より住宅資金として1100万円という話があります。
内訳は、(1)自営のため学生時代からの役員報酬としての給料を親が貯金してくれていたもの
(2)社会人となり生活費や食費や車購入の借り入れ分として親に渡していたものを親が貯金していてくれたもの
(3)親より600万円の資金援助分
です。このうち、(1)と(2)はやっぱり贈与とみなされるのでしょうか?子名義の通帳に貯金してあるのですが・・・

すべて贈与とすると、特例を使っても半分は贈与となるのですが共有名義にするか、自分のものとして申告するか(法に触れることはしたくないのですが)、親に借りた形にするか5年後に110万円ずつもらうか・・・
できれば、全額頭金にしたいのですが

それぞれのメリットデメリットや
良い節税の方法があったらお知恵をお貸しください。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>時効というのは、その貯金をしていた日付から7年の事を言うのでしょうか? または、贈与があったとされる年(今年や来年から)の事でしょうか?



時効は、積み立てをしたときから計算します。
毎月積み立てた場合は、各々の日からの計算になります。

>または、(7年前に確かに親がそういうことをしていたのは知っていたのですが)その時点で贈与されていたとするのでしょうか?申告をしていなかったとするのですか?

その時点で、贈与されているのは知っていたので、本来ならば贈与税の申告をする必要が有ったのですが、申告をする必要があることを知らなかったということになります。

ただ、この当時は1年間に60万円まで贈与は、非課税でした。

>これって、やっぱり不正とされるのですか?
考え方で変わります。
最初から、贈与税を逃れるために計画的にやったことでしたら、不正なことですが、その場合でも、法律で時効が成立しているのですから・・・・。
又、贈与税の知識が無く、課税逃れの意識が無くやっていた場合は、不正行為にはなら無いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろとご指導ありがとうございました。
大変、勉強になりました。
また、何かありましたら是非お力をお借りしたいと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します。
本当に、お世話になりました。
助かりました。

お礼日時:2001/12/23 23:31

>親が、貯金をしていたのはH5年までのことです。

(生活費等)
会社の役員報酬は、H9年までです
・・・と、いうことは時効ということなのでしょうか?
その場合、普通に自分のものとして使ってしまってもかまわないということですか?

平成5年までのことなら8年経過していますから、時効となっていて、貴方のものとして使っても問題ありません。

>住宅購入時のお尋ねに自分のものとして書いてもいいという事ですか?
税務署の方の判断は、どうとられるのでしょうか?

税務署へ提出する書類には、自己資金(預金)として記入して大丈夫です。

>もし、おかしいとして尋ねてこられた場合の証拠というかそういうものはどうしたらよいのでしょうか?

当時の預金通帳が有れば、それを提示すれば良いでしょう。
通帳が無い場合は、銀行に依頼して取引の明細を発行してもらうなどの方法を取ってください。

>また、この規定がかかれてある書はなんですか?

国税通則法の第二節 国税の徴収権の消滅時効(第七十二条・第七十三条)に規定されています。
 
最後に、注意点を一つ・・・・。
お父さんがあなた名義の預金をしていたことは、あなたが知っていたことにする必要が有ります。
あなたが知らなかった場合は、贈与が成立しないので 、時効にはならないのです。
詳細は、参考URLの末尾の(3)をご覧ください。

不明な点は補足願います。

参考URL:http://www.tabisland.ne.jp/explain/souzoku4/szk4 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも、ありがとうございます。

初歩的なことかも知れませんが、親がしていてくれた貯金は7年前までのことですが
時効というのは、その貯金をしていた日付から7年の事を言うのでしょうか?
または、贈与があったとされる年(今年や来年から)の事でしょうか?
または、(7年前に確かに親がそういうことをしていたのは知っていたのですが)その時点で贈与されていたとするのでしょうか?申告をしていなかったとするのですか?

これって、やっぱり不正とされるのですか?
また、他にも気を付けないといけないことがあればご指導お願い致します。

お礼日時:2001/12/19 01:16

回答が遅れて済みませんでした。



>1については、親が管理していたことなのでよく理解していないので・・申告していた時としていないときとではどう変わってくるのでしょうか?

