ハノンは指を強化する本で有名ですが、これを使ったことのある方は具体的にどの様にして活用されましたでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

指の強化、脱力の練習に使用しました。



具体的な活用方法は1番を例に挙げると、
一つの音を4拍ずつとります。
1拍と2拍めは弾く(2拍伸ばす)
3拍目で指を上いっぱいまで上げて
4拍目でその状態をキープ

次の音はその高さから力を抜いて指を落としまた同じように弾いていきます。
このように先生に教わりました。
説明、わかりづらかったでしょうか?

他には音の粒をそろえるためにリズムを変えて練習しました。
スケールとアルペジオは10年以上、練習の最初に必ず弾いてますね。
    • good
    • 0

全調のスケール・カデンツが載っているので活用しました。



移調奏の試験のとき、役に立ちましたよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。
スケールの練習の時には仕上がりの速度などどの位までもっていかれたのですか?
それから、むらなく弾くにはどの様な工夫をされましたでしょうか?

お礼日時:2001/12/05 22:07

サンサーンスの「動物の謝肉祭」のなかの「ピアニスト」という曲をご存じでしょうか?


ああならないように基礎練習をするのです。(笑)
活用法は練習曲の前のチェルニーの前に弾く前座みたいなあまり個人的にはやりたくなかった曲です。両手のバランスや指の中でのバランスを均等にとらなければならないので、かなり、左手の小指や薬指が長時間やっていると疲れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もっともですね!
均等にバランスを保にはどの様なことをされましたでしょうか?
また、テンポはどの位からどこまでで弾かれましたでしょうか?

お礼日時:2001/12/05 22:11

こんばんは。

ハノンは薬指や小指(特に利き手じゃ無い方の)の強化と
音のツブを揃える為の教本ですよね。私はピアノを20年程、習ってて、
今はお稽古などはしてないですが、今でもピアノを弾く時は弾きたい曲を
弾く前に必ずハノンを弾く事にしてます。最初はゆっくりと音のツブを
揃える様に弾いて、だんだん指が動く様になってきたら、今度はペースを
上げて弾きます。そうすると、指が滑らかに動く様になってきます。
簡単に言えば、指の柔軟体操って感じでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。
薬指や小指を強化されたときどんなことに注意して弾かれましたのでしょうか?
また、どんな方法を使われましたか?

お礼日時:2001/12/05 22:15

小指・薬指など力が入りにくい指の強化の為だと思います。

(どの指でも、同じような音が出せるように)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。
指の強化する本でハノン以外に何か使われたことがありますでしょうか?

お礼日時:2001/12/05 22:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピアノの指練習、薬指強化に、おもりつき手袋は有効か。

ピアノの練習をしていて基本が出来ていないことを痛感し、ハノンなどをはじめました。
で、やはり、4,5の指が弱く、なかなか、小指で強く弾いたり、速く弾いたりできません。
薬指が出てくるとリズムが乱れます。

で、指の練習、鍛える方法を探していたら、手の甲におもりを乗せて練習するといい、というのがありました。
ちなみに次にあるのが、そこに書いてあったおもりつき手袋です。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0002ZLC6O?v=glance&n=14304371

http://www.happypianist.net/music/yubi3.htm

こういうのって本当に効果があるのでしょうか。
みなさんのご意見、お待ちしております。

実際に使用された方、いらっしゃいますか。

また、小指が弱いので、机で、1から4の指をすべて机につけた状態で、小指だけをトントントンと出来るだけ上げてから叩く練習をしています。しかし、なんとも力なく、弱弱しい限りです。これを続けていくと少しづつでも強く叩けるようになるでしょうか。いい練習方法をご存知の方、教えてください。

ピアノの練習をしていて基本が出来ていないことを痛感し、ハノンなどをはじめました。
で、やはり、4,5の指が弱く、なかなか、小指で強く弾いたり、速く弾いたりできません。
薬指が出てくるとリズムが乱れます。

