ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

原理が、「電気的な方法」らしいということ以外、何も解りません。ご存知の方おられませんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.2です。


WIPO の方で書類が閲覧できるのに気づいて見てみたところ、じつは日本語で書かれていました。
検索結果から概要(英語)を出すと、左上に「Images」とあるのでこれをクリックすると閲覧画面に移ります。

ここで日本語の発明名称が分かったので、特許図書館のほうで検索してみたら同名のものがありました。

発明の名称:容器内の液体種別を判別する装置およびその制御方法
出願番号 :特許出願2004-86050
出願日  :2004年3月24日
公開番号 :特許公開2005-274255
公開日  :2005年10月6日

(WIPO の方の出願と同一ではなく、それを発展させたもののようです)

ざっとしか見てませんが、やはり液体の誘電率が違うことを利用して、コンデンサの静電容量→発振周波数の違いを検出するようです。
任意の容器形状に対応できるようにしたところが要点みたいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧に解説ありがとうございます!
こちらでも確認できました。
どうやら、「飲料ならば主成分は水だろう」と勝手に仮定して、水とかけ離れた誘電率のものを全て危険物として検出するようですね(あってますか?)。
機器の表示部も赤と青のランプがあるだけ(音声も2パターンのみ)なので、恐らく本当にそれだけの機能なのでしょう。
この「水かそれ以外か」という大胆な仮定には感服しますが、それを空港の危機管理用に使えと言うのはどうかと・・・。
結構微妙な性能だと思います。例えばボトルの中に水を詰めて、その中に危険物を浮かせれば「安全」と判別されるのではないでしょうか。

お礼日時:2005/12/01 00:21

(社)発明協会東京支部 2005東京発明展 バーチャル展示会


http://www.jiii.or.jp/tokyo/c2005top.htm
の 一般出品(一般企業の部) 東京瓦斯株式会社 ボトル内液体物検査装置
http://www.jiii.or.jp/tokyo/B09H.htm
によると、特許公開番号 JP2004/010379 です。


独立行政法人「工業所有権情報・研修館」
http://www.ncipi.go.jp/
の特許電子図書館(IPDL)
http://www.ipdl.ncipi.go.jp/
で調べられると思うのですが、これを書いている今現在アクセスできなくて分かりません。

WIPO(世界知的所有権機関)の IPDL
http://www.wipo.int/ipdl/en/
でも検索できましたが、英語なので……。
(発振回路を構成して、静電容量の変化による周波数の違いを調べている?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
当方の無知により、特許図書館から上手く検索出来ないのですが、ご回答頂いた最後の行の説明にはなんとなく納得出来ました。
そんなマクロな方法でちゃんと計測出来るとはにわかには信じがたくはありますが、装置がかなりコンパクトでしたから、考えてみれば確かにそういったマクロな方法しかないのかもしれません。
少なくとも紫外レーザーを照射出来るような大型装置ではなかったですね。

お礼日時:2005/11/25 22:25

まったくの素人ですが、


私はあの機械は比重で調べているのだと思ってました。
後は光の屈折率でも判定できるとは思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。
非透明容器でも可能ということなので、可視光ではないですね。でも紫外光の吸収度という可能性もありえるとは思います。
比重ですと、余り物質によって変わらないのではないでしょうか?
電気伝導率などを使うと容器に左右されてしまう恐れがあるのではないかと思い、頭をひねっている所です。

お礼日時:2005/11/21 22:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボトル内液体検査装置の原理について Part2

 東京ガス・エンジニアリングのボトル内液体物検査装置という製品についてです。
 以前、下記アドレスで一応の結論を見たのですが、余りホットな話題でなかったこともあり、回答者が少ないまま終了しています。
 この度、8/11の英国テロ未遂を受けてテロ対策に注目が集まっているこの機会に、この装置の実用性についてもう一度検討してみたいと思います。
 この装置の原理等について見識のある方、もしくは推測でも良いので、考えのある方は是非お教えください。
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1793301

Aベストアンサー

過去の質問の「No.3 回答へのお礼」を元に回答します。

>あってますか?
あっています(導入当初はメーカーの人が警備の補佐をしていたので、直に仮説をぶつけてみました)。

アルコール飲料は、50%を超える辺りから危険物として認識するそうです。与那国島の泡盛は引っかかるようです。

>結構微妙な性能だと思います。例えばボトルの中に水を詰めて、その中に危険物を浮かせれば「安全」と判別されるのではないでしょうか。
それを狙ったのが、今回のイギリスのテロ未遂事件です。
メーカーも警備スタッフも始めから判っていますが、こんなことは当然発表しませんよね?

>この「水かそれ以外か」という大胆な仮定には感服しますが、それを空港の危機管理用に使えと言うのはどうかと・・・。
この液体検査器と従来の金属探知機の組み合わせ、更にライター・マッチを全面禁止にして(喫煙場所に固定したライターを置く)、パソコンと携帯電話とカメラを防爆コンテナに詰め込んでしまえば、テロはずいぶんと難しくなると思いますよ。

ちなみに、導入当初(義務化で全国の空港で一斉導入だったそうですが)は、1台200万円以上。導入台数によって100数十万円まで値引きしたとか(前述の)メーカーの人が言っていました。

過去の質問の「No.3 回答へのお礼」を元に回答します。

>あってますか?
あっています(導入当初はメーカーの人が警備の補佐をしていたので、直に仮説をぶつけてみました)。

アルコール飲料は、50%を超える辺りから危険物として認識するそうです。与那国島の泡盛は引っかかるようです。

>結構微妙な性能だと思います。例えばボトルの中に水を詰めて、その中に危険物を浮かせれば「安全」と判別されるのではないでしょうか。
それを狙ったのが、今回のイギリスのテロ未遂事件です。
メーカーも...続きを読む


人気Q&Aランキング