申告していて、その貯金があなた名義の預金となっていて、印鑑も親が使っている印鑑と違っていれば、貴方の預金として認められます。
あなたが知らずに、実質的に親が管理していた場合は、贈与と見られる場合があります。
ただ、贈与税等の税金は通常5年、悪意があった場合で7年で時効となりますから、それ以前のことでしたら、贈与税の問題は無く、貴方の預金として使えます。

申告していない場合は、あなたの名義の預金とは認められず、その預金をした当時の贈与と見られることが有ります。
ただ、この場合も、上と同じで、贈与税等の税金は通常5年、悪意があった場合で7年で時効となりますから、それ以前のことでしたら、贈与税の問題は無く、貴方の預金として使えます。

>>利息についても、支払いをしないと、その分の贈与を受け>たことになってしまいます。

>借り入れの場合は利子はなくても贈与にはならないと記しているものもありますが実際のところやっぱり少しでもつけておいた方が、税理上よいのでしょうか?

一般的には、無利息の借金は問題があります。
利息は、銀行ローン程度利率で決めておく方が無難です。
決めておいた上で、結果的に利息を支払わなかった場合は、その金利分が贈与なりますが、他の贈与と合わせて年間110万円以下なら、非課税枠内なので課税はされません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい御説明ありがとうございました。
とっても、勉強になります。
ところで、できましたらもう少し質問させていただきたいのですが・・・

親が、貯金をしていたのはH5年までのことです。(生活費等)
会社の役員報酬は、H9年までです。(多分、2つの会社から給料をもらっていたことになるので自営の方に入っている税理士さんが申告していたと思うのですが・・・)
H10年から、自営を手伝っています。(一つは退職)

>贈与税等の税金は通常5年、悪意があった場合で7年で時
効となりますから、それ以前のことでしたら、贈与税の問題は無く、貴方の預金として使えます。

・・・と、いうことは時効ということなのでしょうか?
その場合、普通に自分のものとして使ってしまってもかまわないということですか?
住宅購入時のお尋ねに自分のものとして書いてもいいという事ですか?
税務署の方の判断は、どうとられるのでしょうか?
もし、おかしいとして尋ねてこられた場合の証拠というかそういうものはどうしたらよいのでしょうか?
また、この規定がかかれてある書はなんですか?

ご面倒ですがもう少しお付き合いを宜しくお願いします。

お礼日時:2001/12/15 15:57

1.については、貴方が所得として申告していたかどうかが問題になります。


また、役員報酬が適正な金額であったかも問題になります。
2.については、生活費や食費について、ご両親が貯金をしていたことについて、通帳や印鑑をあなたが管理していなかった場合は、貴方の預金とするには問題があります。

ご存じのように、住宅資金の贈与は、550万円までは贈与税がかかりません。
ただし、その後の5年間は普通の贈与(年間110万円)を受けても、贈与税がかかってしまいますから、1100万円全部を借りたことにするしか方法が有りません。

もう一つは、質問に書かれているように、550万円の非課税枠を使い、5年目以降に110万円づつの贈与を受ける方法が妥当でしょう。

借り入れの場合は、返済方法・返済期日・利率・利息の支払い方法を記載した、正式な契約書を作成して、印紙も貼付しておく必要が有ります。
更に、返済についてはたとえ少額でも、契約通りに返済をする必要も有ります。
利息についても、支払いをしないと、その分の贈与を受けたことになってしまいます。
更に、返済や利息の支払いは、銀行振り込みなどにして、実際に支払ったことを立証できるようにすることも必要です。

この回答への補足

レスどうも、ありがとうございました。
1については、親が管理していたことなのでよく理解していないので・・申告していた時としていないときとではどう変わってくるのでしょうか?

>利息についても、支払いをしないと、その分の贈与を受け>たことになってしまいます。

借り入れの場合は利子はなくても贈与にはならないと記しているものもありますが実際のところやっぱり少しでもつけておいた方が、税理上よいのでしょうか?