で、指の練習、鍛える方法を探していたら、手の甲におもりを乗せて練習するといい、というのがありました。
ちなみに次にあるのが、そこに書いてあったおもりつき手袋です。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0002ZLC6O?v=glance&n=14304371

http://www.happypianist.net/music/yu...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。よくぞ書いて下さいました。あなたの練習方法は「百害あって一利無し」と言って良いほどの「ハイフィンガー奏法」と断定してよろしいかと思います。

123と5を机の上に乗せて4だけ上げるような無意味な練習はすぐに止めるべきだと思います。ピアノ演奏にそのようなテクニックは全く必要無いからです。(私も子供の頃日本でやらされました。)

重力奏法の一部を紹介しますと:

1)まず、ピアノを弾くように手を前に出しゲンコツを作ります。そうしますと手首の甲側(上)がくびれますね?それが基本の形です。

2)5を弾くときは、5の指(小指)の付け根の関節をほぼ90度の角度に曲げます。他の関節は特に折らずに、小指をまっすぐにした状態にします。

3)指を全く動かさずフリーズした状態にし、そのまま手を持ち上げ、そのカチンカチンの状態の手をストンと鍵盤に落します。

4)これで4の指が鍵盤を触らずに確実に5だけ弾けます。

5)やはり3の指の付け根の関節を出来るだけ折れば、それだけで手全体の位置が上がります。よって4の指も上がるというわけです。4の指はそのようにして上げます。

ポイント:
1)ハイフィンガー奏法ではチャイコフスキーのコンチェルトは弾けないと思います。
2)4の指はそもそも弱い物。それを補うのは手首。上手い下手は手首の使い方次第。
3)ハイフィンガー奏法は日本人が開発したものであり、外国の誰も使っていない。
4)日本で、よその教室で行き詰まった結果、私のところに来る生徒の殆んどがハイフィンガー奏法の犠牲者です。
5)外国で20年間ピアノを教えていたとき、日本からの生徒も来ましたが、その殆んどが日本だけで使われているハイフィンガー奏法でした。全員矯正させました。
6)外国では話題にさえなりません。なにせ「重力奏法=ピアノの弾き方」なので、重力奏法が当たり前の真ん中です。
7)プロの意見を聞くべきだと思います。プロとはこの場合、最低でも外国でピアノ演奏の学位を取り、ソロ・リサイタルを開いたことのある人。

No.1です。よくぞ書いて下さいました。あなたの練習方法は「百害あって一利無し」と言って良いほどの「ハイフィンガー奏法」と断定してよろしいかと思います。

123と5を机の上に乗せて4だけ上げるような無意味な練習はすぐに止めるべきだと思います。ピアノ演奏にそのようなテクニックは全く必要無いからです。(私も子供の頃日本でやらされました。)

重力奏法の一部を紹介しますと:

1)まず、ピアノを弾くように手を前に出しゲンコツを作ります。そうしますと手首の甲側(上)がくびれますね?...続きを読む

Q和声感の強化本

宜しくお願いします。
私はいま和声感を磨きたくて、「視唱の練習~和声感の育成を兼ねて~」という本を使っています。
この本は掲載されている楽譜に和音記号がふってあり、
旋律から直に和音を導き出せない私には大助かりなのですが。

問題の種類に、一時的転調「セカンダリドミナント」や借用和音「サブドミマイナー」といった調性を揺らすものがありません(転調はあります)。
この手の本は初めてなので詳しい事情は解らないのですが、
総じて「そういうもの」なのでしょうか?