補足日時:2001/12/06 14:08
    • good
    • 0

 親から借りて、分割で返済する方法が良いと思います。

税務署対策として、借用書などの書類を作成し、親から住宅資金として借用し、返済方法や利息をつけるのかなどの条件を明記しておいてください。

詳細は、下記URLを参照してください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/4502.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/12/06 14:12

贈与税の対象になる金額を親から借りた事にして毎月親に返済するという形をとってはどうでしょうか?ただし親からの借用書が必要になると思います。

法律的にどうかわからないので専門の方に相談された方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/12/06 14:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q運転資金、一株当たり純資産額について教えて下さい

よろしくお願いします。
運転資金と1株あたり純資産額について教えてください。

■運転資金について
運転資金=在庫+売上債権ー支払い債務

と勉強しました。しかし、いまいち理解できません。
例えば、在庫がなく、車1台作るのに150万円かかり、200万で打った場合、
200-150=50
が運転資金となると思うのですが、50万円は何に使われるのでしょうか?
150万円を支払い、200万のキャッシュが手に入るまでのタイムラグに必要な資金というのが運転資金と勉強しました。
キャッシュアウトからキャッシュインまでの諸経費(給料や光熱費)が
50万円ということでしょうか?
例えばキャッシュアウトからキャッシュインまで3ヶ月あるとしたら、50万では資金繰りがような気がします・・・。
また上記の式で在庫を在庫を保管するのにお金がかかるから、という理解でいいのでしょうか・・・?
運転資金についてわかりやすく教えてください!

■一株あたり純資産について

ある有価証券報告書を読んでいて

純資産額:600億
総資産額:1兆5000億

となっているのに
一株あたり純資産額:△1011

となっていました。
なぜ純資産額はプラスなのに一株あたり純資産額はマイナスなのでしょうか?

ちなみに株式数は
普通株2億株
優先株1億5000万株

となっていました。

計算方法を教えて下さい!

よろしくお願いします。

よろしくお願いします。
運転資金と1株あたり純資産額について教えてください。

■運転資金について
運転資金=在庫+売上債権ー支払い債務

と勉強しました。しかし、いまいち理解できません。
例えば、在庫がなく、車1台作るのに150万円かかり、200万で打った場合、
200-150=50
が運転資金となると思うのですが、50万円は何に使われるのでしょうか?
150万円を支払い、200万のキャッシュが手に入るまでのタイムラグに必要な資金というのが運転資金と勉強しました。
キャッシュアウトからキャッシュ...続きを読む

Aベストアンサー

回答が遅くなりすいません。
追加の質問がありましたので回答致します。
参考文献を添付しましたので、こちらもご参照下さい。

>ここまでは理解できたのですが、支払い債務の150万さえキャッシュがあれば、債権の回収までキャッシュアウトがないという前提なら、
運転資金は150万でもいいのではないかと思ってしまいます。

確かに1取引を想定すれば、立替は150万円だけなので
150万円が運転資金ということになりますね。
ただ、企業は生き物なので…この1取引だけを限定して
お金の貸し借りをする場合、銀行では繋ぎ資金として
短期融資をするケースがあります。

話を戻して計算式上の200-150=50の50万円ですが、
これは利益であり、次のビジネスに会社が投資できる
資金。会社は生き物ですから、日々営業をしていかなくては
行けません。ただ、融資する側から見れば今回のケース
のように1個1個ひも付きで融資出来れば楽ですが、
大抵の場合、紐つけるのは至難の業(手間暇かかります)。

そこで、必要最低限の運転資金はいくらかと考慮したとき、
融資できる資金はこの差額分ではないか、と考えます。

参考URL:http://www.zeiri4.com/intro2/useful/104.html

回答が遅くなりすいません。
追加の質問がありましたので回答致します。
参考文献を添付しましたので、こちらもご参照下さい。

>ここまでは理解できたのですが、支払い債務の150万さえキャッシュがあれば、債権の回収までキャッシュアウトがないという前提なら、
運転資金は150万でもいいのではないかと思ってしまいます。

確かに1取引を想定すれば、立替は150万円だけなので
150万円が運転資金ということになりますね。
ただ、企業は生き物なので…この1取引だけを限定して
お金の貸し借りをする場合...続きを読む

Q親からの住宅資金援助、贈与税と名義持分について

新築戸建を建築中で11月中に完成予定です。
夫の単独名義で全て取得するつもりで
土地を単独名義での登記・購入(ローンあり)をしたのですが
私の妊娠が発覚して仕事を一時的に辞めるのに伴い、
自分(妻)の両親から700万の住宅資金援助を受けました。

土地と建物の取得費用は下記のようになっています。
 土地2000万(うちローン1300万・援助金500万・貯蓄から200万)
 建築工事費1400万くらいになる予定(うちローン1300万・援助金もしくは貯蓄から100万)
余った援助金は諸々の手続き費用に当てるつもりです。

既にローン時に土地は夫の名義で審査・手続き済みなので
700万全ての援助金は、私の両親→夫の贈与とするつもりだったのですが
まだ登記していない建物の名義は共有にできるとのことで
特例を利用して贈与税が節約できるのでは?と思っています。

実質援助金を主に使っているのは土地取得資金なのですが
それでも建物の共有名義で得できるのでしょうか。
その場合、建物の名義持分比率はどうするのが良いのでしょうか。

アドバイスをお願いします。

新築戸建を建築中で11月中に完成予定です。
夫の単独名義で全て取得するつもりで
土地を単独名義での登記・購入(ローンあり)をしたのですが
私の妊娠が発覚して仕事を一時的に辞めるのに伴い、
自分(妻)の両親から700万の住宅資金援助を受けました。

土地と建物の取得費用は下記のようになっています。
 土地2000万(うちローン1300万・援助金500万・貯蓄から200万)
 建築工事費1400万くらいになる予定(うちローン1300万・援助金もしくは貯蓄から100万)
余った援助金は諸々の手続き費用に当て...続きを読む

Aベストアンサー

まず不動産取得の資金と名義については、税務上かなり厳しい措置が必要なのをご承知と思います。このままでは土地の援助金500万円については、ご主人に贈与税(53万円)がかかってきますね。

1)700万円についてあなたが「相続時精算課税選択の特例」を受け、申告しますと、住宅取得等資金は3500万円まで当面、無税です。(建物等の要件を確認のこと)
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4503.htm
また「住宅取得資金等の贈与を受けた場合の特例」では550万円まで控除があります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4502.htm

2)申告は来春ですが、その前に土地の名義変更をして下さい。すなわち、「錯誤」という理由で、2000万円の取得価額のうち、実は500万円はあなたの資金なので、4分の1の持分をあなた名義に変えます(貯蓄200万円はご主人の名義だった場合)。錯誤による名義変更は1度だけ認められます。あまり期間が過ぎると受理されないこともあるそうです。手続きは自分でもやれます。
と書いたのですが、すでにローンを組んでいたのですね。金融機関の了解が必要ですので相談してください。

3)同様に、建物の保存登記の際に、200万円分(貯蓄より優先)をあなたの名義(持分7分の1)にします。贈与の700万円は住宅等(手続き費用を含む)に使い切ること。

以上がうまくいけば、贈与税は無税かかなり軽減されるのですが。

まず不動産取得の資金と名義については、税務上かなり厳しい措置が必要なのをご承知と思います。このままでは土地の援助金500万円については、ご主人に贈与税(53万円)がかかってきますね。

1)700万円についてあなたが「相続時精算課税選択の特例」を受け、申告しますと、住宅取得等資金は3500万円まで当面、無税です。(建物等の要件を確認のこと)
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4503.htm
また「住宅取得資金等の贈与を受けた場合の特例」では550万円まで控除があります。
http://www...続きを読む

Qファンドの基準価額の低下と純資産

投資信託を勉強中なのですが、基準価額が設定以来大きく落ち込んでいるファンド(リート等)の純資産額が大きいということは、どういうことなのでしょうか?