もし私の求めている様な課題を乗せている本があれば是非教えて欲しいのです。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
畑違いですので、的外れな意見になるかもしれませんが、いわゆる「耳コピー」をやってみるのはいかがでしょう?ご存知かもしれませんが、ポピュラー音楽の世界で一般的なことで、「実際の曲を耳で聞きながら(=譜面に頼らずに)音を拾って行く」作業です。

「音感的に解りません」「キーボードがあればそれらの和音は弾けます」「曲の中に使いながら作っていくことは可能」というお話から察するに、bellunderさんは音楽の基礎やコードの知識はちゃんと持っておられて、ただ、耳から聴こえてくる、あるいは頭の中で鳴っているコードのコード名や進行を特定することができないと言うことだと思います。(違っていたらスミマセン。)

「耳コピー」は、耳から入ってくる音を、まずは楽器を使って確認しながら聴き取って行く作業で、もしかしたらそのレベルは既におできになるのかもしれませんが、それをたくさんの曲で積み重ねて行くと、コードのサウンドや進行のパターンが耳(体)に染み付いてきますので、楽器で音をひろうスピードが上がって行き、最終的には知人の方のように「聴きながら(楽器なしで)進行が把握出来る」様になってきます。(といいながら僕自身もまだ発展途上で、完璧にはできませんが。)

これは、「耳=音感」と「頭=理論」がある程度両立しないと知人の方のようなレベルにはならないと思います。「耳」だけを鍛えても、理論の裏付けがなければ頭で理解できませんし、逆に「理論」だけだと、鳴っているコードのサウンドそのものを認識できません。両方をバランスよく、かつ互いに結びつけながらやられるのが良いと思います。

理論についてはNo.4の方も書いておられるとおりジャズのコード理論は有効と思います。

はじめまして。
畑違いですので、的外れな意見になるかもしれませんが、いわゆる「耳コピー」をやってみるのはいかがでしょう?ご存知かもしれませんが、ポピュラー音楽の世界で一般的なことで、「実際の曲を耳で聞きながら(=譜面に頼らずに)音を拾って行く」作業です。

「音感的に解りません」「キーボードがあればそれらの和音は弾けます」「曲の中に使いながら作っていくことは可能」というお話から察するに、bellunderさんは音楽の基礎やコードの知識はちゃんと持っておられて、ただ、耳から聴こえてく...続きを読む

Qピアノ独学でハノンは危険か?

本当は教室に通いたいのですが、時間とゆとりが無いため家で独学でピアノを始めることになりました。
そこで全訳ハノンを用意したのですが、「独学でハノンをやると変な癖がついてしまうため、止めた方が良い」と聞きました。
これは本当なのでしょうか?
現時点の自分としては基礎的な理論や運指力などが出来れば良いのですが。

Aベストアンサー

ピアノを始めてやる方でしょうか?

ハノンは指をくぐらせたり、またいだり、またページ数も多くて初めてやる方には難ありな教材だと思います。
手は左右線対称の関係であるので、くぐらせたり、またいだりのタイミングが若干ずれたりしますし、シャッフル(スキップのようなりずむ)、があったり、不慣れな場合だとかなりきつい教材です。

ハノンのような、指を鍛える教材は他のもあるので、ページ数が少なく、もうちょっと指の配置や指をくぐらせる練習とかそういうのをちゃんと重点的においた教材を購入した方が良いかと個人的に思います。

ハノンでは、指をまたがせ、くぐらせや指づかいもある程度できてる人を前提として記載されているところがあるので、ハノンはそういう意味で現時点では反対します。
もう少し指が慣れてきたら、ハノンは大いに使って頂いても良いかと思いますが。

インターネットの情報で教材を決めるより、まずピアノ教室を併設してるような楽器店でご相談した方が一番良いです。
ご参考になれれば幸いです。

Qピアノ(ハノンの弾き方)

ハノンのピアノ教本を1番から弾いておりますが、
低い音の場合、体毎移動させないと手が変な形をしてしまいます。

座っている場所を体毎、左に移動させるときれいに弾く事ができますが、
通常はピアノの真ん中の席を置いていて、座っております。

弾き方ですが、体は固定で手だけ左に持っていくのが正しいのでしょうか?
それとも、体毎と手の両方を左に持っていき、弾くのが正しいのでしょうか?

まだまだ初心者ながらご指導のほど、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

体ごともっていくのはイメージでいうと正解ですが実用的な弾き方ではありません。

鍵盤に対して手首が常に直角になることを意識してください。。
それを体ごと持っていくのではなく体はそのままで鍵盤をなでるように平行移動というとわかりやすいでしょうか。
体は傾いて脇が開きますが、腕の形は正面のときと変わらないので演奏は安定します。

不自然な手の形のまま練習を重ねると故障を招きます。
テクニックを身につけることも大事ですが、それ以上に身体に負担をかけずに演奏するのはもっと大事です。
少しでも疲労や違和感があれば休憩してください。

あと、最近は楽器演奏する人のための人体力学についての資料がいろいろ出ているようなので興味があれば読んでみてください。

「よくわかるピアニストからだ理論」
http://www.amazon.co.jp/dp/4636890744

参考までにこんなブログの記事も
http://ameblo.jp/yukonakamura/entry-10982295376.html
ピアニストに必ずしも筋トレは必要ありませんが、何時間もピアノを弾き続けるのはかなりの消耗です。
腕の筋肉をつけるのではないし疲れにくい身体作り、さらには音色改善などプラスになるならば。

PS:ここまでやったとしても練習後お腹が減るのだけは避けられません。

体ごともっていくのはイメージでいうと正解ですが実用的な弾き方ではありません。

鍵盤に対して手首が常に直角になることを意識してください。。
それを体ごと持っていくのではなく体はそのままで鍵盤をなでるように平行移動というとわかりやすいでしょうか。
体は傾いて脇が開きますが、腕の形は正面のときと変わらないので演奏は安定します。

不自然な手の形のまま練習を重ねると故障を招きます。
テクニックを身につけることも大事ですが、それ以上に身体に負担をかけずに演奏するのはもっと大事です。
少し...続きを読む

Qハノンについて

僕は最近、全訳ハノンピアノ教本という本を買ってピアノの練習をしはじめたのですが、独学ということもあるのか、全く進みません。ハノン1番(?)を108でできるまで弾くとありますが、1ヶ月してもまだ80が限界です。この進行速度はやはり遅いでしょうか? 人より指が動きにくいというのであれば今よりもっとがんばるのみですので、正直な意見をお願いします。
ちなみに1日の練習時間は大体1時間位です。

Aベストアンサー

独学という事ですが、ハノン以外にはどういった練習をされているのでしょうか?
ハノンだけを1時間…ということではないですよね?
好きな曲なども弾かれていますか?
ハノンはあくまでも指の機械的な運動練習です。
あまり進度にこだわらずに、練習前の準備運動といった感じでお使いになるとよろしいかと思います。
それよりも弾きたい曲を沢山弾いたほうが上達も早いですよ。

さて、質問の件ですが、進行速度は全然遅くありません。
速く弾くことだけを目標にしてしまうと、体に力が入って疲れてしまうのではないですか?
速く弾く事よりも、できる速さで構わないので「楽に」「正しく」弾けるようになる事を目標にしてください。
下の方が回答されているように、リズムを変えて弾くのもいいと思います。
その他フォルテで、ピアノで、はっきりと、滑らかになどなど、色々変えて弾いてみてください。
腕に力が入ってしまうようでしたら、手首を回すようにしながら弾いてみると力が抜けやすいと思います。
力が抜けた状態を忘れないようにして、無理のないテンポで指が転ばないように注意しながら練習します。
くれぐれも速く弾く事だけにとらわれないようにしてください。

少しでも参考になりましたら幸いです。
素敵なピアノライフを送って下さいね。

独学という事ですが、ハノン以外にはどういった練習をされているのでしょうか?
ハノンだけを1時間…ということではないですよね?
好きな曲なども弾かれていますか?
ハノンはあくまでも指の機械的な運動練習です。
あまり進度にこだわらずに、練習前の準備運動といった感じでお使いになるとよろしいかと思います。
それよりも弾きたい曲を沢山弾いたほうが上達も早いですよ。

さて、質問の件ですが、進行速度は全然遅くありません。
速く弾くことだけを目標にしてしまうと、体に力が入って疲れてしまう...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報