単純に考えて、基準価額が下がったら資金を引き上げて、純資産が減少すると思うのですが…

教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

分配金を利息と勘違いしている投資家がどんどん購入しているからです。

基準価格10000円でスタートした投資信託が、月100円分配金を出すと年間12%の分配金になります。ただし、その投資信託自体が運用益を上げているかは別問題ですので、仮に1円も運用益がないとすると、1年後の基準価格は、10000から1200引いて8800になります。

こうして運用益を無視して分配金を出し続けていき、仮に、基準価格が5000円になり、月の分配金100円は変わりなかったとします。すると5000円に対する分配金は年間24%となります。
このファンド見て、
「すげー!このファンド利回り24%だ!これで老後の生活も安心だ!」
と思う人がたくさんいます。この人たちが買ってくれるので純資産が増加するのです。

この状況でも最初と同様に1円も運用益がないとすると、次の年は基準価格は3800まで低下します。

このあたりでファンドとしても良心の呵責から分配金を引き下げを宣言します。
(例えば「月30円」にします。とか言うわけです)
すると、多くの投資家は売却を始めます。ここではじめてtakatacさんがイメージしているような流れに(純資産減少)に転換します。

このファンド一連の流れの中でいったい誰が得して、誰が損しているのでしょうか。

分配金を利息と勘違いしている投資家がどんどん購入しているからです。

基準価格10000円でスタートした投資信託が、月100円分配金を出すと年間12%の分配金になります。ただし、その投資信託自体が運用益を上げているかは別問題ですので、仮に1円も運用益がないとすると、1年後の基準価格は、10000から1200引いて8800になります。

こうして運用益を無視して分配金を出し続けていき、仮に、基準価格が5000円になり、月の分配金100円は変わりなかったとします。すると5000円に対する分配金は年間24%となります。
こ...続きを読む

Q110万円の贈与は 未成年でも 無税ですか。

祖母が 未成年の孫(17歳)に 110万円を 誕生祝に あげたと したら

無税ですか。

Aベストアンサー

贈与税はかかりません。
扶養控除はなくなります。

Q個別銘柄の1株純資産を検索するには?

1株純資産=企業の純資産÷発行株数で求められるのは
分かっているのですが、ピックアップした銘柄の1株純資産を
いちいち計算で出すのは面倒です。
銘柄コードを入れれば、株価等と一緒に1株純資産が分かる
サイトはありませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

純資産倍率の右隣にある「1株株主資本」のことですよ。
これが1株純資産と同じ意味です。

Q親名義の土地の贈与と相続時精算課税制度に関して

親名義の土地・住宅があり、同居のために住宅を建て替えします。
その際の住宅建築の名義は実子である私にするのですが、土地も同時に名義を変えるかどうか悩んでいます。
この場合は「土地の名義変更=贈与」になると思いますが、いろいろ調べていると「相続時精算課税」という制度があることを知りました。

そこでご質問なのですが、
1.土地の贈与でも相続時精算課税の住宅取得等資金にあたりますか?
2.相続時精算課税制度を適用した場合、不動産取得税はかかりますか?
3.また、相続時精算課税制度を適用した場合、他の税金等必要なものはありますか?
3.今回は贈与せずに、相続にした場合、不動産取得税はかかりますか?
4.その他、相続時精算課税制度を適用した場合の金銭的デメリットはありますか?
5.今回の場合、贈与・相続のメリット・デメリットを教えてください。

よろしくお願いします。

【参照】
私、30歳代。
親、63歳
兄弟はいるが、遠方に住んでいるため戻る意思はなし。
兄弟は今回の住宅建て替えは了承済み。
土地価格、2500万円以内想定

Aベストアンサー

>1.土地の贈与でも相続時精算課税の住宅取得等資金にあたりますか?
いいえ。
あくまでも「資金」でなければだめです。

>2.相続時精算課税制度を適用した場合、不動産取得税はかかりますか?
貴方の親が65歳以上になった場合ですね。
その場合は、通常の相続時精算課税を使えます。
かかります。

>3.また、相続時精算課税制度を適用した場合、他の税金等必要なものはありますか?
登録免許税、登記手数料などですね。

>3.今回は贈与せずに、相続にした場合、不動産取得税はかかりますか?
いいえ。
かかりません。

>4.その他、相続時精算課税制度を適用した場合の金銭的デメリットはありますか?
>5.今回の場合、贈与・相続のメリット・デメリットを教えてください。
相続時精算課税は、相続が発生した場合に贈与した財産がそのときの価額で相続財産に加えられます。
なので、その土地の評価額が値下がりした場合はデメリットになります。
逆に値上がりすれば得ですね。

Q収益-費用=純資産ですか?

資産-負債=純資産ですよね?
収益-費用=純資産ですか?

Aベストアンサー

資産-負債=純資産です。

収益-費用=利益になります。


純資産は、資本取引から生じたものと損益取引から生じたもの
並びに評価換算額等の合計額になります。

つまり、

資本取引:資本金、資本剰余金など
損益取引:過去からの利益の留保額
評価換算:時価評価との差額など


の合計額が純資産ということになります。


収益-費用はあくまで当期分の損益取引だけであり、
当期の純資産全部を構成するものではありません。

Q土地の贈与が、110万円以下なら申告しなくて良いか

170坪の土地(路線価評価額 2000万円)を 共有名義で私が 20分の17を所有、私の母が 20分の3を所有してます。 母の申し出で 20分の1を私に 20分の1を私の娘に 20分の1を私の息子に贈与して くれるそうです。 他に贈与は ありません。 その場合 税務署に申告は しなくても良いでしょうか。

Aベストアンサー

贈与税は、一人の人が1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額から基礎控除額の110万円を差し引いた残りの額に対してかかります。したがって、1年間にもらった財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりません(この場合、贈与税の申告は不要です。)。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402.htm

Q純資産伸び率

株を勉強する上で数字をいじることができないものとして純資産伸び率が挙げられます。

サイトでは純資産は表示されますが伸び率はありません。
純資産伸び率の計算方法がわかりません。

良い方法があれば教えてください。

または純資産伸び率に類似する役に立つものもあれば教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

純資産に限らず、基本は前期(前年)との比較です。

12/3月期 100万円
13/3月期 120万円

(今期120万円-前期100万円)÷前期100万円×100=20.0%という計算です。

企業の業績判断は、売上高、営業利益、経常利益、純利益を見るのが一般的かも。

売上…本業による収入。

営業利益…売上-(売上原価+販売費+一般管理費)、簡単に言うと売上から原材料費や水道光熱費、人件費などを引いたもの。

経常利益…営業利益+営業外損益、上記に本業以外の損益を足したもの。土地を売却してお金が入った。株で損したなどを営業外損益と言います(この金額が大きいと特別損益という表現になります)。

純利益…上記から法人税を払い、最終的に会社に残ったお金。

ちなみに配当金はここから支払われます。会社の取り分(内部留保)・株主の取り分(配当金)、この割合を配当性向といいます。純利益100万円で配当性向40%なら、会社60万円・株主40万円という意味です。

Q110万円越えていたら贈与税の対象になるのでしょうか?

娘である私の車を親に譲渡して、親がその車を売却した場合、
その金額が110万円越えていたら贈与税の対象になるのでしょうか?
それか、私が車を購入した時点の200万円の車両代が課税対象とか。
親は売却した金額を下取りして車を購入予定です。
車の販売会社からは譲渡証明書を発行されたので、
親子間の譲渡が発生した事実は書面で残ります。
納税義務があったとした場合、無申告だと税務署に見つかりますか?

Aベストアンサー

車を譲渡する際に名義変更を行うのか、
無償譲渡で違いがあります。

すぐに売却(下取り)するならば、
元の名義のままでいいんじゃないですか?

車を売却するコツとしては、
他社の見積もりを数社集めて
大型店で交渉するのがベストです。

私の場合ですが、
ここ【http://i8j2.com/vcbprwzo】から
5社ほど見積もりを取り、大型店に行きました。

結果、近くの車買取店よりも
上記より申し込んだ業者の査定額の方が
5万円も高かったので、そこで売却しました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報